赤い ぶつぶつ。 レーザー脱毛したら肌にブツブツができた!原因と対処法を徹底究明!

足に赤い斑点やぶつぶつが!かゆみがある時の原因一覧

赤い ぶつぶつ

かゆみがある場合 腕に赤い斑点ができて、かゆみがあるときはどのようなことが理由として考えられるのでしょうか? ダニ ダニに噛まれたら、かなり強いかゆみが1週間ほど伴い、刺された部分は赤い斑点のような痕がつきます。 特に、寝ている間に布団などにダニがいて、噛まれてしまうというケースが多いようです。 こ のダニは季節を問わず1年中いるということが多いですが、人に対してかゆみと腫れを引き起こす 「ツメダニ」という種類のダニは6月から9月の夏場に多く発生することが確認されています。 寝ている間にダニに噛まれていても、起きた直後に症状があらわれるということはありません。 噛まれた日の夕方から翌日の朝にかけて症状が徐々にあらわれてきます。 また、ダニは皮膚が弱い部分を多く噛む習性があるので、 腕に内側の皮膚が柔らかい部分にかゆみと赤い斑点がある場合は、ダニに刺された可能性が高いです。 さらに、ダニの種類によっては刺されてもかゆみを感じない場合もあります。 その代表的なものに 「マダニ」がいます。 マダニについてはこちらで詳しくお伝えしているので参考にしてみてください。 布団はしっかり乾燥機にかけたり、日に当てて干したりして乾燥させておくようにしましょう。 また、ダニを退治するためのマットが市販されているのでそちらを使用するのも効果的です。 かゆみがない場合 赤い斑点ができたのにかゆみがないという方のほうが多いと思います。 この場合にはどのようなことが原因として考えられるのでしょうか。 詳しくみていきましょう! 老人性血管腫 血管腫にはさまざまな種類がありますが、その中でも「老人性血管腫」というものが赤い斑点のように出やすいです。 これは赤いほくろのような見た目で、かゆみなどの症状はほとんどなく大きさもさまざまです。 「老人性」という言葉で、高齢者の方にしか発症しないと思われるかもしれませんが、これは年齢を重ねることが発症するということをあらわしています。 したがって20代の若い方でも発症する可能性は十分にあるので注意してください。 このような赤いほくろと言われる「老人性血管腫」が出来てしまう原因としては、紫外線に多く当たることにより炎症を起こして、皮膚の毛細血管が広がってしまうことにあります。 このようにして、赤いほくろのようなものができてしまうのです。 よって、対策法としては、しっかりと日焼け対策をして、肌を保湿することが大切になってきます。 老人性血管腫は特に悪化して、何か他の皮膚病を引き起こすといったことはなく、放っておいても特に問題はありません。 ただ、腕や顔など目立つ部分にも出てくるので、 レーザー治療により除去することも可能です。 血小板減少性紫斑病 血小板減少性紫斑病(けっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)は難病で原因はまだ明らかになっていません。 何らかの影響により 血小板が著しく少なくなってしまうことにより発症します。 血小板というのは、血液を固める作用を持つ血中に含まれる成分で、私たちがすり傷をつくってしまったときのかさぶたを作ってくれる成分でもあります。 つまり、この血小板が少なくなってしまうと出血しても固まりにくくなってしまいます。 軽い刺激を受けて、血管が破れ、内出血を起こしてしまうと、これがなかなか止まらなくなり、赤い斑点のようにあらわれることがあるのです。 血小板減少性紫斑病そのまま放っておくと、体内に血液がたまったり、脳内に血液がたまったりして、 さらなる重病を患う危険性があります。 もしこのような症状があらわれたら、できるだけ早く医師に相談することをおすすめします。 毛嚢炎 毛嚢炎は毛穴の奥に細菌が感染することによって、赤いぶつぶつしたものができてしまう皮膚の病気です。 かゆみや痛みなどの症状はほとんどなく、腕や首筋、太ももなどにできやすいです。 毛嚢炎の原因や治し方については以下の記事で詳しくお伝えしているので、ぜひご覧ください。 かゆみの有無によって考えられる理由が変わってくるので、あなた自身の症状にしっかりと照らし合わせてみてください。 また、腕だけでなく足に赤い斑点が出てくる場合はこちらのような原因も考えられます。

次の

舌の奥にぶつぶつがあって違和感が!赤い・白い原因は?

赤い ぶつぶつ

口内炎 口内炎が舌にできたら、赤いぶつぶつした斑点ができます。 やけどや誤って噛んでしまうことがきっかけとなりますが、ビタミンB2が不足していたり、貧血や胃腸の疾患が原因の場合もあります。 口内を清潔に保ち、バランスの良い食事を心がけることで自然になくなりますが、繰り返しできる場合は他の病気が隠れている可能性がありますので、他に症状がないか確認し、医療機関で相談しましょう。 この時、舌に赤いぶつぶつができる方もいます。 この症状は心理的要因が大きいと言われています。 風邪などで喉が痛くなったのをきっかけに、喉に意識が集中してしまい、喉の違和感を感じるようになります。 胃カメラ検査をした時に、食道に軽い静脈瘤があると言われたことがきっかけで、ずっと喉が気になって吐き気や違和感がとれないという例もあります。 治療は、その不安を取り除くことから始めます。 何かの病気じゃないかという恐怖や不安があるので、まずは喉の検査を行い病気がないことをお知らせします。 さらに定期検診を行い、その都度異常がないことを確認し、徐々に不安を取り除きます。 どうしても症状が改善されない場合は抗不安剤などのお薬が処方されることもあります。 溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう) 始めは発熱・のどの痛み・嘔吐など、風邪のような症状が現れますが、後に体や手足に小さな赤い発疹ができたり、イチゴ舌 と言われる赤いぶつぶつが舌に発生します。 原因となる溶連菌は咳・くしゃみなどで飛沫感染します。 子どもや抵抗力の低下している大人に感染しやすいので学校や保育園などの集団生活をしている場合は注意が必要です。 治療は、抗生物質を服用することで症状はおさまりますが、10日~2週間ほどは服用を続ける必要があります。 喉の痛みが酷い場合が多いので、喉に刺激のない消化の良いものを食べ、水分補給をしっかりしましょう。 抗生物質を服用すると2~3日で症状は回復し、感染の危険もなくなりますが、溶連菌を完全に退治しない限り、再発したり別の重篤な病気を引き起こす可能性があります。 2~3週間後に尿検査を行い、医師の診断のもと、完治となります。 舌扁桃炎というのは舌の付け根あたりにある舌扁桃の炎症のことです。 舌扁桃炎になると、舌に赤いぶつぶつができることがあります。 痛みはあまりなく、異物感や違和感を感じる程度のことが多いですが、舌扁桃が腫れて高熱が出ることもあります。 舌扁桃炎は、咽頭炎(いんとうえん)や喉頭炎(こうとうえん)が原因となったり、更年期障害や自律神経失調症から引き起こすこともあります。 治療は、こまめにうがいをして口の中を清潔にすることです。 慢性化すると手術することにもなりますので、喉の違和感を感じたら早めに耳鼻科で相談しましょう。 有郭乳頭(ゆうかくにゅうとう) 舌の奥には小さな膨らみが10個ほど一列に並んだ 有郭乳頭という突起があります。 奥の方にあるので普段は気づきませんが、口内炎ができたり喉の違和感を感じた時に確認すると発見して気になることがあります。 有郭乳頭ができる原因は、亜鉛の欠乏・ストレスなどが考えられていますが、今のところ解明されて いません。 特に悪いできものではないので治療の必要はありませんが、味覚異常などがある場合は医療機関で相談しましょう。 まとめ 舌に赤いぶつぶつができた時、最も注意しなくてはいけないのは、 溶連菌感染症です。 飛沫感染をしたり、重篤化したりすることもありますので、発熱・喉の痛み・嘔吐などの症状のあとに赤いぶつぶつを発見した場合は早めに治療できるようにしましょう。 舌は 内臓の鏡と言われ、体の不調を表す器官です。 いつもと違うなと感じたら、悩まずに医療機関で相談しましょう。

次の

主な皮膚の病気一覧・症例画像【医師が解説】 [皮膚・爪・髪の病気] All About

赤い ぶつぶつ

自分での対処 ・ペットの毛、ハウスダスト、ダニやノミの死骸の少ない環境に整える ・肌の刺激になる繊維でできた衣類を避ける(化繊、人によってはウールなど) ・皮膚の乾燥を避ける (皮膚を洗いすぎない。 石鹸の使い過ぎに注意。 ) ・皮膚科を受診し、自分に合った治療を受ける (ステロイド軟膏や保湿剤を使用する治療方法の病院が多いですが、使用せず自分の皮膚の保湿力・治癒力を高める値用方法の病院もあります。 ) ・適度な運動・バランスの良い食事・質の良い睡眠 アトピー性皮膚炎の注意点 自分に合った治療方法の病院をさがし、根気よく治療を受けます。 自然治癒力を高めるために、適度な運動・バランスの良い食事・質の良い睡眠が大切です。 毛嚢炎(もうのうえん) Sponsored Links ネット上で膝のぶつぶつができた人の声 〇膝から下の毛穴がボツボツしてて汚いです。 ちなみに、アトピー性皮膚炎ですが、クリームを塗っても治らないので、関係はしていないと思います。 ほかの人は綺麗なのに、私だけボツボツで恥ずかしいです。 毛穴を中心に赤く小さくデコボコしている感じですね。 毛孔性苔癬の症状に似ているように思えます。 アトピー性皮膚炎があるとのことなので、乾燥しやすくバリア機能が弱い肌であることも症状悪化に関係しているかもしれません。 毛孔性苔癬は、はっきりした原因がわかっていない皮膚の症状で、思春期に発症することが多く、ホルモンバランスや遺伝が関係するのではないかと言われています。 年齢を重ねるうちに目立たなくなることが多いようですが、若い女性にとっては、少しでも早くきれいな肌を取り戻したいところですが、まず悪化させないために、 紫外線、乾燥、掻く・こする・つぶすなどの物理的刺激を避けましょう。 紫外線対策には色が濃い目の長ズボンを履くこと、身体を洗う時もナイロンたわしなどを使わず、患部をやさしく洗うことです。 ナイロンタワシは、患部以外も使わない方がいいと思います。 ナイロンタワシ皮膚炎と言って、ナイロンタワシで体をこする物理的刺激で、背中などにもニキビができやすくなります。 自分の肌に合った保湿剤があれば、保湿しましょう。 保湿剤によってかぶれることもあるので、慎重に選ぶ必要があります。 皮膚科では、白色ワセリンやセラミド入り保湿剤などを勧められることが多いようです。 私なら、紫外線、乾燥、物理的刺激を避け、徐々に良くなるのを待ちます。 きつめのジーンズを履くだけでも肌への刺激になるので、ゆったりした柔らかい素材のズボンを履きます。 正座や膝立ちをできるだけ避け、避けられない時は座布団を使うなどします。 保湿剤は、私の場合は敏感肌で何も使えないので、塗りません。 早くきれいな肌を取り戻せるといいですね。 最後に 膝のぶつぶつの原因は7つあることがよく分かりましたね。 膝のぶつぶつを治すためには ・皮膚の乾燥・物理的刺激を避ける ・自分の肌に合った刺激の少ない方法で皮膚の清潔を保つ ・自分に合った方法で皮膚の保湿をする 以上のことが大切です。

次の