セル の 書式 設定 ショートカット。 Excelセルの書式設定を開く、ふたつのショートカットキー

[セルの書式設定] ダイアログ ボックスをよく使う方へ|クリエアナブキのちょこテク

セル の 書式 設定 ショートカット

約 ~ 分 (約 文字) 2020-06-10• Keyword• Excel• CELL関数• 内容 CELL関数とは エクセルの「CELL関数」は セルの情報(書式・位置・内容)を返す関数です。 ・あるセルに対し計算する前に、そのセルに文字列ではなく数値が含まれていることを確認する場合などで使用します。 この様な場合に利用するのが「CELL関数」です。 注:セルを使用する数式には、言語固有の引数値があり、異なる言語バージョンのExcelを使用して計算した場合、エラーが返されます。 たとえば、チェコ語版のExcelを使用中にCELL関数を含む数式を作成すると、その数式はフランス語版を使ってブックを開いた場合に、エラーを返します。 別言語のExcelを使用しブックを開く場合は、代替の関数を使うorファイルのコピーを保存しておき言語に合わせてセルの引数を変更できるようにする必要があります。 構文と引数• 365• 2019• 2016• 2013• 2010• "col" 対象範囲の左上隅にあるセルの列番号。 "color" 負の数を色で表す書式がセルに設定されている場合は1。 それ以外の場合は0。 "filename" 対象範囲を含むファイルのフルパス名。 対象範囲を含むワークシートが保存されていなかった場合は、空白文字列 ""。 各種の表示形式に対応する文字列定数については次表を参照。 セルが負数に対応する色で書式設定されている場合、文字列定数の末尾に"-"が付きます。 正数またはすべての値をかっこで囲む書式がセルに設定されている場合、結果の文字列定数の末尾に" "が付きます。 それ以外の場合は0。 "type" セルに含まれるデータのタイプに対応する文字列定数。 セルが空白の場合は"b" Blank の頭文字 、セルに文字列定数が入力されている場合は"l" Label の頭文字 、その他の値が入力されている場合は"v" Value の頭文字 になります。 "width" 2つの項目から配列を返します。 配列の最初の項目は、セルの列の幅であり、整数に丸められます。 セル幅の単位は、既定のフォントサイズの1文字の幅と等しくなります。 配列内の2番目の項目はブール値で、列幅が既定値の場合はTRUE、ユーザーによって幅が明示的に設定されている場合はFALSEです。 CELL関数の表示形式コード 検査の種類が"format"で、"対象範囲"が組み込みの表示形式で書式設定されたセルである場合に返される文字列値を以下に示します。 Excel の表示形式 戻り値 全般 "G" 0 "F0" , 0 ",0" 0. 00 "F2" , 0. または?? 関連する関数• :ワークシート上のセル参照を文字列として返す.

次の

セルの書式設定

セル の 書式 設定 ショートカット

Excelで、セルの書式設定を、マウスでメニュークリックするのではなく、キーボードからショートカットキーで開く方法 「Excelの書式設定」 といえば、皆さんなんとな~くわかりますよね!? さらっと使いこなす程度であれば、画面の上の方に様々な機能が散りばめられているので、昔と比べると「Excelの書式設定」を開く必要がなくなっているかもしれませんが。 だがしかし!! よりコアな機能を使いこなしていくには、まだまだお世話になると思います。 「Excelの書式設定」を開く時、だいたいこんな感じで、マウスを使って「セルの書式設定」ウィンドウを開いているのではないでしょうか? セルの書式設定 呼び出し完了 このマウス操作に何も疑問をもたないで、日々作業をしている人が多いのではないか。 私はそう思う!! 何故かと言うと、 自分自身がそうだったからです。 この会社に入って10年を超えており、日々Excelは人並み以上には使いこなしていると軽く自負しております。 が、このマウスの作業に疑問を持つまでに7年くらいかかりました。 少々、お恥ずかしい話です。 ちゃんと、このマウス操作にも、 キーボードのショートカットが用意されています。 最初は少し面倒に思うかもしれませんが、キーボードのショートカットというのはそういうものです。 しかし、 慣れると絶対使ったほうが早い!! 今から必ず使って欲しいです!! ショートカットキーは、「Ctrlキー」+「左上にある数字の1キー」 テンキーの「1」では、書式設定が出てきません ちなみに、キーボードのショートカットの世界では、以下のキーは「まったく別なキー」として扱われます。 キーボードの上に並ぶ数字キー• テンキーの数字キー もちろん、どちらの数字キーでも機能するものもありますが、それはソフトを制作した人が「どちらでも大丈夫なようにプログラムしてくれたから。 」 使う人の事をわかってくれてますね、こーゆー人は。 (これは個人的な意見です。 わけあってそうしない事もありますからね。 ) 今回紹介しているショートカット以外でも、数字を使うショートカットがある時は、注意が必要です。 私は、こんなキーポジションでショートカットを使っています まぁ、参考にしてもらえればと。 書式設定を呼び出すキーポジション その1• 「Ctrlキー」を親指で• 「左上の数字の1キー」を中指で(人差し指でも、薬指でも好きにして) ちょっと左肘を上に上げると、手元が見えやすくなるのでキーを押しやすくなりますよ。 文章読んでるだけじゃ、よくわからないですよね、この説明。 ちょっと肘動かしてみてもらえれば、なんとな~く言いたいことが伝わると思われます。 Macの人は、「Ctrlキー」を「Commandキー」に変更してください まぁ、Mac愛用者にとっては、これは常識な知識かもしれませんね。。。 まぁ、Mac初心者の方のために、こちらの情報も記載しておきたいと思います。 本日の話は以上です 内容に対して何かありましたら(間違いとか)、 までご連絡いただけると幸いです。 明日は祝日ですな。 弊社はカレンダー通り、おやすみです。 そろそろ年賀状ちゃちゃっと作らないとな~……。

次の

エクセルの「書式設定」を3倍速く開くショートカット

セル の 書式 設定 ショートカット

1つずつ体で覚えます。 これもマウスから卒業しましょう。 Excelの見栄えを変える「セルの書式設定」 Excelでよく行う操作に 「セルの書式設定」があります。 「セルの書式設定」を行うことで セルの見栄えを変えることが できます。 ただ数字を表示していたものを、 小数点以下の表示をするようにしたり、 罫線で外枠を追加して強調したり、 黄色でセルを塗りつぶしたり、と。 何にもしないよりかは 「セルの書式設定」を行うことで 見栄えが変わり、 自分や相手が後から見ても 分かりやすいものに 変わりますよね。 マウスの右クリックで メニューを呼び出し 「セルの書式設定」をクリック、 という操作です。 でも、これもマウスを使うより ショートカットキーを 覚えた方が楽です。 これだけでこの画面が 呼び出されます。 例えば、「配置」を修正したい、 となれば、 「Tab」キーを押して、 配置の各項目に移動します。 「縮小して全体を表示する」 を選択したい場合は、 「Tab」キーを何度か押して その項目に移動して、 「スペースキー(空白の一番下、真ん中のキー)」 を押せば選択できます。 セルの書式設定の画面を 呼び出した後も マウスを使わずに操作 できるようにしたいですね。 ショートカットキーになぜ取り組むか ショートカットキーに なぜ取り組むかいうと 「時間のつかい方」に こだわるため、です。 マウスで操作するのか、 キーボードのショートカットキーで 操作するのか。 その時間差は数秒、 あるかないかです。 そう考えると マウスで操作すればいい、 と感じるかもしれません。 けれど、 その数秒の操作も 何千回、何万回となると 大きな時間の差に 変わります。 そもそも ショートカットキーを 使うことで 「時間のつかい方」に こだわる意識を持ち続ける ことができます。 まとめ 今日からExcelのセルの書式設定は 「Ctrl」+「1」 で呼び出してみましょう。 体が覚えるまで 繰り返し反復練習です。 【編集後記】 昨日の京都は祇園祭の クライマックスである 山鉾巡行。 なので、京都市内中心部は 混雑するだろうと 家族で郊外のイオンモールへ。 すると、 中学からの同級生に遭遇。

次の