サラヤ 株式 会社。 株式会社ミライ化成

三島食品

サラヤ 株式 会社

サラヤ株式会社 本社 市場情報 非上場 本社所在地 〒546-0013 大阪府大阪市東住吉区湯里2-2-8 設立 (創業:) 事業内容 家庭用及び業務用洗剤・消毒剤・うがい薬等の衛生用品、薬液供給機器、健康食品等の開発製造販売 代表者 資本金 4500万円 売上高 連結:356億円 単独:303億円 (10月期) 従業員数 連結:1,800人 単独:1,311人 (2014年10月期) 外部リンク サラヤ株式会社(: Saraya Co. , Ltd. )は湯里に本社を置く、消毒剤や洗浄剤、医薬品、食品を製造する化学・日用品メーカーである。 コーポレート・スローガンは「 いのちをつなぐSARAYA」。 概要 [ ] 創業者の更家章太が、大阪にてパールパーム石鹸液と押出・押上式石鹸液点滴容器を開発・発売したのが始まり。 全国各地の学校・企業などで、手洗い運動の励行ならびに教育を目的として納入される。 その後にはコロロ自動うがい器ならびにうがい薬液を開発する。 には従来業務用で使用されていたヤシ油を原料とする洗剤に改良を重ね、一般消費者用に、人体と環境に配慮した「ヤシノミ洗剤」を開発する。 これが同社の代表的製品となり、その後もには低カロリー甘味料「トーカット」(のちにこの製品はより生産されるカロリーゼロの自然派甘味料「ラカント」へと移行する)を発売し、ダイエット甘味料市場にも参入している。 ()や()などと同様、自然派を謳うメーカーであり、、、といった大手化学・日用品メーカーが寡占状態を占める業界において、市場を開拓し続けている。 シャボン玉石けんやミヨシと異なるのは、ニッチに陥りやすい懐古主義的な製品だけではなく、能力でも大手化学製品メーカーに劣らない商品開発を行っていることである。 この為など大手量販店でも多く取り扱われている。 現社長の更家悠介は、経済界の維新支援団体「経済人・大阪維新の会」 の会長を務めている。 沿革 [ ]• - 公定書外医薬品「パールパーム石けん液」を開発。 - ハンドサニターSを発売。 - 低カロリー天然甘味料「トーカット」を発売。 - 食品衛生インストラクター制度発足。 - 速乾性手指消毒剤「ヒビスコール液」の発売。 - 厚生省許可特別用途食品カロリーゼロの自然派甘味料「ラカント」を発売。 - ISO9002 認証を取得。 - 「アセサイド6%消毒液」、「アラウ. 」シリーズ発売。 - 緑の回廊プロジェクト開始。 「汚物の処理ツールBOX」発売• - ISO22000認証を取得。 - 感染症対策のバイブル発刊。 - 持続可能なパーム油を活用したハッピーエレファント開発。 - ノータッチ式石けんディスペンサー「G-line」発売。 - オーラルケアステーション本町歯科開院。 - サラヤチャイルドステーション開所。 主な商品 [ ]• ヤシノミシリーズ• ウィル・ステラ(速乾性テ指消毒剤)• (薬用石鹸)• ウォシュボン• arau. (無添加石鹸シリーズ)• ラカントS(甘味料)• のとの天然甘味成分の2つの天然素材から作られた自然派甘味料。 には顆粒ではなく液状の「ラカントS液状」(現在はラカントSシロップ)を発売した。 コロロ(うがい薬。 当初はだったが、現在は。 の同名グミキャンディとは無関係。 ハッピーエレファント(天然洗浄成分配合洗剤) など 海外拠点 [ ] 海外拠点を以下に示す。 北米 [ ] () アジア・オセアニア [ ] () など ヨーロッパ [ ] アフリカ [ ] - 5月開設 の普及が遅れ、ですら満足に水が使えず治療の際にリスクが高かったウガンダ への援助としてを提供した。 この結果、感染症は「激減」した。 水道を完備するには大変な金額が必要であり、現実的なコストで水を普及させるには運搬の必要性があった。 しかし水を運ぶよりも、水と同量の消毒液を運んだほうが殺菌効果の点で明らかに有利であり、さらに日本から運搬するよりも現地で生産することを選択し現地法人を設立した。 スポンサー番組 [ ] 現在 [ ] ラジオ• ()内のサラヤ ECO FLAP・毎週木曜• ()内のサラヤ CHEERS FOR NATURE・毎週水曜• ()内のサラヤ Be Natural! ・毎週月曜• ()・25時台後半枠ローカルスポットCM 過去 [ ] テレビ• () ほか ラジオ• ()内のサラヤENJOY! NATURAL STYLE・毎週日曜 エピソード [ ]• 2008年に無駄撲滅プロジェクトチームが、官公庁舎に設置されたコロロ自動うがい器を「税金の無駄遣い」だとして廃止を要求したため、は他に先駆けて2009年1月からうがい薬の購入を中止した。 薬がないと水も出ない仕組みのため放置されていたが、の大流行を受けて検討し直したところ、改修すれば水だけで使用できることが判明したため、8月末に使用が再開された。 出典 [ ] []• ただし2015年12月31日現在の (総務大臣届出の政治団体)には収録されていない。 経済人・大阪維新の会. 2017年1月22日閲覧。 プレスリリース. 2019年8月29日. 2020年6月2日閲覧。 本節は特記のない限り右記による。 サラヤ. 2014年1月11日閲覧。 , pp. 47-48• , p. , pp. 46-47• 大竹剛; 池田信太朗; 山根小雪; 白石武志 「アフリカ 灼熱の10億人市場」 『』 1692号 、28-53頁、2013年。 外部リンク [ ]• - チャンネル• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援• 道普請人• ボランティアプラットフォーム• 日本印刷産業連合会• 日本CFO協会• 地球環境戦略研究機関• 国際協力NGOセンター• 日本食品分析センター• ACE• ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サスティナブル・サプライチェーン• 学校法人国際学院• 岩井医療財団• プラン・インターナショナル・ジャパン• あと会• 学校法人大阪夕陽丘学園• 日本建築センター• 国際開発機構 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

サラヤ

サラヤ 株式 会社

三島食品株式会社 Mishima Foods Co. , Ltd. 株式会社 市場情報 非上場 本社所在地 広島市中区南吉島2丁目1-53 設立 1月 (創業は1月) 食料品製造業 事業内容 ふりかけ、混ぜご飯素材、調味料等の製造および販売 代表者 代表取締役社長 三島 豊 資本金 1億3314万円 売上高 125億円 (12月期実績) 従業員数 364名 (2005年12月現在、派遣社員・パート・アルバイト 138名を除く) 決算期 毎年12月31日 主要子会社 Mishima Foods U. Inc. () 大連三島食品有限公司() 外部リンク 三島食品株式会社(みしましょくひん、 Mishima Foods Co. , Ltd. )はのである。 概要 [ ] をメインに混ぜの素、、類を製造、販売しており、ふりかけでは業務用でトップシェアを、消費者向けでも上位を占める。 なかでも、 ( )という商品名ののふりかけは、多くの、食料品店で取り扱われている。 海外展開も行っており、(63年)にはにMishima Foods U. Inc. を、(2年)にはに大連三島食品有限公司を、また(平成8年)には事務所を開設している。 また、グループ会社が練習場やボウリング場を有する施設 を運営している。 かつて、惣菜や弁当の製造販売事業として(昭和45年)7月に「サラヤ惣菜事業部」を新設(のちに分社化)し、「 サラヤのむすび」の名称で日本各地で展開していた。 各地の主要道路沿いにオレンジと緑の鮮やかな色彩の小さな販売店を設置していたが、(平成13年)9月に子会社が閉鎖され、撤退した。 沿革 [ ]• (昭和24年)- 三島哲男が広島市舟入南町で 三島商店として創業• (昭和28年)- 法人に改組し、社名を 株式会社三島商店に• (昭和36年)- 社名を 三島食品株式会社(現在の社名)に変更• (昭和41年)- 本社工場増築、生産設備を一元化• (昭和45年)- サラヤ惣菜事業部を新設• (昭和47年)- ミスズガーデン開業• (昭和49年)- サラヤ惣菜事業部を分離し、 株式会社サラヤを設立• (昭和55年)- 関東工場完成• (昭和63年)- 米国に Mishima Foods U. Inc. を設立• (平成2年) - 中国に 大連三島食品有限公司を設立• (平成3年) - 三島食品資料館「楠苑」完成• (平成8年) - シンボルマークを一新• (平成8年) - にアムステルダム事務所を開設• (平成11年)- 大連三島食品有限公司 を取得• (平成13年)- 株式会社サラヤを閉鎖• (平成13年)- 広島本社、工場 を取得• (平成28年) - 創業者の三島哲男が死去• (平成29年)4月 - 三島 豊 代表取締役会長就任。 末貞 操 代表取締役社長就任。 (平成29年)7月 - 広島工場・観音工場FSSC22000認証取得。 (平成29年)12月 - 関東工場FSSC22000認証取得。 (平成30年)1月 - 大連三島食品有限公司BRC認証取得(英国小売業協会)• (平成30年)4月 - 有限会社楠振興を株式会社ミシマホールディングスの子会社とする。 事業所 [ ]• 本社 南吉島2丁目1-53• 工場 広島(本社に隣接)、関東()• 支店 東京• 営業所 仙台、関東(関東工場に隣接)、名古屋、大阪、広島、福岡• 出張所 札幌、横浜、金沢 三島食品資料館「楠苑」 [ ] 三島食品資料館 楠苑(くすのきえん)は、ふりかけ類や三島食品の関係資料を保存展示する資料館。 三島食品が運営する。 1991年完成。 所在地:広島県山県郡北広島町有田3436• アクセス:から約2分 取扱商品 [ ]• ふりかけ(瀬戸風味、かつおみりん、海苔香味など)• ゆかり• お茶漬(広島菜茶漬など)• 青のり• 混ぜごはんの素(菜めしなど)• 調味料(うどんスープなど) 主要関連会社 [ ]• ミスズガーデン株式会社(ゴルフ練習場・ボウリング場・卓球場)• (米国)• (中国) 脚注 [ ]• 「ゆかり」の商標は1960年にが商標権を取得したものを許諾を得て使用していたが、1999年に同社から商標権を譲り受け、今日では当社が商標権を保持している。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

サラヤ

サラヤ 株式 会社

サラヤ株式会社 本社 市場情報 非上場 本社所在地 〒546-0013 大阪府大阪市東住吉区湯里2-2-8 設立 (創業:) 事業内容 家庭用及び業務用洗剤・消毒剤・うがい薬等の衛生用品、薬液供給機器、健康食品等の開発製造販売 代表者 資本金 4500万円 売上高 連結:356億円 単独:303億円 (10月期) 従業員数 連結:1,800人 単独:1,311人 (2014年10月期) 外部リンク サラヤ株式会社(: Saraya Co. , Ltd. )は湯里に本社を置く、消毒剤や洗浄剤、医薬品、食品を製造する化学・日用品メーカーである。 コーポレート・スローガンは「 いのちをつなぐSARAYA」。 概要 [ ] 創業者の更家章太が、大阪にてパールパーム石鹸液と押出・押上式石鹸液点滴容器を開発・発売したのが始まり。 全国各地の学校・企業などで、手洗い運動の励行ならびに教育を目的として納入される。 その後にはコロロ自動うがい器ならびにうがい薬液を開発する。 には従来業務用で使用されていたヤシ油を原料とする洗剤に改良を重ね、一般消費者用に、人体と環境に配慮した「ヤシノミ洗剤」を開発する。 これが同社の代表的製品となり、その後もには低カロリー甘味料「トーカット」(のちにこの製品はより生産されるカロリーゼロの自然派甘味料「ラカント」へと移行する)を発売し、ダイエット甘味料市場にも参入している。 ()や()などと同様、自然派を謳うメーカーであり、、、といった大手化学・日用品メーカーが寡占状態を占める業界において、市場を開拓し続けている。 シャボン玉石けんやミヨシと異なるのは、ニッチに陥りやすい懐古主義的な製品だけではなく、能力でも大手化学製品メーカーに劣らない商品開発を行っていることである。 この為など大手量販店でも多く取り扱われている。 現社長の更家悠介は、経済界の維新支援団体「経済人・大阪維新の会」 の会長を務めている。 沿革 [ ]• - 公定書外医薬品「パールパーム石けん液」を開発。 - ハンドサニターSを発売。 - 低カロリー天然甘味料「トーカット」を発売。 - 食品衛生インストラクター制度発足。 - 速乾性手指消毒剤「ヒビスコール液」の発売。 - 厚生省許可特別用途食品カロリーゼロの自然派甘味料「ラカント」を発売。 - ISO9002 認証を取得。 - 「アセサイド6%消毒液」、「アラウ. 」シリーズ発売。 - 緑の回廊プロジェクト開始。 「汚物の処理ツールBOX」発売• - ISO22000認証を取得。 - 感染症対策のバイブル発刊。 - 持続可能なパーム油を活用したハッピーエレファント開発。 - ノータッチ式石けんディスペンサー「G-line」発売。 - オーラルケアステーション本町歯科開院。 - サラヤチャイルドステーション開所。 主な商品 [ ]• ヤシノミシリーズ• ウィル・ステラ(速乾性テ指消毒剤)• (薬用石鹸)• ウォシュボン• arau. (無添加石鹸シリーズ)• ラカントS(甘味料)• のとの天然甘味成分の2つの天然素材から作られた自然派甘味料。 には顆粒ではなく液状の「ラカントS液状」(現在はラカントSシロップ)を発売した。 コロロ(うがい薬。 当初はだったが、現在は。 の同名グミキャンディとは無関係。 ハッピーエレファント(天然洗浄成分配合洗剤) など 海外拠点 [ ] 海外拠点を以下に示す。 北米 [ ] () アジア・オセアニア [ ] () など ヨーロッパ [ ] アフリカ [ ] - 5月開設 の普及が遅れ、ですら満足に水が使えず治療の際にリスクが高かったウガンダ への援助としてを提供した。 この結果、感染症は「激減」した。 水道を完備するには大変な金額が必要であり、現実的なコストで水を普及させるには運搬の必要性があった。 しかし水を運ぶよりも、水と同量の消毒液を運んだほうが殺菌効果の点で明らかに有利であり、さらに日本から運搬するよりも現地で生産することを選択し現地法人を設立した。 スポンサー番組 [ ] 現在 [ ] ラジオ• ()内のサラヤ ECO FLAP・毎週木曜• ()内のサラヤ CHEERS FOR NATURE・毎週水曜• ()内のサラヤ Be Natural! ・毎週月曜• ()・25時台後半枠ローカルスポットCM 過去 [ ] テレビ• () ほか ラジオ• ()内のサラヤENJOY! NATURAL STYLE・毎週日曜 エピソード [ ]• 2008年に無駄撲滅プロジェクトチームが、官公庁舎に設置されたコロロ自動うがい器を「税金の無駄遣い」だとして廃止を要求したため、は他に先駆けて2009年1月からうがい薬の購入を中止した。 薬がないと水も出ない仕組みのため放置されていたが、の大流行を受けて検討し直したところ、改修すれば水だけで使用できることが判明したため、8月末に使用が再開された。 出典 [ ] []• ただし2015年12月31日現在の (総務大臣届出の政治団体)には収録されていない。 経済人・大阪維新の会. 2017年1月22日閲覧。 プレスリリース. 2019年8月29日. 2020年6月2日閲覧。 本節は特記のない限り右記による。 サラヤ. 2014年1月11日閲覧。 , pp. 47-48• , p. , pp. 46-47• 大竹剛; 池田信太朗; 山根小雪; 白石武志 「アフリカ 灼熱の10億人市場」 『』 1692号 、28-53頁、2013年。 外部リンク [ ]• - チャンネル• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援• 道普請人• ボランティアプラットフォーム• 日本印刷産業連合会• 日本CFO協会• 地球環境戦略研究機関• 国際協力NGOセンター• 日本食品分析センター• ACE• ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サスティナブル・サプライチェーン• 学校法人国際学院• 岩井医療財団• プラン・インターナショナル・ジャパン• あと会• 学校法人大阪夕陽丘学園• 日本建築センター• 国際開発機構 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の