エアコン 水が垂れる。 エアコンから水漏れが起こる原因と対処方法

エアコンから水が飛ぶ原因と解決策

エアコン 水が垂れる

エアコンと水(結露)の関係とは? エアコンの結露は空気の温度差によって発生する エアコンからポタポタと水が落ちる原因を紹介していく前に、まずはエアコンと水の関係について見ていきましょう。 エアコンから水が落ちるケースが多く発生しやすい時期というのは、ある程度決まっています。 それは、一番暑さの厳しい「真夏」です。 気温の高い部屋にエアコンから冷えた空気が入り込めば、それだけ室内の温度との間に温度差が生まれます。 温度の異なる2つの空気が混在する事により、エアコン内に結露が発生し、その結果、エアコンから水がポタポタと落ちるような現象を引き起こすのです。 水はエアコンにとって必要不可欠 先ほど、エアコンから水がポタポタと落ちる原因は、温度差が原因であるというのはお話しましたが、そもそもエアコンと水の関係は切っても切れない関係なんです。 エアコンが冷房や暖房の機能を使えるのも水があってからの事です。 冷房は、部屋の温風を吸い込んでエアコンの中で冷たい空気に変換して吐き出しています。 この、温かい空気を取り込んで冷たい空気に変換する際に、水が発生するのです。 ギンギンに冷えたグラスを冷蔵庫から取り出すと、特に真夏のような気温の高い時期にはグラスにたくさんの結露が付くのを目にする事もあると思います。 これがまさに、エアコン内部で起こっていると考えるとイメージしやすいと思います。 ここに、エアコンの送風の使い方についての記事がありますので、冷房や暖房の使い方を改めて学ぶ機会としてみて下さい。 正しい使い方や掃除の仕方を知っているだけでも長くエアコンを使用する事も可能となるはずです。 エアコン内部の掃除が長年されていないと、どうしてもホコリや汚れが溜まってしまう事によりドレンホースが詰まってしまいます。 場合によっては、外部から小さな虫などが侵入して詰まっている事もある程です。 また、ドレンホースの先端が上向きになっている事もあるようです。 業者が設置した後に、水漏れを起こすようになったという場合にはドレンホースの先端の向きについても確認する必要がありそうです。 強い洗剤を使用してホースを洗浄したり、エアコンを購入して長年経っているという場合には、ホース自体が劣化している可能性もあります。 ドレンホース自体はホームセンターなどでも購入できます。 また、エアコンの機種例えば、東芝や日立、三菱など様々なメーカーから直接取り寄せたい場合には、各メーカーに問い合わせして取り寄せるというのも良いでしょう。 メーカー品だとどうしてもコストが高くなる傾向にありますが、それでもホースを間違う心配はありませんよね。 洗浄した後に、取り付け方が悪いと水漏れの懸念があります。 もし、破損している場合には、その破損している箇所を修理したり、新しい物に取り換えしなければ水漏れを解消する事はできませんので、プロに任せるというのが良いでしょう。 エアコンの配管は、銅管の上に断熱材を隙間なく被せてあります。 その上からテープなどを使って、冷媒ガスやドレンホースを一つにまとめてあると思います。 この冷媒ガス管の中に水が溜まっているという事があります。 経年劣化によって、このテープの隙間から水が浸入しているケースもありますので、水滴が垂れる、結露ができているというような場合には、この部分も確認してみるというのもおすすめです。 ここに、エアコンの臭い消しについての記事があるので、エアコンの臭いは気になる場合には、対策を講じる為にも読んでみて下さい。 ドレンホースの先端にこのポンプを取り付ける事により、このポンプを押したり引いたりして中の詰まりを取り除く事ができます。 このつまりをメーカーに依頼すれば、出張料などのコストが嵩み、高くなってしまいます。 その為、ホームセンターなどでポンプを入手して、まずは自分でやってみるというのがおすすめです。 ポンプ自体は、3千円以下程で入手する事ができますので、業者に依頼しても修理内容は同じだとすれば、自分でやった方がコストを抑える事ができるのは当たり前です。 誰でも簡単にできますので、自分で試すのもおすすめです。 ドレン用サクションポンプの使い方• 1ドレンホースにドレンポンプ先端を片手で密着するように取り付ける• 2もう一方の手でポンプのハンドルを引く• 掃除機とドレンホースの間に1枚タオルを咬ませて、掃除機でホースの中を吸い込むようにして使います。 劣化によってドレンホースに亀裂があると、どうしてもその亀裂から空気が漏れてしまいます。 その為、このような状態でいくら汚れを吸い込んだとしても意味がありません。 見た目にも劣化が進んでいるようであれば、新しいホースに取り換えるなどの対処法を取った方が良いと思います。 ここに、室外機に汚れが溜まらないようにする事もできる室外機カバーを作る方法を紹介している記事があるので、参考にして下さい。 室内機の中には、室内を舞っているホコリなども一緒に取り込んでいます。 その為、室内機の中には、少なからず埃やあらゆる汚れなども一緒に取り込んでいる可能性があり、これが原因で水滴が落ちる可能性もあります。 それでも水滴がポタポタ垂れるのが直らない場合の対処法は? 壁の中でドレンホースが持ち上がっているかを確認する 対処法1つ目は、壁の中でドレンホースが持ち上がっているかどうかを確認するというものです。 こうなると、水が排出されないという状況になってしまいます。 この場合には、自分ではどうする事もできませんので、エアコンを取り付けた業者に連絡して再施工の依頼をする必要があります。 ドレパンやドレンホースの緩みや抜けが原因の場合には業者に依頼 対処法2つ目は、ドレパンやドレンホースの抜けや緩みが原因である場合には、業者に依頼して確認してもらうというものです。 この場合には、ある程度中身を分解する必要がありますので、自分ではしない方が無難です。 熱交換器に発生する結露は、ドレパンに溜まり、ドレパンに接続したドレンホースにより排出されます。 しかし、ここに緩みがある場合には、その部分から水漏れする可能性が高まります。 そうなると、ポタポタ水漏れする事もあります。 ここに、エアコンから水が降ってきた際の対処法についてまとめた記事がありますので、この記事を参考にして、大量の水が垂れるという場合の参考にしてみて下さい。 エアコンから水滴が飛ぶようになった場合の対処法は? 結露が飛ぶ場合にはルーバーを下向きにしたまま継続して冷房運転をしない エアコンから水滴が飛ぶようになった場合の対処法1つ目は、ルーバーを下向きにしたまま継続して冷房運転をしないというものです。 湿気の多い季節でもある夏場にルーバーを下向きにしたまま持続して冷房運転すると、温度差でルーバーが結露する事があります。 ルーバーについた結露は対処する術はありません。 ルーバーというのは、エアコンの吹き出し部分にある板の事で、機種によってはこの部分に飛び散り防止の為にスポンジが貼ってあることもあります。 ルーバーを極端な下向きにしないというのも飛び散り防止には欠かせません。 結露が垂れる・飛び散る場合には風向きと風量を自動にしておく エアコンから水滴が飛ぶようになった場合の対処法2つ目は、風向きと風量を自動にしておくというものです。 結露による水滴の落下を防止する為には、室内と冷房内の温度差をなくす努力をするというのが一番です。 その為、風量と風向きを自動設定にしておくと、温度差を少しはなくす事もできます。 ここに、無理のない節約術を紹介している記事がありますので、電気代を節約する方法なども併せて学んでみて下さい。 無理のない範囲でする節約であれば、継続する事も簡単にできるはずです。 エアコンからポタポタと落ちる時には適切に早めの対処をしよう 今回は、「エアコンからポタポタと落ちる時の対処法や原因」をテーマに、エアコンから水が落ちてくる度合いによっての対処法なども紹介してきましたが、いかがでしたか?エアコンからポタポタと水が落ちてくる場合の多くが、ドレンホースのつまりが原因である事が多いのも事実です。 なかなかホースを掃除するというのも気にした事がない人がほとんどだと思いますので、そういう意味でも少しでもエアコンの水滴が気になった場合には、中身を確認してみるというのも良いでしょう。 ぜひこの記事を参考に、水滴対策を講じてみて下さい。

次の

冷房/除湿運転時に、エアコン(室内機)から水が飛んできたり漏れたりします。:日立の家電品

エアコン 水が垂れる

エアコンから水が出てくるおもな原因は「部品の汚れ」 エアコンから水が出てくる原因はさまざまですが、その多くは部品の汚れです。 この項目では、部品の汚れが原因である場合の掃除方法についてご紹介します。 ドレンホースが原因の場合の掃除方法 エアコンから水が垂れる原因のほとんどは、 ドレンホースの汚れによるものです。 ドレンホースとは、エアコン内部の水を外に排出するための排水管のことです。 ドレンホースは外に水を排出する部品であるため、汚れで詰まってしまうと 水が逆流してエアコンから室内に垂れてしまいます。 ドレンホースは細くて詰まりやすい形状をしているので、定期的に掃除をすることが大切です。 ドレンホースが詰まりを起こす原因は、おもに排出口付近の虫や枯れ葉、ごみなどです。 ドレンホースの排出口を確認し虫などが詰まっていた場合は、割りばしなどで取り除いておきましょう。 ごみを取り除いても詰まっている場合、内部に汚れがある可能性が高いため、掃除機などで奥のほうまで吸い取るのがおすすめです。 これらの掃除をするだけで、エアコンの水漏れを抑えることができます。 フィンが原因の場合の掃除方法 フィンはエアコンのフィルター付近に設置されている、温度調節をおこなう部品のことです。 このフィンは 結露しやすく、表面に水滴がつきやすくなっています。 さらにこのフィンが汚れていると、結露が発生しやすくなり結果的にエアコンから水が垂れるおそれがあります。 そのため、フィンの結露を抑えるために表面をきれいに掃除することが大切です。 まずエアコンを開けてフィルターを取り外します。 このときフィルターも汚れているのなら一緒に掃除しておきましょう。 フィルターで取りきれなかったごみが、フィンに付着してしまうのを防ぐためです。 次にフィンの表面に付着しているホコリを、掃除機で吸い取ります。 最後にフィンにクリーナーを吹きつけて、10分ほど放置すればお掃除完了です。 このようにエアコンから水が垂れる原因がドレンホースとフィンである場合、自分で掃除して解決することもできます。 ドレンホースとフィンを掃除してもエアコンから水が出てくる場合 ドレンホースとフィンを掃除してもまだエアコンから水が垂れる場合、そのほかの部分に原因があります。 以下がそのほかに考えられる原因です。 結露が原因である場合の対応 エアコンから水が垂れる原因が結露である場合、 エアコンの設定温度を確認してみましょう。 エアコンの設定温度を部屋の温度と大きく離れた温度に設定している場合、 エアコン内部に結露ができやすくなります。 また、エアコンの風向きを調節する ルーバーが汚れていないかどうかも確認しておくことが大切です。 エアコンの設定温度と部屋の温度に大きな差がある場合、 ルーバーの汚れを核として水蒸気が結露となるおそれがあるためです。 そのため、フィンだけではなくルーバーも一緒に掃除するようにしましょう。 ドレンパンの汚れ ドレンパンとはフィンで発生した結露や、ほかのエアコン内部で発生した水分をためる部品のことです。 ドレンパンの先は、ドレンホースにつながっているため、汚れて詰まっていると水をうまく排出できなくなってしまいます。 そのため、ドレンパンの汚れもきれいに掃除することが大切です。 しかし、 ドレンホースやフィンと違いエアコンを解体しなければ、掃除することができません。 ドレンパンを自力で掃除するのは困難であるという点にはご注意ください。 部品の故障が原因である場合の対応 フィンやドレンパンが故障している場合があります。 フィンが故障すると温度調節ができずに結露しやすくなりますし、ドレンパンが壊れていると水が排出されなくなってしまいます。 こういったエアコン内部に原因があるときは、自分で対処するのは難しいです。 無理に修理しようとするのは別の故障の原因にもなりますので、一度業者に相談してみてください。 ドレンホースの劣化が原因である場合の対応 ドレンホースは屋外にあるため劣化しやすく、長期間使用していると形状が変化していってしまいます。 形状が変化するとホースがたるみ、その部分に水や汚れがつまり水漏れの原因になってしまうのです。 以上の3つはいずれも、自分で掃除したり修理したりすることが困難な原因です。 メーカーやエアコン取りつけ業者などのプロに依頼して修理・交換してもらいましょう。 雨の日に限ってエアコンから水が出てくる場合は? 部品の汚れや故障がない場合でも、エアコンから水が垂れることがあります。 おもな原因としては、 雨水の侵入があげられます。 一見ほかの水漏れと区別がつかないように思えますが、ほかの水漏れはエアコンを使用するとき常に起こるものです。 しかし、雨水が侵入している場合は雨が降っているときに限られるため、日によって水漏れが起こる場合は天候を確認してみましょう。 雨水が入ってくる原因は、施工の仕方が関係していることが多いです。 通常ドレンホースは屋外に水を排出するように取りつけられますが、まれに雨水浸透管につなげて施工される場合があります。 雨水浸透管とは雨が降ったときに雨水を地中に排水するための管のことで、雨が降ると雨水でいっぱいになります。 このとき雨水浸透管にドレンホースがつながっていると、いっぱいになった雨水浸透管からドレンホースに逆流してきてしまうのです。 そのため、雨水浸透管にドレンホースがつながっている場合は、業者に依頼して外してもらうとよいでしょう。 エアコンの水はどこまで自分で対処できるの? エアコンから水が垂れる原因の大半がドレンホースといわれています。 ドレンパン、ドレンホースの掃除は自分でも可能な対処法ですのでぜひおこなってみてください。 「あまり気にならないけど、ちょっと水漏れしているなあ…」という場合は、エアコンの温度を少し上げることによって解決することもあります。 また、エアコンの前面にあるフィルターの汚れが原因になっている場合もあります。 エアコンを開けることによってすぐにわかるので、 軽く掃除してあげることで水漏れを抑えることができるでしょう。 これらの方法を試しても効果がない、対処しきれないという場合は、一度業者に相談してみましょう。 業者であれば、エアコンから水が垂れる原因を探し出し、的確に対処することが可能です。 生活110番にご連絡いただければ、エアコンの水漏れに対応できる業者をご紹介いたします。 「早朝・深夜だけど対応してほしい」「土日しか予定が開けられない」などのご要望にもお応えすることが可能です。 お電話によるお問い合わせは、24時間365日の対応となっておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください。 まとめ 急にエアコンから水がポタポタたれてきたら焦ってしまいますよね。 その多くの原因は、汚れにあります。 ドレンホースやフィンの汚れは水漏れを引き起こすだけでなく、悪臭をまき散らし雑菌を飛散させるため衛生上よくありません。 水漏れがおきたときはまず掃除をしてみると、すんなり解決するかもしれません。 それでも解決できない雨水や故障の場合は、業者に依頼して解決してもらいましょう。 (この記事は2020年2月14日に加筆・修正しています).

次の

エアコンから水が出る!原因と修理法を解説!

エアコン 水が垂れる

夏場のエアコントラブルで最も多いトラブルが水漏れです。 近年の猛暑でエアコンのトラブルは増加していますが、夏場はエアコンにトラブルが発生しても、メーカーや修理業者の対応が追い付かず、連絡がつながりにくかったり、連絡がつながったとしてもすぐ対応に来てもらえなかったりして、仕事に支障が出てしまう事が考えられます。 そこで、業務用エアコンから水漏れが発生したときに、応急処置として 自分で水漏れを解消できる可能性がある 水抜きの方法をご紹介します。 ポイントは吹き出し口から、というところです。 吹き出し口ではなく天井から漏れてくる水漏れは、天井裏の配管が原因の可能性が高いため、自分で対応する事は難しいです。 その際、空気中のほこりや油脂分、小さなゴミがエアコン内部に付着します。 このほこりや油脂分、ゴミが結露水により、ドレンパンという受け皿に溜まっていきます。 そこに細菌が繁殖するなどして汚れが蓄積していきいます。 ドレンパンに溜まった結露水はドレンポンプやドレンホースを通じて外部に排出されるのですが、汚れで詰まることで結露水が排出されず、あふれ出すことで水漏れが発生します。 この溜まった水を出すことで、一時的に水漏れが解消する可能性があります。

次の