日本 ハム マーケティング 株式 会社。 北海道日本ハムファイターズ

日本ハム(株)【2282】:株主優待

日本 ハム マーケティング 株式 会社

社の 株式取得(子会社化)に関するお知らせ 当社は、平成29年4月28日開催の臨時取締役会において、ウルグアイ東方共和国(以下「ウルグアイ」という。 社(以下「BPU社」という。 記 1. 株式取得の理由 当社グループは、グループブランドステートメント「人輝く、食の未来」の実現に向け、事業を通して「世界で一番の食べる喜びをお届けする会社」をめざしております。 新中期経営計画パート5(平成28年3月期~平成30年3月期)においては、「変革による骨太なビジネスモデルの構築」のテーマのもと、「グローバル企業への加速」を経営方針の一つに掲げ、海外事業の拡充に取り組んでおります。 こうした方針のもと、海外における牛肉生産事業の拡大を検討する中、当社はBPU社の株主と協議を続けてまいりましたが、今般、当社がBPU社の発行済株式の全てを株式譲渡契約に定める条件に基づき取得することについて、両者が合意いたしました。 これにより、現在は豪州を中心に展開している牛肉生産事業の基盤を南米に拡げることが可能となり、当社グループの企業価値向上に資するものと考えて おります。 ウルグアイは南米の中でも政情や経済の安定性が高く、干ばつなどの気候変動が少ないことから食肉事業者にとっては魅力的な国です。 BPU社はウルグアイにおいて、単独企業としてはNo. 1の食肉処理実績を有しており、最新鋭の設備を備える工場で処理・加工した製品を中国、欧州及び米国などに輸出しております。 また、畜産は同国の主要産業であることから、国として牛肉のトレーサビリティシステムを徹底しているほか、成長ホルモンや抗生物質の使用などを禁じておりそうした透明性や安全性は付加価値として認知されつつあります。 当社グループは、BPU社の取得を通じて、北米や欧州などの巨大牛肉消費市場のほか、食糧需要が急増するアジアなどの新興地域に対する食肉供給能力の増強を図ってまいります。 リリースの詳細.

次の

人事、日本ハム :日本経済新聞

日本 ハム マーケティング 株式 会社

48 単位:百万円 (1株当りの項目 単位:円)• 決算情報 日本ハム 2282 の決算発表情報。 前期実績・前々期実績と比較して増益・減益など企業の業績をわかりやすくお知らせします。 直近決算期:2020年3月期 連 【売上高】1,229,826百万円【当期純利益】19,214百万円【自己資本比率】52. 60 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

日本ハム、鶏肉加工食品製造販売のアクシーズと資本業務提携|M&A ニュース速報

日本 ハム マーケティング 株式 会社

48 単位:百万円 (1株当りの項目 単位:円)• 決算情報 日本ハム 2282 の決算発表情報。 前期実績・前々期実績と比較して増益・減益など企業の業績をわかりやすくお知らせします。 直近決算期:2020年3月期 連 【売上高】1,229,826百万円【当期純利益】19,214百万円【自己資本比率】52. 60 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の