めがね 映画。 めがね (映画)

映画『めがね』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

めがね 映画

さてこの映画、やりたいことは理解できますが、押しつけがましさと説明過多で厭らしさ爆裂、恥ずかしさで身もだえする雰囲気ちゃん映画となっております。 冒頭からいきなり「黄昏れ」「黄昏れ」の連発、こいつら全員狂人かと思わないではおれない言葉の暴力にさらされ居心地の悪さが開始10分でピークを迎えます。 「黄昏れ」は夕方のことではなく、多分「ぼーっとする」「ぼんやり寛ぐ」みたいな状態を指している言葉の誤用と思われますが、それがわざとであるにしても、ぼーっと心地よい状態への自然な誘導は皆無、すべて説明的に押しつけられます。 ぼんやり心地よい世界へ主人公が足を踏み入れ、だんだん同化する話がメインでして、しかしそもそも心地よい部分が過剰な押し売り状態なので不愉快さしか残りません。 ぼんやりすることを押しつけられてはたまったものではないです。 より親切に見てあげればそうなります。 惜しいかな、間合いはただだらだらすればいいってものではありませんで、表面的には似ているかもしれない北欧映画や日本映画の良作における間延びした演出には、その前後の抑揚やシナリオ上の必然性があるものです。 それは映画の説得力に直結する大事なところでして、絶妙な間延びのシークエンスがたとえどんなに好きでも、全編それだけではまったく何の効果も生み出さないのであります。 さて、もたいまさこ演じる謎のおばちゃんの妖精性がもうひとつのメインの物語として絡んできます。 こちらもやりたい気持ちだけはよく伝わりますが、妖精性を際だたせるための丹念な描写を放棄して最初から最後まで同じ調子で説明過多に押しつけてくるものだから効果も糞もありません。 絵に描いたようなおばちゃん像はあまりにも類型的で自然さがなく異化効果も0。 そういう演出を過剰に押しつけられ、苦痛しか感じません。 妖精性のアイデアは決して悪くないです。 でも生かされているとは思えません。 マジックリアリズムの技法は、片方でリアリティを重視することによって初めて成り立ちます。 「この映画にリアリティなんかいらないの。 雰囲気さえあれば」とおっしゃるならば、その雰囲気を生み出すための説得力をどこから持ってくるというのですか。 どこからも持ってこれないと、雰囲気自体がただのポストカートのごとき薄っぺらな一枚絵にしかなりません。 短編映画でなら効果を生み出せると思いますがストーリーのある物語としてちょっと辛いです。 画面の調子は技術的にも美術的にもこだわった作りになっています。 ここはさすがというべきところです。 のっぺりした色調やHDRを過剰に処理したような独自の画面は個性的と言えば個性的です。 のっぺりした画面の調子は、浮世絵などの単純化した美術と同一であり、嘘くさい世界を構築するための重要な要素と言えます。 でもなんかのっぺりしてるだけというふうにも感じます。 そしてそもそもこの「めがね」というタイトルはどういうこった。 「特に意味はなく、タイトル決定後に登場人物全員めがねを掛けることにした」とのこと。 おいおい、長編映画作ってそのタイトルに「特に意味はない」とは何事か。 めがねをかけたからめがねなのか、タイトルがめがねだからめがねをかけさせいたのか、どっちなんだい。 ・・・ちょっと貶しすぎなので反省してみます。 この作品がなぜこれほど不愉快かというと、目指していることや作ろうとしてることが理解できるからです。 しかもその方向、決して嫌いじゃありません。 いや寧ろ好きです。 つまり好きだからこそ過剰さが鼻につき、脚本と演出の稚拙さが羞恥心を呼び起こすんですね。 この映画を好きでも嫌いでもない人、どうでもいい人にとっては私のこの悪態は意味が分からない醜態あるいは近親憎悪にしか見えないはずです。 少々気に入らなくても「惜しかった」程度の感想文に留めておけばよいはずなのですよねえ。 やはり貶すのはあまりよろしくありません。 反省(反省だけ) では褒めるところ。 ありますよ、褒めるところ。 かき氷のシーンはキモいだけですが、小豆を炊くところは自然でよかったですね。 エビを食うところとか。 食事シーンは悪くないです。 梅干しのところのセリフは勘弁してくれだけど。 「マリンパレス」ネタも面白いし、薬師丸にもびっくりでした。 自転車の後ろに乗って羨ましい、っていう嫉妬のシークエンスも良いですね。 もし前後がちゃんとしていれば大変よいシーンになっていたでしょう。 残念でしたね。 以上、褒めるところも沢山ありました。 総論としましてはこの映画は「超恥ずかしいベタベタな青春ドラマ」と同等の「ベタベタ雰囲気ちゃんのアンニュイサブカル映画」であると言えましょう。 それはそれで、ある種の人々やある世代の人々にとっては必要な映画であるとも言えるし、通過儀礼的な必要悪の一種かもしれません。 評判の「かもめ食堂」を見る前にこっちを見てしまいましたが、どうでしょうか「かもめ食堂」は鑑賞しても平気でしょうか。

次の

映画評/「めがね」 : 死して屍拾う者無し

めがね 映画

この道はハマダヤに通ず!?「コーラルウェイ」 ヨロン空港横にある、真っ白い珊瑚でできた細長い一本道。 主人公タエコ(小林聡美)が、サクラさん(もたいまさこ)の自転車のうしろに乗ってハマダヤに帰るシーンが撮影されました。 印象的なので、見覚えのある方も多いのではないでしょうか? サクラさんの自転車にあなたも乗れる!「サザンクロスセンター」 ヨロン島を知りたければ、まず最初に訪れるべき資料館。 歴史や文化、暮らしに自然など様々な展示物が飾られています。 1Fの映画「めがね」コーナーには、実際に撮影で使われた自転車が。 フロア内であれば自転車を乗り回してOKとのこと、ファンにはたまりません。 マリン・パレスこと「星砂荘」 薬師丸ひろ子さん扮するエキセントリックなオーナー森下が経営するホテル「マリン・パレス」。 その撮影地が民宿「星砂荘」です。 過去には民宿の壁をスクリーンにし、プロジェクターで「めがね」を上映するイベントも行われたそう。 星空の元楽しむ野外上映会、ぜひ復活してほしいものです。 オーナーに聞きました!撮影秘話 映画「めがね」の撮影は約1ヶ月かけて行われたそうです。 通常の撮影現場と言えば、俳優さんをひと目見ようと見物人で人だかりができるもの。 しかしヨロン島での撮影期間中そのようなことは一切なく、作品制作は滞りなく進んだと言います。 これは「本当は見てみたいけど、迷惑をかけちゃ悪いな・・・」というヨロン人たちの、シャイで思いやり溢れる島民性の表れ。 映画の優しい世界観は、ヨロン島だからこそ作れたのではないでしょうか? 民宿ハマダヤこと「ヨロン島ビレッジ」 「梅はその日の難逃れ」そんなセリフが今にも聞こえてきそう。 朝食のシーンはこちらで撮影されました。 「トゥマイビーチ」でメルシー体操を 毎朝メルシー体操をしていたのは「寺崎海岸」と勘違いされがちですが、正しくはすぐお隣「トゥマイビーチ」。 ちなみに既に取り壊されていますが、サクラさんのかき氷屋もこちらに特設されていました。 【番外編】メディア初公開「ウィークエンドカフェ」 寺崎海岸すぐ近くの穴場カフェ。 こちらは映画の撮影地ではないものの、ロケ地巡礼中の休憩に最適なのでご紹介します。 「ウイークエンドカフェ」ですが、平日もバッチリ営業中(元々週末のみオープンしていたそう)。 マスター曰く「ま、朝食はつかないんだけどね」(それってもはや単なるBじゃ・・・笑)。 常連さんにカフェの魅力を尋ねると・・・? 「じじいの自慢話を、嫌な顔一つしないでニコニコ笑って聞いてくれるとこ」との事。 優しく微笑むオーナーは、どことなくサクラさんを彷彿とさせます。 メニューも一風変わってます。 チャーハンは「普通」or「極ウマッ」から選べ、値段は同じという謎。 ツッコミどころ満載のカフェは、映画「めがね」さながらのユニークさ。 緑に囲まれたテラス席でかき氷を食べ、めがね話に花を咲かせるのも乙ですね。 主人公タエコが、ちょっと変わってるけど心優しい島の住人たちと交流することで、忘れていた大切な何かを思い出していく物語。

次の

めがね : 映画評論・批評

めがね 映画

C めがね商会 「めがね」余白だらけの時間と空間に、捨てがたい不思議な魅力がある これって「かもめ食堂 Part2」?という視線で見られても致し方ない。 前作の好評を受け、同じ編成の主要スタッフ&キャストに、都会人のスローライフ願望に応えようとする意図がなかったと言えば嘘になるだろう。 現実から逃れてきた訳ありの主人公は、ケータイの繋がらない南の島で、うまい食べ物と、希薄な人間関係の中、ただ時を過ごす。 前作以上に劇的要素は消え失せ、時も感情も凪のように止まっている瞬間すらある。 物語ることをやめるなら、せめて人物にふくよかな奥行きをもたせるべきだった。 しかしこの余白だらけの時間と空間には、捨てがたい不思議な魅力がある。 ふと、「豊かな自然=癒し」という図式に疑念を抱き始めた。 ロケ地は与論島。 奄美諸島やさらに南の沖縄の時空をさかのぼり、本土の都合で征服され放棄された歴史に思いを馳せてしまう。 繰り返す白い波は、悲惨な過去を洗い流しているけれど、本作が寡黙すぎるゆえ、自ずと想いをめぐらしてしまうのだ。 僕は、島に秘められた情念や空気に気づかされた。 土地に宿る悲しみが都会人の虚ろな心に憑依しているように思えた。 傷つき疲れた者が南を目指すのは、土地に抱かれ、悲しみを共有するためなのかもしれない。 (清水節) (外部リンク) 2007年9月20日 更新.

次の