唐 田 えりか カンヌ。 東出昌大が唐田えりかと未成年不倫で離婚間近?杏は当時妊娠中だった!

【画像】唐田えりかの東出昌大インスタ写真!匂わせがクズと話題!

唐 田 えりか カンヌ

唐田えりかの匂わせインスタ画像がエグすぎる? 清純派女優と謳っていた唐田えりかさんが、まさか不倫関係に陥っていたとは、誰もが驚くところです…。 しかも未成年のうちからということもあって、ちょっと信じられないとしか言えないんですけど。 2017年から続いていたという、唐田えりかさんと東出昌大さんの不倫関係。 その一番最初となるのは映画「寝ても覚めても」の撮影だといいます。 2018年9月1日に公開された映画で、韓国などでも絶大な人気を誇りました。 唐田えりかさんは、主役を演じる東出昌大さんと恋仲になり、劇中では激しいキスシーンもあって話題だったんです…。 キスシーンは0:25〜あたり この映画の撮影が、2017年の夏頃から始まったということで、ちょうど 3年前になります。 2017年の8月の日付では、すでに唐田えりかさんと東出昌大さんが頬を寄せ合って、親密そうにしているんですよ! 唐田えりかさんは、写真にはっきりと日付が分かるものをいくつか投稿していますが、その写真を撮った日にちとインスタに投稿した日にちが違っているものがいくつか見られます。 これは、一体どういう意味なのか?ここから詳しく紹介していきます。 しかし、良くてみると、写真の日付は2018年5月15日。 半年以上前の写真をこのタイミングでなぜ? 一見すると何も感じませんが、東出昌大さんも唐田えりかさんも、少なくとも2018年5月14日にはフランスのカンヌにいることが分かっています。 つまり唐田えりかさんのインスタでは、その日カンヌでワインを飲んでいたことが分かります!監督も東出昌大さんも居たのかは分かりませんが、杏さんのいない所で二人の愛が燃え上がったんでしょうか…。 フランスまでいくとなると、短くても3泊4日くらいは取るでしょうからね。 ネット上では、 2018年のクリスマスに東出昌大さんと杏さんと子供が一緒に過ごしていて、唐田えりかさんが東出さんと過ごせないことからこのようなマウント行為に出たのでは?とまで言われています。 それにしても信じられないのは、2017年の11月には3人目のお子さんが生まれている東出昌大さん。 東京に杏さんと子供3人を残して、カンヌで唐田えりかさんと?…。 スポンサーリンク 唐田えりかが削除した匂わせインスタも? 2020年の1月22日、東出昌大さんと杏さんの別居報道を受け、唐田えりかさんが自身のインスタから東出昌大さんの写真を全て削除したと言われています。 現に、インスタを遡っても東出昌大さんの画像はないのでやっぱり削除したんでしょうね。 その削除されたインスタも匂わせている?と話題になっています。 全て紹介していきます。 というのが分かる写真。 なんでも撮影の2ヶ月前から準備期間があり、そこで共演者と監督はかなり仲が良くなっていたんだとか。 この写真を見れば分かりますけどね。 のちのインタビューでは、 大のお気に入り写真の一つとして選んでいるんです。 唐田さん:撮っているときの気持ちや情景を思い出せる写真を選びました。 東出さんが寝ている写真は、私が手前に何気なくいて、ふと目をやった先にちょうど東出さんが見えて「うわ…めっちゃいい!」と思って衝動的にパシャっと。 現像して、隙間にピッタリはまる構図で撮れていたことに驚きました。 少しでも動かれたり、気付かれたりしたら、撮れなかったので…。 fujifilm. キャンプスタイルでね。 瀬戸康史さんは、今でも普通に唐田えりかさんのインスタに残っていますからね?明らかに東出昌大さんに絞って削除しているのが改めて分かります。 撮影の一コマにしては、 東出昌大さんは今起きたかのような雰囲気。 一緒に打ち上げをしているところでしょうか。 それにしても唐田えりかさんと被写体の東出昌大さんの距離感がすごく近いような…。 この日はイベント等で、東出昌大さんも唐田えりかさんも一日中忙しかったことでしょう。 そんな日の始まりか終わりか?東出昌大さんのリラックスした雰囲気が伝わってくる写真です。 朝からずっと一緒だったっていうことなんでしょうか? まとめ 唐田えりかさんが匂わせ?削除したとされる全インスタ画像12枚をまとめました。 ちょっと偽装不倫へのイイねは、個人的にエグすぎると思いました…。 約3年も続いていたという東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫関係。 その間、東出昌大さんが杏さんと子供を過ごす時間ももちろんあったはずです。 そういうタイミングでは唐田えりかさんは一人ぼっちということに。 まさか、そんな理由だけでここまで匂わせるとはいいませんが。 真相は本人にしか分かりませんね…。

次の

東出昌大が唐田えりかと未成年不倫で離婚間近?杏は当時妊娠中だった!

唐 田 えりか カンヌ

双方、不倫の事実を認め、所属事務所から謝罪コメントが発表される中、ネット上では唐田がこれまでに自身のSNSで東出との交際をニオわせる投稿をしていたとして、非難の声が殺到している。 NHK朝ドラ『ごちそうさん』で夫婦役を演じたことをきっかけに、2015年に本当の夫婦になった杏と東出。 結婚から2年後には双子、そのまた翌年には第3子に恵まれ、写真週刊誌ではたびたび2人でベビーカーを押す様子がスクープされるなど、芸能界きっての〝おしどり夫婦〟として知られていた。 「今回の報道で、東出の数々の愚行が明らかになり好感度は失墜。 もともと、世間の東出に対するイメージは『演技は棒だが、複雑な家庭で育った杏を受け止めた懐の深い人』という温かいものがほとんどでしょうから、不倫によって〝杏の夫〟という最大のステータスを失ったことになります。 ウワサでは、家事育児丸投げ状態からの妊娠中の不貞ということで、今後、好感度が回復することは一切見込めないでしょう」(芸能記者) 「自分の感情だけで動いてる倫理観のないクズ」 そんなさなか、東出の不倫相手である唐田の〝ニオわせ〟インスタグラム投稿の数々がネット上で話題に。 「中でも物議を醸している投稿が、18年12月25日のもの。 クリスマスにホットワインを飲んだというコメントとともに、フィルムカメラで撮った写真を掲載しているのですが、写真右下に印字されている日付が〝2018年5月15日〟となっています。 実はその日は、東出と唐田の交際のきっかけになったといわれている映画『寝ても覚めても』が『カンヌ国際映画祭』で上映されるため、2人がフランスでともに過ごしていた日なのです。 また、ホットワインに関して、以前、東出があるインタビューで『理想のクリスマスデート』について『ホットワインを飲みたい』と語っていますから、2人はフランスでホットワインをたしなんだ可能性が高い。 わざわざ半年前の、しかも男性らしき大きな手が写りこんでいる写真をアップしているあたり、バレる覚悟の挑発的な〝ニオわせ〟だったと言えそうです」(同・記者) その他にも、「フィルムカメラでは好きな人しか撮らない」と発言しつつ、映画撮影にかこつけてベッドに寝転がる東出や寝癖と思しきヘアスタイルの東出などプライベート感あふれるフィルム写真を公開したり、前述の映画のインタビューで「撮休があっても東出さんが本読みしようとおっしゃってくださったので、ずっと一緒にいましたね」とうれしそうに語ったりと、まさに〝やりたい放題〟だった唐田。 ネット上では、そんな唐田に対し、 《唐田えりかが本当に典型的な「女が嫌いな女」で笑える》 《クリスマス当日は一緒にいれないけど 彼には家庭があるから カンヌで一緒だった日の思い出をインスタに載せる唐田えりか怖過ぎ》 《どういう神経してるんだろう。 自分の感情だけで動いてる倫理観のないクズ。 社会的に制裁されようがこの人は一生幸せにならないでほしい》 などと、激しい非難の声が殺到している。 謝罪コメントでは《自身の弱さ、愚かさ、甘さを深く受け止め、向き合いたいと思っています》としている唐田。 強烈な〝不倫マウント女〟の〝弱さ〟とは一体、何なのだろうか…。

次の

唐田えりかの匂わせインスタ画像がエグすぎる?全12枚を総まとめ! | ホットワードブログ

唐 田 えりか カンヌ

唐田えりか2018年夏〜冬には別の俳優と交際も 唐田さんは、 東出さんに妻子があることを常に気にかけていたといいます。 恐らく2018年5月のカンヌ映画祭でお仕事が一区切りつき、 東出さんと会う頻度も自然と減っていったのでしょう。 2018年に入ると、唐田さんは東出さんと距離を置き 同世代の別の俳優と交際したといいます。 唐田さんは この別の俳優と少なくとも『2018年夏から2018年冬』にかけて交際していたと報じられています。 そして2019年には裏垢インスタグラムで、 復縁と破局を繰り返す様子を綴るようになりました。 あーもーーほんっと何やってんだか 何回繰り返してんだか、、、 だけどやっぱり彼女にはなれないってこどだけは再び確実に分かりきったし 私ももうこれが何の好きかよくわかんない とにかく繰り返してグズグズすんのは無理だわ なんか本当に友達とやらになった様子。 友達以上恋人未満は自分でも軽蔑する。 もういい。 新しい相手を求む! (何回目って感じだけど) 本当にもう次なのだよ。 目が覚めた。 どっちも 引用:週刊文春デジタル2020年1月30日公開 その後、2020年1月、杏さんに決定的な証拠を突きつけられた東出さん。 東出さんは観念した様子で唐田さんに対して 「今後はもう会えなくなる」 と一方的に連絡してきたといいます。 以上が、文春が公開した不倫の日々でした。

次の