作戦 名 ラグナロク。 NMK

NMK ARCADE SOUND DIGITAL COLLECTION Vol.1

作戦 名 ラグナロク

概要 [ ] からパズルゲーム、クイズや脱衣などアーケードゲームを企画製作。 発売は、等のゲーム会社が行う。 の『』からは自社販売も行なった。 1996年以降、の開発から撤退し、の開発に注力した。 前述のように、下請けとして名前が出ない活動を行っていたため、 実際は他社開発のゲームであっても「NMK開発である」と誤解されている作品が見られる。 例として、・(以上ジャレコ)・(UPL)など。 8月6日に開かれた臨時株主総会で解散が決定され、琴寄自身が清算人となり任意整理が進められていたが、清算中の資金不足から同年9月16日に不渡りを出し倒産した。 特許公報によれば、後身として「NMKトレーディング株式会社」なる企業 が確認されている。 2017年6月29日にがNMKのゲーム等に関する全ての権利を取得したことを発表した。 作品 [ ]• 1986年• 1987年• 1988年• 1989年• 1990年• 1991年• 1992年• 1993年• 1994年• 1995年• 脚注 [ ]• 創業メンバーの中里、牧、琴寄の頭文字に由来• 元々はUPL販売でNMKも社名を併記する形でリリースされる予定であったが、直前になってUPLが倒産した為、NMK単独併記でのリリースになった。 ただし「宇宙戦艦ゴモラ」や「鋼鉄要塞シュトラール」等のUPL自社開発作品のハードウェアの提供や倒産後のアフターサポートを受け持っている。 1991年2月設立。 当初は台東区に本店を置いていたが、後にNMK本店と同住所に移転した。 NMK解散後に移転、を経て、より、株式会社タクト(UPL関連の版権を持ち、サウンドトラックに著作権表示がある)と同住所の、に本店を置いている。 代表取締役は琴寄幸雄(より)• アーケード版は国内未発売。 開発はフェイス。 用作品。 読み方は「オペレーションラグナロク」。 販売は。 表記はMVSカセット本体、インストカード、および梱包材に準じる。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NMKに関するデータ• - 坂本慎一氏インタビュー記事 この項目は、に関連した です。

次の

NMK

作戦 名 ラグナロク

概要 [ ] からパズルゲーム、クイズや脱衣などアーケードゲームを企画製作。 発売は、等のゲーム会社が行う。 の『』からは自社販売も行なった。 1996年以降、の開発から撤退し、の開発に注力した。 前述のように、下請けとして名前が出ない活動を行っていたため、 実際は他社開発のゲームであっても「NMK開発である」と誤解されている作品が見られる。 例として、・(以上ジャレコ)・(UPL)など。 8月6日に開かれた臨時株主総会で解散が決定され、琴寄自身が清算人となり任意整理が進められていたが、清算中の資金不足から同年9月16日に不渡りを出し倒産した。 特許公報によれば、後身として「NMKトレーディング株式会社」なる企業 が確認されている。 2017年6月29日にがNMKのゲーム等に関する全ての権利を取得したことを発表した。 作品 [ ]• 1986年• 1987年• 1988年• 1989年• 1990年• 1991年• 1992年• 1993年• 1994年• 1995年• 脚注 [ ]• 創業メンバーの中里、牧、琴寄の頭文字に由来• 元々はUPL販売でNMKも社名を併記する形でリリースされる予定であったが、直前になってUPLが倒産した為、NMK単独併記でのリリースになった。 ただし「宇宙戦艦ゴモラ」や「鋼鉄要塞シュトラール」等のUPL自社開発作品のハードウェアの提供や倒産後のアフターサポートを受け持っている。 1991年2月設立。 当初は台東区に本店を置いていたが、後にNMK本店と同住所に移転した。 NMK解散後に移転、を経て、より、株式会社タクト(UPL関連の版権を持ち、サウンドトラックに著作権表示がある)と同住所の、に本店を置いている。 代表取締役は琴寄幸雄(より)• アーケード版は国内未発売。 開発はフェイス。 用作品。 読み方は「オペレーションラグナロク」。 販売は。 表記はMVSカセット本体、インストカード、および梱包材に準じる。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NMKに関するデータ• - 坂本慎一氏インタビュー記事 この項目は、に関連した です。

次の

NMK ARCADE SOUND DIGITAL COLLECTION Vol.1

作戦 名 ラグナロク

皇帝エルウィン・ヨーゼフ2世が誘拐され、同盟がその犯人であるレムシャイド伯らの亡命を許したことに端を欲した軍事作戦。 最も皇帝の誘拐に関してラインハルトは事前に情報を得ていたが、同盟との開戦の糸口を作るためにあえてこれを阻止しなかった。 ケスラーとメックリンガーを除く帝国における主要提督全員を動員しており、さらには銀河帝国の事実上の皇帝(名目上は元帥だった)であるラインハルトが自ら軍を率いた。 これは先に同盟が行った帝国領侵攻作戦を凌ぐ兵員と艦隊を動員した作中で最大規模の軍事作戦となった。 この作戦で帝国軍は同盟の首都星ハイネセンへ到達し、この結果事実上の降伏条約であるバーラトの和約が締結されることになった。 作戦 ラグナロック作戦が従来の軍事作戦と異なる点はイゼルローン回廊ではなく、フェザーン回廊を通過して同盟領に侵攻するという点にある。 フェザーンは帝国領とは言え、独立性を持った自治領で下手をすれば占拠後にクーデターが起きて後方を遮断される可能性があった。 加えてフェザーン方面から同盟領へ侵攻するための航路データは帝国は所有しておらず、フェザーンで航路データを入手できなければ侵攻は不可能だった。 こういったリスクがある一方で、フェザーン回廊を通過することでイゼルローン要塞に駐留する同盟軍最強の提督ヤン・ウェンリーと対峙せずにすみ、要塞攻略を行うための時間と兵力を消耗せずに済む。 さらには同盟が想定していない作戦のため、同盟が防衛の体勢を整えるのが遅れることも見込めた。 さらにロイエンタール上級大将に5万の艦隊を与え、別動隊としてイゼルローン要塞の攻略にあてた。 これは陽動作戦であると同時に、イゼルローン要塞を占拠することで万が一フェザーン回廊を通過したあとで後方が遮断されても、別動隊がイゼルローン回廊を占拠していればそちらの回廊を通過して本国に帰還することができる。 これによって先ほどのリスクを無くすことに成功している。 ラグナロック作戦による主な戦闘• 第9次イゼルローン攻防戦 ロイエンタールを艦隊司令官として5万隻の艦隊がイゼルローンに侵攻した。 前述の通りこの艦隊は陽動部隊であったため、それほど積極的には戦火を交えなかった。 この後に帝国軍の本隊がフェザーン回廊を通過するとイゼルローン駐留艦隊はフェザーン方面の敵と対峙するためにイゼルローン要塞を放棄した。• フェザーン侵攻作戦 ラインハルト率いる帝国軍の本隊がフェザーン回廊に侵入。 フェザーンは軍事力を持たない国家なので軍事衝突は起きず短時間で占領は完了した。 しかし自治領主ルビンスキーを捕えることなできなかった。• ランテマリオ星域会戦 ランテマリオ星域会戦はそれまでのラグナロック作戦において最大の戦場となった。 数に勝る帝国軍があと一歩の所で勝利しそうになるが、間一髪のタイミングでヤン艦隊が到着。 同盟軍は全面崩壊を免れた。• バーミリオン星域会戦 作中において唯一、ヤンとラインハルトが同数の兵力で戦った戦場だった。 激戦の末ヤンはラインハルトの艦隊にほぼ勝利しかけていたが、政府からの停戦勧告を受けて戦闘を中止。 ここに同盟は敗北した。 第二次ラグナロック作戦 ヤンの逮捕をきっかけとして発生したハイネセンでの混乱をきっかけにラインハルトは第二次ラグナロック作戦の始動を決意した。 前回の第一次ラグナロック作戦では同盟を併合せず、形だけの存続を許したが第二次ラグナロック作戦では同盟を完全併呑しこれによってラインハルトは名実ともに全宇宙の統治者となった。

次の