アルペジオ スロット a タイプ。 設定判別/立ち回りポイント:パチスロ蒼き鋼のアルペジオ

アルペジオ2(GRT) スロット 天井 打ち方 設定判別 解析

アルペジオ スロット a タイプ

左リール上・中段にチェリーを狙うと、 設定示唆画面出現する可能性あり。 まず「右リール中・下段に白7を狙う」 以下停止型で打ち分ける。 いずれも高設定ほど出現率アップ。 小役とボーナスの同時当選 設定差あり 設定 右チェリー スイカ 1 12. BAR揃いで無限RTorボーナス濃厚。 BARが揃わなくてもチャンス。 【イオナカットイン時成功期待度】 RT50 味方 以外なら イオナカットイン成功期待度 状態 BAR揃い期待度 ボーナス期待度 トータル ボーナス期待度 BAR非揃い時 通常時 55. いずれも高設定ほど出現率アップ。 特に赤BIG・紫BIGはかなり設定差が大きい。 5 MB中の設定示唆 MB中に毎ゲーム左リール上・中段にチェリーを目押しする。 その他の画面は少ない試行回数では判別には使えない。 複数回みられると設定2以上に期待できる。 デフォルト画面が矛盾すると高設定濃厚。 デフォルト否定でパンク時の画面なら設定6の期待大。 キャラの種類・衣装で設定を示唆する。 基本的にコードギアスR2C. Cと似たような設定示唆があります。 設定狙いで本機を打つ場合は、 ボーナス・RT中の設定示唆パターンをチェックしておきましょう。

次の

蒼き鋼のアルペジオ RT スロット新台

アルペジオ スロット a タイプ

スロットのAタイプとは、ボーナスだけでコインを増やしていくシンプルなゲーム性の台のことです。 有名な機種はパチスロジャグラーシリーズですよね。 ジャグラーは、{当たりやすいゲーム数}や{天井}などもなく、単純に、各設定毎に設けられているボーナス確率によって、毎回、抽選が行われています。 ジャグラーもシリーズによってボーナス確率が異なるのですが、例えば設定6のビック確率が240分の1、バー確率が240分の1のジャグラー台の場合。 レバーをオンする毎に、毎ゲーム、ビック240分の1のボーナス、及びバー240分の1のボーナスに当選するかどうか?が選ばれ決められていくわけです。 ビックとバーの合算確率は約120分の1ですので、確率的には、120回に1回はボーナスに当選し、コインが増えていく仕様なわけです。 ノーマルAタイプの機種は、その他の種類の台に比べ、{ハマりにくく連チャンもしにくい}という特徴があります。 それは、他の種類の機種が、内部の仕様によってハマった分を浅いゲーム数で連チャンさせるような作り方をされているからです。 そのためノーマルAタイプ以外の機種では、出る時は連チャンが続き一気に何千枚もでるけれど、ハマる時は、とことんハマる、ギャンブル性の高い台になっています。 逆を言えば、ノーマルAタイプの台は、ギャンブル性が低いわけですね。 そのため低設定台を打てば安定して負けやすいです笑 一方、高設定に座ることが出来れば安定して勝ちやすいわけです。 これは、狙い目だと思いませんか? ノーマルAタイプであるジャグラーシリーズばかりを打ち、ジャグラーで安定して勝っていくジャグプロがいます。 よって ジャグプロは、ジャグラーの高設定台を打ち続けることで勝っているわけです。 他の種類の機種では、{狙い目ゾーンだけを打つ}とか{天井ゲーム数に近い台だけを打つ}など、ハイエナ立ち回りで勝つことも可能ですが、ノーマルAタイプの機種では、高設定台を打ち続けることでしかトータルの収支をプラスにもっていけません。 そのため ジャグプロは、とことん高設定台をぶんまわし続けることだけにこだわります。 さて、ここで注意してもらいたいことは、たとえノーマルAタイプでも、設定通りに出るのは約3回に1回だけ、ということです。 3回に2回は、設定以下の出方になったり、設定以上の出方になります。 単純に、確率的に、そうなりますよね。 そのため、 オール設定1の店でも、3台に1台は、設定1以上の出玉・出方・ボーナス出現率になるわけです。 すると客としては、「結構、中間設定の台もあるな。 高設定台っぽい台もあるぞ」と思ってしまうわけです。 本当は、全台設定1なのに・・。 そのため、多くの人が、ほぼオール低設定の店でジャグラーを打ってしまっています。 それは4号機時代から変わりません。 ジャグの設定1の機械割が変わらない限り{ジャグラーは、ほぼオール設定1}というのは、パチンコ店が利益を確保する面から言っても変わらないでしょう。 なので、多くの人が、確率的に3回に1回は勝つことがあっても、3回に2回は負けてしまうため、トータルでは収支がマイナスになってしまっている現実があるでしょう。 設定6の台を打っても負けることもありますが、設定6なら確率的に3回に2回以上は勝てるため、設定6のジャグラーばかり打つならトータルの収支はプラスになります。 よって、ノーマルAタイプの機種であるジャグラーでは高設定台を打つことが重要になるわけですね。 残り3回に2回は設定以上の出方になったり設定以下の出方となる。 そのためオール低設定にしていても、客からすると、いろいろな設定を使っているように見えてしまう。

次の

蒼き鋼のアルペジオ スロット新台|天井・設定判別・評価・感想・解析まとめ

アルペジオ スロット a タイプ

サミーGRT第3弾 ボーナス終了後はRTに突入• 基本スペック• 2 97. 8 98. 4 100. 6 103. 9 106. 0 110. ・サミートロフィー• ボーナス終了画面で出現の可能性あり• 今作は銅トロフィー(設定2以上確定)以上が出現の可能性あり• ・MB消化中• MB消化中の目押し(左リールに白7・チェリー・白7を狙う)成功時に表示される画面で設定を示唆(大まかな期待度は枠色(青<赤<金)で示唆)• 基本画面 基本画面 偶数示唆(弱) 偶数示唆(強) 高設定示唆(奇数より) 高設定示唆(偶数より) 設定1否定&4以上に期待 設定2否定&4以上に期待 設定4以上濃厚&6に期待• ・BIG消化中• BIG消化中の技術介入成功時左リール上部にイオナ又はアシガラが出現• 高設定ほどアシガラが出現しやすい• 設定 アシガラ出現割合 1 19. ・ARS NOVA MODE消化中• ARS NOVA MODE消化中ベル10回毎に出現するミニキャラで設定を示唆• 全員集合キャラ出現で設定6• ・RT終了画面• 基本終了画面矛盾で高設定濃厚、この際の矛盾画面がパンク時の画面なら設定6?• ボーナス• 同時成立期待度• 設定 右チェリー スイカ 1 12. EPISODE BIG• 獲得枚数:252枚• Trident BONUS• 獲得枚数:250枚• BIG BONUS• 獲得枚数:205枚• MIDDLE BONUS• 獲得枚数:60枚• EPBIG終了後は次回までのRT• TridentBONUS・BIGBONUS終了後は100GのRT• MB終了後は50GのRT(次回までのRTへの昇格抽選あり)• EPBIG、BIG消化時は予告音発生時に右・中リールをフリー、左リールに白7・チェリー・白7を目押し。 成功後は順押しで消化• MB中は左リールに白7・チェリー・白7を目押し。 成功時に表示される画面で設定を示唆• ARS NOVA MODE• 継続ゲーム数:次回ボーナスまで• EPBIG、MENTAL MODEL MODE中の抽選から突入• BLUE STEEL MODE• 継続ゲーム数:100G or ボーナス成立まで• MENTAL MODEL MODE• 消化中はARS NOVA MODEへの昇格抽選を行う• 演出は3タイプから選択可能• 味方メンタルモデル• 高確率状態(赤帯)に移行すればチャンス• 敵メンタルモデル• 霧くまsパトランプ演出発生でチャンス• 霧の生徒会• 霧の生徒会5人集結で・・・• RT消化中は「アラート音」とともに液晶が白くフラッシュしたら左リールに白7を狙って消化。 失敗しても中、右リールに白7を狙えばOK• RT中の演出「エンディング」発生条件は3つ• 1.ARS NOVA MODE(無限RT)に1回以上突入• 2.ボーナスが3連以上• 3.条件1と2を満たした上でBIG後のRTが残り50G以下になった時点で発生• リール配列.

次の