自動車保険 三井ダイレクト 評判。 価格.com

【三井ダイレクト損保の評判・口コミは嘘】自動車保険の問題点は?

自動車保険 三井ダイレクト 評判

2020年1月更新:自動車保険を口コミ・評判から選ぶおすすめベスト3 自動車保険のおすすめはどれ? 自動車保険(任意保険)を更新する際にそんなことを考えたことはありませんか? かつて自動車保険と言えば、車を購入したディーラーやお付き合いのある保険代理店から加入するのが一般的でした(代理店型自動車保険)。 しかし近年は電話やインターネットを通じて契約者が直接、損保会社とやりとりするインターネット自動車保険(ダイレクト自動車保険)が広がりを見せています。 選択の幅が広がったことは良いことなのですが、その一方で 「どれを選んで良いのかわからない」という悩みも出てきました。 インターネット上で評判や口コミを調べてみても情報が断片的であり、仕組みの複雑な自動車保険の良し悪しを判断するのは、一般の方には難しいのが現状です。 そこで、ここでは評判&おすすめの自動車保険を各社のリサーチなどを参照しながら述べていきます。 ベストな自動車保険選びにぜひお役立てください。 (最終更新:2019年12月) 安い保険料で近年、人気を集める「通販型」自動車保険 かつて自動車保険と言えば、車を購入したディーラーや、保険代理店を通じて加入するのがほとんどでした。 これを 「代理店型」自動車保険と言います。 しかし代理店型は中間手数料が約15%発生するため、どうしても契約者の払う 保険料が高めになるというデメリットがあります。 質の良いサポートを代理店・ディーラーから受けられていれば十分加入する価値があるのですが、「保険料はより安いほうが良い」と考える方にとっては難点でもあります。 参照 こうしたデメリットを解消するものとして、1990年代から登場してきたのが インターネット自動車保険(ダイレクト自動車保険、通販型自動車保険)です。 インターネット自動車保険の一番の特徴は、インターネットや電話を通じて契約者が損保会社と直接やりとりすることで中間手数料を省き、安い保険料を実現している点にあります。 近年のインターネット自動車保険は広告展開も積極的で、ソニー損保やチューリッヒ、イーデザイン損保などCMでよく見かける自動車保険のほとんどがこのタイプとなります。 より自動車保険を安くしたい、または自分で納得して損保会社や自動車保険プランを選びたいと考える方にはインターネット自動車保険はぴったりと言えます。 かつてはインターネット自動車保険と言えば 「安いけど事故対応力が低い」というイメージが強かったのですが、近年は各社ともサポート体制には力を入れており、ソニー損保のように事故対応力満足度リサーチで1位を獲得するところも出てきています(JDパワー社リサーチ参照)。 参照 自動車保険の評価について信頼できるリサーチは? では、各自動車保険の評価、評判はどうすれば知ることができるのでしょうか? インターネット上にはヤフー知恵袋、2ch、ブログなどの口コミサイトで自動車保険についての評価・評判が色々と見られますが、どうしても個人個人の体験的な感想に限られ、総合的な評価としては見づらい一面があります。 特に自動車保険の場合、納得できない対応を受けたユーザーほど積極的に「この自動車保険はおすすめできない!」と書き込みやすい傾向があるため、契約者数の多い損保会社ほど悪評も集まりやすくなるという一面もあります。 そこで当サイトではより公平な観点からおすすめ自動車保険を判断するために、週刊ダイヤモンド誌、JDパワー社やオリコン社などの 第三者機関によるリサーチを参照しています。 これらは毎年発表されておりリサーチの母体数も十分なので、おすすめ自動車保険を評価するうえで信頼できるものとなっています。 以下に、これらのリサーチを参照して評価した当サイト独自の順位づけを示します。 総合評価 保険料の安さ 事故対応力 ロードサービス おすすめトップ3はソニー損保、イーデザイン損保、おとなの自動車保険! まずおすすめしたいのがソニー損保です。 事故時の初期対応が実質的に24時間体制であったり、事故処理拠点地域も9地域とトップクラスの広さとなっているなど、その事故対応力、サポート体制は高く評価されています。 さらに近年は事故を起こした際にセコムの専門スタッフが現場まで急行で駆けつけてくれる 「セコムの事故現場かけつけサービス」を提供している点にあります。 よくある勘違いなのですが、契約者が事故を起こしても損害保険会社や保険代理店のスタッフが現場にすぐ駆けつけてくれるということは めったにありません。 事故直後にやってもらえることは、電話連絡による初期対応(修理工場や病院への連絡、代車の手配など)が中心となります。 しかしソニー損保の場合は、提携しているセコムの専門スタッフがすぐ駆けつけてくれますので、事故対応の不慣れな方にとっても安心のサポート体制となっています。 「自分の味方になってくれる人がすぐ事故現場に駆けつけてくれる」という安心感は、これまでの「インターネット自動車保険は事故対応が不安」というイメージを変えうるものであり、事故対応力を重視する当サイトでも高く評価しています。 参照 「イーデザイン損保」〜安心の東京会場ブランド!〜 次に挙げたいのが、 「安心の東京海上ブランド」のイーデザイン損保です。 イーデザイン損保は日本の三大大手損保、いわゆる「三メガ損保」のひとつ、東京海上グループ系列の会社です。 東京海上グループ(東京海上ホールディングス)は、明治時代に生まれた日本人による最初の保険会社「東京海上保険」を出発点としてずっと日本の損保業界のリーディング・カンパニーであり続けています。 安心した事故対応品質をより安く提供しようとして始まったのがイーデザイン損保であり、保険料のコストパフォーマンスにも優れています。 また最近ではソニー損保と同様に事故現場にセコムのスタッフが急行する 事故現場急行サービスも始まっており、より信頼性の高いサービスとなっています。 参照 もうひとつ挙げておきたいのがセゾン「おとなの自動車保険」です。 中年層のドライバーはもともと事故率が低いために保険料が安くなる傾向にありますが、セゾン「おとなの自動車保険」はこの年代の保険料をより安くすることで価格競争力をアピールしています。 また、セゾン「おとなの自動車保険」はソニー損保と同様に 事故現場急行サービスを提供しています。 こちらはセコムではなく警備サービス大手のALSOK(アルソック)のスタッフが事故現場に駆けつけてくれます。 セゾン「おとなの自動車保険」そのほかにも、インターネット自動車保険の中では最も充実した 個人賠償責任特約(日常生活で他人をケガさせてしまったりモノを壊してしまった場合にその損害を賠償する保険オプション)を備えているなど、他にも豊富なメリットがあります。 参照 「ローコスト&事故対応力」を重視するなら、現在の自動車保険はこの3つをおすすめしています。 当サイトで何度も繰り返し強調していることですが、自動車保険の本質は 事故対応力にあります。 インターネット自動車保険と言えば、どうしても安い保険料に目が行きがちです。 特にほとんどの場合で他社と比べて最安となるSBI損保や外資系のアクサダイレクトなどは安さ重視の方にとっては魅力的に見えます。 代理店やディーラーのサポートがないインターネット自動車保険こそ事故対応時の損保会社のサポート体制はより重要であり、その点に強みを持つ損保会社のほうがよりおすすめです。 20代、30代、40代におすすめの自動車保険は? 現在のインターネット自動車保険でおすすめの3つは以上の通りとなります。 では20代、30代、40代と年代ごとにおすすめ自動車保険の違いはあるのでしょうか? 結論から言うと、それぞれの年代で損保会社の事故対応力やサービスの質が変わるということはありません。 ただし 保険料は年代ごとに違いが出てきます。 なぜなら各社の自動車保険(任意保険)は年齢、車種、年間走行距離などドライバーの様々な要素によって事故率を想定して保険料を細かく設定するという 「リスク細分型」の仕組みを取っているからです。 年代別保険料の基本的な傾向としては、まず20代などの若年層では保険料が高くなります。 これはまだ運転経験が浅い若年層だと事故率が高いというデータに基づいています。 そして40代など中年層ではベテランドライバーが増えるために保険料が安くなります。 さらに高齢層になるとまた再び事故率が上がるため、保険料は高くなっていきます。 以上が一般的な年代別保険料の傾向ですが、そこからさらに 損保会社ごとの傾向というのも加わってきます。 例えばセゾン「おとなの自動車保険」はその名の通り、40代、50代などの中年層をターゲットにしており、この年代のドライバーの保険料がより安く設定される傾向にあります。 以下に参考として、「週刊ダイヤモンド」誌が毎年発表している保険料リサーチの結果の一部を引用します。 ちなみに繰り返しますが、安さだけで見比べるとSBI損保などが優位となりますが、自動車保険の価値は保険料の安さだけでは決まりませんので安易な判断は禁物です。 また、こうした保険料の違いというのは先にも述べたようにドライバー個々の条件でも変わってきますので、 一括見積もりサイトを利用するなどして個別に確認するのが最も手っ取り早くておすすめです。 」の一括見積もりへ まとめると20代、30代、40代と年代別のおすすめ自動車保険の違いは 保険料の差にあらわれ、それを正確に知るにはまず一括見積もりで見比べてみるのがおすすめです。 まとめ 自動車保険の本質は 事故対応力にあります。 「保険料の安さ&事故対応力」を重視するなら、現在当サイトでは ソニー損保、チューリッヒ、セゾン「おとなの自動車保険」をまずおすすめしています。 ただしこの3社以外にも、例えば走行距離によって保険料が変動しない(走り放題)のセコム損保など、様々な特徴、メリットを持った自動車保険も存在します。 ベストな保険は 契約者それぞれの予算やカーライフ、意向によって異なります。 自動車保険を選ばれる際には、ぜひ各社のメリット・デメリットを比較して選ばれることをおすすめします。 当サイトの各社の評価レビューもぜひご参照ください。

次の

自動車保険おすすめベスト3!評判・口コミ・評価まとめた結論2020

自動車保険 三井ダイレクト 評判

三井ダイレクト損保の自動車保険の口コミ・評判は? それでは、気になる 三井ダイレクト損保の自動車保険の口コミ・評判を見ていきましょう。 この2者は特約がカバーする範囲が違い、クルマはもちろん両方で日常のトラブルをほぼ保障できるプランを組んだ。 — winist winist ちなみに俺の契約している自動車保険は三井ダイレクトです — ぜんす zensu01 悪い口コミ 三井ダイレクト損保の自動車保険についての口コミを、ネットで検索してみましたが、悪い口コミは全く存在しませんでした。 やはり、満足度98. 三井ダイレクト損保の自動車保険が選ばれる5つの理由 三井ダイレクト損保の他にも、すばらしい自動車保険がたくさんありますよね。 そんな中で、100人中98人が三井ダイレクト損保の自動車保険に満足しているのは、それだけの理由があるからなのです。 ここでは、 三井ダイレクト損保の自動車保険が選ばれる5つの理由について、詳しく解説していきます。 ほぼ、2万円近くの節約に成功したからこそ、満足している利用者が多いです。 もともとの料金設定も安いですが、そこに割引なども加わって、さらに保険料がリーズナブルに。 元々の料金設定は、次のような条件で決まります。 車の使用目的• ドライバーの運転免許証の色• 車のタイプ• ドライバーの年齢• 運転する地域• ノンフリート等級• 事故有系数適用期間• ドライバーの範囲• 年間走行距離 割引には、 所定の衝突被害軽減ブレーキ装着車が対象のASV割引や新車割引、エコカー割引、eサービス割引などがあり、盛りだくさんな内容です。 新規契約後の更新なども、24時間365日いつでも手続きが可能で、便利。 わざわざ窓口などに問い合わせる必要がありません。 インターネットで手続き等を簡単に済ませられるようにシステム化することで、中間コスト削減。 店舗経営をなくしてコストダウンした分、安い料金に反映しています。 しかし、サポートやサービスは店舗型の自動車保険と変わらず、充実。 困った時はコレクトセンターにダイヤルすれば、親切に対応してくれます。 事故受付は、もちろん24時間365日体制。 事故対応センターは全国に22カ所、ロードサービス拠点は3900カ所あるので、いつどこで事故が起こっても、対応してくれます。 その他にも、 損害サポートネットワークが約480カ所に指定修理工場ネットワークが約2000カ所など、充実のサポート体制。 1つの事故に1人の専任担当がつき、示談交渉などもしっかりと進めてくれます。 いざと言う時、頼れる存在だからこそ、信頼度が高いのですね。 対象は、 ファミリーレストランやガソリンスタンド、映画館、カラオケ、デリバリーなど。 期間中、何度でも使えて休日のレジャーやドライブも盛り上がること間違いなし。 見積もりだけで、優待サービスを受けられるなんて、かなり太っ腹なキャンペーンです。 優待クーポンは、 ピザなどのデリバリーフードの割引クーポン。 公式サイトでの見積もり限定ですが、この機会に見積もりだけでもいかがですか? 抽選ではなく、新規で見積もりをした人すべてが対象。 見積もりするなら、絶対に今がチャンスですよ。 さらに、 三井ダイレクト損保クラブオフの優待サービスの利用で、普段の娯楽費が安くなることも含めると全般的にはお得に利用できる自動車保険です。 三井ダイレクト損保の自動車保険と当サイトNO. 1、NO. 2を比較! 名称 三井ダイレクト損保 【NO. 1】セゾン自動車火災保険株式会社 【NO. 2】SBI損害保険株式会社 画像 特徴 保険料満足度が98. 1の人気自動車保険 価格. 一方、三井ダイレクト損保が他の2社と比較した時の残念点は、 基本補償とロードサービス拠点が少ない点でした。 三井ダイレクト損保の自動車保険のよくあるQ&A 最後に 三井ダイレクト損保の自動車保険に乗せられる問い合わせもう集めましたので、ぜひ参考にしてくださいね。 はい、可能です。 継続の手続きは、契約者様専用のマイページから手続き可能です。 公式サイトに案内を掲載しておりますので、ぜひご確認ください。 実際に契約をする際には、必要です。 見積もりでは、必要ではありませんが、契約をする際には必要です。 オドメーターの通知によって、保険の料金が変わります。 契約者様専用のマイページから変更できます。 電話番号や住所等の変更は、公式サイト内にある契約者様のマイページにて変更できます。 お持ちのIDとパスワードでログインすると、住所や電話番号の変更ができる項目がありますので、そちらから変更をお願いします。 割引はありませんが、保険料は安くなります。 ゴールド免許の割引はありませんが、自動車保険料を算出する際に、免許証の色が関係してきます。 ゴールドの場合は、ブルーやグリーンよりも安くなります。 公式サイトのお問い合わせから、ご連絡をお願いします。 公式サイトにあるメールフォームより、「自動車保険、バイク保険の中断、または解約手続きのご依頼」を選択いただき、ご連絡ください。 はい、実施しております。 公式サイトから新規でご契約いただきますと、インターネット契約割引が適用されます。 割引額は最大で1万円です。 継続での割引は最大で3,000円です。 割引適用などにより、リーズナブルな料金設定とは思えないほどのサポート内容に注目です。 割引が多く、出来るだけ料金を安くできて、サポートもしっかりしている自動車保険をお探しの方に最適です。 名称 三井ダイレクト損保 画像 特徴 保険料満足度が98.

次の

お見積もり・お申し込み

自動車保険 三井ダイレクト 評判

自動車保険の事故対応満足度調査(楽天 自動車保険 満足度ランキング2018)では、1位の評価を得ています。 また、HDI-Japanの「問合せ窓口格付け」「Webサポート格付け」の2部門で最高評価の三ツ星を獲得しています。 会社情報など詳しくは以下を参照してください。 設立年月日は1999年6月で、三井物産株式会社により、物産インシュアランスプラニング株式会社が誕生しました。 現在の正式名称は、三井ダイレクト損害保険株式会社です。 そして略称が、三井ダイレクト損保になります。 英文社名は、Mitsui Direct General Insurance Company, Limitedと表記されます。 」というフレーズと共に、 日本のファッションモデルであり女優の本田翼さんが出演している、おなじみのCMが有名です。 『保険料を安く、安心を厚く。 』と、自然と頭に言葉が浮かぶ人も少なくないでしょう。 三井ダイレクト損保は、代理店を介さないダイレクト型の損害保険会社ですが、主力商品の自動車保険と共に、バイク保険、ドライバー保険も取り扱っています。 万が一の時には『 24時間365日事故受付』を休まずに対応しサポートしてくれて、1事故ごとに人身事故・物件事故の専任スタッフが担当する『 1事故専任担当制』、かつ『 休日事故のお客さま急行サービス』付きです。 そして、交通事故時以外でも愛車のトラブル時に頼れる『 ロードサービス』が無料でセットされます。 ロードサービスのみを利用してもノンフリート等級には影響しないので安心です。 また、4区分からなる『 走った分だけ保険料』も見逃せません。 年間走行距離が少なければ交通事故に遭う確率も低くなるので、納得できる走行距離に見合った保険料体系なので合理的です。 以上を踏まえて一言で言うと、三井ダイレクト損保の自動車保険は 合理的な保険料と 安心の事故対応が特徴で、満足度が極めて高いです。 各特徴の内容については、以下の『三井ダイレクト損保の自動車保険の長所(メリット)は4つ』の見出し中で詳しく解説しますので、最後までご覧ください。 三井ダイレクト損保 自動車保険の長所(メリット)は4つ さて、三井ダイレクト損保の長所は、どういったところでしょうか。 代表的なメリットは大きく分けて4つあります。 『合理的な保険料』と『安心の事故対応』、それに『ロードサービス』と『走った分だけ保険料』です。 それでは詳しく解説していきます。 合理的な保険料 従来の代理店型自動車保険会社は、代理店や支社・支店を通して加入希望者と対面して保険の説明ができる反面、コストがかかっているために保険料に影響していました。 ネット型(又はダイレクト型や通販型)自動車保険である三井ダイレクト損保は、代理店や支社・支店を極力介さずに、インターネットや電話で保険契約を結びます。 これらで削減できたコストを保険料に反映させて、お求めやすい保険料の提供を可能にしています。 また、『 継続割引』や『紹介割引制度』など多彩な割引制度を導入し、 インターネット割引は新規契約で割引前保険料によって最大10,500円割引になり、継続(更新)契約で3,000円割引になります。 インターネット契約割引(年払いの場合) 契約 割引額 新規契約 ・割引前保険料が40,000円未満: 4,000円割引 ・割引前保険料が40,000円以上 60,000円未満: 7,000円割引 ・割引前保険料が60,000円以上: 10,000円割引 継続契約 3,000円 2019年9月現在 継続割引 継続回数 割引率 名称 1回目 1. 0% はじめて継続割引 2回目 1. 5% 2回目継続割引 3回目以降 2. 0% 長期継続割引 (2019年9月現在) 紹介割引 三井ダイレクト損保の契約者等から紹介された人が、申込書兼確認書または電話で手続きした場合において所定の要件を充たすとき、初年度に限り、保険料を2,000円(年払いの場合)割り引きます。 安心の事故対応 万一の事故時に、利用者の不安をできるだけ早く解消するために、事故発生当日の初期対応スピードにこだわって取組んでいる姿勢に共感します。 三井ダイレクト損保は 24時間365日の事故受付をして、さらに 当日中に初期対応に行います。 初期対応後の事故解決に向けた契約者からの問い合わせには、平日の9:00~17:00まで対応し、17:00以降は安心メッセージボードに連絡すると、翌営業日に担当者から連絡があります。 初期対応の後、平日9:00~17:00に経験豊富なプロの専任スタッフが責任をもって事故の対応(示談交渉)をしています。 事故時の対処法やドライバーの心構え、交通事故体験談は、以下を参照してください。 1事故ごとに人身事故・物件事故の専任スタッフが担当してくれます。 専任スタッフが不在の時等にはチームスタッフがしっかりと対応してくれるので安心です。 対人・対物賠償事故示談代行 対人・対物賠償事故での相手方との示談交渉には専門知識が必要ですが、車のことはもちろん法律知識や医療知識にも詳しい事故解決のプロが、契約者に代わって示談交渉を行ってくれます。 被害事故専任担当 被害事故についても、専任スタッフが親身に相談にあたってくれます。 通常、契約者に賠償責任が発生しない被害事故の場合、被害者側の保険会社は契約者に代わって相手方との交渉を行うこと(示談代行)はできませんが、三井ダイレクト損保は経験豊富なスタッフが親身に契約者の相談にあたってくれるので心強いですね。 多言語事故対応サービス 事故の相手方が日本語に不自由な外国人であっても、三者間通話を行い、円滑に事故対応を進めてくれます。 対応言語は以下の14ヶ国語( 英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、インドネシア語、タイ語、タガログ語、ベトナム語、ネパール語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ロシア語)。 訪日外国人が増加している昨今、万一の事故であっても万全の体制でサポートしてくれるので安心です。 ロードサービス 三井ダイレクト損保のロードサービスは、すべての利用者に無料付帯で、事故や故障など、突然の車のトラブル時に、全国 約3,800ヶ所のサービス拠点からかけつけます。 特徴 説明 24時間365日対応 マイカーのトラブル時に年中無休で受付対応 車と人の両方をサポート 車のトラブルへの対応に加えて、車で移動できなくなった時は帰宅手段や宿泊先の情報提供のみで 費用は契約者負担 ノンフリート等級に影響なし ロードサービスを利用しても 等級や保険料に影響なし (2019年9月現在) ロードサービスを簡単に説明すると、自動車ユーザーがトラブルに巻き込まれた時に強い味方になってくれるサービスです。 ロードサービスの利用例として、以下のようなことが考えられます。 マイカーの故障時のレッカー移動• 燃料切れ時のガソリン配達(10リットルまでお届け・ガソリン代有料)• キー閉じ込み時のカギ開け• 落輪引き上げ(税込み2万円までの落輪引き上げ)• バッテリーのジャンピング(保険期間中に1回限り)• パンク時のスペアタイヤ交換 などのサービスが必要な時に、作業スタッフが現場に駆け付けてくれます。 重要 スペアタイヤへの交換に関して、パンク時以外のタイヤ交換( チェーンの脱着・ スタッドレスタイヤへの履替え等)は サービスの対象外です。 車へのサポート 【車へのサポート】 サポート内容 トラブル現場へ急行 契約車両が対象で、ほとんどのサービスメニューで作業時間の制限がなく、 高速道路上でのトラブルにも対応。 ・バッテリーのジャンピング(保険期間中1回限り) ・キー閉じ込み時のカギ開け ・パンク時のスペアタイヤ交換 ・走行可能な場所への引き出し作業(雪道でのスタック) ・ガス欠(ガソリン代は契約1年目は有料、2年目以降は最大10リットルまで無料で保険期間中1回限り) ・その他の車のトラブル(30分程度の簡易作業) 自力走行が不能の場合 契約車両が故障や事故で自力走行不能になった場合、レッカー車が現場に急行して、最寄りの修理工場や 契約者指定の修理工場などに車をレッカーけん引。 ( 50kmまでのレッカーけん引が無料、 高速道路上でのトラブルにも対応) 修理後 次に人へのサポートをみてみましょう。 【人へのサポート】 サポート内容 故障電話相談サービス 車に不具合が発生した時、整備士等が電話でアドバイスしてくれます。 ガソリンスタンド案内サービス ガソリンスタンド情報を案内してくれます。 レンタカー案内サービス レンタカーを優待価格(有料)で利用できるレンタカー会社を案内してくれます。 安心車検紹介サービス 高品質の車検を、優待価格(有料)でご紹介いたします。 引取・納車無料、代車無料、納車時洗車無料、修理が必要な場合の修理工賃10%割引の特典あり。 (2019年9月現在) 【契約2年目以降のサービス】メニュー 事故やトラブルが起きた場所が自宅から直線距離で50km以上の遠方だった場合に、以下のサービスが提供されます。 【サービス】 説明 限度額(税込) ガソリン10リットルサービス ガス欠時に10リットルまでのガソリンを無料でお届け(保険期間中に1回を限度) 無料 レンタカー12時間サービス 事故または故障で車が自力走行不能となった場合、レンタカー会社を案内し、レンタカー代(5ナンバー車)を12時間を限度に支払われる 12時間まで無料 (2019年9月現在) 補足 雪道によるスタック(雪道でタイヤが空転し動けない状態)の場合、サービス対象になるのでしょうか。 とくに降雪地域に住んでいる人は、ちょっと心配ですよね。 そこで、三井ダイレクト損保の安心ロードサービス利用規約(2018年7月1日以降提供するロードサービスに適用)を抜粋します。 ポイント ・ロードアシスタンスは契約の車がサービス対象となる ・JAF(会員制ロードサービス)等は、加入している本人がその場に居合わせる必要がある など、違いがあるので注意しましょう。 保険料は走った分だけ 保険料は過去1年間の走行距離だけで合理的です。 加入者一人ひとりのリスクに合った保険料となるように、「 過去1年間に走った距離」に当てはまる「走行距離区分」によって、合理的に保険料を算出されます。 保険始期日が2018年7月1日以降の契約では、 過去1年間に走った距離によって• 3,000km以下• 5,000km以下• 7,000km以下• 10,000km以下• 12,000km以下• 15,000km以下• 20,000km以下• 20,000km超 の8区分から算出します。 特に過去1年間の走行距離が短い人ほどお得です。 なお、法人名義の申込みは受け付けていません。 自動車の走行距離による保険料割引の詳細は、以下を参照してください。 2019-09-16 19:15 三井ダイレクト損保 自動車保険の短所(デメリット) さて、三井ダイレクト損保の短所、つまりデメリットは、どういった所でしょうか。 上にも記載しましたが、三井ダイレクト損保は『合理的な保険料』と『安心の事故対応』に力を入れております。 一般的にダイレクト型の自動車保険は、従来の代理店型の自動車保険より保険料を安くできるという、価格面の優位性を前面に押し出している保険会社が多いです。 自動車保険の代理店型とダイレクト型の違いや理由は以下を参照してください。 万が一の時には『 24時間365日事故受付』に対応してサポートし、『 1事故専任担当制』で『 休日事故のお客さま急行サービス』付きです。 そして、交通事故以外でも愛車のトラブル時に頼れる『 ロードサービス』や、8区分からなる『 走った分だけ保険料』にも対応して合理的です。 三井ダイレクト損保はメガ損保に属していて、事故処理拠点になるサービスセンターにも力を入れていますが、自動車保険の色々な見積条件にも対応して、最安値級の保険料を叩き出すことが多々あります。 しかしながら、今話題の 『事故現場駆けつけサービス』がセットされていません。 低コストを実現するためには、メリハリを付けたサービスも致し方ないのかもしれませんね。 したがって必然的に、代理店型の自動車保険にくらべれば保険料は格段に安いですが、ダイレクト(通販)系自動車保険の中でも、三井ダイレクト損保は、色々な見積条件に対応して最安値級の保険料を叩き出すことが多いです。 よって、 保険料が少々高くなっても、交通事故時の『事故現場駆けつけサービス』を希望する人には、不向きと言えるかもしれません。 逆に『事故現場駆けつけサービス』がセットされていないことを理解しつつ、『保険料の安さ』と『事故対応力』を重視する人にはおすすめです。 三井ダイレクト損保の評判や口コミ 少し間があく度に、今の状況を伝えてくれることにとても安心しました。 お相手の応じ方もわかり、どの程度の時間がかかるかもお話しいただき時間があいても不安になることがありませんでした。 まとめ• 三井ダイレクト損保の自動車保険の特徴は、 合理的な保険料と 安心の事故対応です。 三井ダイレクト損保の長所(メリット)は、『 合理的な保険料』と『 安心の事故対応』、それに『 ロードサービス』と『 保険料は走った分だけ』です。 SBI損保の短所(デメリット)は、 『事故現場駆けつけサービス』がセットされていないこと。 逆に『事故現場駆けつけサービス』がセットされていないことを理解しつつ、『保険料の安さ』と『事故対応力』を重視する人にはおすすめです。 年齢条件 35歳以上補償、26歳以上補償、21歳以上補償、年齢問わず補償 運転者限定 本人限定、本人・配偶者限定、 家族限定 2020. 1廃止 、限定なし 走行距離区分 (過去1年間の走行距離) 3,000km以下、5,000km以下、7,000km以下、10,000km以下、12,000km以下、15,000km以下、20,000km以下、20,000km超 保険始期日が2018年7月1日以降の契約 運転免許証の色区分 ゴールド、ブルー、グリーン 使用目的 日常・レジャー使用、 通勤・通学使用、業務使用 各種割引制度 インターネット割引、証券不発行割引、継続割引、紹介割引、新車割引、ASV割引(先進安全自動車割引)、ECO割引、セカンドカー割引(複数所有新規) 事故受付時間 24時間365日 初期対応時間 初期対応(相手方、修理工場・病院等への連絡) は 365 日 9 時から 19 時まで実施 事故現場急行サービス 無し 事故処理拠点数(サービスセンター)• 事故対応サービスセンター: 12ヶ所• 全国提携の損害調査会社: 約480ヵ所 ロードサービス受付時間 24時間365日 レッカー移動無料けん引距離(ロードサービス)• 契約者指定工場: 50kmまで• 三井ダイレクト損保指定工場:距離制限なし• 高速道路上でのトラブルにも対応 帰宅移動宿泊費用(ロードサービス) 故障電話相談やガソリンスタンド案内、レンタカー案内や車検紹介の情報提供のみで 費用は契約者負担 ロードサービス内容• 車が事故や故障で走行不能時のレッカー移動• バッテリーのジャンピング(保険期間中1回限り)• キー閉じ込み時のカギ開け• パンク時のスペアタイヤ交換• ガス欠(ガソリン代は契約1年目は 有料、2年目以降は最大10リットルまで無料で保険期間中1回限り)• 「落輪」の引上げ(路面に車体の一部が接している状態のみ・車体が路面に接していない「転落」はサービス対象外・ 税込み2万円まで対応)• その他、30分程度の応急作業 (2020年1月現在) 三井ダイレクト損保公式サイトから見積もりを取得する方法の詳細については『 』を参考にしてください。 当サイト内のコンテンツ『』から、あなたの状況と近い記事を読むと、自動車保険の相場や選び方のコツなど参考になると思います。

次の