ダート ラリー。 DIREZZA 74R|ラリー・ダートラ競技用タイヤ|ダンロップ【公式カタログ】

ダートトライアルの”いま”をまとめてチェックするダーノサウラ

ダート ラリー

発売を前に本作をプレイする機会が得られたので、レースゲーム好きな筆者が『ダートラリー 2. 0』で実際に走って感じた所感をお届けする。 人はなぜ、過酷なまでに速さを求めるのか! 古来より人類が追い求めるスピードを堪能せよ!! 人は古来よりスピードに憧れを抱いているのか、まるでその先にある見えない快楽でも求めるかのように必死になってスピードを競い合ってきた。 その追い求めるスピードのひとつがクルマであり、そのクルマを使って速さを競い合うものが、モータースポーツである。 0』というわけだ。 筆者はレースゲームが好きなだけでなく、モータースポーツやクルマそのものも好きで、これまでも数多のレースゲーム、レーシングシミュレーターをプレイしてきている。 今回も発売を前に『ダートラリー 2. 0』をプレイさせてもらえる機会を得られたので、こうしてプレイレビューを書かせてもらうことになったのだが、本作の魅力を伝えていく前に、ひとつ言っておきたいことがある。 雨で濡れている路面や雪道では、クルマの運転(とくにステアリング、ペダル操作)は慎重に……と昔から言われているが、その過酷な状況下をハイスピードで駆け抜けるのだから、ラリーの運転は総じてレベルが高い=難しいものと言える。 これはラリーの迫力や醍醐味を忠実に再現している本作においても言えることで、最初にきちんと断りを入れておくと、本作は相応の気合と集中力を持って挑まないと、きちんと走ることすらままならない、難度の高いシミュレーターとなっている。 もちろん、用意されている各種アシスト機能を駆使することで、多少なりとも走りやすくすることはできるが、それでもダート路をハイスピードで駆け抜けるにはそれなりのテクニックが求められることになる。 それなのに、なぜ『ダートラリー 2. 0』をオススメできるのか。 それは、悪路こそクルマのおもしろさを知ることのできる体験はないからだ。 荒れたダート路面や積雪路など、考え得る限りの悪路を走破できる体験ができるのも、『ダートラリー 2. 0』ならでは。 筆者は実際にクルマを運転することも好きで、これまでカートやクローズドサーキットなどでの走行経験も持っているが、クルマを操っていておもしろいと感じたことのひとつに、雪上での走行があげられる。 スロットルでクルマ(の向きやスライド量)をコントロールするという、頭ではわかっていてもなかなか体験できなかった領域にいとも容易く導いてくれるのだ。 ドライの舗装路でドリフト走行を行うとしたらそれなりの速度を出す必要があるところ、雪上では極低速で簡単にドリフトがくり出せる。 オーバーステアやアンダーステアといった挙動や、ドライビングテクニックを学ぶには、これ以上ない最適な環境と言えるだろう。 見渡す限りの雪原で豪快にクルマを振り回す気持ちよさは、これまでに体験したことのない楽しさ。 その楽しさと同様の体験を味わえるのが、今回紹介する『ダートラリー 2. 0』だ。 繰り返しになるが、本作はレースゲームとして難しい部類の作品ではあるが、それは本当に悪路をハイスピードで走ることの難しさがしっかりと反映されているということ。 難しいからこそ、理想通りにマシンを操り、走れたときの達成感は大きなものになる。 悪路での走行はきちんとした操作をしないとまともに走ってくれないという前提を踏まえたうえで、マシンを自由自在に操ることができれば、これほどまでに気持ちいい体験はないはずだ。 舗装路(ターマック)だけでなく、未舗装路(グラベル)や砂利道、積雪など、あらゆる路面状況があり、またサーキットコースと異なりコース外の待避スペースも限りなく少ないことから、ひとつのミス=重篤な事故となってしまうなど、過酷極まりない競技ながら、その迫力から世界中に多くのファンが存在している。 クローズドサーキットのように、コースを覚えての走行が極めて困難なことから、コースの先の状況をドライバーに指示するコ・ドライバーと呼ばれるナビゲーターが助手席に座っているのも、大きな特徴のひとつ。 コ・ドライバーのペースノートの指示に従い、ドライバーは先の見えないコーナーに全力で飛び込んでいくことができるというわけだ。 限りなく市販車に近い、馴染みのある車両が使われているのも、ラリーの魅力のひとつ。 そのマシンバランスの良さから、1995年〜1997年にマニュファクチャラータイトルを3連覇している。 モンスターマシンがコース上でバトルする!? 1周が1km前後という比較的短めのコースを少ない周回で競い合うスプリントレースとなっているため、つねに激しいデッドヒートがくり広げられるが、そのバトルの迫力はまるでコース上の格闘技とも言えるほど。 日本ではまだ馴染みが低い競技だが、北米・南米・欧州といった世界各国では近年、大きく人気を高めている新たなモータースポーツカテゴリーとなっている。 ダート路面ではマシンが巻き上げる砂埃が凄まじく、後続車両は視界が悪くなるので運転に細心の注意が必要となる。 『ダートラリー 2. 0』ってどんなレースゲーム? 実際に走ってみて感じた本作の特徴を紹介 プレイレビューと言いながら、ここまで作品紹介を含む前置きがかなり長くなってしまったが、ここからは筆者が実際に『ダートラリー 2. 0』の各種モードを走ってみて感じた点を紹介していく。 映像はプロジェクターで投影している。 プロジェクター使用のため、厳密に言えば数フレームの遅延が発生しているが、1000分の1秒のタイムよりも、ドライビングフィールと迫力が楽しめることを優先して、レースゲームはもっぱらこの環境でプレイしている。 その環境下において、実際に走ってみて感じた要点は以下のとおり。 マシン挙動や走行感はリアル志向のシミュレーター寄り• グラフィックやサウンドの質の高さ、完成度は高レベル• ハンドル&ペダルコントローラでのプレイが断然オススメ マシン挙動や走行感はリアル志向のシミュレーター寄り 冒頭でも述べたように、本作はどちらかというと難しめ(に感じられる部類)のレーシングシミュレーターと言えるだろう。 もちろん、これまで多く登場してきたレースゲームのようにバランスをゲーム寄りに調整し、手軽にダイナミックな走りを楽しむという手段もあるだろう。 しかし、本作はリアル志向を追求した作品となっているため、自然と難度が高めになっているというわけだ。 そんな中でうまく走るには、とにかく走り込むことが何よりというのは、本作に限ったことではない。 ただ、ラリーの場合は予想以上にまともに走れない……といった状況になることも考えられるが、その理由の大半はオーバースピードであることが考えられる。 ダート路でスムーズにコーナリングするには、減速、ステアリング動作ともに通常よりも早め&ゆっくりなアクションが求められる。 その感覚を身につけ、コーナーを綺麗に走り抜けることができれば、何ものにも代え難いカタルシスが感じられるはずだ。 とくに本物のラリーでは、コースそのものもレース毎に修正が行われるため、走り込んでコースを覚える……といったサーキット走行のセオリーが通用しない(そのために、コース状況を指示するコ・ドライバーが存在している)。 気合を入れすぎてコーナーのギリギリを攻めていき、コースの外側に後輪を落としてしまった結果スピン。 グラフィックやサウンドの質の高さ、完成度は高レベル 昨今のレーシングシミュレーターは、実車と見紛うグラフィックが再現されているが、本作も多分に洩れず、グラフィックは素晴らしいのひと言に尽きる。 とくに、ダート路面を走行中に巻き上げる砂埃や、吹き付けてくる雨といった自然環境の再現度もかなりのもの(あまりに砂埃が多いため、コースによっては前走車がいると前が見えないほど!)。 また、サウンド面においてもエンジン音はもちろんのこと、(コキッ、コキッという)小気味いいシフトチェンジの音から、加給圧を排出するブローオフ音、まるで銃声のようなミスファイアリングシステム音、巻き上げる砂利などがボディに打ち付ける環境音までが、ダートを攻めているという気分を嫌が応にも盛り上げてくれるサウンドを奏でてくれる。 登場するマシンもクラシカルなラリーカーから最新のモンスターマシンまで、バリエーション豊か。 どちらのモードもタイムアタックは用意されているので、純粋に単独での走り込みも楽しめるが、それぞれのイベントレースでは、ラリードライバーとしてのキャリアを積みながらシーズンを戦っていく体験ができる。 登場する車種も、ラリーの競技車両は市販車をベースに一定の改造を施したマシンが多いため、どこか馴染みのあるクルマが多いのも走って楽しいポイントだ。 とくにソルベルグは2014〜15年シーズンに、世界ラリークロス選手権でもシリーズチャンピオンを獲得するなど目覚ましい活躍を見せていたが、つい先日世界選手権からの引退を表明。 ゲームでその雄姿が見られるのは、今作が最後かもしれない。 ハンドル&ペダルコントローラでのプレイが断然オススメ これは最初に述べた、本作の難しさとカタルシスにも通じることだが、『ダートラリー 2. 0』を遊ぶなら、ぜひともハンドルコントローラを用意してもらいたい。 もちろん、コーナリング時のクルマの挙動を安定させるスタビリティーコントロールや、タイヤの空転を押さえるトラクションコントロールなどといった、アシスト機能が充実しているので、ゲームパッドでも気持ちよく走る分には問題ない。 しかし、過酷なコースでマシンをねじ伏せながら戦っているラリードライバー気分を味わうには、ハンドルコントローラを置いてほかにないと断言できる。 前述のとおり、コースの大半が未舗装路となっており、そこを速く駈け抜けるには繊細なコントロールが求められることになる。 コーナーでマシンのスライド量を調整したり、コーナリング中のステアリングの舵角を保持・調整する際、パッドとハンドル&ペダルのどちらがコントロール性が高く、調整しやすいかといえば、ハンドル&ペダルに軍配が上がるというのは、想像に難くないだろう。 難コースをうまく走り抜けたときの気持ちよさが、本作の醍醐味のひとつとも言えるので、その気分を少しでも多く味わうためにも、ぜひともハンドルでのプレイをオススメしたいところだ。 と、ここまでほぼ、手放しに近い状態で本作を褒めてきたが、最後にここはイマイチ……なポイントをいくつか紹介しよう。 まず最初に、日本語でのスポッターコメントで「押し続けろ!」、「押せ」というものがよく聞かれるが、これは「プッシュしろ」のこと? 実際に自分がクルマで走っているときに無線を通じて指示を受けた経験は皆無なので、正確なところは計り知れないが、レース中継などを見ていると「プッシュ、プッシュ」などとよく聞くことから、「プッシュしろ」のままか、「もっと飛ばせ!」などのほうがいいのでは……と思ったことがひとつ。 また、マシン選択画面に表示される駆動方式アイコン(?)のところ、前輪駆動、後輪駆動、四輪駆動ということは伝わるが、エンジン搭載位置がすべて同じなのはイマイチかも。 ランチャストラトスやポルシェのように、ミッドシップやリヤエンジン搭載車もあるので、エンジンの位置まで再現されていればよかったのに。 ただ、いずれのポイントもゲームのおもしろさをスポイルするものではない。 むしろ、集中してレースに挑んでいるときにはまったく気にならないポイントだということは付け加えておきたい。 それから、これは不満点というよりも要望になるのだが、もっと間口を拡げるためにコースガイド(走行ラインやブレーキングポイントといった表示)やマップ表示のようなものを用意してもよかったのではないだろうか。 リアルを追求している点には反することになるが、レースゲームは身体でクルマの挙動が感じられないため、視覚面でのアシストがあると、より走りやすさに直結するはず。 さらにもうひとつ。 VRとレースゲームの組み合わせは、実車でもゲームでも自分の着座位置は動かず、周りの景色が動くという環境が同じことからVR酔いがしにくく、実際にコックピットでヘルメットを装着した時とほぼ同じ視界で、コースの先読みもしやすいなど、とくに親和性が高いことがあげられる。 ハンドルコントローラ+VRでのレースゲームは最高の体験がもたらされるので、ぜひ今回もVRエディションの追加配信に期待したいところだ。 と、ここまで本作の魅力やおもしろさ、ちょっとだけイマイチなポイントを紹介してきたが、最後にまとめると『ダートラリー 2. 0』は間違いなくおもしろい……というより気持ちいいレーシングシミュレーターと言える。 もちろん、その気持ちよさを味わうために乗り越えなければならない壁はいくつかあるが、ダート路の走行はクルマのおもしろさを最大限に味わえるものなので、クルマの運転が好きな方にはすべからく体験してほしいところだ。 実車でダートコースを走る場合は、マシンが受けるダメージも相当なもので、さらに言うとクラッシュによるマシン破損や怪我のリスクも考慮する必要がある。 しかし、そんなリスクは気にする必要もなく、限界まで攻め込んだ走りを楽しめるというのも、『ダートラリー 2. 0』の魅力と言える。 トップラリードライバーのような走りは一朝一夕にできるものではないが、そこまでではなくともダートコースでマシンを意のままに操り、うまく駈け抜けることができたときには、それまでに体感したことのない気分が味わえるはずだ。 2018 The Codemasters Software Company Limited "Codemasters". All rights reserved. All rights reserved. Under licence from International Management Group UK Limited. All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are being used under license. Developed and published by Codemasters. Distributed in Japan by UBISOFT Entertainment under license from Codemasters.

次の

DIREZZA 74R|ラリー・ダートラ競技用タイヤ|ダンロップ【公式カタログ】

ダート ラリー

2017年に全日本ラリー選手権、最高峰クラスで悲願 の一勝してからライバルチームにベンチマークされどんどんと勝てないスパイラルに陥り、三菱 ランサーエボリューション10の戦闘力不足から一早く危機的状況を打破する為にシュコダファビア R5を投入して起死回生の一発を狙っておりました。 しかし日本の車検をクリアーしないといけない厚い壁に阻まれて結局、全日本ラリー選手権での参戦 は叶いませんでした。 2019年11月に開催されたセントラルラリー愛知・岐阜はFIA公認であった為 にシュコダファビアR5での参戦が満を持して叶い、総合3位となりました。 しかも全日本枠で出場 していた車両よりも速くポテンシャルの高さが分かりました。 それに同じR5で出場した新井大樹選手のCitroenC3R5はワークススペックでの参戦で最終SSでは キロ0. 79秒と善戦し、今回のファビアR5は日本のハイオク仕様でありカスタマースペックで初め ての参戦でありましたが十分戦えることが分かりました。 そこでシュコダファビアR5での参戦を第一に考え、2020年はWRC3に登録して第8戦ケニアと第14 戦ラリージャパンでWRC3クラス優勝とアジアパシフィックラリー選手権のラリー北海道を参戦予定 しております。 とにかく勝つ事を第一に考え、より良い商圏のある地域で参戦計画を練っておりま す。 同じ土俵で勝負できる環境と装置づくりを目指します。 僕自身、ラリー参戦でチャンピオン獲得と共にモータースポーツで社会貢献する事が夢でもあり 実現に向けて日々活動しております。 毎年開催しているセーフティドライビングフェスタは障がいをお持ちの方の自立支援活動の一環として多くの方の支援や支持を受け10年間以上継続しております。 更に当社で開発した手動運転装置アクティブクラッチを通じての生きがいプロジェクトや障がいモータースポーツ推進事業を行っております。 モータースポーツに国境はありません!これからの時代に必要なユニバーサル社会を目指して 共に、環境問題にも取組んでいく所存であります。 1 ヒアリング どのようなモータースポーツに興味があるかをお聞きします。 ラリー、サーキット、ジムカーナ、ダートトライアルなど。 きったあなたに合うモータースポーツが見つかります。 2 車の購入 やりたいモータースポーツに合わせて、国産全メーカーよりオサムファクトリーにて購入可能です。 一番やりたいカテゴリーの参加するクラスに適合した車種選びが重要です。 3 カスタマイズ対応 ロールバー、パケットシート、6点シートベルト設置、ショックアブソーバー、足回り相談等を行います。 これはご予算に合わせてボチボチでも良いので愛車をどんどん自分合うセッティングも行います。 4 ドライビングレッスン、走行会への参加 ドライビングの基本から実戦的な応用までアドバイスします。 先ずは思いっきり楽しく走ることが前提で自分なりに走ってみて何が足りないか、何が必要かを感じてみてください。 5 競技会への参加 実際にライセンスを取得して選手権に出場してみてください。 成績次第でスポンサーの獲得するご協力もさせて頂きます。 最終的には日本チャンピオンを目標にモータースポーツで頂点を目指しましょう!• 現在、近畿地区を中心に各カテゴリー ラリー・ダートラ・サーキット・ジムカーナ で、25名以上のメンバーが選手権 公式戦 に出場しています。

次の

『ダートラリー 2.0』モンスターマシンを豪快にねじ伏せるカタルシスを感じられる本格ラリーシミュレーターの魅力に迫る!【プレイレビュー】

ダート ラリー

競馬のダートコース [ ] アメリカ [ ] の競馬は、伝統的にダートコースにおけるレースが非常に盛んである。 ダートは和訳すれば であり、日本の競馬で使われている の意ではない。 アメリカのダートコースは土を使っており、路盤はを砕いたのような路盤となっており、ダートレースは日本のレース並みの走破タイムが出る。 小回りで平坦な直線の短い競馬場の形態とこの路面の特徴から、アメリカダートコースにおけるレースの特徴はハイペースで先行し、決勝線までそのスピードを維持した馬に有利となるものである。 一時期、アメリカの競馬界においては式のを導入する競馬場が増えていた。 これは、低温と降のために芝コースでのレース開催を通年で行うことが難しいイギリスにおいて発展したもので、された砂と物質の混合物をコースのとするものである。 オールウェザー馬場の利点は、維持費が安い、寒空時に馬場状態が悪化し難い、コースを平坦に均し易いことに加え衝撃を吸収する素材の性質から、競走馬の脚部にかかる負担が少ない、という点にあるとされ、の育成・施設では世界的に広く導入されている。 固く凹凸の整備もしにくい馬場に対する不安もあったことが、オールウェザー馬場への転換を加速させていた。 にはのが導入し、翌には競馬委員会も導入を決定した。 これを導入した競馬場のレースは、スローペースで直線の切れ味勝負という、従来のダートコースとはまったく異なるレース傾向への変化が見られるという。 近年、ではクッショントラック、プロライドという異なる二つの素材を試したものの、どちらの素材も降雨時の水はけが悪く再三の開催中止を余儀なくされたため、2011年からは砂の含有率を高くしたダートに馬場を戻した。 またでも一時期ポリトラックコースを使用していたが、2014年よりダート馬場に戻される などダートへの回帰が続いている。 オールウェザー馬場と一口に言っても、競馬場によって用いられる合成素材は異なり、やではポリトラック、(廃止)ではクッショントラック、ゴールデンゲートフィールズ競馬場ではタペタが採用されている。 ドバイ [ ] で有名なのではアメリカのダートをで運んでそのまま競馬場に敷いていた。 ただし、ドバイでもに開場のではタペタを用いたオールウェザー馬場が導入され、ナド・アルシバ競馬場は閉鎖された。 しかし、メイダン競馬場は2014年にオールウェザーコースからダートコースへ変更されることになった。 日本 [ ] 特徴 [ ] では、が間の芝コースの保護を目的として、アメリカを参考にして土主体のダートコースを導入した。 しかし、水捌けの悪い土主体のダートコースは雨の多い日本の気候条件下では使用に耐えず、ほどなく水捌けのよい砂主体のコースに置き換わった。 のは、芝コースの管理について技術的にも資金的にも制約があることから、ダートコースの内側に芝コースがあるをのぞき、ダートコースのみで構成されている。 ダートコースで使用される砂は、中央競馬の主要な競馬場および地方競馬のではの海砂を使用している。 ただし、地方競馬を中心に川砂を使用している競馬場も散見される。 日本の砂主体のダートコースは、芝コースやアメリカのダートと比べてスピードよりもパワーが求められるという特徴があり、そのためにそれらのコースよりもの脚部にかかる負担は少ないとされる。 とくに冬季は乾燥する上に凍結防止の観点から散水ができないため、パワーが要求される馬場になりやすい。 このような特徴から、日本のダート競走は一般的によりもが優勢であるとされるが、、、、、、のように良績を残した牝馬も多い。 近年では、中央競馬のダートを敬遠して(2013年まではジャパンカップダート)になかなか外国馬が出走しない(・〜・2016年〜2017年・2019年は0頭)、アメリカのやで日本のダート有力馬の上位入着馬が少ない、などの問題があることから、「アメリカ型の土主体のダートコースに戻すべき」、あるいは、「近年アメリカで使用例が急増しているオールウェザー馬場を導入すべき」という声も出てきているが、これらの意見には、先述の気候上の問題などはあまり考慮されていない(そもそも日本の中央競馬ダート戦線は芝で実績を残せなかった馬が集まっており [ ]、前述の問題の根本的な原因が日本ダート馬のレベルそのものの低さにあることは無視できない)。 かつて 砂コースというものが存在した。 これは現行のダートとはやや質が異なるもので、当時の競走の記録などにも「砂」と記載されている。 の場合、に砂コースのみで開場している。 重賞競走ではので使用されたのが最後で、ほどなくダートコースに改修されている。 の場合もに砂からダートに改修されており、それ以前のは砂コースでの施行であった。 国内の重賞競走体系 [ ] 「」も参照 ダートコースが導入された経緯の違いから、中央競馬と地方競馬との間ではダート競走の扱いに大きな差があり、以前の中央競馬には格の競走すら存在しなかった。 1996年に「ダート競走格付け委員会」が発足し(2009年にへ改組)、中央競馬・地方競馬の所属を問わず出走できる競走(も参照)のうちダートで施行される重賞競走について、統一した基準での格付けを行うこととなった。 これによりが得られた競走をと呼ぶ。 2014年に施行されるダートグレード競走のうちGI・JpnIに格付けされたものは12競走あり、うち10競走が地方競馬、2競走(・チャンピオンズカップ)が中央競馬での競走となっている。 なおGI(国際格付け)が得られているのは中央競馬の上記2競走と地方競馬の()で、他はJpnI(国内格付け)となっている。 中央競馬・地方競馬の交流競走からの除外により、ダートグレード競走の指定を外れた重賞も存在する(を参照)。 例えば盛岡競馬場のは、2006年までは中央交流統一GI競走として開催されていたが、にの流行が原因で交流競走が制限されダートグレードなしの地元重賞として開催、2008年から2009年は休止、2010年の再開時には地方競馬全国交流競走(地方競馬所属の競走馬は所属を問わず出走できるものの、中央競馬の競走馬が出走できない)となったためダートグレードは付与されていない。 凍結対策 [ ] 期にはダートコースのを防止するため、凍結防止剤が散布される。 凍結防止剤の成分は(NaCl 、無水(MgSO 4 、 Na 2SO 4 などからなり、ダートのなかに溶けた塩化ナトリウムがを下げる働きをする。 さらに競馬開催日の前日の夜には係員が待機して定期的にダートの温度を測り、ダートが凍結しそうになると整地作業を行う。 なお、冬期は凍結防止のために散水を控えるため、ダートが乾燥し、力を要する馬場になりやすい。 韓国 [ ] の競馬場のダートコースは、広義の砂馬場という点で日本と共通している。 モータースポーツのダート [ ] 欧州ではオートクロスと呼ばれる モータースポーツでは天然の非舗装路を、舗装路は、混合したコースはミックスサーフェイスと呼ぶ。 ではサーキット風の特設コース スーパーSS など、人工的に作られた非舗装路をダートと呼ぶことが多い。 によるダートコースで競われるレースには(またはフラットトラックレースとも)がある。 2014年9月現在、走行可能なダートトラックのコースはオフロードヴィレッジ(埼玉県川越市)、群馬モーターパーク(群馬県高崎市)、オートパーククワ(長野県上伊那郡中川村。 レンタルバイクは予約制)、いなべモータースポーツランド(三重県いなべ市)、テージャスランチ(広島県安芸高田市)である。 (通称:浅間火山レース)が行われたや、開催当初のもダートであった。 クローズドコースでによりタイムを競うレースには、ダートトラックレース、、などがある。 道路におけるダート [ ] パラグアイの未舗装道路 における未のことを指す。 が未舗装のままになっているものを指すが、広義には舗装路も指す場合がある。 も参照のこと。 日本でもかつては多くの主要道がダートであったが、においては、以降、ダート区間を持つものは数えるほどしかなく、における今日ではが事実上最後のダート国道となっている。 一方、今日でもや林野中のは多くの場合ダートである。 のなかには、舗装ができていない道のことをとくに「ダート」と注釈を入れるものがある。 その他のダート [ ] シリーズなど、一部の架空世界が舞台のでもダートを再現したコースや仕掛けが存在する。 関連項目 [ ]• 出典 [ ]• - ジャパン・スタッドブック・インターナショナル、2014年10月10日閲覧• - ジャパン・スタッドブック・インターナショナル、2014年11月7日閲覧• 日本経済新聞 2019年9月21日. 2019年9月20日閲覧。 「日本唯一のダート国道」『ふしぎな国道』〈講談社現代新書〉、2014年、28-29頁。

次の