フォートナイト pc 選び方。 フォートナイトにおすすめゲーミングPC比較まとめ【安い・必要・推奨スペック】

【ゲーミングPC】フォートナイトにおすすめで安い価格のモデルは?

フォートナイト pc 選び方

今回はフォートナイトを常時60FPS出すことができる5万円台のパソコン(ゲーミングPC)を手に入れる方法について紹介していきます。 基本的にフォートナイトを常時60FPS以上出すためには3つの方法が存在すると考えていて、今回はその3つの方法を詳しく1つずつ紹介していきます。 この方法のいずれかを試すことでフォートナイトのダウンロードが遅い・重いといったことからプレイ中のストレスもかなりなくなると思うので是非試してもらいたいと思ってます。 この記事でわかること• フォートナイトで常時60FPS出せるおすすめのパソコン(デスクトップ・ノート)• 5万円台で手に入れられるパソコンの3つの購入方法 このあたりをメインで紹介しますが、注意点なども紹介するのでフォートナイトを5万円前後で購入できるPCを買ってプレイしたい人は是非参考にしてください。 フォートナイトを快適にプレイするために必要なおすすめパソコンのスペックは? フォートナイトを快適にプレイするために必要なスペックは以下の通りです。 推奨システム要件• Nvidia GTX 660またはAMD Radeon HD 7870に相当するDX11 GPU• 2ギガバイトのVRAM• コアi5-7300U 3. 5 GHz• 8ギガバイトのRAM• PC上のIntel HD 4000またはMac上のIntel Iris Pro 5200• コアi3-3225 3. 3 GHz• 4 GバイトのRAM• MacコンピューターはMetal APIをサポートする必要があります。 Macが Metalをサポートしているかどうかを確認してください。 引用:EPIC GAME「」公式サイトより 推奨システムのスペックを超えていれば安定してフォートナイトをプレイすることが可能ということになります。 ちなみにフォートナイトを行う上での平均60FPSと書かれているパソコンが紹介されていることがありますが、コレは平均で60FPSということなので60FPS超えることもあるけれど60FPS以下を下回ることもあるということを覚えておきましょう。 フォートナイトを快適にプレイするためには60FPSを下回ってしまうと特に50FPSとなるとストレスを感じるプレイしかできなくなるので推奨スペック以上のパソコンを利用することが必須となります。 以下ではフォートナイトを常時60FPSで快適にプレイするための3つのパソコンの購入方法を紹介します。 常時60FPSフォートナイトにおすすめパソコンの3つの購入方法 フォートナイトを快適プレイに持っていくためのパソコンの3つの購入・選び方についてここではふれておきます。 1 BTOショップででゲーミングPCを購入する パソコン工房やドスパラ、ツクモ、マウスコンピューターといったBTOショップでゲーミングPCを購入するとフォートナイトを常時60FPSでプレイすることが可能です。 BTOパソコンは家電量販店などで購入できる大手パソコンメーカーのパソコンよりも価格を抑え性能が高いPCを購入できることでも知られています。 BTOパソコンのメリット・デメリットについては下の方で紹介しています。 2 中古パソコンを購入しパーツを自分で換装する 数年前のCPUやメモリを搭載した中古パソコンを購入し、そのパソコンにグラフィックボードを追加してあげることでフォートナイトを常時60FPSを出すことが可能になります。 中古パソコンなのでデザイン性などの選択肢はほぼありませんがかなり価格を抑えることができます。 ただ自分でグラボを選び取り付けることになりますし、ノートパソコンを選択することはできません。 中古パソコンのメリット・デメリットは以下で紹介します。 3 自作PCでパーツを購入しゲーミングPCを自分で作る 新品のパソコンでフォートナイトをプレイしたいといった人には自作PCでプレイするのも1つの方法です。 自分でPCパーツを選択し構成を考えパーツを購入しなければいけませんが、正直パソコンを組むのも現在ユーチューブなどもありますしそこまで難しくはありません。 実際に私の自作PCは5万円で作成し常時60FPSを超えています。 自作PCは自分でパーツを選択することができるのでパソコンの構成を自分の好きなようにすることができるので一番自由度の高いパソコンを購入することができます。 自作PCのメリット・デメリットは以下で紹介します。 BTOのメリット・デメリット まずはBTOパソコンのメリットデメリットについて紹介します。 BTOパソコンのメリット・デメリットについて家電量販店などで購入できるパソコンと比較した場合のメリット・デメリットについて紹介します。 メリット デメリット BTO パソコン• 家電量販の大手PCメーカより確実に価格が安い• 大手PCメーカーの製品と比べ無駄な物がインストールされていない• 用途別にパソコンを選びやすい• プレイするゲーム別にパソコンを選べる• パーツもアップグレードしやすくハイエンドPCを選びやすい• カスタマイズが可能• 保証もついているので安心• パーツさえ交換できれば常に最新PCにできる• 全体的にデザインが微妙に感じることがある• 激安すぎるPCのパーツの一部にはB級品が使われることもある コレがBTOパソコンのメリット・デメリットになります。 メリット比べデメリットが少ないように感じますが、実際にデメリットはこのくらいしかありません。 大手のパソコンメーカーのPCと比べ、性能が高いのにかなり安くパソコンを購入できますし、何より構成するパーツをカスタマイズしてアップグレードしやすいです。 ただ、デザイン性に乏しく、標準構成のままBTOパソコンを購入すると電源ユニット(電源パーツ)などがB級品を使われていることもあるので不安が残ることもありますが、パーツを選べるので解決することは簡単です。 中古パソコンのメリット・デメリット 次に中古パソコンのメリット・デメリットについて紹介します。 ここで紹介する方法はあくまで中古パソコンを安く購入しパーツを自分で追加するという方法です。 まずはその点を理解しておいてください。 メリット デメリット 中古 パソコン• 1世代・2世代前のパソコンなので安く購入できる• 激安でゲーミングPCを購入したい人には最適• 中古なのですぐに壊れることもある• 中古パソコンを探すのですぐに見つからないこともある• 保証が短い• PCパーツを自分で選び付けなければいけないので少し知識が必要 5万円で中古パソコンでフォートナイトを常時60FPS出す場合は、2万円から3万円前後で中古パソコンを探さなければいけませんが、見つけることができれば4万円台で激安のゲーミングPCを手に入れることができる可能性があります。 ただし、すぐに見つけられるかは運次第な点もあり、選べるパソコンはデスクトップしかありません。 さらに追加でPCパーツを自分で選択し取り付けることになるのでできる人・できない人に別れることもあると思います。 保証も中古なのでかなり短い場合もあれば、保証がそもそもないこともあります。 予算がどうしてもない場合は1つの方法として有効だと思います。 自作PCのメリット・デメリット 自作PCのメリット・デメリットについて紹介します。 メリット デメリット 自作PC• PCパーツによってはBTOよりも安くすることもできる• 自作PCは人によって作る楽しさを感じられる• 完成した時の達成感がある• カスタマイズの自由度が一番ある• おしゃれなPCケースで自分だけのPCを作れる• 壊れたり問題が発生しても自分で解決しなければいけない• デスクトップパソコンしか選択できない• パーツ構成を考えるための知識が必要になる• パーツの構成によってはBTOパソコンの方が保証もあり価格が安くなることもある 自作PCはカスタマイズというか構成は規格さえ合っていれば自由度は一番高い。 パーツ構成によってはBTOパソコンよりも価格を安く手に入れることができます。 ただし、自分でPCパーツ構成を考えなければいけませんし、仮に壊れたり・問題が発生した場合などは自分で解決しなければいけないのでしっかりと知識がなければ難しいと感じる人もいるかもしれません。 また、ノートパソコンを自作PCとして作ることができないため現在の選択肢はデスクトップPCのみとなります。 また、今回はフォートナイトを常時60FPSできるパソコンの紹介ですが5万円ほどで作成した自作PCでも問題なくプレイすることができています。 5万円以内も可能!?フォートナイトにおすすめの自作PCの構成! 今回自作PCを作りました。 目的はできるだけ安く最低限楽しめるゲーミングPCをいくらで作ることができるのか?という目的のために作りました。 今回購入したPCパーツは画像の通りです。 基本的に自作PCは7つのパーツさえあれば作成することができます。 そしてそれぞれの対応する規格などを元に選べばゲームをストレスなくプレイできるパソコンを作ることができます。 できるだけ安く制作した自作PCの構成 価格 マザーボード ASUSマザーボード Socket AM4対応 PRIME A320M-K【microATX】 6,380円 CPU 6コア12スレッド AMD Ryzen5 2600 12,980円 メモリ 16GB(DDR4-2666) G. メモリ16GB• SSD500GB などを搭載して、グラフィックボードも搭載している点を考慮すると十分安く構成することができています。 さらに削るとすればSSDも256GBにすれば2500円ほどカットすることもできるので自作PCの合計も8000円くらいはさらに安くすることも可能です。 グラフィックボードに関してGTX1650(+2000円くらいで購入できる)などを選んでもいいかもしれません。 ちなみにドスパラではアマゾンや楽天アカウントでログインできポイントがあれば利用してPCパーツを揃えることもできるので一番やすくPCパーツを購入できるお店です。 (パーツにもよりますが比較的Amazonよりも安い) あくまで参考なので興味があれば自作PCでフォートナイトをプレイすることも考えてみてください!ただやはり壊れたり組み立てでわからないことが出てくると自分で解決するしかないのでその辺はよく考えてくださいね! この構成は基本的にライトユーザー向けのスペックと呼べると思います。 ただフォートナイトはげき重のゲームではないので比較的ストレスなくプレイすることができます。 BTOのコスパ最強フォートナイト用のおすすめデスクトップパソコン3選 ここではフォートナイトを快適にプレイできるデスクトップパソコンを紹介します。 ここで紹介するデスクトップPCはBTOパソコンなので購入後は自宅に届けばすぐにフォートナイトをダウンロードして遊ぶことができます! ここで紹介するPCゲームをするためのおすすめゲーミングPCの基準を紹介しておきます。 カクつくなどストレスをなくすためにも覚えておいてください。 CPUはミドルエンド(インテルならCore i 5以上、AMDならRyzen5以上)• メモリは最低でも8GB以上• SSDは256GB以上• グラフィックボード 1050Ti以上 スペックは必ずこの辺と同等もしくはそれ以上のパーツで構成した方が快適です。 この構成であれば中程度の重さのPCゲームであれば設定にもよりますがストレスなくプレイすることができます。 BTOショップのBTOパソコンでは以下の3つが特におすすめできるデスクトップPCです。 CPUはRyzen搭載の物を紹介していますが、価格面と性能面を考慮してRyzenを紹介していますのでご心配なく。 Intel製は性能の割に高すぎます。 1 GALLERIA(ガレリア) RH5 2600搭載 ゲーミングPCのデスクトップのスタンダードモデルです。 グラフィックボードはGeForce GTX1650が搭載されており、フォートナイトであれば十分に楽しむことができるPCとなっています。 また価格も1年保証がついてこのスペック税込み9万円前半は十分格安のモデルと言えるでしょう。 GTX1650のグラボが搭載されRyzen52600が搭載されていればある程度負荷が高いゲームでも画質などを落としておけばかくつくことも少なくしっかり楽しむことができます。 PCケースもミニタワーなどでデスクトップの中でもコンパクトなので邪魔になりにくいのもいいですね! あとマウスコンピューターのG-TUNEで言えば「マスタピースシリーズのRTX2060SUPER」を積んでるデスクトップPCもいいかもしれないね! フォートナイト常時60FPSを出せるおすすめゲーミングノートパソコン5選 ここで紹介するゲーミングノートPCは、フォートナイトを常時60FPS以上出すことができるパソコンを紹介しています。 デスクトップPCでも言ったように以下の内容はカクつくなどストレスをなくすためにも覚えておいてください。 CPUはミドルエンド(インテルならCore i 5以上、AMDならRyzen5以上)• メモリは最低でも8GB以上• SSDは256GB以上• グラフィックボード 1050Ti以上 この基準を元に価格と性能がベストなゲーミングノートPCを紹介しますね! ノートパソコンは5つ紹介していますが、ゲーム快適にする上ではやはり予算の面を考え一番安いのはデスクトップPCなのでその点は覚えておきましょう! 1 GALLERIA ガレリア GCR1650GF7 ゲーミングノートPCとしては最安級のパソコンで、税抜き価格で10万を切ってここまでのスペックを搭載しているノートパソコンはなかなかありません。 メモリも8GBのDDR4搭載で、500GBのSSD NVMeを搭載しているので性能的には十分と言えるでしょう。 グラフィックボード に関してはGeForce GTX1650が搭載されているのでフォートナイトではスペック十分で推奨スペックも余裕で超えています。 画面は15. 6インチで重さが2. 03kgという点も非常に優秀な特徴です。 持ち運びにも適しているゲーミングノートですね! 4 NEXTGEAR-NOTE i5360SA1 マウスコンピューターのゲーミングノートPCのスタンダートモデルです。 マウスコンピューターのゲーミングブランドでもある「G-TUNE」のノートパソコンでコストを抑えてPCゲームをノートPCで楽しみたい人にはおすすめの1台です。 あくまで個人的な意見ですが、ドスパラの次に価格と性能がマッチしたブランドそれがマウスコンピュータというイメージです。 マウスコンピューターは乃木坂46がCMをしていて知名度も高いのではないでしょうか? CPU、メモリ、SSDなどをグレードアップさせることはもちろんファンなどもグレードアップさせることができるのでカスタマイズの幅がBTOの中でも比較的高めのBTOメーカーのパソコンです。 5万円で常時60FPS!フォートナイトにおすすめのパソコンスペックと購入方法まとめ ここまでフォートナイトを常時60FPS以上出すことができるパソコンの購入方法とおすすめのパソコンを紹介してきました。 BTOショップでゲーミングノートを購入する• 中古パソコンを購入しパーツを追加する• 自作PCを自分で構成し作る この3つの方法を紹介しましたね。 個人的な意見としては、自作PCで作るのは面白いですし構成などを考えると勉強にもなるので作ることが好きな人にはおすすめの方法です。 ただすべての人が自作PCに興味があるわけではないのでやはり一番ベストな方法はBTOショップでゲーミングPCを購入するのが価格も抑えることができ性能も比較的高いパソコンを手に入れる方法かなと考えています。 最終的には自分の予算との相談になりますが最後に紹介したデスクトップPCとゲーミングノートPCは価格も安く保証もついてスペックも十分なので参考にしてください。 PCパーツの基礎知識 これからBTOパソコンや自作PCに挑戦する人は性能が高く価格が安いパソコンを購入する際に知っておいて損はない基礎知識です。 コスパの良いパソコンを購入したいなら是非この辺の知識もしっかり学んでおきましょう!知っていると失敗することがなくなります。 BTOパソコンと自作PCどっちが安い? BTOと自作PCの永遠のテーマ的な内容ですw 実際PCパーツによってもこの辺の価格差は出てきますが、グラボ搭載の15万円程度のBTOパソコンと自作PCだったらどのくらいの価格差が出てくるのか一定の答えになってくれるはずです。

次の

フォートナイト向けオススメマウス7選!選び方やそれぞれの特徴も徹底解説!

フォートナイト pc 選び方

フォートナイトの最低・推奨スペック• 快適に遊ぶための方法がわかる• おすすめのFortnite向けゲーミングPC フォートナイト(Fortnite)は、多くの人にプレイされている大人気のゲームです。 遊べるプラットフォームが、モバイル iOS ・Switch・PS4・Xbox・PCと数多く、別のプラットフォームと一緒に遊べるところも魅力ですね。 そんな魅力のあるフォートナイト(Fortnite)ですが、やっぱり 本格的にプレイするためには快適に遊べるPC版がベストです。 この記事では、フォートナイトを快適に遊ぶためのスペックと、おすすめのゲーミングPCをやさしく解説していきます。 人気 フォートナイトで遊ぶために必要な最低・推奨スペックは? フォートナイトの最低スペック 必要動作環境 CPU Intel Core i3 2. 4Ghz グラボ Intel HD Graphics 4000 メモリ 4GB 容量 記載なし で公開されている必要動作環境です。 ただ、表のスペックでは快適に遊ぶことはできません。 どんな感じかというと、「フォートナイトは動くけど遊べるとは言えない…」くらいのスペックです。 フォートナイトが起動できる最低限のスペックということですね。 フォートナイトの推奨スペック 推奨動作環境 CPU Intel Core i5 2. 8Ghz グラボ NVIDIA GeForce GTX660 AMD Radeon HD7870 メモリ 8GB 容量 記載なし こちらがフォートナイトの推奨スペックです。 このスペック以上のゲーミングPCであれば、快適にプレイできるということです。 PUBGなどのPCゲームと比べて、 そこまで性能が高くなくても遊べるようですね。 ゲーミングPCとしては、エントリーモデルくらいのスペックです。 それでは詳しく解説していきましょう。 フォートナイトを快適に遊ぶには? フォートナイトを快適に遊びたいのであれば、性能がそれなりのゲーミングPCを選びたいところですね。 パーツの性能が、PUBGを遊ぶ上で重要になってくる 「画質」と「フレームレート fps 」に直結してくるからです。 性能がギリギリのパソコンを使っていると、 動きがカクカクになりやすく、 重要な場面で負けるなんてことも結構あります! 自分がどのくらいの快適さを求めるか。 次の項目を参考に、自分はどこの重点を置くか考えましょう。 フォートナイトで重要なのは「画質」と「フレームレート fps 」 画質設定による違い フォートナイトには、最低画質 LOW ~最高画質 EPIC という画質設定があります。 これを調整することによって、グラフィックのクオリティが大きく変わります。 画質を上げるほど、 色鮮やかで立体感のあるグラフィックで楽しむことが可能です。 画質が低いと、上の画像のように昔の海外ゲームのような、全体的にのっぺりしたちょっと残念な画質になります。 影があるかないかで、印象が大きく変わるのがよく分かるかと思います。 そのため、高画質でプレイしたほうが楽しくプレイすることができますね。 こちらの画像は、草原の描写についての比較画像です。 再低画質 LOW では、草すら描写されないため寂しいグラフィックになってしまいます。 ただ、 画質を上げると「フレームレート」が下がりやすくなります。 トップレベルのFortniteプレイヤーは、 画質を下げてフレームレートの安定性を重視してる方も多くいます。 どのくらいの画質を求めるのかを、画質とフレームレートのバランスで決めると良いでしょう。 フレームレート fps ってなに? ゲームの映像は、画像がパラパラ漫画のように表示されて、動いているように見えています。 フレームレートとは、 1秒間にパラパラ漫画が何枚表示されるかという意味で、その単位が「fps」といいます。 フォートナイトで最も重要なのは、高いfpsを安定して出すことです。 銃で敵を倒すとき、AIM(画面中心にある点)を相手に合わせ続けなければなりません。 そのためfpsが低いとエイムがやりにくく、 撃ち負ける原因になってきます。 fpsを上げるためには? fpsを上げるためには、2つの方法があります。 画質を低くする 画質を下げることで、fpsを稼ぐことが可能です。 最低限のスペックがあれば、画質設定でどうにかなります。 高性能のパーツを使う 性能の高いグラフィックボードを載せる方法です。 選ぶ目安として、快適に遊べると言われる60fpsが出せるくらいのゲーミングPCを選べば間違いないですね。 フォートナイトの快適プレイは平均60fps以上 フォートナイトでは、「どれだけ快適に遊べるか」がポイントになります。 技術的な問題やグラフィックの処理で、 急にガクッと負担がかかるときがあるんですよね。 そのため、 常に安定したfpsが出せると安心して遊ぶことができます。 せっかくゲーミングPCを買うのであれば、 平均60fps以上を出せるものを選びましょう。

次の

【フォートナイト】おすすめノートパソコンと快適スペックを現役ノートプレイヤーが伝授!

フォートナイト pc 選び方

LEAGUE eスポーツ eスポーツ大会 eスポーツ情報 Fallout4 fallout76 FF14 FFXV figureheads DJ Club Members FPS GALLERIA GALLERIAgamemaster Geforce GPU GTX10 gtx1080 gtx960 gtx970 gtx980 h110 h170 DQ10 DIG INTO GOOD GAMES h97 ava 2015 2016 2018年アジア競技大会 2018秋発売 20万円以下 30万円以下 31万円以上 4K AI Alliance of Valiant Arms AMD A列車で行こう ddon b150 b85 Brigade of the Sky btoパソコン Core i CPU CPUクーラー CPUファン cpy CrossFireX CrystalDiskInfo Data LifeGuard Diagnostic h81 hd530 カードゲーム アジア競技大会2018 windows World of Tanks wot x99 z97 おすすめ おすすめPC ぷよぷよ ぷよぷよeスポーツ よしもとゲーミング アサシンクリードオデッセイ アップデート TERA イベント イベント情報 インストール インターフェース ウィッチャー3 ウィッチャー3ワイルドハント ウイニングイレブン2018 エルソード オリンピック オーバーウォッチ カクカク カスタム the Division steam HDD OCCT HHD IEM Intel Intel300シリーズ JAEPO JeSU LFS池袋 LoL mhf MHW MMORPG nVidia Omen of the Ten SSD OS PCゲーム PCゲーム紹介 PGI2018 PSO2 PUBG RADEON RAGE RIZIN. 13 RTX20 Ryzen SLI 黒い砂漠 目次• フォートナイトをPCでプレイしよう! 近年バトルロイヤル系のゲームが人気になっています。 その中でも注目を集めているのが、 『フォートナイト』です。 バトルロイヤル系のゲームブームの火付け役といわれ、現在も人気の高い『PUBG』と比較すると、ポップな映像で楽しみやすく、無料で遊べるところが支持されています。 このフォートナイト、いろいろな方法でプレイできるのも人気の理由です。 モバイル版やスイッチ版、XBOX版がラインナップされています。 ゲーミングPCでも遊ぶことが可能です。 フォートナイトをゲーミングPCで楽しむメリットはいろいろとあります。 まず一つは、比較的スペックの低いパソコンでも楽しめる点です。 必要CPUはクロック周波数2. 4GHz以上です。 現在市販されている多くの機種がクロック周波数2. 5GHz以上の製品なので、ほとんどの機種に対応しているといえます。 ただしスペックの低い機種だと、重たくなるなどの不具合が発生する可能性があります。 以下で詳しく紹介しますが、よりゲームを楽しむためにはある程度のスペックを兼ね備えたゲーミングPCがおすすめです。 ゲーミングPCで楽しむメリットとして、フレームレートに制限のない点も挙げられます。 ハイスペックのパソコンとハイレベルのモニターが必要になりますが、これらのデバイスが手に入れば快適にプレイできます。 また、画質設定も自由自在なので自分好みに合わせたり、きれいなグラフィックでゲームを楽しむことも可能です。 そのほかには、影などの視覚的に邪魔なものを消すこともできます。 本気でプレイしたい人でも満足度は高いでしょう。 ゲーミングPCでフォートナイトをプレイすれば、マウスやキーボードが使えるのもメリットといえます。 人によってはマウスでプレイするほうが操作しやすいと感じるかもしれません。 現在活躍しているプロのゲーマーのほとんどはマウスでフォートナイトをプレイしています。 マウスは操作性良く、視点移動が素早く、エイム力がゲームパット(コントローラー)とは比較にならないくらい向上します。 フォートナイトはじめFPSゲームは、一瞬の反応の差が勝敗をわけるので、より精度の高いマウス操作がプロの世界では常識なのです。 PS4やswitchからゲーミングPCに初めて乗りかえた時は、弾の当たりやすさに感動すると思いますよ! ゲーミングPCの選び方 スペックには余裕を持たせよう おすすめスペック グラフィック…GTX1650(4GB 以上 CPU…Core i7以上、Ryzen5以上 メモリ…16GB フォートナイトを楽しむためにこれからゲーミングPCを購入したいと思っているのなら、必要最低限のものではなく、ある程度のスペックを兼ね備えたものを購入することをおすすめします。 今後フォートナイト以外のゲームもやってみたいと思うかもしれませんし、フォートナイトのアップデートで最低必須スペックが底上げされる可能性もあります。 向こう数年間は無理なく使用できるように、スペックには余裕を持たせるのがおすすめです。 大体の予算としては、本体だけで10万円くらいは確保しておきましょう。 その他にモニターやキーボード、マウス、スピーカーなどを別途購入する必要があります。 PCにあまり詳しくない人は、ゲーミングPCと一括りに言っても色々あって、選び方や違いに迷われるとおもいます。 まずは第一にグラフィックボード、次いでメモリ、CPUに着目して選んでいきましょう。 グラフィックボードがゲーミング性を左右する グラフィックボードは、ディスプレイに画像や映像を映すための重要なパーツです。 グラフィックカード、ビデオカードと呼ぶこともありますがこれらは全て同じものです。 一般的なPCではオンボードといって、CPUにグラフィック機能が内蔵されています。 フォートナイトのような3Dゲームは描写処理に負荷がかかるため、オンボードの内臓のグラフィック機能には頼らず、別途グラフィックボードを搭載して描写処理をさせます。 グラフィックボードを別に搭載して描写処理をさせることで、動きがカクカクしたり、動作が重たくなることがなく、快適にプレイすることができます。 グラフィックボードが搭載されているPCこそがゲーミングPCと呼ばれます。 実はフォートナイトにおいては、オンボードでもプレイできるといわれています。 しかしこれをうのみにして安価なグラフィックボードや非搭載のPCを選択すると後悔します。 オンボードでは必要最低限の動作しか保障できません。 フォートナイトの醍醐味であるオンラインで複数人とバトルロワイアルを楽しむためには、それなりのグラフィックボードは必須と考えてください。 NVIDIA製のGTX1050(後継GTX1650)以上のグラフィックボードであればオンライン下で快適にゲームをプレイできます。 CPUはCore i5シリーズ以上、クロック周波数に注意 CPUについては2. 4GHz以上のクロック周波数を持ったものであれば、基本的に問題なく動作しますが、推奨されているのはクロック周波数が2. 8GHz以上のものです。 Intel製の場合、Core i5シリーズ以上が該当しますが、i5シリーズの中には2. 8GHzを満たしていないものも一部ありますので注意してください。 後に紹介するBTOメーカーのゲーミングPCなら、基本的に搭載されているグラフィックボードと相性のいいCPUが組まれていますので、初めてゲーミングPCを購入する人はグラフィックボードにだけ注目して選択してもまず間違いありません。 メモリは8GB以上がおすすめ メモリは多ければ多いほどCPUを効率的に動かせます。 フォートナイトの最低必要メモリは4GBとされています。 しかしこれだと、ほかのOSの兼ね合いなどによっては重たくなる恐れがありますので、少なくても推奨の8GB、余裕があれば16GB程度のメモリを持ったモデルを確保しておきたいところです。 おすすめのゲーミングPC ここからは私の主観で選んだおすすめのゲーミングPCを紹介します。 予算や重視しているプレイスタイルによって選ぶべきPCは変わってきますが、基本的な機能をおさえて、足らないところはカスタマイズをするのがいいと思います。 参考にしてみてくださいね。 勝ちにとことんこだわるのならゲーミングモニターは240Hzがおすすめですが、144Hzでも十分通用しますので、予算に合わせてモニターを選択してください。 動画編集や同時配信も問題なくできるスペックですので、これ1台で充分にフォートナイトを堪能することができます。 もちろんフォートナイト以外のFPSゲームや、重いといわれているFF15などオープンワールドMMORPGも最高設定で快適遊べます。 フルHD中~高設定にして60fpsで安定して遊べる程のスペックとなっています。 Magnateシリーズはもともとビジネス向けに展開されているラインですが、グラフィックボードが搭載されていることで、ゲーミングPCとしても使用できるという裏技的な使い方がライトゲーマーに注目されています。 ドスパラでは同じ価格帯でがありますが、Lightning AH5のメモリが8GBに対し、Maganate MHは16GBがデフォルトでついているのでこちらのほうがコスパがいいと思います。 CPUはLightning AH5はAMD Ryzen 5 3500、Magamate MHはIntel core i5-9400 と違いがあり、フォートナイトに至ってはインテル製CPU(core iシリーズ)のほうがややパフォーマンスに優れているので、フォートナイトをプレイするにはうってつけの構成となっています。 予算と必要に応じてストレージをカスタマイズするといいと思います。

次の