法隆寺 金堂。 朝日新聞SHOP / 特別展 法隆寺金堂壁画と百済観音

法隆寺|金堂や五重の塔など世界最古の木造建造物の見どころ

法隆寺 金堂

胴張のある円柱(法隆寺の柱のふくらみをエンタシスと書いているものを見かけますが、エンタシスであるかどうかは証明されていません。 エンタシスとはギリシャ神殿の柱のふくらみのことを言います)• 柱の上部は皿斗付きの大斗• 高欄に卍崩しの形が入っている• 高欄に人形束(又は割束)が入っている(五重塔にはない)• 軒下の斗供、肘木が雲型になっている• 軒の構造 1・胴張の柱 法隆寺の中門、金堂、五重塔、回廊の柱は少し膨らんだ形になっています。 そして、柱上部の大斗の下に皿斗がついています。 法隆寺の柱はギリシャのエンタシスと同じという説明を聞くことがあります。 色々な解説がありますが、私はギリシャと法隆寺は関係ないと考えています。 柱については別の記事で私の考えを書いています。 興味のある方はよんでみてください。 2・高欄 法隆寺の金堂、中門の高欄には卍崩しと、人形束が入っています。 五重塔の高欄には人形束がありません。 3・雲斗雲肘木 肘木や斗が雲型をしている。 4・軒の構造 上記の断面で、尾垂木の先に乗った巻斗(まきと)で上部の丸桁(がんぎょう)を受けています。 その上に垂木がのっています。 飛鳥様式では垂木と尾垂木が屋根の荷重を受けています。 その荷重が尾垂木の先端にかかります。 飛鳥時代では垂木と尾垂木で軒を出す構造になるので、軒先が下がりやすくなっています。 軒先が垂れてくるため、屋根の隅木に束が入っています。 垂木が一段になっている軒を 一軒(ひとのき)といいます。 薬師寺や唐招提寺は 一軒から 二軒に、 雲肘木もなくなり、 三手先(みてさき)に進化していきます。 裳階(もこし)ってなに?裳階は飛鳥様式? 法隆寺の金堂、五重塔には裳階というものがついています。 創建当初は裳階はついていなかったと考えられていて、雨除けのためにつけられたようです。 裳階は後からつけた雨除けで、飛鳥様式の特徴とはいえません。 ちなみに裳階付きの建築物はけっこうあります。 裳階付きの建築は、薬師寺の西塔、東塔、興福寺・中金堂、法界寺・阿弥陀堂などがあります。 五重塔 五重塔も飛鳥様式となっています。 金堂との違いといえば、高欄に人形束がないことくらいでしょうか。 五重塔も金堂と同じように一軒の軒先になっています。 五重塔の構造・名称など 飛鳥様式とは関係ありませんが、五重塔の構造と名称を書いておきます。 五重塔も金堂も軒を出す構造は基本的には同じです。 柱のたてかたは、垂木の上に台輪を乗せ、その上に柱を立てます。 そうして、少しづつ下層と柱の位置をずらすことによって 逓減率の大きな立面になります。 正面からみると上に行くにしたがって上部が小さくなっていくことがわかります。 法隆寺の五重塔の逓減率は約0. 5です。 金堂も上下の柱の位置がずれているので、逓減率が大きくなっています。 相輪は心柱が下から支えています。 心柱はどこにも触れていません。 法隆寺の心柱は掘っ建てになっていて、土の中に埋まっていたそうです。 (今はどうなっているかはわかりません) 昭和24年の調査で心柱の下に仏舎利容器が収められていることが確認されました。 仏舎利容器のレプリカが大宝蔵院に展示されています。 まとめ 飛鳥様式についてまとめてみました。 軒先の構造等は現地で見ることができないので、参考にしていただければと思います。 様式を知ることによって、建築の楽しみ方が増えると思います。 飛鳥様式だけでなく、和様、大仏様なども今後まとめていきます。 法隆寺周辺では、法輪寺、法起寺の三重塔が飛鳥様式になります。 大阪の四天王寺は鉄骨鉄筋コンクリートで飛鳥様式で再建されています。 法隆寺を見て他の建築と見比べると、微妙な違いがあったりするので、またおもしろい味方ができると思います。

次の

金堂

法隆寺 金堂

四壁十二面の国宝壁画は焼けてしまった。 朝日新聞は出火の翌日の社説で、「経済の自立的再建が当面の最大課題であるが、文化のことは金が出来てからゆるゆるやるというのでは、ものになる日はついに来そうもない」と書き、二日後の二十八日のコラム「天声人語」では「 法隆寺を焼くような国は文化国家とはいえない。 (略) 昭和国民の二大失敗は、侵略我と金堂の焼失である」と惨事を評した。 焼損から再現までの様子と文化財保護の重要性を伝えた就面を紹介する。 当時、国宝である 金堂や五重塔などの解体修理が行われていた法隆寺には、工事開始を告げるサイレンが毎日午前八時に鳴っでいた。 しかし、その日、通常の時刻より 昭和24年(1949)1月26日の朝発生した「 法隆寺金堂全焼」を伝える朝日新聞の号外一時間ほど早くサイレンの音が聞こえたようで、 法隆寺・佐伯定胤貫主は「普通の鳴らし方にも非常警報の鳴らし方に非ず」と日記に記したという。 法隆寺の火事を伝える一報は、奈良発の号外として「けさ法隆寺金堂全焼」の見出しで五行の記事を掲載した。 ショックを隠せず 「二十六日午前七時ごろ法隆寺金堂= 奈良県斑鳩町=から出火、 世界最古の木造建築物である同金堂をついに同人時全焼した」と記し、原因は「 漏電説が有力」と報じた。 早版号外では、見出しが「法隆寺全焼」となっており、伽藍全体が焼けたともとれるものになっていたという(一九八九年五月二十二日付け、連載『金堂炎上4』)。 翌二十七日には一面トップで 、「法隆寺金堂炎上 国宝壁画大半失う」の大きな見出しとともに、十一段の記事となっている。 焼損した壁画に合掌する佐伯貫主を写したものが掲載されている。 催災当時八十三歳だった佐伯貫主は「なんとも申し訳ない」と語り、法隆寺国宝保存会顧問の 伊東忠太氏は「困ったことになった。 再生は望みなし」とショックの大きさを隠せなかったようだ。 なお、 佐伯貫主は出火の責任をとって、二日後に貫主辞任を表明(二十八日付け)。 後任には 間中定泉氏が就くことになる。 仏像と同じく壁画に描かれた仏は信仰の対象でもあったが、古代美術として「インドのアジャンタ、あるいはペルシャの影響を受け(略)写実的なデッサンの確かなこと。 構図の緊密なことなど美術的に見ても わが国が世界に誇り得る宗教画の最高傑作」と紹介している(二十七日付け)。 実はこの壁画は昭和十五年(一九四〇)から模写が行われていた。 描かれた年代は七〜八世紀とされるが、剝落が進んでおり明治期から保護すべきだという声があがっていた。 大正期の法隆寺壁画保存方法調査委員会の設置などを経て、 昭和九年(一九三四)に総工費百七十五万円、十〜十五年の修理期間をかけることを国が決め、文部省(当時)に法隆寺国宝保存事業部などを設置。 寺に 国宝保存工事事務所があった。 これが 昭和六十年(一九八五)まで続いた 「昭和大修理」の始まりである。 解体修理は難問が多く、金堂や五重塔にかかる前に、比較的構造が簡単な食堂や東大門などから進められた。 金堂壁画についでは現状記録という観点から写真撮影をし、壁画の模写をすることになっていた。 太平洋戦争が勃発する前年の昭和十五年(一九四〇)八月から二年の予定で始まったこの模写は、 戦局の悪化や参加した画家たちが招集されたことなどもあって、十七年以降には自然休止してしまう。 戦後の二十二年から模写が再開され、完成が急がれていたなかで、 二十四年一月二十六日の火災の前日夕方まで作業が続けられていた。 世界に誇る国宝壁画復元の機運は一気に盛り上がる。 裏面では、 「科学の権威を動員」という見出しで、「法隆寺金堂の炎上をきいて 東西の学者が続々大和法隆寺にかけつける、なくなったものへの 痛恨も大きいが、 穴だらけの土塊となってしまった 十二面の残部と焼残った黒焦げの大柱四十二本をもとでにあの金堂の雄姿が再建し得るかどうか、日本人のだれもが望むこの復元問題」とし、学者や知識層、関係者などの意見を紹介している。 また、出火原因については、「原因調査の手段として初め失火、放火の二仮定説をたて取調べに当たった」という奈良地検の談話を紹介しっつ、「放火説は今のところ現場にもその他にもこれを肯定する根拠はない。 自然失火説が有力になってくる」と報じている。 そして二月二日付けで、「 奈良地検が出火原因は電気座布団の過熱からと断定を下した」と掲載した。 焼損した金堂壁画の保存から再現への道のりを記事で追ってみる。 出火から四日目の二十九日付け紙面では「十二面とも抜取り 大宝蔵殿に保管・金堂壁画の対策決る」の見出しを掲載し、二十八日に行われた緊急対策協議会の結果を報じている。 その内容は、「 壁全体に硬化法(アクリル樹脂注射と噴霧)を施して鋼鉄のフレームで締付けたうえ、ウィンチでつり上げ、レールにのせて十二面とも抜取る」「壁画は大宝蔵殿へ保管」など六つの決定項目を紹介している。 なかでも「法隆寺壁画の全容は、 たすかった天人小壁二十面と現状のまま残った壁画十二面と完成模写品とを後世に伝える」という意見に世界に誇る古美術再現の意欲を感じさせる。 辞任を表明しでいた法隆寺の佐伯貫主である。 同じ二十九日の紙面に掲載された、 「強く反対の意向を表明した」という貴主の談話は次のようなものだった。 「角をためて牛を殺すような従来のやり方には法隆寺一山こぞって反対する。 学者達の徒らな 元文ママ)好奇心のため聖徳太子以来千三百年の血の流れた信仰の中心を台なしにしたではないか。 これらはいわば生体解剖に等しい行いで、こんなものは本当の科学とはいえない」 とはいえ壁画再現は佐伯貫主にとっても拒みきれないものでもあったようで、昭和二十六年(一九五一)三月六日に金堂壁画の移動は開始された。 同時に木枠に入った壁画の移動法要も行われた。 なお壁画の模写は 出火三日後の一月二十九日から、焼け残った金堂内で再開されている。 元日の一面で、金堂壁画の再現が報じられた。 白壁のままだった金堂に、現代技法を生かした仏画がよみがえることになった。 「法隆寺金堂の壁画を再現」「画壇の精鋭十四氏に委嘱」の見出しの囲み記事には金堂外観の全景と、画家で、再現プロジェクトの総監修者でもある 安田靫彦(やすだ ゆきひこ)と前田青邨(まえだ せいそん 両氏の写真が掲載されている。 「焼失した大壁四面、小壁人面の計十二面の壁画は、いずれも特別の和紙に描かれ、 約一年の予定で焼失直前の姿によみがえります。 約半数は昭和十五年から行われた前回の壁画模写にも参加しでおり、平均年齢は 五十八歳。 ほかに 助手が四十人と大所帯となった。 復元方法については「 剥落模写といって、昭和二十四年当時の壁画の状態をそっくり復元しょうというもの。 戦前に作った原寸大の コロタイプ版写真を紙に焼付け、壁画の焼け残った部分や前回の模写や 原色版写真などをもとにして、 彩色をほどこし、それを木のワクにはって壁にはめこむ」と紹介している(同日付け)。 焼失当時から文化財保護を強く訴えてきた朝日新聞社が 法隆寺壁画の再現を決めたのは昭和四一年(一九六六)。 制作画家や方法、 用紙、絵具などの検討を文化材保護委員会(現・文化庁) と繰り返し交渉し、「法隆寺金堂壁画再現委員会」を組織し た。 再現の制作の基本方針は、総監修の安田画伯など関係者との協議の結果、「 焼失前の壁画にないものは描き加えない」「 壁画のよごれ、ひび割れ、剥落などもそのまま模写する」などを決め、模写は三月一日にスタートした。 模写開始から約四カ月たった六月二十七日には、明治と大正時代に行われた模写作品を見学する安田画伯たちの様子を紹介(東京本社版)。 「壁の粒子までひとつひとつ表現している前回模写の前では 『実物がなくなったいまではとてもこうはいかない。 感じをつかみとって表現するまでだ』 と意欲をもやしたり、 技術上の問題を交換したり(略)」 さらに、七月には「制作すすむ」と題し、暑さに負けず筆を運ぶ安田・前田・橋本・吉岡の各総監修者とともに、助手として参加している東京芸術大学の女子学生らも 写真で 掲載(一九六七年七月三十一日付け東京本社版)。 壁画が三メールを超える大作なので、アトリエの天井を抜いたなどの苦労話とともに、「各画伯ともほぼ下塗りを終え」と制作が順調にすすむ様子を紙面にしている。 ちなみに制作は時には一日十五時間、休みも月に一回ということがあったという(一九六人年八月二十七日〜九月五日付け)。 そしてその約半年後、 壁画は額装され金堂に収められることになった。 世界でも類を見ない再現壁画は、清浄を念じて香水をそそぐ「清水開眼」などが行われ、白鳳の姿が斑鳩の里に戻った。 額装された壁画を金堂に運び入れる作業は、昭和四十三年(一九六八)十一月七日に始まった。 「絵具がはげ落ちないようにと、前日から、まずやわらかい 白薄紙(和紙)につつみ、さらに ハトロン紙、防水紙で包むほどの慎重さ。 (略) 額装作業は、展覧会用のパネルから、再現した壁画をはずし、金堂の壁にはめ込む作業。 (略)東京の額装制作専門会社の作業員五人が、小麦でつくった生ふのりでシワのいかないようにていねいに五日がかりではっていたもの。 一号壁画などの大壁画はパネルを床に寝かせて、木の橋を渡しての大作業。 のりの粘着力が十分ほどしかないので大壁画を一挙に張りつけなければならない難作業だった」と紹介した(十一月八日付け)。 「快晴の十八日午後、金堂商人口前に特設された舞台を中心にした式場で荘厳に営まれた」と書き出された記事は、釈迦、阿弥陀、薬師、弥勒の浄土のお姿がほのかな日の光に浮かび上がった。 」と再興なった金堂の様子を紹介。 また、法要については「儀式の開幕を告げる唄ではじまり、仏に花を供養する散華、舞楽など荘厳な儀式がつぎつぎ営まれた」とある。 その金堂焼失から二十二年たった昭和四六年(一九七一)には「天人小壁(飛天図)」の再現壁画など二十面も金堂に取り付けられ、一般に披露されることを紹介している(一九六九年三月七日付け奈良版)。 文化財保護法と防火デー 敗戦から四年目、復興を目指していた日本に衝撃を与えた法隆寺金堂の火災は、文化財保護法と文化財防火デーの制定のきっかけとなった。 文化財保護法は、昭和二十五年(一九五〇)五月三十日に制定され、日本における文化財を保存、活用し、国民の文化的向上を目的とする法律だ。 また出火した一月二十六日が「文化財防火デー」となったのは昭和三十年(一九五五)。 防火デーは文化財保護意識のより徹底を図ることを意図し、法隆寺金堂の焼損した日であること、一〜二月が一年のうちで最も火災が発生しやすい時期であることから定められた。

次の

飛鳥様式の特徴を解説。胴張の柱、卍崩の高欄、雲斗雲肘木等図解入りで解説

法隆寺 金堂

壁画の前で合掌する佐伯定胤住職の写真は当時の人々に強烈な印象を残した=49年1月27日付 文化財防火デーの26日、全国各地で防火・避難の訓練が実施される。 文化財防火デー制定のきっかけになったのが、壁画の模写作業が行われていた1949年1月26日に起きた法隆寺(奈良県斑鳩〈いかるが〉町)金堂の火災だった。 焼損した世界的な傑作の仏教壁画(7世紀、国重要文化財)について初の科学的な総合調査が始まったのを機に、67年前のあの日、何があったのかを振り返った。 1940年に当代一流の画家による模写が始まったが、49年1月26日、堂内からの出火で焼損し、ほとんどの色彩が失われた。 土壁ごと取り外され、合成樹脂や鉄枠で補強され、境内の収蔵庫で保管されている。 法隆寺は文化庁と朝日新聞社の協力のもと、学識者でつくる「保存活用委員会」を昨年12月に設立。 3年かけて劣化の有無や最適な保存環境を最新の科学で探り、焼損から70年となる2019年をめどに中間報告をまとめる。 その成果を踏まえ、一般公開の可能性も検討される。 物資不足の当時、朝日新聞は数ページ、朝刊のみの発行。 火災翌日、27日の大阪本社版は表裏2ページだったが、1面の約半分が火災の記事に当てられ、「法隆寺金堂炎上」「国宝壁画大半失う 解体中の内陣を全焼」の見出しが並んだ。 裏面には「忘れられた国宝」と題し、各地の文化財保護体制の不十分さを指摘する記事を掲載した。 当初から、報道の焦点は火災の原因だった。 26日号外では「漏電説が有力」と報じ、27日の紙面では壁画模写の現場で使われていた絵の具の接着剤を溶かすためのヒーターや、座布団に電熱線を仕込んだ電気座布団の過熱の可能性を指摘した。 その後、現場責任者や電気座布団を作った業者が起訴されたが、結局原因は特定できず、失火については全員が無罪になった。 もう一つ注目されたのが焼損した金堂壁画の行く末だ。 29日の紙面では「十二面とも抜き取り 大宝蔵殿に保管」と、壁画を取り外して保管するという文部省(当時)の方針を報じる一方、それに法隆寺の佐伯定胤住職が「生体解剖に等しい」と強く反対していることも伝えている。 2月6日付の「声」欄では、壁画の取り外し保存を巡って「当事者の善処に任せるのが妥当」「信仰とともに保存されてきた壁画を他へ移せば単なる美術品になる」と賛否の投書を紹介した。 今ものどかですが、車や家がもっと少なく、お寺の鐘が隣の町村まで響き渡るほど。 そんな静かな中で、金堂の火災は起きたのです。 サイレンが遠くまで聞こえ、近隣の安堵(あんど)町や大和郡山市、河合町などからも消防団が一斉に駆けつけました。 私は高校2年生でした。 いつもなら午前8時に法隆寺保存工事事務所の始業のサイレンが鳴る(注1)のですが、あの日は午前7時半ごろに鳴り始め、なかなかやまないのです。 異変に気づき、近所の友人に声をかけました。 「おい、寺中(じちゅう)で火事や。 行ってみよう」。 地元のものは誰も「法隆寺」と改まった言い方はしません。 ログイン前の続き現場に着くと、佐伯定胤(さえきじょういん)管主(注2)がお弟子さんに脇を支えられて金堂から本坊へ戻るところでした。 燃え上がる堂内へ飛び込もうとするのを宮大工や弟子が止めたそうです。 前日まで壁画を模写していた画家たちは、魂が抜けたように立ち尽くしていました。 余燼(よじん)がくすぶっていましたが、私は中をのぞき見ました。 火熱で彩色を失った壁画は焼けただれてモノクロ写真のようになり、息をのむ思いでした。 白眉(はくび)と言われた6号壁・阿弥陀浄土図は無残に穴が開き、下地の木舞(こまい)、ヒノキの芯材が露出していました。 真っ黒に焼けた柱とは対照的に、真っ白な木肌だったことが印象に残っています。 後年、私は周囲の人たちからこう言われたことがありました。 「金堂炎上の現場に駆けつけながら、なぜ写真を撮らなかったのか」と。 終戦からまだ4年弱。 斑鳩にカメラを持っていた人が何人いたでしょう。 私も持っていませんでした。 法隆寺の境内も今のようにバリアフリーのスロープなどなく、消防ポンプを運ぶのに、石段の所で何人もの消防団員が「よいしょ、よいしょ」と担ぎ上げていました。 数年後、NHKの記者として法隆寺を訪ねた時、お坊さんの1人に聞いてみました。 「壁画の焼損を悼むような法要はされないのですか」。 「特にはない」という答えでしたが、その後、今の「自粛法要」(注3)が営まれるようになりました。 NHKはラジオで全国に報じました。 それがきっかけかどうか、1月26日の金堂炎上の日が文化財防火デーになったのです。 注2 1867年、法隆寺村(現斑鳩町)に生まれ、10歳で得度。 1903~50年に法隆寺住職(管主)を務め、52年病没。 注3 法隆寺によると、55年1月に焼損壁画がある収蔵庫を一山の僧侶が参拝。 59年の日記に「金堂壁画焼損追憶自粛法要が営まれた」と記されているという。 法隆寺の東の浄土真宗誓興寺住職、龍谷大客員教授。 元NHKの文化財担当記者で、主な著作に「まほろばの僧 法隆寺・佐伯定胤」(春秋社)=後に「新・法隆寺物語」(集英社文庫)、「高松塚への道」(草思社=構成担当、網干善教著)など。 当然、火災のリスクは高くなる。 都市部から離れ、昼間以外はあまり人通りのない場所も多く、放火に遭いやすい条件も抱える。 実際、戦後の文化財火災をみると、金閣や延暦寺のように放火が目立つ。 火災が発生したら屋根や外壁に延焼防止の水幕をはる「ドレンチャー」や消火用の放水銃などが、国宝・重文の社寺を中心に整いつつある。 しかし、これも一度備えたら万全ではなく、メンテナンスが欠かせない。 世界遺産の奈良・唐招提寺は、約20年前に設けた境内の消火設備を更新中だ。 鉄製の導水管を地中に埋めていたが、大地震で割れる恐れがあるため、割れにくいポリエチレン管に替える。 大きな揺れがおさまって電力供給が再開された時に火花が散って起きる「通電火災」の危険性も指摘される。 この対策はまだ進んでいないし、参拝者・観光客の避難の検討も必要だ。 法隆寺金堂の焼損壁画についても、震災への備えをどうするかが課題。 収蔵庫は1952年完成で、壁画が収められたのは55年。 60年以上経ており、12月に発足した「保存活用委員会」が調査を進める。 (編集委員・小滝ちひろ).

次の