魔女の家 感想。 僕と魔女についての備忘録(1話)ネタバレと感想!魔女への恋心

魔女の恋愛|キャスト・あらすじ・感想!パクソジュンOSTも紹介!

魔女の家 感想

において公開されているであり、最新版は公開のver. 08となっている。 本作は「謎解きのおもしろさや斬新な設定」でのにおいても話題になったとされ 、ふりーむ! の累計ダウンロードランキングでは1位(10月31日時点)となっている。 でリマスターされた『魔女の家MV』(英題:The Witch's House MV) が、2018年10月31日、DANGEN Entertainmentよりにリリースされた。 概要 [ ] 森の奥に位置する魔女の家からのであり、プレイヤーは手がかりをもとに謎を解いていくが、行動や選択肢を誤るとの少女ヴィオラは即死してしまう。 作中において登場する「魔女の日記」からは、主であるの半生を断片的に知ることができる。 そして最深部にある日記から、魔女の本当の目的が明らかとなる。 評価と影響 [ ] ()では、数多くの仕掛けによる無残な死と『』の非日常的な恐怖感を併せ持った作品として紹介されている。 もぐらゲームスの記事では、「ホラー要素の卓越性はもちろん、『かわいい』と『怖い』の相性の良さに驚かされ」たと評されており、「いたいけな少女が、世にも壮麗な館で、愛くるしい動物たちに囲まれているからこそ、彼女を襲うおぞましいシチュエーションの異様さがいっそう際立つ」とされている。 また複数用意されたについては、「鮮やかな手法」によって「今までのプレイすべての意味すら変えてしまう」ものであり、「本作を名作たらしめている」と評されている。 ツクールwebのコーナー「名作図書館」では、「何かに追い掛けられる恐怖、部屋の禁忌に触れ無残にやられる恐怖、謎解きに失敗できない緊張から来る恐怖など、バリエーションも豊かな恐怖が『楽しめる』」と評されており、また仕掛けごとに独自の「死に方グラフィック」を用意している点についても評価されている。 の記事において徳岡正肇は、RPGツクールによる名作の一つとして『』とともに本作をあげている。 の記事「で作ったゲームが2010年代日本で人気の不思議」において飯田一史は、『』『青鬼』『Ib』『魔女の家』という「先駆があったおかげ」で「ホラー、が隆盛している」と述べている。 「ブリキの時計」が『』(公開)を制作するきっかけは、本作をプレイしたことであるという。 2015におけるプロデュースの超ホラーゲームお化け屋敷では、『』『クロエのレクイエム』『』『』とともに題材となった。 ニコニコ超会議2016の超ホラーゲームお化け屋敷においても、『』『』『』『Death Forest』『青鬼』とともに題材となっている。 エレンの日記 [ ] 2013年にから『魔女の家 エレンの日記』(イラスト:おぐち、)が発売された。 作者であるふみー自身が執筆を担当しており、ゲーム原作者による書き下ろし小説はフリーホラーゲーム史上初めてとされる。 と出会い魔女となった少女エレンの物語であり、ゲーム本編に先立つ内容である。 からに訳版()が発売された。 またによる版が『』()2017年7月号から連載されており 、同年に ドラゴンコミックスエイジから単行本( )として発売されている。 『魔女の家 エレンの日記』の版としても発売されている。 テキストは紙書籍版とほぼ同一。 一部加筆、修正あり。 書籍版との違いは、小説執筆当時にお蔵入りしていた掌編「黒猫のモノローグ」が収録されていること、原作者書き下ろしの表紙1点挿絵35点が収録されていることである。 魔女の家MV [ ] 2018年にからがにリリースされた。 開発ツールはからに変更されている。 魔女の家の作者であるふみーによれば、キャラクター、マップなど、すべてのグラフィックを作り直し、2Dならではの美しさ、「魔女の家」らしい雰囲気作りにこだわり、開発期間は、フリー版の5倍以上を費やしたということである。 グラフィック向上のほか、フリー版にはない新要素として、難易度選択が実装されている。 高難易度モードでは、フリー版と比較して謎解きなどの攻略方法が変更されたほか、日記の内容等が変更されるなど、フリー版にはなかった要素が追加されている。 脚注 [ ] []• - (2014年1月14日アーカイブ分)• 2018年10月31日閲覧。 KADOKAWA. 2019年3月1日閲覧。 Jay is games 2012年11月17日• もぐらゲームス 2014年9月6日• 4Gamer. net 2018年4月24日• Excite Bit コネタ 2016年9月12日• 2015年3月26日• 2015年5月6日• 2016年4月29日• 2016年4月30日• - (2017年9月6日アーカイブ分)• 2017年6月9日• コミックナタリー 2017年12月10日 外部リンク [ ]•

次の

魔女の家 (まじょのいえ)とは【ピクシブ百科事典】

魔女の家 感想

魔女の宅急便の登場人物 キキ 主人公。 魔女の女の子。 13歳で家を出て一人立ち。 ジジ キキの相棒。 キキと同じ歳。 魔女は黒い服と黒猫と決まっているらしい。 コキリ キキの母親。 心配性の一面もあり。 オキノ キキの父親。 普通の人間で研究者。 魔女の研究をしている。 おソノさん キキが新しい町に降り立った時に一番最初から優しくしてくれる人。 パン屋を営んでいる。 トンボ キキのことに興味を抱いている少年。 飛行機の研究をしたいようで、キキが飛ぶことを研究材料として使いたいと思っている。 魔女の宅急便のあらすじ(簡単な話の内容) 魔女の家に生まれたキキは独り立ちする日を迎えていた。 キキのお母さんは魔女、お父さんは普通の人間です。 この場合、魔女になることが一般的ですが10歳になると魔女として生きるか、普通の人間として生きるか決めることができます。 試しにほうきで飛んでみると飛ぶことができたので魔女として生きることに。 魔女として生きると決めたら、しきたり通り13歳で家を出ることになりました。 魔女には黒い服に黒い猫。 キキ曰く古くさいしきたりがあるみたいですが、自分が育った町を出て一人で暮らすことに。 キキが新しい町で経験することとは? 新しく出会った人たちによって生まれるキキ自身の変化、人のぬくもり、青春、ちょびっと恋愛も。 みんなキキのことを応援したくなる、彼女の成長物語。 読書感想文例文(小学校中学年・高学年向け1200文字以内) 題名(タイトル):キキみたいに挑戦したい わたしは魔女の宅急便が大好きです。 あんまり本を読んだりしないけど、この本は面白くてスラスラ読めました。 キキも好きだし、ジジだって好きだし、このお話に出てくる登場人物はみんな好き。 でも、キキが新しい町に降りた時に町の人が全然歓迎していないのはちょっとかわいそうでした。 新しく来た人だったら絶対に不安なのに、あんな態度でむかえられたら誰でもいやになると思います。 キキひとりだったら心が折れてしまうかもしれないけどジジがいてよかったなぁ。 ジジはずっとキキの味方でいてほしいです。 一人で飛び立つ前にお母さんのコキリさんがすごく心配していたのが、わたしのお母さんと一緒だなぁと思いました。 なにかあったらすぐ心配するし、学校は楽しい?とか、仲良くやってる?とか、いっぱいきいてきます。 お母さんの仲良しのお友達にだってわたしの話をいっぱいしているのを知っています。 お母さんという生き物は心配するものなのかな、とこれを読んで思うようになりました。 心配をあまりかけないようにしなきゃな。 あと、お母さんが言うことは大体当たっています。 大きい町に行くより小さい町の方が良くしてくれるっていうのもコキリさんの言うとおりでした。 大きい町だから、みんなキキのことをあんまり気にしてくれないし冷たかった。 だからおソノさんがキキに優しくしてくれた時はとってもうれしかったです。 住む場所も用意してくれて本当にいい人だなぁと思いました。 おソノさんが優しくしてくれたから、町の人ともすぐ仲良くなれるかな、と思ったけどそうじゃなかったです。 キキはしばらく部屋にこもります。 わたしもキキの気持ちはすごくわかります。 わたしは、ピアノを幼稚園の時から習っていて、もうコンクールにも何回も出ているけどうまくいったと思ったのに賞を取れなかった時とかはキキと同じ気持ちです。 ふとんにくるまってそこから動きません。 しばらくしてまたがんばろうって気持ちになるので、キキが部屋から出て新しいことを始めた時はうれしかったし、自分のことみたいにうれしかった。 キキも最初はうまくいかないけど、だんだん町の人に頼ってもらえるようになって仕事も増えてきたので新しい町が気に入ったのだと思います。 家族がいる町に帰った時にすぐ帰りたくなったのもそういうことなのかなぁ。 まだ町の人とも仲良くなりたてなので、キキのこの先のお話も読んでみたいなぁと思いました。 これから、キキみたいに色んなことに挑戦してみたいです。 「映画が無料で見れる!本が600円分無料で買える!」 ユーネクストなら 映画やドラマ、アニメなどが無料で31日間も見放題。 さらに無料でもらえる600ポイントを使って、本やマンガの電子書籍も購入できちゃいます。 もちろん31日以内に解約したら費用は一切かかりません。 「読書感想文の本を買いに行くのがメンドウだ…」 「本が苦手だから先に映画を見てストーリーを把握したい…」 そんな人にオススメのサービス。 今でしたら映画「ビリギャル」、「8年越しの花嫁」、「植物図鑑」、アニメ「バッテリー」、「この世界の片隅に」なんかが無料で見れます(2020年6月30日時点)。

次の

魔女の宅急便 読書感想文の書き方と例文。小学生向け!

魔女の家 感想

概要 少女ヴィオラは、森の中にたたずむ謎めいた館へと容赦なく引き寄せられている。 そこは痛みと混乱、そして死の場所である。 その憎むべき闇と忌まわしい過去を調べよ。 君の行く手を阻む謎を解け。 そして魔女の家の地獄のような空間から逃げ出そう。 Steamストアページより 本作は元々RPGツクールVXで製作されたフリーのホラーゲームで、謎解きや雰囲気が人気を博し他メディアへも進出しつつあるようです。 また2018年にはツクールMVでリメイクされたバージョンがSteamで販売されています。 そんな本作ですがAndroid版リリースで知りプレイしてみましたが、Android版は操作性に難があって攻略を断念しPCフリー版で攻略しました。 今回はその感想となります。 ホラー死にゲー 本作の主人公は13歳の少女「ヴィオラ」です。 彼女が一人森の中で佇んでいる所からゲームは始まります。 何の説明もなく喋る黒猫が現れて、アドバイスとも何とも分からない発言をしますが、ゲームの雰囲気から何となく本作はそういう物だろうと受け入れてしまいます。 ちなみにこの黒猫はセーブポイントで、ゲーム最終盤までお世話になります。 森から出る手段が無く、主人公は黒猫に見守られ「魔女の家」に入りますが、これはAndroid版プレイヤーに取って地獄の始まりと言えます。 舞台となる魔女の家前。 「魔女の家」は家というよりは屋敷や館といった規模の建物で、全5フロアからなります。 本来は家と言っても良い建物が、魔女の力で変容している可能性もあり、実際そういった事を思わせる部分もあります。 そしてその建物は入った直後の部屋で壁で圧殺する事で初見プレイヤーに洗練を喰らわせ、本作が即死ギミックを多数搭載した死にゲーであると気付かせてくれます。 その後も即死ギミックで死にながらトライアンドエラーを繰り返し、即死ギミックを回避しつつ謎解きして進んで行きます。 しかしAndroid版では操作性が大きな壁として立ちはだかります。 操作性など比較 個人的に最も多く死亡した場所です。 記事冒頭で述べましたが、元々Androidをプレイしてその感想を書く予定でした。 しかし個人的な操作も悪かったのかも知れませんが、Android版の操作性に難がある事は間違いなく、アプリ内プレイ時間は50分足らずながら実際の総プレイ時間は2時間を超え、カウントされる死亡回数は100回を超えたにも関わらず、最後を攻略出来る気配が無かった為、Android版での攻略を断念しました。 それからPCフリー版をDLしてプレイした所、1時間程度で攻略しました。 格段に短時間で攻略出来たのは、謎解き方法を知っていたこともあるでしょうが、操作性が段違いであった事は間違いありません。 今回プレイしたAndroid版とPCフリー版の違いについて、以下に記載します。 Android Android版初期位置。 Android版の操作はフリックで移動するという物です。 通常の操作ではさほど気になりませんが、本作では「熊」に代表されるような、迫って来る敵に捕まれば死亡という場面が多々あります。 そういった場合、敵を室内で撒いてから逃げる事を要求される事もあり、そういう時にスムーズに操作出来ずに引っかかったり、1キャラ分の通路に上手く出られなかったり、指でキャラが隠れて誤操作といった有様で死にまくる事になります。 あと画面が切り替わるとフリックし直さなければならず、最終局面においては画面の切り替えにタイミング合わせてフリックし直さなないと死に直結し、おまけに画面の切り替えも多発します。 PC版より救済措置は多く、広告を見る事で死ぬ直前の場面からリトライする事も出来ます。 Android版はこの後が限界でした。 ただ操作性では劣る物の、PCフリー版よりグラフィックは洗練されていて、バイブレーションを用いた演出などといった部分はPC版より優れていると言えます。 PCフリー(ツクールVX) PCフリー版初期位置。 PCフリー版メニュー。 PCフリー版はRPGツクールVXで製作されていて、後発であるAndroid版と比べてグラフィックは粗削りといった印象です。 またリトライ機能が無く、死ねばセーブポイントからやり直しとなります。 しかし物理キーボードが使える事があって、操作性は段違いと言えます。 その為死亡回数はAndroid版と比べて問題にならない程度に留まり、リトライ出来なくてもさほど気になりませんでした。 PC版でようやくここに到達しました。 ホラーゲームとしての感想 操作性などを抜きにして、純粋にホラーゲームとしての感想です。 本作の展開を簡単に説明すると「魔女の家」という得体の知れない空間からと森から脱出するのが目的と言えます。 恐らく魔女によって変容してしまったと思われる「魔女の家」は想像以上に不気味な空間で、複数のキャラが登場しますが、即死ギミックである敵キャラを除けば姿形が描写されているのは黒猫や花とカエルくらいの物で、それ以外のキャラはどういった姿形か分からないという得体の知れない不気味さがあります。 もっとも上記の姿形が描写されているキャラは、姿形が見えないとゲーム進行に支障があるという面もありそうです。 また不意に赤い物が壁に付着したり、甲冑が歩いたりといった細かい演出も多く、本作の不気味な雰囲気を強くしています。 そんな不気味な館での謎解きという部分は徹底していて、本作では扉の解錠するのに鍵は使わないと作中で明示されています。 必ず何かしらの仕掛けを解除しなくてはいけないというわけです。 その反面ストーリー性は弱く感じ、作中の多くないテキストから色々設定があるのは感じられますが、作中で直接の描写はしていません。 その為ひたすら謎解きしている印象が無くもありません。 しかしストーリー性が多少薄く感じても、不気味な雰囲気や謎解きといった要素が秀逸な為、ホラーゲームとしては優れていると言えます。 ホラーゲームとしての雰囲気は充分です。 まとめ 本作は短時間で楽しめるホラーゲームとして製作されています。 純粋にホラーゲームとして見ると良作と言えますが、Android版では操作性が障壁となります。 今後操作性について修正がなされる事を期待したい所です。

次の