ゼレフドラグニル。 FAIRY TAILの登場人物

【モンスト】超究極ゼレフドラグニル!簡単攻略のコツを解説【フェアリーテイルコラボ】

ゼレフドラグニル

魔法界史上最も凶悪だったと言われている黒魔導士。 作中では400年前以前に様々な悪魔や禁術を生み出したといわれており、黒魔法を崇拝する教団や信奉者たちにより崇拝されている。 その禁術の一つであるRシステムによる復活を目論む信奉者たちにより、楽園の塔の建造とそれに係る多数の人間の拉致と奴隷化、さらに後にゼレフの亡霊により変貌したによる楽園の塔事件が起こるが、かつてその奴隷の一人だったや彼女を助けに来た達により復活は阻止された。 と思われていたが、実は「 アンクセラムの黒魔術」という呪いにかかっており、その影響で不死の体となっているため、実際は400年間も生きていたのである。 この呪いは本人の意思と関係無く周囲の生命を枯渇させる力を持ち、そのことから本人は「死の捕食」と呼んでいる。 ある日を境に命の尊さを知り、それから命を尊く思うほど死のエネルギーを放出して周囲の魂を奪ってしまうようになり、魔法も思った通りに使えなくなるが、逆に命の重みを忘れれば自分の力を制御できるようになり本来の魔法を使うことができる。 この性質から「ゼレフは封印されて眠っており、起こすには鍵が必要」という伝承さえ広まっている。 また、呪いの影響で思考の矛盾に頭を痛める時がある。 S級試験編にて天狼島に身を隠すように佇んでいたところ、S級昇格試験のために島に訪れていたエルフマンとエバーグリーン、そしてナツと遭遇。 この時後述の経緯から 再会したナツの事を懐かしむが、同時に自身をまだ壊すには至らないことを悟り悲しむ。 当然何のことかナツには知る訳もなく、不審者として殴られてしまっている。 この時死の捕食が発動してしまうものの、ナツのマフラーが身代わりになったことで事なきを得ている。 後に襲来してきたによって、彼が黒魔導士ゼレフであることが明かされ、彼自身もゼレフの封印を解いて大魔法世界を築くという目的のために狙われてしまう。 この「悪魔の心臓」の襲撃に憤り、遭遇した煉獄の七眷属の一人・ウルティアに島から出ていくように言うも、上述の呪いの影響で魔法が扱えず敗北して捕まる。 後にギルドを裏切ったウルティア、そしてメルディからザンクロウにより身柄を奪われるがその際に意識を取り戻し、死の捕食にてザンクロウを死なせる。 この時、「悪魔の心臓」達の邪念によってアクノロギアが呼び寄せられることを感じ取っていた。 その後、敗北し撤退する「悪魔の心臓」の戦艦に自ら赴きマスター・ハデス達の前に姿を現す。 そこで、上述の「自身の封印と復活の鍵が必要」という伝承が、実は 大昔にゼレフを妄信する一部の者達が作った設定=作り話であり自身は今も目覚めているという真相を明かし、「アクノロギアを呼び寄せた罪」と「自分に命の重さを忘れさせた罪」を断罪する形でハデスに死の裁きを下した。 X791年では「 大鴉の尻尾 レイヴンテイル 」に潜入させていたオーブラ 正確にはそいつと共にいる小動物で実はこっちが本体 を通して様子を見ていた。 この時自身の元に現れた「 妖精の尻尾 フェアリーテイル 」初代マスター・メイビスに対し、7年の年月の末に自分を拒み続けるこの世界を滅ぼすことを決めたことを告げ宣戦布告する。 その後の 編にて、「冥府の門」本拠地にてナツに対しENDに関する意味深な発言を残して消える。 フェイス計画が失敗に終わるまで のだろうか その正体は ナツの実の兄、ゼレフ・ドラグニル。 かつてはミルディアン魔術学院の生徒として通い、そこで子供にして学院創立以来の天才と言われるほどの魔導士だったが、ドラゴンに遭遇し 両親とナツを失い、ナツの死を切っ掛けに生と死に関する研究を始める。 その過程でRシステムやエクリプスを作り出した。 しかし、それを教授達から「弟であるナツを蘇らせるための危険思想」と指摘され学院の退学処分を受けるが、その際に学院が信仰するアンクセラム神の怒りに触れて「アンクセラムの黒魔術」の呪いに掛かり、教授や生徒達を死なせてしまう。 同時に不老不死の体になり、大勢の命を奪った罪悪感と無限に研究ができる充実感の2つの思いを何年も持ち続けた末「死にたい」と願い、そのためにエーテリアス ゼレフ書の悪魔 を創り出したがいずれも自分を殺すには至らず、「最後」の意味を込めて大切に保管していた ナツの遺体を使い彼を「END」として蘇らせた。 ナツを「自分を壊してくれる存在」と称し再会して自分を殺すことをずっと待ち望んでいたのはそのためである。 また、研究に使う薬草を採取している時に イグニール に出会い友人となっており、当時やんちゃで手を焼かされていたナツを預けた。 この縁からか竜達のアクノロギアを倒す計画を知り賛同、の先祖であるアンナの力でエクリプスを開き、竜達と身寄りのない5人の少年少女たち を未来に送った。 一方で自身の方でもアクノロギアに対抗するため、西の大陸(アラキタリア)にて、大陸中の730ものギルドを一つにした超軍事魔法帝国「 」 を建国する。 そこからまた各地を旅していたが、にはマグノリアの西の森でメイビスや後の「妖精の尻尾」創設メンバーと出会い、メイビスの頼みで彼女達に魔法を教えていた。 X696年に偶然メイビスと再会し、彼女が〝ロウ〟を使ったことでアンクセラムの黒魔術の呪いに掛かっていることに気付き、メイビスに自分と共に歩く素質があると感じる。 それにより自分を拒み続ける世界で唯一受け入れてくれたメイビスに愛情を抱くが、それが切っ掛けとなり死の捕食により彼女の命を奪うことになってしまい「自分は誰も愛してはいけなかった」と悟る。 その後はメイビスの体を2代目「妖精の尻尾」マスターとなったプレヒトに届け、自身は 醜い妖精 スプリガン を名乗ってもう人に会わないためにアラキタシアに戻った。 「冥府の門」壊滅からの1年後であるX792年に、1年ぶりに国民の声援の中を凱旋しながら帝国に帰還し、単独で交渉に訪れていたマカロフと会談に応じる。 アルバレスを造り上げた目的と経緯を話し、アクノロギアもイシュガルも殲滅することを宣言して交渉を決裂させマカロフを殺そうとするが、間一髪で現れたメストにより失敗に終わる。 その後、スプリガン12にルーメン・イストワール改め〝 妖精の心臓 フェアリーハート 〟奪取とイシュガルの殲滅のために全軍による総攻撃を命じる。 自身もインベルとヤジールと共にイシュガルの西側から 100万の軍勢を率いて侵攻するが、そこに乗り込んで来たナツと直接対峙する。 イグニールが遺した炎王竜の力に押され自身の消滅の可能性を感じ、ナツに全ての真実を打ち明ける。 それでも自分共々消滅させようとするナツにトドメを刺されかけるが、ナツの消滅を拒んだハッピーの乱入により事無きを得る。 イグニールの力も消え自身を消滅させる手立てが無くなったことを感じたことにより覚悟を決め、皇帝に相応しい服装へと着替え改めて軍勢を進軍させる。 その後のユニバースワンによって「妖精の尻尾」のギルド内に配置され、魔水晶からついに完全蘇生し目覚めたメイビスと対峙し、彼女を手中に納めた後、全員が集結したスプリガン12と共にナツ達を待ち受ける。 多数の12が前線に向かう中、アイリーンにメイビスから妖精の心臓を分離することを命じていたが、一瞬のスキを突かれてメイビスが逃走したためアイリーンに生け捕りを命じる。 アイリーンの敗北後、ユニバースワンが解除されたことによりフィオーレ大陸が元の形に戻るが、自身は転移することなく「妖精の尻尾」内に留まり、最初にギルドに乗り込んだと対峙する。 自身の予想ではかジェラールが最初に来ると思っており、グレイが来たのは意外だったようだ。 グレイに対し冥土の土産として12の誰も知らない戦争の真の目的と妖精の心臓の本当の力を教え、ナツの怒りを誘うために彼を殺そうとするが、 ナツを救うために自身を殺すのではなく倒すことを取ったグレイの消失属性を付加させた 絶対氷結 アイスドシェル により逆に封印の危機に陥る。 ・・・がその直前に飛び込んで来たナツによって絶対氷結は中断され、両者とも無事のまま終わる。 エーテリアスやエクリプス、Rシステム等、彼の研究で作られものは作中でも尋常ではない問題を起こしており、また、正当な理由があるとはいえ5人の少年少女の運命を変えたため、うがった言い方をすれば作中のいくつかの物語の元凶である。 エルザやジェラール達の人生を捻じ曲げ彼女達に深い影を落とすことになる ただしこれがきっかけでエルザは「妖精の尻尾」にやってくることになるのだが。 後に結成のきっかけになったり、評議会も巻き込んだ楽園の塔事件が発生する。 ゼレフを倒すためにフィオーレ王家により利用されるが、逆にそれを未来のローグに利用されて扉から竜達が出てくる惨事となる ウルティアの〝ラストエイジス〟が無ければ多数の魔導士が犠牲になっており、違う時間軸では地上は未来ローグと竜達に支配されている。 また、結果論ではあるがルーシィの母のレイラが早死にすることになった原因でもある。 「冥府の門」の結成及びフェイス計画をはじめ連中の起こした様々な事件が起こる。 家族構成については上記のとおりであり、特にナツは幼少期の写真の入ったペンダントを持ち歩くほど思い入れがある。 後に 「息子」がいることや、自身やナツと同じ姓を持つラーケイドの存在が判明。 オーガストの反応からして実子と思われていたが、実際はエーテリアス(ゼレフ書の悪魔)の一体であり、その中でも出来が良かったため、自身と同じ姓を与えたに過ぎなかった(逆に言えば、それだけの価値があったと解釈もできる)。 ラーケイドがゼレフを「父」というのは「創造主」としての表現であり、「息子」というのは「エーテリアス」のことである(作中ではナツもまた「ゼレフの息子」と言えると述べている)。 それでも、ゼレフ自身は「アクロノギアを倒せる存在」と称し「秘密兵器」としてラーケイドを重宝している。 なお、オーガストの言う「ゼレフの息子」については作中ではオーガスト自身であることが示唆されている(ちなみに母親はあの マスター・メイビス。 ある種の天才二人の間にできた子供と言えるため、バケモノじみた実力も納得できる)。 幼少期のオーガスト自身が息子と名乗らず、ゼレフ自身もメイビスの面影がある、程度の認識しかなく、息子と気づかなかったため、愛情を注がれず「息子(幼少期のオーガスト)」は「無」の境地に至ったと現在のオーガストに評されている。 皇帝としての側面を見ると、帰国時は国民からの歓声を浴び、12をはじめとした部下からの本質的な忠誠心も高く、俗にいう「ニューリーダー病」的な部下はいない(こいつの性質考えたら無駄だと考えるほうが得策だが…)。 その一方、いくつかの12は招集をブッチする(国土が広いから物理的に無理なケースもあるが、問題となっている奴は問題にされている)、ブランディッシュは任務に不真面目で、敵に対して情けをかける(彼女にも事情はあるが)、アジィールやディマリアからは一般的なイメージとして皇帝にするとは思えない口の聞き方をされる、アイリーンからは「戦争だから戦争としての考え方をしろ」と不満を抱かれている、過去に12の一人が暴走しかけてイシュガル進攻しようとする(さすがにこれは止めたらしい)など、さすがに非の打ちどころのない統治者ではない(それでも不在時に反乱とかは確認されていないため充分素晴らしい統治者ではある)。 とうとうゼレフの項目も作成されたか。 功績上仕方ないが妙に実際の性格とは違った見方で見られるところは妙に面白く感じてしまう。 特にRシステム辺りは実情が実情だけに本人はブチ切れそうな案件だし -- 名無しさん 2016-09-11 02:24:32• やった事の数々は許されないとは言え・・・ FTのラスボスはアクロノギアかアンクセラムかなぁ -- 名無しさん 2016-09-11 06:59:03• エドラスのゼレフもナツと兄弟なのだろうか? -- 名無しさん 2016-09-11 20:03:30• 兄弟設定も後付けくさいからなぁ…… -- 名無しさん 2016-09-11 22:41:32• 可哀想だとは思うが結構えげつないことやってるなあ。 言い方悪いが本人の為にも周りの為にも早い事殺してやれよとさえ思う…でもアクロノギアとか残ってるしなあ…こいつに対抗できそうなのいまだにゼレフだけだと思うが -- 名無しさん 2016-09-12 02:08:52• アンクセラムって姿出てたっけ?(うろ覚え) ・・・まぁメイビスとも因縁あるとも言えるし、ラスボスになるかは分からんが敵としては出てきそうだ -- 名無しさん 2016-09-12 13:37:04• 実年齢や外見年齢のどっちから見てもメイビスとの絡みはやっぱロリコ ry -- 名無しさん 2016-09-23 12:56:57• ラーケイドは実子でしかもメイビスの子疑惑まであるのか・・・まぁ、メイビスはラーケイドに関しては異質の魔導士っていうレベルしか認識してないしまだからくりがあるんだろうけどさ。 それと愛情を注げなかったのか知らんが息子の性格とか技がネタっぽいけどゼレフの現状と対比になってて面白いな。 ゼレフの現状の苦痛の生と対比になってあんなエロネタが生まれることになったんだな -- 名無しさん 2016-11-09 20:52:09• 苗木「ゼレフ!! 」 -- 名無しさん 2016-12-03 17:22:35• ラーケイドはどうもホムンクルスとか人造人間とかそっち臭いんだよな。 メイビスの子っぽいこと言ってたけどメイビス自体ラーケイドのこと身に覚え無さそうだったし -- 名無しさん 2017-01-04 02:05:13• ブレヒトの前に捨てる以前までメイビス相手に死姦(ぁ)してたってことだろうか…でもラーケイドの外観的な年齢があわないか…なんかユニバースワン以降感情が人間ぽくなってきた気がするんだけど気のせいかな…。 -- 名無しさん 2017-01-04 06:07:34• 桂「ヅラじゃないゼレフ・・・ではなかった、桂だ!」 -- 名無しさん 2017-01-17 18:38:12• とうとうゼレフの奴、初代マスターであるメイビスとナツを・・・許せないッ!!! -- 名無しさん 2017-04-29 16:25:32• この人メンヘラだよね? -- 名無しさん 2017-04-29 17:43:42• 幽助 魔王化 「貴様は多くの人を傷つけ人を悲しみ続けた!死ねぇぇぇぇッッ!!!レイガーンッッ!!!」ゼレフ「ギャアアアアッ!!!」 -- 名無しさん 2017-04-29 18:03:50• ついに死ぬことができたか・・・ -- 名無しさん 2017-05-31 12:39:58• ってか最終回で再び記憶喪失のメイビスとくっついているけど。 納得いかないわ -- 名無しさん 2017-10-12 14:50:16• アクノロギアとの最終対決は やっつけ感? -- 名無しさん 2018-01-22 22:55:56• プレヒトにメイビスの死体を返しに来た時に自分がゼレフだと名乗っていれば悪魔の心臓編が丸々起こらなかったんじゃ… -- 名無しさん 2018-02-26 21:58:25.

次の

超究極 光ゼレフ 「誓いの扉」 ステージ解析

ゼレフドラグニル

ゼレフ書最強最悪の炎の悪魔 、その正体は伝説の黒魔導士ゼレフの実の弟でもあったナツ・ドラグニルであることが分かりました。 その名も、END(エーテリアス・ナツ・ドラグニル)。 いったいナツの運命はどのようなものだったのでしょうか? あらすじを含めて、考察してみましょう。 魔法界の歴史上、最も凶悪と呼ばれる 黒魔道士 です。 見た目は穏やかそうな感じの黒髪の青年ですが、実はまぎれもなく 最強の魔導士です。 そ、そ、そして、なんとゼレフは 主人公ナツの実の兄だということが判明 しました。 ゼレフとの戦いで、イグニールのパワーを開放したナツは、渾身の力でゼレフにパンチを放ち ました。 しかし、攻撃したナツは今にも力尽きそうな様子。。。 そんなとき、ゼレフから思わぬ一言が放 たれたのです。 ゼレフ「僕の名はゼレフ・ドラグニル君の兄だ」 何言ってんだこいつ?という表情のナツとハッピー。 ゼレフ「今から400年くらい前、僕達の両親はドラゴンの炎に焼かれ死んでしまった。 ナツにとっては、師匠であり親である存在だったのですが、 7年前のx777年7月7日に突如姿を消してしまいました。 ナツはその後は、イグニールを探すため旅に出ていたところを、現在の魔導士ギルドであるフェアリーテイル(妖精の尻尾)に所属することになったのです。 ところが本当はこの日はイグニールが姿を消したのではなく、ナツが400年間の眠りから覚めたときだったのでした。 その後、なぜイグニールがENDことナツを自ら育てることにしたのかは明らかになっていないのですが、人間として育ててゼレフを倒すことや、アクノロギアを倒すことなどが考えられるのではないでしょうか? そしてナツの体の中に入り込んでいた理由についても、アクノロギアのように滅竜魔導士の完全な竜化を防ぐための耐性をつけることやアクノロギアを倒すことの他にナツに関わるENDに関わる何かを防いでいたとも考えられると思います。 イグニールが「ENDの書」を開くこともなく破壊することもなく奪って来いと ナツに言ったことからナツの中にナツがENDになる要素があると思われますね。 今後のナツの秘密から目が離せませんね!! スポンサーリンク.

次の

【フェアリーテイル】END その正体とは? 465話

ゼレフドラグニル

フルングニルの評価 フルングニルのリーダー評価 回復倍率のあるフレンドと組み合わせよう HPに倍率がかかるため、回復に倍率のかかるモンスターと組み合わせることで殴り合いができるパーティを組める。 青ソニアと組合わせよう 自身がを持っていない場合、代用とは呼べないものの、フレンドを青ソニアにすることで同じような立ち回りのパーティを編成できる。 攻撃倍率が低い 攻撃には2倍しか倍率がかからず、自身にも攻撃的覚醒スキルがほとんどないため火力不足になりやすい。 リーダーとして使うならば、エンハンススキルを編成し、サブで属性強化などを多く積むことが必要だ。 より強力なリーダーがいる フルングニルは殴り合い向きのパーティを編成できるが、殴り合い性能がより高く、火力を出せるパーティが他にある。 そのため、あえてフルングニルをリーダーとして使うことはおすすめしない。 フルングニルのサブ評価 ドロップ強化パーティのサブ スキルで水と木ドロップを強化でき、覚醒もドロップ強化を持っている。 そのため、ドロップ強化を活かすパーティやドロップ強化を含めて倍率を出すリーダーのサブに編成できる。 スキルブーストが不足しがちな水パーティにとって、特にスキルブーストを持たないのは致命的であるため、サブとして使いにくい。 フルングニルの使い道 リーダー、サブとしても使いにくい。 降臨の難易度自体は簡単なため、序盤で入手した場合はつなぎで使っても良い。 スキル上げについて 同じスキルを持つモンスター• なし おすすめのスキル上げダンジョン• スキル 冷気の波動 水と木ドロップの攻撃力を強化。 ターン:15(最短:4ターン) 覚醒スキル アイコン 効果 強化された水ドロップの出現率と ダメージがアップする 強化された木ドロップの出現率と ダメージがアップする 回復力が200アップする 入手方法 フルングニルからの進化 究極進化素材.

次の