タートル グラフィック ス。 プログラミング講座(67) タートルグラフィックス: たかはしのんき年月記

Python 3.6

タートル グラフィック ス

Pythonでturtleパッケージを使用して図を作成していますが、1つの問題を除き、ある程度成功しています。 タートルがコード内にあるダイアグラムを生成すると、プログラムは「応答していません」と表示し、最終的にはタスクを終了する必要があります。 Windows 7を使用しています。 これを経験したことがあるか、根本原因を知っていますか? Pythonを完全に再インストールしようとしましたが、問題に影響するようには見えませんでした。 応答を失敗させるコードの例を次に示します。 import turtle from turtle import forward, right, left forward 50 私は同じ問題を抱えていました(Win 7でも同様でしたが、Win XPでも同じ問題に遭遇しました)。 あなたは turtle. done と言わなければなりません 完了したら。 これを知った今、それはより理にかなっています。 Pythonが亀が終わったことを知らないので、おそらく亀の別のコマンドを待っているからです。 使用していると思われるライブラリのドキュメント(Python 2. 7)です。 それが私がそれを理解した方法です。 Python 2. 7と書かれていますが、これはPython 2. 5でも機能します。 python. html (あなたまたはこれを読んでいる他の人にとって)助けになる希望、 Alex•

次の

1.タートルグラフィクスの基礎

タートル グラフィック ス

簡単なサンプル 簡単なサンプルとして三角形を描いてみましょう。 Turtle kamepy. shape 'turtle' kamepy. pencolor 'green' for i in range 3 : kamepy. forward 200 kamepy. left 120 1行目はライブラリインポートしています。 3行目はタートルのオブジェクトを作っています。 5行目は無くても動きますが、タートルの形を亀にしています。 ペンの色は次のサイトを参考にしてみてください。 (標準で使えるかどうかわからないですが…) 8~10行目で三角形を描いています。 タートルオブジェクトを作る タートルオブジェクトを作るには「turtle. Turtle 」です。 ドリトルでは「タートル!作る。 」です。 Turtle 今回の記事では、タートルオブジェクトを表す変数は「kamepy」としておきます。 「かめピ」と呼んであげてください。 タートルの動きのメソッド タートルの動きに関する主なメソッド(命令)を確認していきましょう。 例) kamepy. 例) kamepy. left 90 タートルの位置を座標で指定する 点(x,y)にタートルを移動するには、「goto x,y 」です。 Scratchでは「x座標をx、y座標をyにする」、ドリトルでは「x y 位置」です。 例) kamepy. goto 200,200 ペンに関するメソッド 次にペンに関するメソッドを見ていきましょう。 ペンの上げ下ろし ペンを下ろすには「pendown 」、ペンを上げるには「penup 」です。 Scratchでは「ペンを下ろす」「ペンを上げる」、ドリトルでは「ペンなし」「ペンあり」です。 例) kamepy. 例) kamepy. 例) kamepy. pensize 1 他にも命令はありますが、タートルグラフィックスの命令の比較はこれくらいにしておきます。 ハマったこと タートルグラフィックスだからといって、ファイル名に"turtle. py"という名前を付けてはいけません。 turtleのライブラリをインポートするのに、本来のライブラリを参照しなくなって、次のようにエラーになってしまいます。 うっかり、やってしまいそうなミスなので注意しましょう。 正しいプログラムをコピペして試しても動かないので、かなり見つけるのに手間がかかります。 おわりに このようにPythonでのタートルグラフィックスを紹介しましたが、「Scratchやドリトルといったプログラミング言語でもタートルグラフィックスが扱えるのに…」、「ブロックや日本語でプログラミングできるというのに…」、「わざわざ同じことを英語の命令を書かなくちゃいけないんだろう?」とScratchやドリトルを学んだ生徒は思うような気がします。 そんなわけで、学校の授業ではPythonでのタートルグラフィックスの出番はなさそうに思っていますが、今回比較したようにプログラミング言語が違っても対応する命令があることを学ぶことはできそうです。 このサイトのシンタックスハイライト機能を活かすために、これからも私はあえて記事でPythonのタートルグラフィックスを使うと思います。 それでは、今回はおしまい。 ではまた。

次の

Python 3.7

タートル グラフィック ス

注意 以下のドキュメントでは、関数の引数リストを示します。 もちろん、メソッドには、ここでは省略された追加の第1引数 selfがあります。 利用可能なタートルとスクリーンメソッドの概要 2. タートル法 タートルの動き 移動して描画する タートルの状態を教えてください 設定と測定 ペンコントロール 描画状態 カラーコントロール 充填 描画制御の追加 タートルの状態 可視性 外観 イベントの使用 特別なカメの方法 2. タートルの動き turtle. forward distance turtle. fd distance パラメーター: distance - 数値(整数または浮動小数点数) タートルを前方に指定された 距離だけ 、タートルの方向に移動させます。 position 0. 00,0. position 25. 00,0. position -50. 00,0. 00 turtle. back distance turtle. bk distance turtle. backward distance パラメーター: 距離 - 数値 タートルを向ける方向とは反対の 距離だけ 、タートルを後方に移動させます。 タートルの見出しを変更しないでください。 position 0. 00,0. position -30. 00,0. 00 turtle. right angle turtle. rt angle パラメーター: angle - 数値(整数または浮動小数点数) カメを 角度単位で右に 回します。 (単位はデフォルトでは度ですが、 関数と関数で設定することができます。 角度の向きは、タートルモードによって異なり参照。 heading 22. heading 337. 0 turtle. left angle turtle. lt angle パラメーター: angle - 数値(整数または浮動小数点数) タートルを 角度単位で左に 回します。 (単位はデフォルトでは度ですが、 関数と関数で設定することができます。 角度の向きは、タートルモードによって異なり参照。 heading 22. heading 67. 0 turtle. x - 数値のペアまたはベクトル• y - 数値または None yが None場合、 xは座標のペアまたはでなければなりません( によって返されるなど)。 タートルを絶対位置に動かす。 ペンがダウンしている場合は、線を引く。 タートルの向きを変更しないでください。 00,0. pos 60. 00,30. pos 20. 00,80. pos 0. 00,0. 00 turtle. setx x パラメーター: x - 数値(整数または浮動小数点数) タートルの最初の座標を xに設定し、2番目の座標は変更しません。 position 0. 00,240. position 10. 00,240. 00 turtle. sety y パラメーター: y - 数値(整数または浮動小数点数) タートルの2番目の座標を yに設定し、最初の座標は変更しないでください。 position 0. 00,40. position 0. 00,-10. 00 turtle. heading 90. 0 turtle. home タートルを原点(座標(0,0))に移動させ、その見出しを開始方向に設定しモードに応じて、 参照)。 heading 90. position 0. 00,-10. position 0. 00,0. heading 0. 0 turtle. radius - 数値• extent - 数値(または None )• steps - 整数(または None ) 与えられた 半径の円を描画します。 中心はカメの左にある 半径単位です。 extent - 角度 - 円のどの部分が描画されるかを決定します。 エクステントが指定されていない場合は、サークル全体を描画します。 エクステントが完全な円でない場合、弧の1つの端点が現在のペンの位置になります。 半径が正の場合は反時計回り、反時計回りの場合は円弧を描きます。 最後に、カメの方向は 程度によって変わります。 円は内接正多角形で近似されるため、ステップで使用するステップ数が決まります。 指定されていない場合、自動的に計算されます。 通常のポリゴンを描画するために使用することができます。 position 0. 00,0. heading 0. position -0. 00,0. heading 0. position 0. 00,240. heading 180. 0 turtle. color - カラーストリングまたは数値カラータプル 色を使用して、直径 サイズの円形の点を描画し ます。 fd 50 ; turtle. dot 20, "blue" ; turtle. position 100. 00,-0. heading 0. 0 turtle. stamp カメの形のコピーを現在のカメの位置でキャンバスにスタンプします。 fd 50 turtle. clearstamp stampid パラメーター: stampid - 前の呼び出しの戻り値でなければならない整数 指定したスタンプ IDでスタンプを削除する。 position 150. 00,-0. position 200. 00,-0. position 200. 00,-0. 00 turtle. nが None場合は、すべてのスタンプを削除します. turtle. stamp ; turtle. clearstamps turtle. undo 最後のカメのアクションを元に戻す(繰り返し)。 使用可能な元に戻すアクションの数は、元に戻すバッファのサイズによって決まります。 turtle. fd 50 ; turtle. lt 80... turtle. undo turtle. 10の範囲の整数またはspeedstring(下記参照) タートルの速度を0.. 10の範囲の整数値に設定します。 引き数を指定しない場合は、現在の速度を返します。 入力が10より大きい数または0. 5より小さい場合、速度は0に設定されます。 スピードストリングは、次のように速度値にマッピングされます。 "最速":0• "速い":10• "正常":6• "遅い":3• "最も遅い":1 1から10までのスピードは、線画やタートル回転のアニメーションをますます高速化します。 speed 9 3. タートルの状態を教えてください turtle. position turtle. pos タートルの現在の位置(x、y)を( ベクトルとして) ます。 pos 440. 00,-0. 00 turtle. y - xが数値の場合は数値、そうで None場合は数値 タートルの位置から(x、y)、ベクトルまたは他のカメによって指定された位置への線の間の角度を返します。 towards 0,0 225. 0 turtle. xcor タートルのx座標を返します。 pos 64. 28,76. xcor , 5 64. 27876 turtle. ycor カメのy座標を返します。 pos 50. 00,86. ycor , 5 86. 60254 turtle. heading タートルの現在の見出しを返します(値はタートルモードに依存し、 参照)。 heading 67. 0 turtle. y - xが数値の場合は数値、そうで None場合は数値 カメから(x、y)までの距離、与えられたベクトル、または他のカメをカメステップ単位で返します。 distance 30,40 50. distance 30,40 50. distance joe 77. 0 3. 測定の設定 turtle. 0 パラメーター: fullcircle - 数値 角度測定単位を設定します。 つまり、完全な円の「度数」を設定します。 デフォルト値は360度です。 heading 90. degrees 400. heading 100. heading 90. 0 turtle. radians 角度測定単位をラジアンに設定します。 pi 相当します。 heading 90. heading 1. 5707963267948966 3. ペンコントロール 3. 描画状態 turtle. pendown turtle. pd turtle. down ペンを下に引っ張ってください。 turtle. penup turtle. pu turtle. up ペンを上に引っ張ってください。 turtle. resizemodeが "auto"に設定され、turtleshapeがポリゴンの場合、そのポリゴンは同じ線の太さで描画されます。 引数が指定されていない場合、現在のpensizeが返されます。 pensize 10 from here on lines of width 10 are drawn turtle. pen - 以下にリストされたキーの一部またはすべてを含む辞書• pendict - 下記のキーをキーワードとして持つ1つ以上のキーワード引数 次のキーと値のペアを使用して、ペンの属性を「ペン辞書」に戻したり設定したりします。 "pencolor":カラーストリングまたはカラータプル• "fillcolor":カラーストリングまたはカラータプル• "pensize":正の数• "speed":範囲は0. 10です。 "resizemode": "auto"または "user"または "noresize"• "ストレッチファクタ":(正の数、正の数)• "アウトライン":正の数• "tilt":数値 この辞書は、前のペン状態を復元するためのへの後続の呼び出しの引数として使用できます。 さらに、これらの属性の1つまたは複数をキーワード引数として提供することができます。 1つのステートメントに複数のペン属性を設定することができます。 pen. items [ 'fillcolor', 'black' , 'outline', 1 , 'pencolor', 'red' , 'pendown', True , 'pensize', 10 , 'resizemode', 'noresize' , 'shearfactor', 0. 0 , 'shown', True , 'speed', 9 , 'stretchfactor', 1. 0, 1. 0 , 'tilt', 0. pen. pen. items [:3] [ 'fillcolor', 'green' , 'outline', 1 , 'pencolor', 'red' ] turtle. isdown ペンがダウンしている場合は True返し、アップしている場合は False返し True。 isdown True 3. カラーコントロール turtle. 4つの入力形式が許可されています: pencolor カラー指定文字列またはタプルとして現在の鉛筆を返します(例を参照)。 pencolor colorstring 彩色を "red" 、 "yellow" 、 " 33cc8c"などのTkカラー指定文字列である色文字列に設定します。 pencolor r, g, b r 、 g 、 bのタプルで表されるRGBカラーに鉛筆色を設定します。 r 、 g 、および bのそれぞれは0.. colormodeの範囲内になければなりません。 colormodeは1. 0または255です( 参照)。 pencolor r, g, b 鉛筆を r 、 g 、 bで表されるRGB色に設定します。 r 、 g 、および bのそれぞれは、0.. colormodeの範囲内になければなりません。 トゥルーシェイプがポリゴンの場合、そのポリゴンの輪郭が新たに設定された鉛筆で描画されます。 2, 0. 8, 0. pencolor 0. 2, 0. 8, 0. pencolor 51. 0, 204. 0, 140. pencolor 50. 0, 193. 0, 143. 0 turtle. 4つの入力形式が許可されています: fillcolor 現在のfillcolorを、タプル形式の色指定文字列として返します(例を参照)。 fillcolor colorstring fillcolorを colorstringに設定し ます。 これは、 "red" 、 "yellow" 、 " 33cc8c"などのTkカラー指定文字列です。 fillcolor r, g, b fillcolorを、 r 、 g 、および bのタプルで表されるRGBカラーに設定します。 r 、 g 、および bのそれぞれは0.. colormodeの範囲内になければなりません。 colormodeは1. 0または255です( 参照)。 fillcolor r, g, b fillcolorを r 、 g 、および bで表されるRGBカラーに設定します。 r 、 g 、および bのそれぞれは、0.. colormodeの範囲内になければなりません。 楕円形が多角形の場合、その多角形の内部は新たに設定された塗りつぶし色で描画されます。 0, 193. 0, 143. fillcolor 50. 0, 193. 0, 143. fillcolor 255. 0, 255. 0, 255. 0 turtle. いくつかの入力形式が許可されています。 彼らは0から3の引数を以下のように使います: color 現在の鉛筆と現在のfillcolorを、 とによって返された色指定文字列またはタプルのペアとして返します。 color colorstring , color r,g,b , color r,g,b ような入力は、fillcolorとpencolorの両方を指定の値に設定します。 color colorstring1, colorstring2 , color r1,g1,b1 , r2,g2,b2 pencolor colorstring1 と fillcolor colorstring2 相当し、他の入力フォーマットが使用されている場合も同様です。 トゥルーシェイプがポリゴンの場合、そのポリゴンの輪郭と内部が新たに設定された色で描画されます。 0, 80. 0, 120. 0 , 160. 0, 200. 0, 240. 0 参照:Screenメソッド。 充填 turtle. filling fillstateを返します(塗りつぶしている場合は True 、それ以外の場合は False )。 filling :... turtle. pensize 5... else:... turtle. pensize 3 turtle. turtle. 描画制御の追加 turtle. reset タートルの図を画面から削除し、カメを再配置し、変数をデフォルト値に設定します。 position 0. 00,-22. heading 100. position 0. 00,0. heading 0. 0 turtle. clear タートルの図を画面から削除します。 カメを動かさないでください。 他のカメの図と同様、カメの状態と位置は影響を受けません。 turtle. arg - TurtleScreenに書き込まれるオブジェクト• align - "left"、 "center"または "right"の文字列の1つ。 font - トリプル(fontname、fontsize、fonttype) 現在のカメの位置で、 align ( "left"、 "center"、または "right")および与えられたフォントに従って、テキストを書く - argの文字列表現。 moveがtrueの場合、ペンはテキストの右下隅に移動します。 デフォルトでは、 移動は Falseです。 write 0,0 , True 3. タートルの状態 3. 可視性 turtle. hideturtle turtle. ht カメを見えなくする。 カメを隠しておけば、図面を見やすくすることができるので、複雑な描画をしている間にこれを行うことをお勧めします。 hideturtle turtle. showturtle turtle. st タートルを目に見えるようにする。 showturtle turtle. isvisible タートルが表示されている場合は True返し、隠れている場合は False返し True。 isvisible True 3. 外観 turtle. TurtleScreenのシェイプ辞書に 名前付きシェイプが存在する必要があります。 最初に、「矢印」、「カメ」、「円」、「四角形」、「三角形」、「クラシック」の多角形があります。 シェイプを扱う方法については、screenメソッド参照してください。 shape 'turtle' turtle. rmodeが指定されていない場合は、現在のresizemodeを返します。 さまざまなresizemodeには次のような影響があります。 "auto":pensizeの値に対応するカメの外観に適応します。 "user":stretchfactorとoutlinewidth(outline)の値に従って、 によって設定されたカメの外観に適応します。 "noresize":カメの出現の適応は起こらない。 resizemode( "user")は、引数とともに使用するときはによって呼び出されます。 resizemode 'auto' turtle. resizemodeを "user"に設定します。 resizemodeが "user"に設定されている場合にのみ、そのストレッチファクタに応じてストレッチが表示されます。 shapesize 1. 0, 1. shapesize 5, 5, 8 turtle. 剪断角の接線である与えられた剪断応力剪断にしたがって剪刀を剪断する。 カメの方向(移動方向)を変更し ないでください。 せん断が与えられていない場合:現在のせん断係数、すなわち、せん断角の接線を返します。 これにより、タートルの見出しに平行な線がせん断されます。 shearfactor 0. shearfactor 0. 5 turtle. tilt angle パラメーター: angle - 数値 現在の傾斜 角から傾斜 角だけ回転させますが、移動する方向は変え ないでください。 fd 50 turtle. settiltangle angle パラメーター: angle - 数値 現在のチルト 角に関係なく、トゥルーシェイプを 角度で指定された方向を指すように回転させます。 カメの方向(移動方向)を変更 しないでください。 fd 50 注意 このTurtleScreenメソッドは、 resetscreenという名前でのみグローバル関数として使用できます。 グローバル関数 resetは、Turtleメソッドの resetから派生した別のものです。 turtle. canvwidth - 正の整数、キャンバスの新しい幅(ピクセル単位)• canvheight - 正の整数、キャンバスの新しい高さ(ピクセル単位)• bg - カラーストリングまたはカラータプル、新しい背景色 引数が指定されていない場合は、現在の値(canvaswidth、canvasheight)を返します。 そうでなければ、カメが描いているキャンバスのサイズを変更します。 描画ウィンドウを変更しないでください。 キャンバスの隠し部分を観察するには、スクロールバーを使用します。 この方法では、前にキャンバスの外にあった図面の部分を見えるようにすることができます。 screensize 2000, 1500 例えば誤ってエスケープされたカメを検索する;- turtle. setworldcoordinates llx, lly, urx, ury パラメーター:• llx - キャンバスの左下隅の数値、x座標• lly - キャンバスの左下隅の数値、y座標• urx - キャンバスの右上隅の数値、x座標• ury - キャンバスの右上隅の数値、y座標 必要に応じて、ユーザ定義の座標系を設定し、モード「ワールド」に切り替えます。 これは screen. reset 実行します。 モード「ワールド」が既にアクティブな場合、新しい座標に従ってすべての図面が再描画されます。 注意 :ユーザー定義の座標系では、角度が歪んで見えることがあります。 setworldcoordinates -50,-7. 5,50,7. left 10... left 45 ; fd 2 a regular octagon 4. アニメーションコントロール turtle. (これはおおよそ2つの連続するキャンバスの更新の間の時間間隔です)描画遅延が長いほど、アニメーションは遅くなります。 delay 5 turtle. n - 非負整数• nを指定すると、n回目の通常画面更新のみが実際に実行されます。 (複雑なグラフィックの描画を高速化するために使用できます)引数なしで呼び出されると、現在格納されているnの値を返します。 第2引数は遅延値を設定します( 参照)。 fd dist... rt 90... update TurtleScreenの更新を行います。 トレーサがオフのときに使用されます。 画面イベントの使用 turtle. turtle. onkey fun, key turtle. onkeyrelease fun, key パラメーター:• fun — a function with no arguments or None• If fun is None , event bindings are removed. Remark: in order to be able to register key-events, TurtleScreen must have the focus. See method. fd 50... lt 60... listen turtle. fun — a function with no arguments or None• Remark: in order to be able to register key-events, TurtleScreen must have focus. See method. fd 50... listen turtle. fun — a function with two arguments which will be called with the coordinates of the clicked point on the canvas• num — number of the mouse-button, defaults to 1 left mouse button• add — True or False — if True , a new binding will be added, otherwise it will replace a former binding Bind fun to mouse-click events on this screen. If fun is None , existing bindings are removed. onclick turtle. onclick None remove event binding again 注意 This TurtleScreen method is available as a global function only under the name onscreenclick. The global function onclick is another one derived from the Turtle method onclick. turtle. fun — a function with no arguments• if running:... fd 50... lt 60... screen. mainloop turtle. done Starts event loop - calling Tkinter's mainloop function. Must be the last statement in a turtle graphics program. Must not be used if a script is run from within IDLE in -n mode No subprocess - for interactive use of turtle graphics. mainloop 4. Input methods turtle. textinput title, prompt パラメーター:• title — string• prompt — string Pop up a dialog window for input of a string. Parameter title is the title of the dialog window, prompt is a text mostly describing what information to input. Return the string input. If the dialog is canceled, return None. textinput "NIM", "Name of first player:" turtle. title — string• prompt — string• default — number optional• minval — number optional• maxval — number optional Pop up a dialog window for input of a number. title is the title of the dialog window, prompt is a text mostly describing what numerical information to input. default: default value, minval: minimum value for input, maxval: maximum value for input The number input must be in the range minval.. maxval if these are given. If not, a hint is issued and the dialog remains open for correction. Return the number input. If the dialog is canceled, return None. Settings and special methods turtle. If mode is not given, current mode is returned. 0 or 255 Return the colormode or set it to 1. 0 or 255. Subsequently r , g , b values of color triples have to be in the range 0.. cmode. pencolor 240, 160, 80 Traceback most recent call last :... colormode 1. pencolor 240,160,80 turtle. getcanvas Return the Canvas of this TurtleScreen. Useful for insiders who know what to do with a Tkinter Canvas. getshapes Return a list of names of all currently available turtle shapes. getshapes ['arrow', 'blank', 'circle',... , 'turtle'] turtle. name is the name of a gif-file and shape is None : Install the corresponding image shape. gif" 注意 Image shapes do not rotate when turning the turtle, so they do not display the heading of the turtle! name is an arbitrary string and shape is a tuple of pairs of coordinates: Install the corresponding polygon shape. name is an arbitrary string and shape is a compound object: Install the corresponding compound shape. Add a turtle shape to TurtleScreen's shapelist. Only thusly registered shapes can be used by issuing the command shape shapename. turtle. turtles Return the list of turtles on the screen. turtles :... turtle. color "red" turtle. Methods specific to Screen, not inherited from TurtleScreen turtle. bye Shut the turtlegraphics window. turtle. exitonclick Bind bye method to mouse clicks on the Screen. Remark: If IDLE with the -n switch no subprocess is used, this value should be set to True in turtle. cfg. In this case IDLE's own mainloop is active also for the client script. turtle. Default values of arguments are stored in the configuration dictionary and can be changed via a turtle. cfg file. パラメーター:• startx — if positive, starting position in pixels from the left edge of the screen, if negative from the right edge, if None , center window horizontally• title titlestring パラメーター: titlestring — a string that is shown in the titlebar of the turtle graphics window Set title of turtle window to titlestring. title "Welcome to the turtle zoo! " 5. Public classes class turtle. RawTurtle canvas class turtle. RawPen canvas パラメーター: canvas — a tkinter. Canvas , a or a Create a turtle. class turtle. Turtle Subclass of RawTurtle, has the same interface but draws on a default object created automatically when needed for the first time. class turtle. TurtleScreen cv パラメーター: cv — a tkinter. Canvas Provides screen oriented methods like setbg etc. that are described above. class turtle. Screen Subclass of TurtleScreen, with. class turtle. ScrolledCanvas master パラメーター: master — some Tkinter widget to contain the ScrolledCanvas, ie a Tkinter-canvas with scrollbars added Used by class Screen, which thus automatically provides a ScrolledCanvas as playground for the turtles. class turtle. poly — a polygon, ie a tuple of pairs of numbers• fill — a color the poly will be filled with• class turtle. Vec2D x, y A two-dimensional vector class, used as a helper class for implementing turtle graphics. May be useful for turtle graphics programs too. Derived from tuple, so a vector is a tuple! Provides for a , b vectors, k number :• a - b vector subtraction• abs a absolute value of a• rotate angle rotation 6. Help and configuration 6. How to use help The public methods of the Screen and Turtle classes are documented extensively via docstrings. So these can be used as online-help via the Python help facilities:• Screen method Set or return backgroundcolor of the TurtleScreen. Arguments if given : a color string or three numbers in the range 0.. colormode or a 3-tuple of such numbers. bgcolor 0. 5,0,0. penup Help on method penup in module turtle: penup self unbound turtle. Turtle method Pull the pen up -- no drawing when moving. penup• Arguments if given : a color string or three numbers in the range 0.. colormode or a 3-tuple of such numbers. 5,0,0. Translation of docstrings into different languages There is a utility to create a dictionary the keys of which are the method names and the values of which are the docstrings of the public methods of the classes Screen and Turtle. turtle. This function has to be called explicitly it is not used by the turtle graphics classes. The docstring dictionary will be written to the Python script filename. It is intended to serve as a template for translation of the docstrings into different languages. If you have an appropriate entry in your turtle. cfg file this dictionary will be read in at import time and will replace the original English docstrings. At the time of this writing there are docstring dictionaries in German and in Italian. Requests please to. How to configure Screen and Turtles The built-in default configuration mimics the appearance and behaviour of the old turtle module in order to retain best possible compatibility with it. If you want to use a different configuration which better reflects the features of this module or which better fits to your needs, eg for use in a classroom, you can prepare a configuration file turtle. cfg which will be read at import time and modify the configuration according to its settings. The built in configuration would correspond to the following turtle. The first four lines correspond to the arguments of the Screen. setup method. Line 5 and 6 correspond to the arguments of the method Screen. screensize. shape can be any of the built-in shapes, eg: arrow, turtle, etc. For more info try help shape. py will be loaded at import time if present on the import path, eg in the same directory as. The entries exampleturtle and examplescreen define the names of these objects as they occur in the docstrings. The transformation of method-docstrings to function-docstrings will delete these names from the docstrings. This will prevent to enter the mainloop. There can be a turtle. cfg file in the directory where is stored and an additional one in the current working directory. The latter will override the settings of the first one. cfg file. You can study it as an example and see its effects when running the demos preferably not from within the demo-viewer. turtledemo — Demo scripts The package includes a set of demo scripts. These scripts can be run and viewed using the supplied demo viewer as follows: python -m turtledemo Alternatively, you can run the demo scripts individually. 例えば、 python -m turtledemo. bytedesign The package directory contains:• py which can be used to view the sourcecode of the scripts and run them at the same time. Multiple scripts demonstrating different features of the module. Examples can be accessed via the Examples menu. They can also be run standalone. A turtle. cfg file which serves as an example of how to write and use such files. Changes since Python 2. The methods Turtle. tracer , Turtle. Methods with these names and functionality are now available only as methods of Screen. The functions derived from these remain available. In fact already in Python 2. The method Turtle. fill has been eliminated. A method Turtle. filling has been added. It returns a boolean value: True if a filling process is under way, False otherwise. This behaviour corresponds to a fill call without arguments in Python 2. Changes since Python 3. The methods Turtle. shearfactor , Turtle. shapetransform and Turtle. Thus the full range of regular linear transforms is now available for transforming turtle shapes. Turtle. tiltangle has been enhanced in functionality: it now can be used to get or set the tiltangle. Turtle. settiltangle has been deprecated. The method Screen. onkeypress has been added as a complement to Screen. onkey which in fact binds actions to the keyrelease event. Accordingly the latter has got an alias: Screen. onkeyrelease. The method Screen. mainloop has been added. So when working only with Screen and Turtle objects one must not additionally import mainloop anymore. Two input methods has been added Screen. textinput and Screen. numinput. These popup input dialogs and return strings and numbers respectively.

次の