インスタ リポスト 仕方。 インスタグラムの「リポスト」って?今さら聞けないやり方教えます

Instagramで他人に自分の投稿をリポスト(リグラム)されたらわかる方法

インスタ リポスト 仕方

すでにインスタを利用している方は、時にはお気に入りの画像を見つけて「他の人と共有したい!」と思うこともあるのではないでしょうか。 でもインスタでは、Twitterのリツイート機能のようなものは一見、見当たらないですよね。 そこで今回は、インスタの画像を他人と共有する「リポスト」の方法を紹介します! そもそも「リポスト」って? 「リポスト」とは、インスタグラムにおいて、TwitterのリツイートやFacebookのシェアのように、自分が気に入った他ユーザーの投稿をを自分のタイムラインに再投稿することです。 例えば、あるファッションブランドのアカウントが自社のアイテムを使ったコーディネートを載せている投稿をリポストしたり、逆に一般の人が自分の好きな芸能人の投稿や、同じ趣味を持った人の投稿をリポストしています。 「リポスト」のやり方と手順は? しかしインスタグラムでは、TwitterやFacebookと違い、アプリそのものに「リポスト」機能はついていません。 そのため、リポストを行うには、インスタの他にリポスト専用アプリをダウンロードする必要があります。 App StoreやGoogle Playで「リポスト」と検索するとヒットしますよ。 アプリはいくつかあるので、一番自分に合ったものを選びましょう。 「リポスト」の方法については、アプリによって異なるので、その指示に従ってください。 例えば「Repost for Instagram」というアプリの場合、右上のマークをタップしてインスタグラムを開きます。 そしてリポストしたい投稿の「…」という表示をタップ。 「リンクをコピー」を選択します。 ここまで終えて、「Repost for Instagram」に戻ると、次のような表示が出るので、選択。 リポストマークの位置を選んで下の「Repost」と書かれた部分を押すと、次のようになるので、「Instagramにコピー」を選択します。 するとフィルター選択の画面に移動します。 さらに右上の次へを押すと、キャプション入力画面へ。 長押しをして「ペースト」を選ぶと、元の投稿のキャプションが貼り付けられます。 あとは「OK」を押せば投稿完了。 実際に、リポストしてみた投稿がこちら。 左下に、「pentos. s」と元の投稿をしたアカウント名が記載されているのが確認できます。 トラブルを避けるためにも、リポストマークを付けたうえで、宛先にリポスト元のアカウント名を入れ、無断でリポストすることはなるべく避けた方がいいでしょう。

次の

インスタグラムの拡散力は?投稿の拡散方法もご紹介

インスタ リポスト 仕方

各SNSのシェアボタンがありますので、連携しているアカウントのボタンをタップするとシェアが有効になります。 右上の「シェアする」をタップするとシェア完了です。 なお、連携していないアカウントのボタンをタップすると、各SNSのログイン画面に移行します。 そこでログインを行っても連携することが可能です。 あなたや他の人の投稿をフォロワーに直接シェアする 自身の投稿でも、他のユーザーの投稿でも、フォロワーに対してシェアを行うことができます。 シェアしたい写真をタップすると写真が拡大されます。 右下にある「Repost」ボタンをタップすると、Repostの編集画面に移ります。 左下のアイコンをクリックすると、写真左上にある「誰の投稿をRepostしたのかがわかるマーク」の位置を変更することができます。 表示には2種類のパターンがあり、それぞれ左上と右下に表示されます。 Repostのマークをいれないことも可能ですが、基本的には引用元は表示させたほうが良いといわれております。 表示をさせない場合には、コメントに引用元のユーザーIDを記載してリンクを貼ると良いでしょう。 また、Repostのマークの色を変更することも可能です。 写真の右下に「ラ…」「ダ…」というボタンがあります。 これらはおそらく「ライト」「ダーク」かと思われます。 「ライト」をタップすると背景が明るいホワイトになり、「ダーク」をタップすると半透明のブラックになります。 写真の色味に合わせて見やすく変更するようにしましょう。 シェアされた投稿は自分のタイムラインに表示されるようになるので、確認してみましょう。 Repostアプリでシェアする際のマナー シェアする投稿は、自分が撮った写真や書いた文章ではないので、マナーを守って行うことが大切です。 リポストであることを明記してシェア 前章でも少し触れましたが、Repostマークを入れてシェアすることで、その投稿が自分のオリジナルではなく、他のユーザーのものをリポストしていることが伝わります。 ほかの方法として、コメント欄にその旨を記載したり、「 repost」をつける方法があります。 リポストであることを明記する際は、どのユーザーの投稿からシェアしたものかがわかるように元のアカウントを併記しましょう。 写真に文字を加えたりトリミングしたり…ということはやめましょう。 Repostアプリでストーリーを保存する方法 24時間限定の画像や動画をアップできるストーリー機能。 Repostアプリを使うと、他のユーザーが投稿したお気に入りのストーリーを簡単に保存することができます。 Repostアプリを起動したら、保存したいストーリーを投稿しているアカウントをタップすると、ユーザーのページに遷移します。 そこでストーリーをタップし、保存ボタンを押せば完了です。 Repostアプリを使えば、足跡を付けずにストーリーを閲覧できる Instagramの通常投稿には、どのユーザーが閲覧したかがわかる機能(いわゆる「足跡」)はありませんが、ストーリーは閲覧回数や閲覧時間などはわからないまでも、「誰が見たか」は、投稿者や投稿者のプロフィール経由でハイライトを閲覧したユーザーにわかるようになっています。 ところが、Repostアプリ経由でストーリーを閲覧しても、足跡は付きません。 何かの理由で、ストーリーを見たことを知られたくないときに便利です。 まとめ Instagramではシェアができない…とあきらめていた方もいたのではないでしょうか?別のアプリを経由してシェアを行うことは他のSNSでは経験がないので、Instagram特有のシェア方法といえるでしょう。 シェアを行うことで、ユーザーに投稿を広めることはもちろんのこと、自分のタイムラインを充実させることにもつながるので、ぜひ積極的に使ってみはいかがでしょうか?.

次の

インスタで他人の投稿をリポスト・シェアする方法を徹底解説

インスタ リポスト 仕方

スポンサードリンク Twitterのリツイートのように、Instagramにも他の人の写真を再投稿することができる「リポスト」という文化があることを知りました。 調べてみると企業や有名人の公式アカウントがファンの写真を「リポスト」することが定着していることが分かりました。 企業や有名人は素敵な写真を紹介することできる、ファンは憧れの企業やファンに紹介してもらえるという、Win-Winの関係にもなっているようです。 ただし「リポスト」はInstagramの公式機能ではありません。 サードパーティ製のアプリを使い、再投稿を行います。 Instagramの利用規約には「」とありますが、人によって好まない場合もあるかもしれませんので、念のため確認をすると確実です。 iPhoneで「リポスト」をするにあたり、AppStoreで調べたところたくさんのリポストアプリがありました。 その中から8種類をダウンロードし、使い勝手を検証しました。 個人的にオススメを一本に絞ったので、そのアプリの使い方、リポストのやり方を説明したいと思います! もあります。 広告の入り方や使い勝手の良さから、このアプリを選択しました。 それでは起動します。 これが起動画面です。 既に2回のリポストを行った履歴があります。 最初の起動では真っ白です。 ここからどうするかというと、右上のInstagramのアイコンをタップします。 いきなりInstagramの画面が開きますので、右下のアイコンをタップしてマイページを開きます。 Instagramの中からリポストしたい写真を選ぶのですが「いいね」しておいたものから選ぶと簡単だと思います。 Instagramで「いいね」した写真の一覧を見るにはという記事を参考にしてください。 選んだ写真の右上にある「…」をタップし、表示されたメニューから「リンクをコピー」を選択します。 リンクをコピーしたら、左上にある「Repost」をタップし、アプリを切り替えます。 iOSのバージョンによってはこの機能がない場合もあるかもしれませんが、あくまでも、 ・Instagramでリンクをコピーし ・Repostを開く ができれば良いので、RepostからではなくいきなりInstagramを開いても大丈夫ですし、アプリ切り替えはホームボタンをダブルタップしてからのアプリスイッチャーでの切り替えでも問題ありません。 「Repost」に切り替わると、先ほどのリンクをコピーした写真が「New」として登録されているので、さらにそれをタップします。 元の投稿者を示すためのクレジットロゴを編集する画面になります。 ここでは位置や色を調整することができます。 クレジットロゴなしも選択できますが、誰が見てもリポストであることが分かるように、これは入れておくべきではないかと思います。 「Repost」をたっぷすると、Instagramのキャプションを自動でコピーしたので、その貼り付け方の解説……というアニメーションが表示されます。 手順として覚えてしまえば「Don't show again」をタップしてOKです。 共有画面が開くので「Copy to Instagram」をタップします。 再びInstagramに戻ってきます! 色の調整なども可能ですが、オリジナルの写真はいじらないほうが良いのではないかと思います。 「次へ」をタップします。 新規投稿画面で「キャプションを書く」のところを長押しします。 「ペースト」をタップします。 すると、どのアカウントの写真をリポストしているのかといった表示と、元の投稿のハッシュタグがそのままペーストされます。 これがあると誰が撮影したものか分かりますし、アカウントが掲載されたことも通知されます。 このあたりを明示するのは「リポスト」の必須機能ではないかと思います。 8種類のアプリを試したのですが、これが確実に行えるのが「Repost」だったという訳です。 この機能からしても、ほぼ一択でした。 最後に「リポスト」が完了した画面です。 ぼくは自分のアカウントと旅グループのオジ旅のアカウントがあるので、オジ旅で投稿していたものを自分のアカウントにリポストするだけでも、随分と使い勝手が良くなると感じました。 聞くところによると、リポストしてキャンペーン応募といったケースも増えているそうです。

次の