一般 男性 シリーズ。 一般男性脱糞シリーズの基本

【今くら】ゆゆうたの代表曲「一般男性脱糞シリーズ」が流れて話題に!!@今夜くらべてみました

一般 男性 シリーズ

鈴木ゆゆうたの年齢や大学は?気になるプロフィール! 本名:鈴木 悠太 年齢:31歳(2020年5月現在) 生年月日:1988年7月2日 身長:176㎝ 体重:68㎏ 出身中高校:桐光学園高校卒業 出身大学:首都大学東京 都市環境学部都市環境学科建築都市コース 出身地:神奈川県川崎市多摩区 ゆゆうたは、 3歳の頃からピアノを始め、 ピアノ歴は約28年! その才能といえば、 楽曲を耳コピして弾いたり、リクエストに応えて即興で弾くことができることですよね! しかし、高レベルなことをしているにも関わらず、下ネタを思う存分使って曲を作っていることもあることから、 『才能をドブに捨てた男』とも呼ばれています。 ここまでの実力になるためには、これまで沢山の音と触れて鍛えてこられたとういことですね! ゆゆうたは、 2007年頃からニコ動で動画投稿を開始。 ニコ動では、 『ゆゆうた兄貴』とも呼ばれていました。 アニメの曲をアレンジしてピアノで弾いて動画を投稿してたようですが、 全く再生回数が伸びずにそのまま約8年間放置してしまいました。 2014年頃になると、ゆゆうたが投稿していたような 楽曲アレンジの動画が人気を集め始め、 ブームに乗っかって動画投稿を再開したところ、視聴者が見てくれるようになったそうです。 2018年からはyoutubeでも動画投稿を開始。 ニコ動での人気があったためか、わずか 半年ほどでチャンネル登録者数が12万人という人気っぷりをみせたそうです。 2020年4月でニコ動を引退し、Youtubeだけで動画投稿をしています。 ゆゆうたの 本名は、『鈴木 悠太』! 活動名は本名だったんですね! 現在の 年齢は31歳! 実際の年齢よりも、若く見えますよね! 身長は176㎝!座ってピアノを弾ているイメージなのですが、意外と背が高いんだなと思いました。 体重は68㎏!たあに上半身裸の状態で動画を投稿していますが、痩せすぎでもなく太ってもおらず、ちょうどいい体型をしていますよね。 ゆゆうたの出身校は、桐光学園高校卒業で、偏差値は69だそうです。 出身大学は、首都大学東京卒業です。 出身地は、神奈川県川崎市多摩区なんだそうですが、 これらは、facebookのアカウントがバレてしまい、個人情報がもろバレになってしまったそうです。 東大に家凸されて一芸を披露された ・差し入れにもらったたまごボーロが犬用だった。 それに気が付かずに半分くらい食べてしまった ・毎日のようにカラーコーンが送られてくる ・自宅の住所がフリー住所(フリー素材)になった ・知らぬ間に女子高の要覧を請求され、その高校から拒絶された ・家に帰ってきたら退去警告のような偽りの警告書が貼られマンション側と裁判寸前になった ・自分の住所と本名で北朝鮮のプロパガンダラジオ「朝鮮の声日本語放送」に手紙を送られた。 さらに音楽コーナーで「攻撃戦だ」をリクエストされ、自宅にお礼の粗品が届いた …視聴者のおかげですっかり、ネタの宝庫ですよねw これがまた、作り話のようで本当の話なんです。 そんなゆゆうたがこれまでの個人情報がバレたその想いを弾き語った動画を投稿しています。 チャンネル登録者数 131万人 ゆゆうたさん、気を付けましょう。 これまで8年間、建設会社で勤務しながらyoutuberとして活動してきましたが、 昨年からはチャンネルも公式となり、youtuber1本で生活しているようです。 ちなみに、 事務所には所属しておらず、フリーで活動しています。 鈴木ゆゆうたって彼女はいるの? 2020年4月1日に彼女ができたという動画が投稿されtました。 動画での戦慄かなのを見ても、ゆゆうたへの気持ちがあふれているのがわかる気がします。 もし、ゆゆうたのその想いが本当なら切ない話ですよね。 このアンチが増えた原因は、 「一般男性脱糞シリーズ」というゆゆうたの代表曲なんです。 この曲が作られたきっかけは、弁護士として活動していた唐澤貴洋さんが2chで炎上していた長谷川さんを弁護するため、書き込みしたことろ炎上していまいました。 そうしたら、恒心教という集団が「一般男性脱糞シリーズ」という曲を作って彼を侮辱したところ、ニコ動でバズることに… この騒動に目を付けたゆゆうたがこの「一般男性脱糞シリーズ」をピアノで弾き語ったところ、ゆゆうたも炎上してしまったようです。 また、もう一つの炎上したことがあります。 その原因となった画像がこちらです。 ゆゆうた2020年4月24日にTwitterに投稿したスマホのスクショ画面なのですが(現在は削除されています)、 お気に入りにある「kyo music sity」、よく閲覧するサイト「XVideos」は、 有名な割れサイトなんです。 ゆゆうたは、「割れサイトの使用、違法視聴などは絶対にしていない!」と断言していたにも関わらず、見ていたという証拠となってしまいました。 また、「【鈴木悠太殺す】ゆ…」と書いてあるのは、ゆゆうたのアンチスレで、 ゆゆうたのファンが、アンチに住所特定などの嫌がらせをこのサイトで受けていて、 ゆゆうたはこのサイトを閲覧しているにも関わらず、スルーしていたという裏付けになり、 炎上が一気に加速してしまったようです。 ゆゆうたは、「勝手にお気に入りに入っていた」などと説明しているそうですが、厳しい弁明ですね。 自らを汚れと言っているゆゆうたの炎上は、Twitterのリプライなおを見ていただいてもわかるようにいまだに続いている状況です。 2020年5月15日にゆゆうたに動きがありました。 以前僕が歌っていた一般男性脱糞シリーズですが、特定の弁護士を侮辱するような内容である上、それに意図せず関与してしまった僕の視聴者が、弁護士を崇拝する教団により特定されてしまいました。 なので過去動画を削除し、今後一切歌いません。 対応が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。 — ゆゆうた 鈴木悠太 hukkatunoyuyuta 一般男性脱糞シリーズについて、 経緯と謝罪、今後についてまとめました。 — ゆゆうた 鈴木悠太 hukkatunoyuyuta ことの重大さに気づいたゆゆうたは、今後この『一般男性脱糞シリーズ』はもうやらないと決めたそうです。 それに関する動画は削除されました。 これまで散々弾き語りしてきているので、事態の終息には長時間かかるものと思われます。 鈴木ゆゆうたのおすすめ動画! ゆゆうたのおすすめ動画はこちらです! すっかりゆゆうたの代表曲ですよね! お願いマッスル 前回 これらの動画以外にも、色々な方達とのコラボ動画やシュールすぎる動画などもあるのでぜひチャンネルとチェックしてみてください! ゆゆうたの挑戦!24時間ピアノ演奏チャレンジ! ゆゆうたはこれまでも、「人間は何時間ピアノを弾き続けることができるか」というチャレンジ動画を投稿してきました。 ゆゆうたの 自己記録としては、10時間弾き続けることができていましたが、 今回は、2020年5月9日から10日にかけて、 「 人間は24時間ピアノを弾き続けることができるのか」というチャレンジをしました! そう、 自己記録の2倍以上弾き続けるというんです。 これを企画するにあたって、ゆゆうたの想いも少し語っていましたが、 「自分はよみぃなどyoutubeで活躍しているピアニストと比べると技術は2つも3つも劣っていて、技術面では勝てないけれど、体力にだけは自信がある。 だから、弾き続けることでは勝てるのではないか」と思い、今回のチャレンジとなったようです。 チャレンジのルールとして、 1.ピアノから手が離れた時点で企画失敗 2.弾きながらのトイレ、浸食はOK(演奏中はオムツ着用により4回までの放尿に耐えることができるが、排便には対応不可) 3.コメント荒らし、連投、それに対して反応することはお控え下さい といったものがありました。 そこでゆゆうたは、しっかりとオムツを装着するという気合の入ったスタイルで18時過ぎから開始。 視聴者からのリクエストやコメント答えながら弾き語りをし続けたのですが、 やはり人間なので、眠たくなったり、尿意をもよおしたりと見ている方がハラハラしたり心配していまうようなこともありました。 ブログをご覧いただきありがとうございます。 私は今、小学生と幼稚園生の育児中なんですが、とにかく子供たちがYoutubeが大好き!!毎日、色々なジャンルの動画をたくさん見ているのですが、横で見ているうちに私もすっかりはまってみるようになりました。 1日10チャンネル以上は見ています。 youtubeを一人でも多くの人に親しんでいただけたらと思っています。 お勧めのyoutuberやチャンネルが沢山あるので、このブログでご紹介していきたいと思います。 最近の投稿• 最近のコメント• に emi より• に Loooser より• に emi より• に ルーズリーフファン より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

ゆゆうた兄貴に関する考察「一般男性脱糞シリーズ」

一般 男性 シリーズ

A general man, dappun, series Prolog Takahiro Karasawa "It's a class change, what class am I in this year? " Class 1 in 6th grade 40 people Class 2 in 6th grade 40 people Class 3 in 6th grade 40 people Class 4 in 6th grade 39 people Class 5 in 6th grade Takahiro Karasawa Basis T. Karasawa if feces taken out during class, my junior high school life ends,... Karasawa Oh, shout and vanish sound! Karasawa "yes, yes, yes, yes, yes, yes, yes, yes, yes, yes, yes, yes, yes, yes, yes! " Teacher "Karasawa, what happened? How suddenly you shout! " T. Karasawa "Not prob... buriburiburiburyuryuryuryuryuryu! , butsuchichibububuchichichichibuririiribubububuuuuutututu! " 普通男性大便的系列 序 唐澤貴洋「是級調換,今年幾組」 六年級1組 40名 六年級2組 40名 六年級3組 40名 六年級4組 39名 六年級5組 唐澤貴洋 基本 唐澤貴洋(如果授課中,出屎初中生活結束…) 唐澤貴洋(對了,發出大聲完全消除聲音!) 唐澤貴洋「那樣啊那樣那樣那樣那樣那樣那樣那樣那樣那樣那樣那樣那樣那樣!!!!!!!!!!! 」 「是老師唐澤貴洋,怎樣的?突然發出大聲」 唐澤貴洋「算不了 buriburiburiburyuryuryuryuryuryu!!!!!! butsuchichibububuchichichichibuririiribubububwuwuu!!!!!!! 普通男性大便的系列 序 唐泽贵洋「是级调换,今年几组」 六年级1组 40名 六年级2组 40名 六年级3组 40名 六年级4组 39名 六年级5组 唐泽贵洋 基本 唐泽贵洋(如果授课中,出屎初中生活结束…) 唐泽贵洋(对了,发出大声完全消除声音!) 唐泽贵洋「那样啊那样那样那样那样那样那样那样那样那样那样那样那样那样!!!!!!!!!!! 」 「是老师唐泽贵洋,怎样的?突然发出大声」 唐泽贵洋「算不了 buriburiburiburyuryuryuryuryuryu!!!!!! butsuchichibububuchichichichibuririiribubububwuwuu!!!!!!! 일반남성이 탈분하는 시리즈 프롤로그 가라사와 다카히로「반 편성이네요, 올해는 무슨조인가」 6년1조 40명 6년2조 40명 6년3조 40명 6년4조 39명 6년5조 가라사와 다카히로 기본 가라사와 다카히로 수업중에 내면 중학교생활이 끝나요 … 가라사와 다카히로 그렇다, 큰 소리 내서 소리를 싹 지우는 것이다! 가라사와 다카히로 「저렇게 아 저렇게 저렇게 저렇게 저렇게 저렇게 저렇게 저렇게 저렇게 저렇게 저렇게 저렇게 저렇게 저렇게!!!!!!!!!!! 」 선생님 「가라사와 다카히로군, 어떻게 된 것이니? 갑작스럽게 큰 소리 내」 가라사와 다카히로 「아무 것 【부리부리부리부류류류류류류】!!!!!! 【부쯔치치부부부치치치치부리리이리부부부부】【웃】!!!!!!! 指正: 一般男性脱粪系列 序幕 唐泽贵洋「换班了,今年换到哪个班呢」 六年级1组 40名 六年级2组 40名 六年级3组 40名 六年级4组 39名 六年级5组 唐泽贵洋 基本 唐泽贵洋(要是在上课时拉出来的话,学校生活就完啦…) 唐泽贵洋(对了,发出很大的声音来掩盖掉它!) 唐泽贵洋「啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊啊!!!!!!!!!!! 」 「唐泽贵洋同学,你为什么发出那么大的声音」 唐泽贵洋「没什么 buriburiburiburyuryuryuryuryuryu!!!!!! butsuchichibububuchichichichibuririiribubububwuwuu!!!!!!!

次の

ブリブリブリブリュリュリュリュとは?元ネタはがんこちゃん?

一般 男性 シリーズ

一般男性脱糞シリーズの元ネタとは、そもそも何なのか?ゆゆうたが歌詞を書いたの? 「元ネタが気になって調べてみたけど、結局何が何だかわからなかった... 」 なんて人も、ひょっとしたらいるのではないだろうか? 実はあの曲が出来た経緯は、 かなり複雑で様々なネタが織り込まれている。 なので曲に関する重要な部分だけかいつまんで説明をしよう。 まず、あの曲が作られた動機としては 「一人の男性に対する嫌がらせ」と思ってもらえれば良い。 その男性とは誰なのか?というともちろん一般男性である「唐澤貴洋くん」である。 大まかな流れとしては、こんな感じである。 とある 男子高校生Hが、とある掲示板を3年もの間匿名で荒らす。 これが全ての始まり 2. そんなある日、ついに Hが特定をされる。 仕返しに嫌がらせを受けまくる。 困ったHが弁護士を呼び反撃を図る。 その弁護士が「唐澤貴洋くん」である。 だが唐澤貴洋くんが思いの外無能という事がバレ、Hと共に嫌がらせのターゲットにされる。 その一環として、曲を作られる 一つ一つ、重要なところだけ説明をしていこう 1. とある男子高校生Hが、とある掲示板を3年もの間匿名で荒らす。 これが全ての始まり 詳しくは知らなくとも、この顔や「長谷川亮太」という名前を聞いた事がある人もちらほらいるのではないだろうか? 当時高校3年生。 つまり高校3年間ずっと 「2ch 現在は5ch 」という掲示板に書き込みを続けていた。 具体的な内容については割愛するが、高校生の書き込みである事を考慮しても、多くの人を不快な気持ちにさせるような内容であった。 また、5chという掲示板は匿名で書き込みを行う事が慣例となっている。 それはつまり、自己主張の場ではなく純粋に雑談や議論を行う場として活用すべき場所であるという事でもあった。 だが長谷川亮太は 「固定のハンドルネーム コテハン 」を使用していた。 それもまた反感を買う一因となっていたようだ。 多くの人を不快な気持ちにさせる内容と言ったが、明らかな荒らしや差別発言というよりも 「誰も聞いてもいない自分語り」が主だった。 大人たちが匿名で雑談をしている場に、急に現れた高校生が自分語りをして場を荒らしていく。 それを3年間続けた事により日に日にユーザーたちの恨みを貯め続けていくのであった。 そんなある日、ついにHが特定をされる。 仕返しに嫌がらせを受けまくる。 些細なきっかけから、長谷川亮太は特定をされる。 のちに住所すらも特定されてしまう。 名前、進学先の大学、高校、そして住所 これらが全て割れた状態であり、3年間もの間着実に貯め続けた恨み。 その時から長谷川亮太は様々な嫌がらせを長きに渡って受け続ける事となる。 本人の家ならまだしも、近所の人にまで年賀状を送ったツワモノもいるらしい。 ちなみにそれは序の口であり、この先ありとあらゆる嫌がらせを受ける事になるが、それも主題とは関係ないため割愛。 困ったHが弁護士を呼び反撃を図る。 その弁護士が「唐澤貴洋くん」である。 時系列で言うと長谷川亮太の名前は特定されたが、住所がまだ確定していない段階の話。 その時点でSNSなどから高校の同級生に拡散するような嫌がらせは受けていた。 それに困った長谷川は、弁護士を呼んで反撃を試みる。 実際に、ネットの書き込みなどから逮捕や訴訟を起こされるケースはある。 長谷川亮太なりに一矢報いるつもりだったのだろう。 そして、長谷川亮太本人と思わしき人物がその事を掲示板に書き込む。 「弁護士を呼んだから覚悟しろ」 当時の反応としては 「やべぇ... 弁護士は流石にやばい。 許してください... 」 「どうしよう訴えられる.. 」 といったような、弁護士に畏怖する反応が多数見受けられた。 だが唐澤貴洋くんが思いの外無能という事がバレ、Hと共に嫌がらせのターゲットにされる。 恐れていたのも束の間、徐々に 「この弁護士、無能なんじゃね?」という事がバレてしまう。 そして嫌がらせはヒートアップしていく事となる。 ここで歌の話に戻るが、「唐澤貴洋くんが脱糞をした」という旨の歌詞。 これはどのような経緯で出来たネタなのか? 開示請求という言葉がある。 悪質な書き込みに対して、身元を特定する作業の第一歩である。 弁護士が仕事をするに当たって、悪質と思われる書き込みに開示請求を行うところから始まる。 そこでなぜか、 「唐澤貴洋はうんこ漏らした」といった旨の書き込みに対する開示請求が頻発した。 ただの小学生レベルの悪口なのに、なぜそのような書き込みを進んで開示請求をするのか? そこで、 「本当のことを言われて怒ったから」といった邪推が生まれる。 そして 「じゃあ、どのくらいの悪口までが開示請求されるのか?」とチキンレースが始まる。 そこで誕生したのが、のちに一般男性シリーズの歌詞として親しまれるこちらの書き込みである。 したがってゆゆうたが作詞したわけではない。 余談だが、開示請求から裁判までのハードルはそれなりに高い。 実際に開示請求をされた書き込みはいくつもあったが、裁判まで発展することは結局無かったらしい。 その一環として、曲を作られる そういった具合で、唐澤貴洋に対する嫌がらせは様々なバリエーションで行われる事となる。 目的の根本にあるのは、こちらのイラストと共に悪評を広める事で評判を下げる事である。 例えば唐澤貴洋を題材にしたボカロ曲を作れば、ボカロ好きな人たちに唐澤貴洋の存在と悪評を広める事ができるように。 その1つにMMDというジャンルがある。 キャラクターを動かしたり踊らせたりする事を楽しむジャンルである。 そして、それを題材にした優秀な作品を決める「MMD杯」という大会がある。 その大会に大量にエントリーする事により、唐澤貴洋の存在を広める事ができる。 そう思ったネットユーザー達の間で、唐澤貴洋モデルの作品を作成するブームが巻き起こる。 だが、制作の根幹にあるのは「個人に対する嫌がらせ」である。 MMDが純粋に好きな人からしてみれば、倫理的に良くないと思う人もいるだろう。 それに対する反論として 「ただの【一般男性】であり、適当に作ったらたまたま実在する弁護士に似てしまっただけ。 」 という主張が広まった。 初出は異なるが「一般男性」呼ばわりの元ネタはこちらである。 で、巡り巡って曲となった。 以上が「一般男性脱糞シリーズ」の大まかな誕生経緯である。 また、そのくらいの頃合いともなると、本来の嫌がらせの意図とは別に 「唐沢貴洋関連の作品を作る」事自体が流行り出すようになる。 なので、おそらくゆゆうたに悪意は無いと思われる。 割愛した部分が気になる方は、ぜひ「ハセカラ」で検索あれ。

次の