埼玉 県 助成 金。 埼玉県の新型コロナウイルス感染症対策で使える補助金や助成金を一覧として紹介

企業の皆さまへ

埼玉 県 助成 金

4月16日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、緊急事態宣言の対象が当初の7都府県から全国に拡大されました。 また同日、当初考えられていた減収世帯に対する30万円給付から、全国民1人ひとりに10万円に変更されました。 また、東京,神奈川,千葉,埼玉,大阪,兵庫,福岡の7都府県に北海道,茨城,石川,岐阜,愛知,京都の6道府県を加えた13都道府県は、「特定警戒都道府県」に指定され、それぞれの首長が休業要請等の指示、それに伴う協力金、支援金の支給などを決定しています。 本稿では、特定定額給付金10万円以外に埼玉県が用意した「補助金」「助成金」等について紹介します。 いずれも申請しないともらえませんから、対象となる条件、申請方法などを理解しておきましょう。 新型コロナウイルスの緊急事態宣言に伴い、休業を余儀なくされた飲食店や中小企業に、埼玉県が最大30万円の支援金を支給するんだって! 埼玉県の大野元裕知事は17日夜、独自の支援金を支給することを発表しました。 緊急事態宣言が発令された「4月8日から5月6日までの間に、7割以上営業できないか休業した場合、20万円を支給する。 複数の事業所がある場合には10万円を加算する。 」としています。 大野知事は「売り上げの多寡は問わず、業種の縛りも付けない。 条件を緩やかにし、迅速に対応したい」として、5月7日から原則電子申請で受け付けをスタートさせるようです。 休業要請で余儀なく休業せざるを得なかったお店には朗報です。 経済産業省の持続化給付金とは? 雇用調整助成金は、経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、雇用の維持を図るための休業手当に要した費用を助成する制度なんだって! 東京都がもっとも早く口火を切った業種・施設を指定した「休業要請」ですが、各自治体も追随の動きを示しています。 これとは別に厚生労働省では、新型コロナウィルス感染症で休業を余儀なくされた事業主に対して、従業員の休業手当等の費用を助成する「雇用調整助成金」の特例措置を拡大しました。

次の

コロナ対策は10万円給付金だけじゃない!埼玉の補助金、助成金とは?

埼玉 県 助成 金

埼玉県が実施しているこども食堂への対応 埼玉県では「埼玉県子ども食堂ネットワーク」を発足させ、県全体で子ども食堂やプレーパークといった「子供の居場所」作りを支援しています。 平成30年8月におこなったこどもの居場所実態調査では164箇所でしたが平成31年2月には230箇所が確認されています。 埼玉県でも子ども食堂への関心が高くなってきていることがわかります。 また、県からはこれから子ども食堂を開設して支援したいという方の相談に乗る「こどもの居場所づくりアドバイザー」も派遣しています。 「子ども食堂を開設する」という方に助成金を交付するだけではなく、 「子どもを支援したいがどうしたらいいのか分からない」という方のバックアップも行っています。 助成金の交付で開設の支援をするだけではなく、 子ども食堂が実際に正しく運営されているか、利用者がどのくらいいるのか、どれだけ支援が広がっているかといった実態調査も定期的に行っています。 実態調査を行うことで、施設の形骸化を防ぎ、より正しい実態に沿った利用や支援ができるようにしています。 引用: 埼玉県の市町村単位で行われている子ども食堂・支援の事例 県だけではなく、市町村単位でも取り組みが行われています。 実際にさいたま市と入間市で行われている取り組みのケースを見てみましょう。 子ども食堂|さいたま市のケース さいたま市は子どもたちが様々な世代との交流を通じて、健全に成長できる環境づくりの推進を掲げており、県内でも特にこども食堂に対し熱心に取り組んでいる市の一つです。 さいたま市では子ども食堂に取り組む団体等に対し経費の一部を補助しています。 さいたま市の助成金の内容 (1)食材費 ・参加した子どもとボランティア1人につき1日400円を限度 (2)運営費 ・備品や消耗品、印刷製本費、保険料等の経費について、2分の1の金額(上限100,000円) さいたま市の助成金交付条件• 食材費及び運営費の交付額は1年度合計でおおよそ240,000円が上限。 (応募状況により減額する場合あり)• 補助金の交付対象は1か月につき2日実施分のみとなります。 子ども食堂|入間市のケース 入間市でも子どもたちの居場所や地域の交流の場所として、子ども食堂が開催されていて、食事だけでなく、遊びや工作、学習支援、イベントなどを行っているところもあります。 また、さいたま市同様、「子ども食堂ネットワークいるま」でも助成金を交付しています。 入間市の助成金交付条件 子ども食堂1回の開催につき居場所事業の運営に必要な経費として5,000円交付 (食材費・会場費・消耗品費等)• 入間市内で、食を通した居場所事業を実施する運営者又は運営団体であること• こども食堂ネットワークいるまの会員であること• 事業の対象者に、子どもを含むこと• 営利を目的とした活動・政治活動・宗教を布教する活動を行わないこと• 申請時に開催日時、場所の確保が出来ていること (開催日の天候によって中止になる可能性がある場合は、振替日があること)• 参加者を一般募集していること• 参加費は無料もしくは材料費徴収程度の安価であること• 申請書に予算書、報告書に決算書を添付すること• 同じ運営者・運営団体の申請は、原則年間6回まで 引用: 埼玉県の子ども食堂補助金まとめ 埼玉県では県や市町村全体で子供を守る子ども食堂の推進に取り組んでいます。 県はもちろん、多くの市町村では助成金の交付も行われており、これからますます子どもの居場所が増え、子どもにとって優しい地域になることが予想されます。

次の

企業の皆さまへ

埼玉 県 助成 金

埼玉県が実施しているこども食堂への対応 埼玉県では「埼玉県子ども食堂ネットワーク」を発足させ、県全体で子ども食堂やプレーパークといった「子供の居場所」作りを支援しています。 平成30年8月におこなったこどもの居場所実態調査では164箇所でしたが平成31年2月には230箇所が確認されています。 埼玉県でも子ども食堂への関心が高くなってきていることがわかります。 また、県からはこれから子ども食堂を開設して支援したいという方の相談に乗る「こどもの居場所づくりアドバイザー」も派遣しています。 「子ども食堂を開設する」という方に助成金を交付するだけではなく、 「子どもを支援したいがどうしたらいいのか分からない」という方のバックアップも行っています。 助成金の交付で開設の支援をするだけではなく、 子ども食堂が実際に正しく運営されているか、利用者がどのくらいいるのか、どれだけ支援が広がっているかといった実態調査も定期的に行っています。 実態調査を行うことで、施設の形骸化を防ぎ、より正しい実態に沿った利用や支援ができるようにしています。 引用: 埼玉県の市町村単位で行われている子ども食堂・支援の事例 県だけではなく、市町村単位でも取り組みが行われています。 実際にさいたま市と入間市で行われている取り組みのケースを見てみましょう。 子ども食堂|さいたま市のケース さいたま市は子どもたちが様々な世代との交流を通じて、健全に成長できる環境づくりの推進を掲げており、県内でも特にこども食堂に対し熱心に取り組んでいる市の一つです。 さいたま市では子ども食堂に取り組む団体等に対し経費の一部を補助しています。 さいたま市の助成金の内容 (1)食材費 ・参加した子どもとボランティア1人につき1日400円を限度 (2)運営費 ・備品や消耗品、印刷製本費、保険料等の経費について、2分の1の金額(上限100,000円) さいたま市の助成金交付条件• 食材費及び運営費の交付額は1年度合計でおおよそ240,000円が上限。 (応募状況により減額する場合あり)• 補助金の交付対象は1か月につき2日実施分のみとなります。 子ども食堂|入間市のケース 入間市でも子どもたちの居場所や地域の交流の場所として、子ども食堂が開催されていて、食事だけでなく、遊びや工作、学習支援、イベントなどを行っているところもあります。 また、さいたま市同様、「子ども食堂ネットワークいるま」でも助成金を交付しています。 入間市の助成金交付条件 子ども食堂1回の開催につき居場所事業の運営に必要な経費として5,000円交付 (食材費・会場費・消耗品費等)• 入間市内で、食を通した居場所事業を実施する運営者又は運営団体であること• こども食堂ネットワークいるまの会員であること• 事業の対象者に、子どもを含むこと• 営利を目的とした活動・政治活動・宗教を布教する活動を行わないこと• 申請時に開催日時、場所の確保が出来ていること (開催日の天候によって中止になる可能性がある場合は、振替日があること)• 参加者を一般募集していること• 参加費は無料もしくは材料費徴収程度の安価であること• 申請書に予算書、報告書に決算書を添付すること• 同じ運営者・運営団体の申請は、原則年間6回まで 引用: 埼玉県の子ども食堂補助金まとめ 埼玉県では県や市町村全体で子供を守る子ども食堂の推進に取り組んでいます。 県はもちろん、多くの市町村では助成金の交付も行われており、これからますます子どもの居場所が増え、子どもにとって優しい地域になることが予想されます。

次の