プリコネ ストーリー 編成。 【プリコネR】10章クリア! 続きのストーリーが気になる…

【プリコネR】ジュンとノゾミを編成に入れたらメインクエスト楽勝すぎた

プリコネ ストーリー 編成

少し面白いものを見つけてしまいました。 下図はエリア27のクリアパーティたちです。 うわー見事にフェス限定キャラだらけです。 (笑) まあ、フェス限定キャラっていうのはプリコネのゲームバランスを変えてきた子たちですから、こうなるのも仕方ありません。 どんな上級者もプリコネを始めたての人に勧めるのがフェス限キャラの獲得です。 ムイミ、クリスティーナ、ネネカを持っているだけで多くのコンテンツに関与できるようになります。 いわゆるぶっ壊れ性能ってやつですね。 現在、フェス限キャラは3人います。 そこでふと、ムイミ、クリスティーナ、ネネカの中から最強の一人を選ぶとなれば誰になるのかと考えてみました。 もちろんみんな最強クラスの性能に変わりありません。 最強クラスなのですが、誰かひとりを選ぶとなればすごく迷います。 編成や敵との相性によっても適正キャラは変わります。 異論はあるかもしれません。 しかしあえて今回は僕の使用感と偏見でフェス限キャラのランキングを決めてみることにしました。 3位クリスティーナ クリスティーナは物理デバフに加えて、確実にクリティカルを飛ばせるユニオンバーストのおかげで瞬間火力が全キャラ一位です。 初めて使ってみたときは「なんじゃこりゃ!」と思いました。 ユニオンバースト一発で他のキャラとは明らかに格の違うダメージを叩き出すんですから。 今でもクランバトルなどの最前線で使われています。 正直、いまはもうクリスティーナの使えないボス戦なんて考えたくありません。 ちなみに僕が初めて獲得したフェス限キャラはクリスティーナです。 いまでも当時の感動は忘れられないです。 しかしクリスティーナの弱点は魔法攻撃に弱いということ。 ユニオンバーストで敵の攻撃を一定時間回避することができますが、それは物理攻撃だけです。 魔法攻撃は普通に当たってしまいます。 さらにクリスティーナは魔法防御力が低いので、アリーナで魔法編成を当てられると簡単にやられてしまいます。 確かに瞬間火力を重視したぶっ壊れと呼べるキャラですが、対策が簡単ということで3位になりました。 まあここらへんは仕方がないかもしれません。 次のムイミ、ネネカに比べたら劣ってしまうでしょう。 2位ムイミ ストーリーでも超重要キャラであるムイミ。 バトルでもやっていることがめちゃくちゃで天楼覇断剣を装備すると無類の火力を連続で叩き出します。 現在の物理キャラ最強を名乗ってもおかしくないでしょう。 スキル1では敵をスタン状態にして足止めできるので、防御力は低いものの多少補えます。 TP回復キャラと組み合わせれば天楼覇断剣状態を長引かせることも可能です。 僕もメインクエストではムイミにお世話になりっぱなしでした。 物理攻撃が有効な敵には必ずムイミを編成に加えていました。 ボス戦でも物理デバフスキルを持っているので、火力だけでなくサポートまでこなせます。 ただ天下無双っぽいムイミですが、でもやっぱり弱点はあります。 初めにも言ったように、それは防御力が低いこと。 ムイミのポジションはタンク近くの前衛なのですが、被弾率がものすごく高いです。 相手の火力が高ければ、天楼覇断剣を装備する前にやられてしまうこともざらにあります。 特に星3ではHPが低すぎて使い物にならないときも。 フェス限キャラのなかでは真っ先に才能開花するべきキャラだと思います。 ムイミを編成する場合、他キャラの編成にもこだわらなければなりません。 タンク2枚編成でムイミを守ることも重要です。 回復キャラも入れて、ムイミのHPとTPを管理する必要もでてきます。 編成が難しい点もムイミのデメリットと言えます。 その分、火力のリターンは凄まじいものがあるんですけど。 まあ、星5にして適正ランクにあげていれば今でも最強には変わりません。 入手したら迷わず育成していくことを推奨します。 1位ネネカ 8月末に登場したばかりのフェス限キャラのネネカですが、僕の中ではこの子が1位になりました。 ユニオンバーストの分身による爆発力が特徴です。 ネネカが実装されてからアリーナもクエストもネネカだらけになりました。 ボス戦でも第一線で活躍します。 いま全コンテンツの適正率がもっとも高いキャラだと思います。 後衛魔法アタッカーなので、もちろん耐久力は低いのですが、ユニオンバースト発動後は分身を盾にしたり、敵をスタンさせて被弾を防いだりして、器用に耐えてくれる点もいいですね。 魔法攻撃力は全キャラ中1位なので、後方からの固定砲台のような使い方もできます。 魔法パーティを組むなら基本的にネネカ一人で十分なダメージを叩き出してくれるのはありがたい。 才能開花しなくても仕事してくれるのも大きな利点です。 ユニオンバースト発動後、自分も味方も強化させる陣を展開しますが、これもまた強いです。 魔法攻撃力だけでなく、TP上昇まで強化してくれるから後衛の魔法キャラはみんなユニオンバーストを連発してくれます。 編成の自由度が割と効くのも素晴らしいですね。 固いタンクさえ用意しておけば、あとはどんなキャラとも相性がいいので、キャラ不足で編成が難しい場面でもすんなり入れられます。 ネネカの強さを超える魔法アタッカーは今後なかなか現れないでしょう。 対して、弱い点と言えば範囲攻撃がつらいということ。 分身もろとも一刀両断されてしまえば、もちろん本体が大きなダメージを受けてしまいます。 アリーナでも対策として、水着ミフユの範囲攻撃でネネカ本体を落とす戦術があります。 僕もアリーナでネネカを使う場合は水着ミフユの防衛は怖いので、なるべく避けるようにしています。 まあ、それでも編成次第ではネネカで勝ててしまうときもあるみたいなので、正真正銘のぶっ壊れキャラで間違いないです。 (笑) 今後もしばらく環境トップに君臨しているでしょう。

次の

プリコネ 小技&裏技

プリコネ ストーリー 編成

『プリコネR』は、『プリコネ』からストーリーがつながっていますが、『プリコネ』を知らない方でも楽しめるように作っています。 第1部には『プリコネ』を遊んでいない人に世界観を知ってもらう役割もあったので、キャラクター紹介的なシーンも多くなりました。 それによってシナリオのつなぎが変わったりもしましたね。 ストーリーに深く関わってくる新キャラクターがたくさん登場して、さらに大掛かりな展開が待っています。 第1話のアニメに登場したキャラクターの多くはご覧の通り敵キャラクターですが、もちろん味方になるキャラクターも登場します。 新しく登場したドラゴン族の少女・シェフィがどんなキャラクターなのか、という点でしょうか。 第1部で解き明かされなかった謎にも注目してもらいたいですね。 既存キャラクターに関しては、活躍が増えるキャラクターが多くなって、美食殿以外のキャラクターが活躍するところをたくさん見られると思います。 公開が11月になったのは、あのタイミングが『プリコネ』と『プリコネR』、両方のストーリーを楽しめるベストなタイミングだったためです。 『プリコネ』の最終ストーリーが更新される頃には企画が動き出していました。 前作は、サイバーエージェントと共同開発で、サイゲームスはキャラクターを作っていました。 そして、そのキャラクターで続編を作りたいと思い、許可が降りて動き出したという形です。 ストーリーの更新だけになった頃に時間があったので、その間で主人公がペコリーヌに決まり、前作のエンディングに登場させた流れです。 『プリコネR』から始めた人が多く、『プリコネ』を知らない方にもすんなり受け入れていただけたなと。 アニメRPGという新ジャンルとして打ち出したのも、受け入れられた大きな要因だと思います。 1本だけだとバトルシーンばかりになってしまうので、ほかにも1シーン入れたいというのが当初からありましたが、それが実現できたことでアニメRPGとしての完成度をさらに高められたと思っています。 「新キャラクターを作らなければいけない」とはずっと考えていました。 既存のキャラクターの活躍だけでは物語が広がっていかないと思うので。 それと、ムイミもそのうちイベントに出せればいいなと。 難しい立ち位置のキャラクターなのでタイミングに悩みますが、第2部がある程度進んだら出せるようになるかなと思います。 別の理由でジータやルナなどのコラボキャラクターはイベントに出しづらかったりします。 ただ、絶対に出せないわけではないので、いずれ登場するかもしれません。 第1部のラストを作っている時が大変でした。 チームとしては限界に近かったです。 第2部を早くお知らせしたくてその後も少し無理をしましたが、2月に第1章の後編を実装したあと、3月はメインストーリーの実装をお休みしようと思っています。 その時期には育成キャンペーンを行い、皆さんの反応を見られたらと考えています。 ちなみに今後は星6の追加ペースが上がるのでしょうか? 星6はその時々のゲーム環境やユーザーさんの状況などを見つつ、活躍の場が減ってきたキャラや、バトルにおいて同じような役割が増えてきたキャラなどを改めて輝かせたり、役割分担の差別化を図るためなどの理由で、星6の追加順番を決めたりしています。 追加ペースは基本的に月1ペースのままですが、たまに複数キャラクターの星6を同時に実装する予定です。 諸々のバランスを考え、星4以上まで育てたキャラクターを星3まで下げられるようにする方向で検討しています。 装備RANKを下げる機能は今のところ予定していません。 装備は違う方法でどうにかならないか考えています。 星とRANKの両方を自由に設定できるとバランスを調整しきれない恐れもありますので。 ずっと意識していることではありますが新しく始めた方のキャラクターを成長させるスピードを上げ、既存ユーザーさんに追いつけるまでの期間をある程度一定に保つことを課題にしています。 理由としては、そのゲームの中で一番多くの人が楽しんでいるコンテンツをみんなで一緒にできることがゲームの楽しさの一つだと考えていて、だいたいそういったコンテンツはある程度レベルやキャラクターが育っていないと楽しめないものが多くなりがちだからです。 ただ、あまりにも簡単に成長できると、レベルがカンスト(上限に到達)付近になった途端に成長スピードが落ち、一気につまらなく感じると思うので、そうならないバランスを心がけます。 同じように、新しいキャラクターを手に入れた時の育成も大変なので、入手してすぐに実践投入できるような仕組みも考えています。 8くらいの状態で手に入るバランスにしました。 それと、恒常の新コンテンツを作る予定です。 ユーザー同士で競うのではなく、純粋にアイテムが手に入るようなものを考えています。 日課が皆さんの負担になると感じたら、いずれかのコンテンツをスキップできるようにします。 今年もそういった目標はありますか? 単独イベントとアニメ……と言いたかったのですが、ありがたいことに両方決定しました。 まずは、これらをしっかりやりたいと思います。 単独イベントはステージだけでなく、いろんなアトラクションやブースを巡りながら楽しめるものを想定しています。 ユーザーの皆さんのおかげで開催できるので、できるだけ楽しんでもらえるようなものにしたいです。 TVアニメは4月に放送開始予定で、『プリコネR』の世界にじっくり浸れるようなものになっています。 ゲーム内のアニメーションは戦闘シーンが多いのに対し、TVアニメは日常を多く描いて、癒されるようなものになっています。 ユーザーの皆さんが絶対に楽しめるものになっていますので、楽しみにお待ちください。

次の

【プリコネ】【ストーリー】全体的にストーリーは微妙だけどお前らはどの話が好き? スレ民のオススメがコチラwwwww

プリコネ ストーリー 編成

相手に耐久力の低いアタッカーがいる場合、スキルのみで速攻で倒し切ることも狙える。 水着マホ入り編成 編成例1 アタッカー サポート サポート サポート サポート イオの誘惑中に畳みかける編成 イオにTP回復を集中させ、速攻で誘惑付与のUBを発動する編成。 誘惑中に水着マホのTPが溜まり、安全に攻撃できる状況が作りやすい。 水着マホはランダム攻撃なので運が絡むのが難点だが、突破力は高め。 Point! アタッカーに水着マホの攻撃が飛べば敵の決定力を奪えることも。 ユイ プリンセス 入り編成 編成例1 アタッカー サポート サポート サポート サポート ユイの複数攻撃を活かす編成 主に耐久寄りの編成に有効な組み合わせ。 星6ハツネと違い、 星6ユイやマホなどの魔法キャラに安定してダメージを出せる。 編成例2 アタッカー アタッカー サポート サポート タンク ハツネスタンからユイ連打で突破 TP支援でハツネUBを早め、敵にスタンやデバフを付与しつつユイのUBで倒す構成。 ユカリの2度目のTP支援とユイのUBが噛み合いやすく、うち漏らしたあとも続けてUBで攻撃できる。 リノで倒しきれなかったキャラはスタンや範囲攻撃で削っていこう。 初動が早い防衛には厳しいが、耐久に寄せた遅めの編成に有効。 後半から火力を大きく伸ばせる。 UBを先に撃ちたい ヒヨリミラーや、前中衛キャラが多いパーティに有効。 ただし先頭ヒヨリなので耐久力が厳しく、長期戦は不向き。 専用なしの水着サレンだとタマキの攻撃力不足でうち漏らしが発生したが、バフがついたことで安定性がup。 Point! ただし、マジカルカスミなどの水着サレンを止められる敵には要注意。 テンプレ系の編成なので敵に応じてタンクやサポは調整しても大丈夫です。 アタッカーは基礎クリティカルの高いヒヨリが特におすすめ。 アユミ ワンダー 入り編成 編成例1 サポート サポート アタッカー アタッカー タンク 行動速度デバフで優位に戦う アユミ ワンダー はスキルで全体に行動速度デバフを付与できる。 敵に星6ユイなどの行動速度バフ持ちがいる場合、 バフをデバフで上書きできる。 敵のUBループを崩すことが可能だ。 Point! ユイ入りの耐久寄りの編成に有効です。 アユミ ワンダー のUBの行動速度バフで、味方の手数を増やせるのも魅力の一つ。 マヒル レンジャー 入り編成 編成例1 サポート アタッカー サポート アタッカー タンク 星6リマや水着カオリなどの マヒル以外の吹き飛ばしキャラを編成して敵を固めるパターン。 固めたあとにマヒルやヒヨリのUBで削って倒す流れとなる。 UBでのバリアがかなり厳しいので星6タマキが必要になる。 バリア持ちがいなくなれば、マヒルの混乱や吹き飛ばしからアタッカー組の単体攻撃で突破しやすい。 リン レンジャー 入り編成 編成例1 サポート アタッカー サポート サポート タンク 継続性のある防御デバフを活かす リン レンジャー はミツキと異なり、先頭のキャラを基準としたデバフを付与する。 初回以降もデバフが無駄になりづらく、ツムギでまとめて倒す場合にも有効なサポーターだ。 編成例2 サポート アタッカー サポート サポート タンク 初回のデバフのみを活かす リンの初回のデバフ中に範囲攻撃で中衛や後衛を狙うパターン。 初手スタン持ちがいる場合はリンのデバフをキャンセルさせられる可能性があるので注意。 Point! バフ役は比較敵自由ですが、なるべく効果量の高いものを編成しましょう。 また、バッファーを 1枠TP支援キャラに変更することで更に初速をは早められます。 途中でマホなどのヒールが入っても削りやすいグレアが優秀。 ネネカ採用パターンも強力だが、ハツネの強力なスタンを上書きしスタンが短くなるので、カウンターを受けやすくなる点に注意。 自身でも単体攻撃でダメージをだし、残ったキャラの削りにも貢献できる。 ルナなどのTP支援でシオリからUBを使ってバフをまき、他の物理キャラで突破を狙う編成だ。 範囲攻撃で高いダメージを与えられる星6物理アタッカーとは特に相性が良い。 Point! タンクとしてだけでなく、UBでのリジェネやバフもかなり強力。 役割を多く持てるキャラなので汎用的に編成できます。 星6イオ入り編成例 編成例1 サブアタ アタッカー サポート サポート タンク サブアタッカーとして編成する イオは瞬間的なダメージを出すのは難しいキャラクターなので、メインアタッカーとしての運用は難しい。 UBやスキルでの削りとTPダウンの遅延が主な役割となる。 編成例2 サポート サポート サポート サポート タンク TP減少でじわじわ削る型 相手の編成に全体ヒーラーや範囲魔法バリア持ちがいない場合に有効。 イオとカスミ マジカル のUBを回して敵のUBを封じつつ削っていく。 ノゾミ クリスマス 入り編成例 ノゾミ クリスマス 入り編成例1 サポート アタッカー アタッカー サポート タンク 範囲物理対策に有効 ノゾミを先頭にしTP支援することで、敵の範囲物理UBより早く防御バフUBを打ちやすくなる。 バフ後は物理攻撃に弱いネネカでも、星6リノのUBを耐えて戦うことが可能だ。 星6リノ入り編成例 星6リノ入り編成例1 サポート アタッカー サポート サポート タンク TP支援を入れてリノUBを早めに使おう 星6になることでUBの火力を大きく上げられる。 TP支援ができるユカリや水着サレンとは特に相性が良い。 高威力のUBで防御の低い後衛キャラをワンパンしよう。 のこった枠でバフやデバフができるキャラを採用して、一発の威力を伸ばそう。 ハロミソのUBは発動してからダメージにいくまでがやや遅いため、敵のUBwo遅らせて妨害が入らないように調整しよう。 TP回復持ちを編成してUB発動を早め、敵のアタッカーを速攻で倒そう。 キャルだけではタンクの突破が難しいのでTP支援枠をアタッカーに調整するのもあり。 ハツネとネネカでは残ったタンクの削りが難しいため、ルナやプリペコのような単体攻撃持ちもセットで編成したい。 デバフ中であれば魔防が低めのキャラはネネカの範囲攻撃などで突破できる。 同様の能力を持つリマなどと組み合わせて敵同士の距離を縮め、覇断剣やヒヨリUBで突破しよう。 ただし、星6キャラが複数編成される現環境では、 ムイミをアタッカーにする編成を通しづらい点に注意したい。 ハロウィンシノブ入りパーティ例 アタッカー サポート アタッカー アタッカー タンク リン レンジャー のデバフと合わせる ハロウィンシノブの強力な範囲攻撃やUBを活かしたい。 敵の物理防御力を大きく下げられるリン レンジャー やミツキなどを組み合わせてメインアタッカーとして運用しよう。 ただし有効な相手は基本魔法パ。 敵タンクの突破用に単体アタッカーを編成しよう タマキだけで耐久の高いタンクを突破するのが難しいので、アタッカーはもう1キャラ編成したいところ。 サレンのTP支援がタマキにとぶように、サレンから遠い単体アタッカーを編成したい。 Point! 後衛アタッカーはシオリの他にスズナやアリサが優秀。 魔法キャラを採用した場合であればキョウカ、水着キャルもオススメです。 範囲物理パ編成例 簡易版 中衛 中衛 中衛 前衛 前衛 サポート アタッカー アタッカー アタッカー タンク サポート タンク ミツキのデバフを活かす編成 ミツキの防御デバフでフィールド内の敵の物理防御力を大幅に下げられる。 魔法特化パ編成例 簡易版 後衛 後衛 中衛 中衛 前衛 サポート アタッカー サポート アタッカー サポート タンク サポート デバフを使って正面から倒していこう 恒常で手に入るアカリやキャルは魔防ダウンと単体攻撃を持ち、先頭キャラを削るのに優秀。 同じ単体枠のキョウカなどを合わせて先頭キャラから突破していく編成。 リノ砲パーティ編成例 後衛 後衛 中衛 中衛 前衛 サポート アタッカー サポート サポート タンク TP支援でリノのユニバを加速 ユカリ、ユキのTP支援を受けてリノのユニバを加速させる編成。 魔防特化のクウカ相手には、特に有効なパーティとなる。 敵防衛にタマキがいるならタンクは2体編成 タンクが1体の場合はタマキの魔法攻撃ダウンにより全員の魔法攻撃力が0になってしまう。 タマキのユニオンバーストの攻撃対象がランダムになってしまうので、タンクを2体編成して対策する必要がある。 Point! 一部のキャラは物理攻撃キャラでありながら裝備により魔法攻撃力を持っている。 それを活かしてタマキちゃんの対策をした編成となる。 自己回復や回復支援により、元々高い耐久力をさらに向上することができる。 アタッカーも1枠採用 耐久性能の高いキャラだけだと相手の戦力を削れず、押し切られる可能性がある。 そのため、相手の魔法アタッカーを対処できるタマキをアタッカーとして採用している。 高い戦力が必要 この編成は、タンクが育成されていないと防衛できず突破されやすい。 防衛に設定する際は、育成度合いを確認しておこう。 耐久パーティ編成2 ツムギ入り 後衛 前衛 前衛 前衛 前衛 サポート サポート サポート タンク サポート タンク ツムギで敵の行動を遅延する編成 ツムギは敵の行動速度をダウンさせるスキルを持つ。 ユニオンバーストでは、敵全体に確率で束縛を付与できるため、行動を遅延する役として非常に有効。 ユニバの遅さをサレンで改善 ツムギはTPを貯めるのがそこまで早いキャラではないので、TP支援ができるサレンを採用する。 ツムギのユニバで敵を一纏めにできるので、サレンのユニバとの相性も良い。 リマ入り防衛編成1 後衛 前衛 前衛 前衛 前衛 サポート アタッカー サポート アタッカー サポート タンク 攻撃的な防衛編成 ミツキとハロウィンシノブを入れ、アタッカーメインの編成では突破しづらくできる。 専用装備付きのマツリを入れることで、サブタンクとしての役割をさせつつ範囲スタンでの妨害も可能。 相手のアタッカーを見て物理と魔法どちらの対策の優先度が高いかを確認し、しっかりと対応する必要がある。 サポートキャラも1体は編成したい おすすめのサポートスキル種 攻めでおすすめのサポートスキル 攻撃バフ、防御バフ、バリア、防御デバフ TP支援、行動速度バフ、妨害系スキル 防衛でおすすめのサポートスキル 防御バフ、バリア、防御デバフ TP支援、回復スキル、妨害系スキル 攻撃UP系のバフスキルが有効 味方の攻撃力を上げるなどの、全体のステータスを変化させるスキルも有効。 通常攻撃や攻撃スキルのダメージが上昇するため、敵を素早く倒しやすい。 攻め側で重要なバフといえる。 TP支援スキルでUB発動をサポート 味方のTPを支援できるスキルは、アリーナの勝敗を決める要素の1つであるユニオンバーストを通常よりも早く撃たせることができる。 強力なアタッカーなどと編成して勝率を上げよう。 物理パーティの方がアタッカーの選択肢が多いため、キャラの配置を調整したいときなどに融通が効きやすい。 リカバリーができるように全体回復が可能なヒーラーを編成しておくのがオススメ。 火力不足になる場合はバフやデバフ持ちを編成してみよう。

次の