チェッカーズ 星屑 の ステージ。 星屑のステージの歌詞

チェッカーズ

チェッカーズ 星屑 の ステージ

解説 [ ]• 表題曲はTBS系連続ドラマ「」主題歌に起用された。 翌の春には、第57回の入場行進曲にも採用された。 解散発表したの「」では、「」とセットで歌われた。 また、チェッカーズの最後のステージとなった「」でも歌われた。 から発売された『 80'sポップス編』にもチェッカーズの代表曲として「」と共に収録されている。 リードボーカルのがテレビでこの曲を歌うときは、必ず原曲よりキーを落として歌っていた。 発表の売上枚数は60. 4万枚。 収録曲 [ ]• 星屑のステージ• 作詞:/作曲:/編曲:芹澤廣明• 作詞:売野雅勇/作曲:芹澤廣明/編曲:芹澤廣明 ドラマ「うちの子にかぎって…」で挿入歌として使われた。 リリース履歴 [ ] 規格 発売日 リリース EP 1984年8月23日 1984-08-23 7A 0407 CD 1988年5月21日 1988-05-21 ポニーキャニオン S10A 0058 脚注 [ ].

次の

星屑のステージ

チェッカーズ 星屑 の ステージ

Song for U. How're you doing,guys? メンバーコメント• 「REVOLUTION 2007」「TOKYO CONNECTION」スタジオライブ映像 35周年を記念したスペシャル商品2タイトル好評発売中!• The Checkers 35th Anniversary チェッカーズ・オールシングルズ・スペシャルコレクション 2018 2. 21[wed] Release UHQCD4枚組 特製アナログシングルレコードサイズジャケット&ブックレット付 ¥ 6,400 本体 +税/PCCA-50300• チェッカーズとしてリリースした30枚のシングル(カップリング含む全60曲)を、高音質フォーマットのUHQCD4枚に発売順に収録。 現在ではすべて廃盤となっているオリジナルの7インチアナログシングルのジャケット、歌詞ページを同サイズで復刻した特製ブックレット(約72ページ予定)付。 (8cmCDシングルのみの発売作品9タイトルについてはジャケットを7インチ四方サイズに再構成しております。 )デビュー当時大反響を呼んだ懐かしのチェック柄の衣装をスタートに、大人のロックバンドへと成長していくチェッカーズの歴史を再確認できる記念のアイテムです。 Disc4• 夜明けのブレス• Space Lovers• さよならをもう一度• Hello• Love'91• チャイナタウン• ミセスマーメイド• 誰もいないWeekend• ふれてごらん~please touch your heart~• トライアングルブルース• 今夜の涙は最高• 今夜は何処へ送りましょうか• Blue Moon Stone• Don't Cry Sexy• Present for you• Thank you very much! The Checkers 35th Anniversary チェッカーズ・オリジナルアルバム・スペシャルCDBOX(完全限定生産) 2018 3. 21[wed] Release 紙ジャケットCD10枚組 特製BOX収納 予約締切日:2018年1月16日 火 ¥ 9,000 本体 +税/PCCA-04630• チェッカーズのサントラ盤を除く全10タイトルのオリジナルアルバムをすべて初の紙ジャケ仕様にて、特製BOXへ収納した完全限定BOX作品です。 (各オリジナルアルバムのブックレット部分は今回付属しませんが、歌詞を掲載したものは封入されます。 )アイドルから大人のバンドへと成長していったチェッカーズの音楽の軌跡を一気に手に入れるチャンス!完全限定商品となりますのでご予約はお早めに!! <収録アルバム> 絶対!!

次の

チェッカーズ 星屑のステージ 歌詞&動画視聴

チェッカーズ 星屑 の ステージ

メンバー [ ]• (ふじい ふみや、 - ):。 チェッカーズ結成前は、カルコークというバンドでボーカルをしていた。 通称「 フミヤ」。 年下のメンバーやファンの間からは 「やっしゃん」とも呼ばれる。 サックス担当の藤井尚之の実兄である。 血液型はA型。 (たけうち とおる、 - ):、リーダー 卒業。 実家はスナックで、よくメンバーが集まって練習していた。 マニア。 通称「 トオル」。 血液型はO型。 当初はA型と公言していたが、その後血液検査によりO型であった事が判明した。 (たかもく よしひこ、 - ):(低音パートを担当。 他 なども担当)。 低音のボーカルを得意とする。 小さい頃からガキ大将。 保育園の時から郁弥と遊んでいた仲。 高校生の頃から、坊主頭にヒゲを生やしていたので、当時はとても高校生には見えなかったらしい。 徳永善也をチェッカーズに入れるためにさらった時の、車を運転していたのは高杢である。 解散後の2003年に発売された書籍「」が話題に。 通称「 モク」。 血液型はA型。 (おおどい ゆうじ、 - ):、サブリーダー 卒業、中退。 に憧れてベースを始めたらしい。 チェッカーズ結成前は、シークレッツというバンドでベースを弾いていた。 バンドの加入当時は、自分で組むバンドまでのつなぎという条件でベースを引き受けたらしい。 通称「 ユウジ」、ファンの間からは 「裕(ゆう)ちゃん」と呼ばれる。 血液型はB型。 トオルがO型と判明するまでは、メンバー唯一のB型と紹介されていた。 (つるく まさはる、 - ):(高音パートを担当。 他 なども担当) 卒業、中退。 チェッカーズ結成前は、50'sというバンドでボーカルをしていた。 通称「 マサハル」。 ファンの間からは 「マーさん」と呼ばれる。 血液型はA型。 (とくなが よしや、 - ): (現・)卒業。 チェッカーズ加入前からドラマーとしての評判が知れ渡っており、多くのバンドから勧誘されていた。 通称「 クロベエ」。 血液型はA型。 (ふじい なおゆき、 - ):(他 、も担当) 卒業。 藤井郁弥の実弟。 元々ベースを担当していたが、大土井の加入により、サックスに転向。 通称「 ナオユキ」、ファンの間からは 「尚(なお)ちゃん」と呼ばれる。 血液型はA型。 この他、サポートメンバーとしてキーボードの、のがいた。 メンバーのうち先述の通り郁弥と尚之は兄弟である。 また郁弥と高杢は、保育園から中学校までだった。 チェッカーズ解散後、郁弥と尚之、大土井はそれぞれソロ活動を行なっている。 武内は本人主催のイベントや音楽プロデュース、鶴久と高杢は同じ事務所に所属し音楽以外の活動をしていたが、このうち高杢が2005年個人事務所設立に伴い独立。 徳永もそれぞれに別のバンドで活動していた。 また、武内・大土井・徳永・尚之の楽器陣4人でを結成し活動していたが、徳永がにのため40歳で死去したため、現在は3人で活動している。 略歴 [ ] デビュー前 [ ]• 、郁弥と武内によりグループ結成。 、ヤマハ・ライトミュージックコンテストジュニア部門で最優秀賞を受賞。 受賞後すぐにデビューの話があったが、徳永と尚之の高校卒業を待ってから…と保留する。 前期(1983年 - 1986年上半期)・アイドル的人気の沸騰 [ ]• 3月29日、上京。 目黒区のヤマハ音楽振興会の寮で生活を始める。 9月21日、 メンバーたちの音楽的方向性とは異なる [ ]「」でデビュー。 1月24日、2ndシングル「」をリリース。 チェッカーズの名を一躍全国区に押し上げる大ヒットとなった。 同楽曲のヒットに牽引され、前年にリリースしたデビューシングル「ギザギザハートの子守唄」も見直されて売り上げが回復。 5月にリリースした3rdシングル「」もヒットし、それら3曲がやランキング番組のベスト10内に同時ランクインした。 チェッカーズは社会現象化し、ファッションなどにも大きな影響を与える。 初出場。 以降解散まで9年連続で紅白出場する。 、映画「」に出演。 シングル「」がオリコンチャート年間第1位に。 の年間売上実績でも第1位を獲得した。 同年所属事務所をから個人事務所へ移籍。 中期(1986年下半期 - 1989年)・楽曲のオリジナル化とソロ活動の並行 [ ]• 、初のメンバーオリジナルシングル「」を発売。 この曲はで放送禁止になり、話題になった。 、全曲メンバーオリジナルのアルバム「」を発売。 尚之がメンバー初のソロデビュー(シングル及び同名ソロアルバム「」発表)をし、これを機に徐々にメンバーのソロ活動が増えていく。 一時期Cute Beat Club Bandとして活動。 年末には日本人バンド初のセンターステージによるコンサートを行う [ ]。 の夏、同年3月に新設されたばかりのでコンサートを行う。 12月にが出演したCM用に収録された楽曲「」が自身のソロシングルとして発売される。 しかし、チェッカーズのメンバーとして在籍している間はソロ活動(ライブ、音楽番組での歌唱など)をしないという理由で音楽番組からオファーがあっても出演を辞退し続けた [ ]。 、鶴久、高杢が相次いでソロCDデビュー。 後期・末期(1990年 - 1992年)・ミュージシャン・グループへ、メンバーの結婚、解散 [ ]• 6月、郁弥が結婚。 同年12月に高杢が。 1991年には郁弥及び高杢にそれぞれ第一子が誕生。 1992年の解散までの間にメンバー中、武内、鶴久を含む4人が既婚者となる。 の「」内で、正式に解散を発表。 12月にラストツアーを行い、の出場を最後に解散した。 当初は白組トリおよび大トリでの出演が有力視されており、番組側もその方向で調整を進めていたが、それまでの紅白でグループでトリを取ったという前例が全くなかったことが災いし、トリでの出演は見送られ、中盤での登場となった。 解散後 [ ]• 解散後、郁弥、武内、大土井、尚之は、所属事務所を退社。 高杢、鶴久、徳永は所属事務所に残り、その後、それぞれソロで活動を続けた(後日、所属事務所から3名も退社している)。 2004年8月17日。 徳永が舌がんのため死去。 40歳没。 バンドの再結成については、徳永が亡くなっていること、また武内と郁弥が再結成について否定的な見解を表明していること により、オリジナルメンバーによる再結成は事実上不可能である。 バンド名の由来 [ ] メンバーが集まりバンド名を決める際に、当時良く聞いていた外国のバンド(特にオールディーズ)のバンド名に「C」で始まり「S」で終わる名前(チャーリーズ、コースターズ等)が多かったことから、メンバーで「C」で始まり「S」で終わる名前を考え、「チェッカーズ(CHECKERS)」というバンド名となった。 名付け親はアマチュア時代から親交のある武内の同級生でギタリストの武田圭治(現)。 デビュー当初は柄の衣装を着ていたため、よく「チェックの柄」から名前を取ったと言われるが誤りで、バンド名が先にあった。 チェック柄の衣装のアイディアは、当時のヤマハのマネージャーが考案した。 総合プロデューサー・秋山道男 [ ] デビュー前から、が総合プロデューサーとして「バンドとしてのコンセプト」を考え、メンバーの髪型(当初はリーゼントだった)、ファッションなどを決めた。 また、映画『』のシノプシスを考案した。 パート構成 [ ]• 藤井郁弥:ボーカルのほか、曲によってやアコースティックギターを担当する。 前奏や間奏でのハイトーンコーラスを自身で行うこともある。 武内享:ギター、コーラス担当。 曲によってはアコースティックギターになることもある。 ギターはチェッカーズの音楽の中ではとしての要素が強く、よってギターソロは少ない。 楽曲アレンジの中心的存在。 高杢禎彦:低音のボーカル担当。。 曲によっては(パーカッションの一種で、鍵盤の代わりに打面がついたシンセサイザー)やリードボーカルも担当する。 アカペラにおいても一番低いパートを担当。 ステージでは向かって右側。 大土井裕二:ベース、コーラス担当。 鶴久政治:コーラスではメロディーの藤井郁弥より高い音程を担当するが、声は結構太い。 曲によってリードボーカルのほか、キーボード、タンバリンも担当する。 ステージでは向かって左側。 徳永善也:ドラム担当。 主にSONORのドラムを愛用している。 ライブでは度々ドラムソロを披露している。 藤井尚之:サックスを主に担当しているが、曲によって、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンを使い分けている。 テナーサックスを使用する曲が多いので、テナーサックスを使っているイメージが強い。 「素直にI'm Sorry」ではフルート、「OH!! POPSTAR」ではギター 骨折していた時に、音楽番組で披露し、音源ではサックスを使用 など様々な楽器を担当。 コーラス&アカペラでは一番高い声を担当。 立ち位置はボーカルは左から、鶴久、郁弥、高杢、楽器陣は左から大土井、尚之、徳永、武内が基本。 (ボーカルの関係で入れ替わったりすることもある。 ) やはり郁弥がメインでボーカルを務める曲がほとんどである(シングル曲は全て)楽器陣4人にもそれぞれメインボーカルを担当する曲がある。 コーラスはメインボーカルと徳永善也を除いた5人ですることが多い。 後期には、鶴久がキーボードを使用することにより、前列が左から尚之、郁弥、高杢、後列が鶴久、大土井、徳永、武内というのもあった。 楽曲制作 [ ] 「」から「」までの初期シングルA面は一貫してが作曲しており、作詞は主にが行い、「ギザギザハートの子守唄」「」の2曲がの手による。 初期のB面曲やアルバム曲は芹澤・売野コンビによるものとメンバーによるものが半々くらいである。 11曲目のシングル「NANA」以降はシングル・アルバム共に全てメンバーによる作詞・作曲となる。 メンバーの作詞は、ほぼ郁弥によるものであるが、高杢作詞の作品もいくつか見受けられる。 脱アイドルへの拒否 [ ] 「オリジナル曲が作れるアイドルグループ」の先駆者として人気を博していたが、4thアルバム『』を発売した頃から、収録曲の10曲中5曲がメンバーが制作した楽曲により、「チェッカーズは、脱アイドル宣言を行うのではないか」との噂が絶えなかった。 しかし本人達は後日「自分達は脱アイドルを宣言したことは無いし、現在でもアイドルである」と発言、解散するまで自分達はアイドルであることの姿勢を崩さなかった。 コンサートにおけるマナーの呼びかけ [ ] 鑑賞マナーについて、ファンに対し言及した。 呼びかけたマナーの内容としては、以下のものがあった。 の使用禁止。 や等、ステージへ物の投げ込み禁止。 MCを行なっている時のメンバーへの声援禁止。 等、静かな曲を演奏している時の手拍子禁止。 現在 [ ]では 上記のような行為は一般的であり、現代のアイドルのコンサートではファンもマナーを守っているが(ペンライトは公演アーティストにより使用可、不可が分かれる)、当時のアイドルのコンサートは禁止されている行為を行なうことが一般的であった(特に男性アイドルのコンサートでは、MC中はずっとメンバーに声援を行なうことが普通であったため、MCを聞いていないファンも多かった)。 またこのような禁止行為についてファンに呼びかけを行なうアイドルは当時は皆無であり、「アイドルでありながらも、音楽制作にも全力を注ぐ」という姿勢であったため、上記のような行為から観客のマナーを向上させるという姿勢を見せていた [ ]。 音楽以外の活動 [ ] 『』に準レギュラーとして出演。 ノリ男 おかげです中学の話。 中学3年生に扮した、(ノリ男)とチェッカーズが繰り広げる学園コント。 教師役が。 藤井尚之がよくサックスを持って登場していた。 「」の歌い出しでノリ男が「kill you」と言ってスリッパで叩かれていた。 また、ノリ男がチェッカーズを チェッカルズと呼んでいた、またが準レギュラーとして登場するまで同じおかげです中学を舞台にした「ノリコ」のコーナーに出演していた。 珍義なき戦い 映画「」のパロディ、「黒瓶組」の話。 チェッカーズのメンバーが、ツアー移動のバス内でよく見るなど、この映画のファンのためコント化した。 徳永善也(クロベエ)扮する黒瓶怒羅造が組長。 その若頭に木梨、組員に藤井兄弟、高杢。 対立する「石橋一家」の代表である、石橋の右腕に鶴久、黒瓶組と同盟を結ぶ神戸ヤクザに武内(劇中、石橋に髪型の事をオタマジャクシと比喩されている)と大土井という構成だった。 激しい乱闘シーンでは怪我をするメンバーも多かった。 ロックンロール最高物語 とチェッカーズメンバーが番組内で結成したバンド「矢島工務店」の話。 メンバーは、木梨(ノーチン):ボーカル、石橋(ターキー):琴、鶴久(マーサ):ギター、徳永(サンディー):ドラム。 レパートリーはのヒット曲「みちのくひとり旅」との「ホテル」のカバー。 当時、とんねるず・チェッカーズの双方とも所属であったため、契約上はCDリリースにも支障は無かったはずなのだが、楽曲使用許可の関係か実際に音源として発売はされていない。 なお、このコーナーが後年のの誕生の遠因となっている。 新・巨人の星 のパロディ。 配役は石橋()、木梨()、徳永()、鶴久()、郁弥()、高杢()、尚之()、武内()、大土井(速水譲次)。 太陽にぽえろ! のパロディ。 配役は石橋(ボス)、木梨(山さん)、武内(殿下)、尚之(ジーパン)、高杢(ロッキー)、大土井(テキサス)、鶴久(ゴリさん)、徳永(シンコ)、郁弥(マカロニ)。 また、がオリジナルと同じトシさん役で友情出演している。 また、「チェッカーズンズン」、「NOT CHECKERS TV」などの単独番組でもコント等を行なった。 「Cute Beat Club Band」としての活動 [ ] ふとした事から、英国のロックバンド『The George Springhill Band(ジョージ・スプリングヒル・バンド)』の事を知り感銘したメンバーが、彼らの事を知って貰うためのコピーバンドとしてと、チェッカーズとは別に「キュート・ビート・クラブ・バンド」(Cute Beat Club Band。 以下、C. Bと記載)としても活動していた。 バンド名は自分達のの名から取ったもの。 1985年には、1987年には12インチシングル、ライブアルバム、写真集を発売している。 また、C. Bでは作詞家にを起用している。 尚、C. として活動するときのメンバーの名前は、以下の通り。 だが、これはネタである。 ジョージ・スプリングヒル・バンド名義の3曲もメンバーのオリジナルであり、演奏もメンバーによるものである。 郁弥曰く「本業はチェッカーズ、C. は趣味」。 <1985. 21>(アルバム)• <12inchEP 1987. 06、CD 1988. 21>(シングル)• NOT CHECKERS-円高差益還元ライブ<1987. 21>(アルバム)• NOT CHECKERS This is THE CUTE BEAT CLUB BAND SHOW<1987. 16>(ビデオ) 作品 [ ] シングル [ ]• (9月21日)• 作詞:、作曲・編曲:• 1984年度年間20位()• (1月21日)• 作詞:、作曲・編曲:芹澤廣明• 1984年度年間4位(オリコン)• (1984年5月1日)• 作詞:売野雅勇、作曲・編曲:芹澤廣明• 1984年度年間5位(オリコン)• (1984年8月23日)• 作詞:売野雅勇、作曲・編曲:芹澤廣明• 1984年度年間8位(オリコン)• (1984年11月21日)• 作詞:売野雅勇、作曲・編曲:芹澤廣明• 1985年度年間1位(オリコン)• (3月21日)• 作詞:売野雅勇、作曲・編曲:芹澤廣明• 映画『』主題歌• 1985年度年間5位()• (1985年7月5日)• 作詞:売野雅勇、作曲・編曲:芹澤廣明• 1985年度年間8位(オリコン)• (1985年9月21日)• 12インチシングルとして発売• 作詞:売野雅勇、作曲・編曲:芹澤廣明• 1985年度年間30位(オリコン)• (1985年11月1日)• 作詞:康珍化、作曲・編曲:芹澤廣明• 1985年度年間44位(オリコン)• (2月21日)• 作詞:売野雅勇、作曲・編曲:芹澤廣明• 映画「」挿入歌• 1986年度年間9位(オリコン)• (1986年6月5日)• 作詞:売野雅勇、作曲・編曲:芹澤廣明• 映画「SONG FOR U. A」主題歌• 1986年度年間11位(オリコン)• (1986年10月5日)• 作詞:、作曲:、編曲:チェッカーズ・• 1986年度年間48位(オリコン)• (3月5日)• 作詞:藤井郁弥、作曲:、編曲:THE CHECKERS FAM. セイコー アベニューCMソング• 1987年度年間15位(オリコン)• (1987年7月8日)• 作詞:藤井郁弥、作曲:、編曲:THE CHECKERS FAM. 1987年度年間25位(オリコン)• (1987年11月6日)• 作詞:藤井郁弥、作曲:藤井尚之、編曲:THE CHECKERS FAM. TBS「」EDテーマ• (1987年11月6日)• Cute Beat Club Band名義で発売• 作詞:、作曲:、編曲:• 12インチシングルEP、CD版は1988年5月21日発売• (3月21日)• 作詞:藤井郁弥、作曲:、編曲:THE CHECKERS FAM. ライオン ページワンCMソング• (1988年6月29日)• 作詞:藤井郁弥、作曲:鶴久政治、編曲:THE CHECKERS FAM. (1988年10月21日)• 作詞:藤井郁弥、作曲:藤井尚之、編曲:THE CHECKERS FAM. (3月21日)• 作詞:藤井郁弥、作曲:鶴久政治、編曲:THE CHECKERS FAM. 1989年度年間37位(オリコン)• (1989年7月5日)• 作詞:藤井郁弥、作曲:鶴久政治、編曲:THE CHECKERS FAM. (1989年12月6日)• 作詞:藤井郁弥、作曲:鶴久政治、編曲:THE CHECKERS FAM. (3月21日)• 作詞:藤井郁弥、作曲:藤井尚之、編曲:THE CHECKERS FAM. CMソング• (1990年6月21日)• 作詞:藤井郁弥、作曲:鶴久政治、編曲:THE CHECKERS FAM. 1990年度年間34位(オリコン)• (1990年11月21日)• 作詞:藤井郁弥、作曲:藤井尚之、編曲:THE CHECKERS FAM. (3月21日)• 作詞:藤井郁弥、作曲:大土井裕二、編曲:THE CHECKERS FAM. (1991年9月4日)• 作詞:藤井郁弥、作曲:鶴久政治、編曲:THE CHECKERS FAM. (1991年12月4日)• 作詞:藤井郁弥、作曲:藤井尚之、編曲:THE CHECKERS FAM. (3月21日)• 作詞:藤井郁弥、作曲:藤井尚之、編曲:THE CHECKERS FAM. 作詞:藤井郁弥、作曲:藤井尚之、編曲:THE CHECKERS FAM. CMソング• (1992年11月20日)• 作詞・作曲:THE CHECKERS、編曲:THE CHECKERS FAM. 系列「」EDテーマ• 実際の作詞は藤井郁弥、作曲は武内享 番外:まんてんワイドのテーマ(TBSラジオ「」のために作詞作曲されたオリジナルでシングル化されておらず、アルバムにも収録されていない。 作詞:藤井郁弥、作曲編曲:不明(メンバーのうちの誰か) オリジナルアルバム [ ]• (7月21日)• (1984年12月5日)• (8月21日)• (3月30日)• (5月2日)• (7月21日)• (7月19日)• (8月8日)• (6月21日)• (6月19日) ベストアルバム [ ]• (7月21日)• リリース時点でのチェッカーズの楽曲からのセレクション。 ライブバージョン2曲、ニューバージョン2曲を含む2枚組。 (12月15日)• 楽曲をメンバー自身で制作するようになった「NANA」から「Love'91」までの全シングル曲を収録。 Disc2に同内容のカラオケ音源を収録。 (12月16日)• チェッカーズの全楽曲からのセレクション。 3枚組。 (1992年12月16日)• 同時発売の「THE CHECKERS」に収録されていない、カップリング曲を中心とした楽曲から構成された裏ベスト的内容。 リミックスバージョン1曲収録。 (8月19日)• 楽曲制作をメンバー自身で行うようになる前の「」から「Song for U. A」までの初期シングル集。 収録時間の許す限りカップリング曲も収録されている。 (2月1日)• (1999年3月17日)• (3月5日)• ファン投票によるリクエストベスト。 上位30曲を収録。 2枚組。 (3月17日)• すべてのシングルA面曲を収録。 2枚組。 (2004年7月14日)• すべてのカップリング曲を収録。 2枚組。 (3月16日)• ファン投票によるバラードリクエストベスト。 上位15曲を収録。 THE CHECKERS 80's COMPLETE BOX(3月19日)• にリリースされたオリジナルアルバムのBOXセット。 初回限定生産、 10枚組。 (9月16日)• すべてのシングルA面曲にボーナストラックを加えた2枚組。 チェッカーズ ベストヒット 16 ZETTAI盤(2014年2月12日)• チェッカーズ ベストヒット 16 MOTTO盤(2014年2月12日)• プラチナムベスト チェッカーズ オールタイム・コレクション(2015年6月17日)• UHQCD仕様、全35曲収録 その他アルバム [ ] ライブアルバム• (11月21日 Cute Beat Club Band名義)• FINAL(3月19日) 企画物アルバム等• オリジナル・サウンドトラック(4月27日)• (1985年12月21日、「Cute Beat Club Band」名義、CD・カセットのみ)• (7月21日)• NON-STOP CHECKERS(1986年9月5日) ビデオ [ ] 1985年• A Making of TAN TAN たぬき• TYPHOON CHECKERS in SEIBU STADIUM 1986年• SONG FOR U. 1987年• CUTE BEAT CLUB BAND「NOT CHECKERS This is THE CUTE BEAT CLUB BAND SHOW」 1988年• New Editional SEVEN HEAVEN• SPADE CLUB• DIAMOND HEARTS• 2 1993年• THE CHECKERS CHRONICLEシリーズ(過去にリリースされたビデオの復刻シリーズ)• 1985-1 「Typhoon' TOUR」• 1985-2 「PIRATES TOUR」• 1986 「FLASH!! TOUR」• 1987 「GO TOUR」• 1988 「SCREW TOUR」• 1989 「SEVEN HEAVEN TOUR」 ファンクラブ限定通販ビデオ「SEVEN HEAVEN」のVol. 1 - 5を収録。 1990 「OOPS! TOUR」• 1 - 2を収録。 3 - 4を収録。 1992-1 「Blue Moon Stone TOUR 1」• 1992-2 「Blue Moon Stone TOUR 2」• 1992-3 「FINAL TOUR」• 1 - 3を収録。 3 - 4を収録。 1992-6 「Rec. 「 FINAL TOUR BOX 〜The CHECKERS 1992」(BOX入りのビデオ9本セット)• DOCUMENT FINAL Vol. DOCUMENT FINAL Vol. DOCUMENT FINAL Vol. DOCUMENT FINAL Vol. DOCUMENT FINAL Vol. FINAL TOUR ACOUSTIC CORNER Vol. FINAL TOUR ACOUSTIC CORNER Vol. FINAL TOUR ACOUSTIC CORNER Vol. Special Edition (特典映像)• THE CHECKERS Single CLIPS!! vol. I 〜完全保存版〜• THE CHECKERS Single CLIPS!! vol. II 〜完全保存版〜• THE CHECKERS Single CLIPS!! vol. III 〜完全保存版〜• The Complate CHECKERS Vol. The Complate CHECKERS Vol. 2 2000年• TRUTH 1983 - 1992 Vol. TRUTH 1983 - 1992 Vol. TRUTH 1983 - 1992 Vol. TRUTH 1983 - 1992 Vol. TRUTH 1983 - 1992 Vol. 5 2001年• 3 ファンクラブ用通販限定ビデオ [ ]• Vol. 1 「The Checkers 1986 Japan Tour. FLASH! 〜on Dec. '86 at the BUDOKAN」(1987年)• Vol. Vol. Vol. 」(1989年)• Vol. 5 「SEVEN HEAVEN 1 〜THE CHECKERS 1989 SUMMER TOUR」(1989年)• Vol. 6 「SEVEN HEAVEN 2 〜THE CHECKERS 1989 SUMMER TOUR」(1989年)• Vol. 7 「SEVEN HEAVEN 3 〜THE CHECKERS 1989 SUMMER TOUR」(1989年)• Vol. 8 「SEVEN HEAVEN 4 〜THE CHECKERS 1989 SUMMER TOUR」(1989年)• Vol. 9 「SEVEN HEAVEN 5 〜THE CHECKERS 1989 SUMMER TOUR」(1989年)• Vol. Vol. Vol. Vol. 13 「THE CHECKERS 1990 (1990年)• Vol. Vol. Vol. 16 「WHITE PARTY 1 〜THE CHECKERS 1991 I have a dream WINTER TOUR」(1992年)• Vol. 17 「WHITE PARTY 2 〜THE CHECKERS 1991 I have a dream WINTER TOUR」(1992年)• Vol. 18 「WHITE PARTY 3 〜THE CHECKERS 1991 I have a dream WINTER TOUR」(1992年)• Vol. 19 「WHITE PARTY 4 〜THE CHECKERS 1991 I have a dream WINTER TOUR」(1992年)• Vol. Vol. Vol. 22 「FINAL 〜THE CHECKERS LAST TOUR」(1993年)• Vol. 23 「Rec. 〜PRESENT FOR YOU」(1993年)• Vol. 24 OPEN SESAME!! 「ACCESS ALL AREA Vol. Vol. 25 OPEN SESAME!! 「ACCESS ALL AREA Vol. Vol. 26 OPEN SESAME!! 「ACCESS ALL AREA Vol. Vol. 27 OPEN SESAME!! THE CHECKERS 「SIT DOWN PLEASE Vol. 1」(1996年)• Vol. 28 OPEN SESAME!! THE CHECKERS 「SIT DOWN PLEASE Vol. 2」(1996年)• Vol. 29 OPEN SESAME!! THE CHECKERS 「SIT DOWN PLEASE Vol. Vol. 30 OPEN SESAME!! THE CHECKERS 「SIT DOWN PLEASE Vol. Vol. 31 OPEN SESAME!! THE CHECKERS 「Pirates Vol. 1 〜1985. at NIPPON BUDOKAN」(1997年)• Vol. 32 OPEN SESAME!! THE CHECKERS 「Pirates Vol. 2 〜1985. at NIPPON BUDOKAN」(1997年)• Vol. 33 OPEN SESAME!! 「ACCESS ALL AREA Vol. Vol. 34 OPEN SESAME!! 「ACCESS ALL AREA Vol. 5 (1997年)• Vol. 35 OPEN SESAME!! 「ACCESS ALL AREA Vol. THE CHECKERS Single CLIPS!! (2000年9月)• THE CHECKERS 素顔II〜II(2000年9月)• 1987 GO SUMMER TOUR in 大阪球場 完全ノーカット版(2000年12月)• 1987 GO WINTER TOUR in 日本武道館 完全ノーカット版(2000年12月)• 1988 SCREW SUMMER TOUR in TOKYO DOOM 完全ノーカット版(2000年12月)• 1986 FLASH!! WINTER TOUR 完全ノーカット版(2001年7月)• 1990 OOPS! WINTER TOUR 完全ノーカット版(2001年7月)• 1991 I have a Dream〜 White Party〜 WINTER TOUR 完全ノーカット版(2001年7月)• CHECKERS in TAN TAN たぬき(2002年3月)• THE CHECKERS SINGLES(2000年9月)• ALL SONG REQUEST 〜DVD EDITION(DVD:2003年6月、Blu-ray:2015年12月16日)• THE CHECKERS CHRONICLEシリーズ• 1985 「Typhoo'n TOUR」(DVD:2003年9月、Blu-ray:2015年9月16日)• 1985 「PIRATES TOUR」(DVD:2003年9月、Blu-ray:2015年9月16日)• 1986 「FLASH!! TOUR」(DVD:2003年9月、Blu-ray:2015年9月16日)• 1987 「GO TOUR」(DVD:2003年9月、Blu-ray:2015年10月21日)• 1988 「SCREW TOUR」(DVD:2003年9月、Blu-ray:2015年10月21日)• 1989 「SEVEN HEAVEN TOUR」(DVD:2003年10月、Blu-ray:2015年10月21日)• 1990 「OOPS! TOUR」(DVD:2003年10月、Blu-ray:2015年10月21日)• 1992-1 「Blue Moon Stone TOUR I」(DVD:2003年10月、Blu-ray:2015年11月18日)• 1992-2 「Blue Moon Stone TOUR II」(DVD:2003年10月、Blu-ray:2015年11月18日)• 1992-3 「FINAL TOUR」(DVD:2003年11月、Blu-ray:2015年11月18日)• 1992-6 「Rec. 」(DVD:2003年11月、Blu-ray:2015年11月18日)• 1983 - 1992 「7 x 10 SINGLES」(DVD:2003年12月、Blu-ray:2015年12月16日)• The Complete Checkers Vol. I(DVD:2003年12月、Blu-ray:2015年9月16日)• The Complete Checkers Vol. II(DVD:2003年12月、Blu-ray:2015年9月16日)• CUTE BEAT CLUB BAND 「NOT CHECKERS」(DVD:2003年12月、Blu-ray:2015年9月16日)• ザ・ベストテン チェッカーズ -永久保存版-(2011年3月) 出演 [ ] 映画 [ ]• (4月27日公開、) - スポニチグランプリ新人賞• (7月26日公開、東宝) ドラマ [ ]• チェッカーズin涙のリクエスト(1986年4月14日、フジテレビ)• (1989年1月2日、) その他のテレビ番組 [ ]• 「お父さんにもわかるチェッカーズ入門」(1985年5月25日、) CM [ ]• ジェットストリーム(新聞編、小川編)(1985年)• (4代目)(1984年9月-1986年1月)• アーモンドチョコレート(1985年)• アベニュー(1987年)• 対戦相手の歌手名のカッコ内の数字はその歌手との対戦回数を表す。 コンサート [ ] ファースト・ライブ 単発コンサート ・ 2か所2公演 札幌月寒グリーンドーム 仙台市体育館 郡山総合体育館 新潟市体育館 横浜文化体育館 横浜文化体育館 愛知県体育館 広島サンプラザ 大阪城ホール 大阪城ホール 大阪城ホール 福岡国際センター 福岡国際センター 日本武道館 日本武道館 国際スポーツフェア'86 春のフィナーレ チェッカーズ オン ステージ 単発コンサート 1か所1公演 フジテレビ主催「国際スポーツフェア」による、一日だけのスペシャルライブ。 尚、代々木競技場でのコンサートは、この公演の時のみしか行なわれていない。 後ににて、『WA WA WA 代々木 THE CHECKERS』というタイトルにて、このライブの模様が放送された。 STAR KIDS THE CHECKERS ツアー - 12か所22公演 神奈川県民ホール 浦和市文化センター 静岡市民文化会館 千葉県文化会館 群馬県民会館 山梨県民文化ホール 名古屋市民会館 名古屋市民会館 福岡サンパレス 福岡サンパレス 神戸国際会館 神戸国際会館 高知県民文化ホール 愛媛県民文化会館 広島厚生年金会館 広島厚生年金会館 倉敷市民会館 九州厚生年金会館 鹿児島市民文化第一ホール 宮崎市民会館 大分文化会館 石川厚生年金会館 福井フェニックスプラザ NISSIN POWER STATION 公開録音ライブ 単発ライブ 1か所1公演 TOKYO FM系の同番組によるミニライブ。 ペアで250名の招待に対し、応募は25000通あった。 1987 CONCRET TOUR "GO" SUMMER ツアー - 15か所28公演 「(春のツアーの)チケットが取れなかった。 」という意見を踏まえ、東京と大阪のみスタジアム公演を開催。 沖縄市民会館 京都会館第一ホール 京都会館第一ホール 福島県民文化センター 郡山市民文化センター 青森市文化会館 岩手県民会館 山形県民会館 大阪球場 大阪球場 大阪フェスティバルホール 大阪フェスティバルホール 北海道厚生年金会館 北海道厚生年金会館 西武球場 西武球場 秋田県民会館 宮城県民会館 中野サンプラザ 中野サンプラザ 中野サンプラザ 中野サンプラザ 中野サンプラザ 海外公演 単発ライブ 1か所1公演 初、そして唯一の海外公演。 このライブの模様は、後にレコード及びビデオとして発売。 ロンドン・アストリアシアター 1987 CONCRET TOUR "GO" WINTER ツアー - 8か所17公演 アリーナツアーとしては、初のセンターステージを採用。 春と夏のツアーでチケットやバックステージパスのデザインを同じにした所、チケット等の偽物が出回る事態となり、冬のツアーはチケット等のデザインが変更となった。 北海道厚生年金会館 北海道厚生年金会館 名古屋センチュリーホール 名古屋センチュリーホール 大阪城ホール 大阪城ホール 大阪城ホール 大阪城ホール 仙台サンプラザホール 仙台サンプラザホール メルパルクホール広島 メルパルクホール広島 愛媛県県民文化会館 香川県県民ホール 福岡サンパレス 福岡サンパレス 日本武道館 日本武道館 日本武道館 日本武道館 1991 WINTER TOUR "I HAVE A DREAM WHITE PARTY" ツアー - 3か所10公演 「白いで、おしゃれをして来て」とドレスコードを指定されたツアー。 その観客の白い服をスクリーン代わりにし、色々な映像が映し出された。 名古屋市センチュリーホール 名古屋センチュリーホール 名古屋センチュリーホール 大阪城ホール 大阪城ホール 大阪城ホール 大阪城ホール 広島厚生年金会館 愛媛県県民文化会館 新潟県民会館 石川厚生年金会館 長野県県民文化会館 仙台サンプラザホール 仙台サンプラザホール 日本武道館 日本武道館 日本武道館 日本武道館 北海道厚生年金会館 北海道厚生年金会館 福岡サンパレス 福岡サンパレス 福岡サンパレス THE CHECKERS LAST TOUR "FINAL" ツアー - 7か所16公演 解散発表後の最後のコンサートツアー。 この公演では毎回アンコールが2回行なわれた。 また最終日の日本武道館公演では、会場まで来たが場内に入れなかった場外にいるファンのために、会場の扉を開けて外にいるファンにも演奏を聞こえるようにした。 2018年6月7日閲覧。 この前例はそれから11年後の・にてが大トリをつとめたことにより打ち破られた。 2017年9月13日閲覧。 2017年6月21日. 2017年9月13日閲覧。 『若松プロ、夜の三銃士』愛育社 157頁• 2015年7月27日. 2015年7月28日閲覧。 「ギザギザハートの子守唄」「涙のリクエスト」「星屑のステージ」「I Love you, SAYONARA」「Present for You」のメドレー 関連項目 [ ]• - を発売。 - チェッカーズが所属していた事務所の社長。

次の