スペスペ タイムライン 共鳴。 GitHub

希望の園エデン零式:共鳴編4層タイムラインです。 · GitHub

スペスペ タイムライン 共鳴

導入方法 から 最新版のHojoringをダウンロードします。 ダウンロードした ACT. Hojoring-vX. 7zを右クリックし、 プロパティを開きセキュリティの項目の 「許可する」にチェックを入れます。 解凍したフォルダをACT本体があるフォルダに移します。 ACTを起動し、Pluginsタブから、先ほど移したHojoringフォルダの中にある、 使用したいプラグインを選択し、追加します。 スペスペの場合、ACT. SpecialSpellTimer. dll を追加 スペスペの使い方 スペスペでは、使用したスキルや、敵の攻撃などに反応するトリガーを作成できます。 例えば、PTメンバーが「だまし討ち」や「連環計」などを使用したときに、音声などで通知したり、残り何秒でリキャストが完了するのかといった情報を表示させることができます。 まず、スペスペには 「スペル」と 「テロップ」という2つの管理方法があります。 「スペル」では表示優先順位や座標などをカテゴリーで管理できます。 表示順をマッチング条件によって相対的に移動させたい場合や、シナジースキル群や、軽減スキル群などカテゴリーで管理したいものを登録すると良いと思います。 「テロップ」では、表示座標を固定し、単一で管理したいものを登録します。 今回は 「スペル」での「だまし討ち」の設定を例に、各項目について簡単に説明していきます。 General タブ スペルの名前 ここに設定した名前がスペスペ表示上の名前となります。 今回は「だまし討ち」と設定します。 スペルパネル ここではスペルパネル 親カテゴリ の設定ができます。 今回はシナジースキルのパネルとして追加するのでシナジースキルを設定します。 表示の優先順位 スペルパネル内の優先順位を設定できます。 例えば「シナジースキル」というスペルパネルに「だまし討ち」と「バトルリタニー」の2つが入っていたとすると、どちらを上に表示させるかを決められます。 ソート順設定で固定配置にしたときに役に立ちます。 マッチングワード トリガーは、ここに入力したものを検出して動作します。 基本的な方法としては、FFXIVゲーム内のバトルログに出力される文字を入力します。 「だまし討ち」のログの場合は、 の「だまし討ち」 の部分が良いでしょう。 に「被ダメージ上昇」の効果 でも良いように思えますが、「被ダメージ上昇」というステータスを付与できる味方や敵は複数存在 機工師のタレットなど するため、特定のジョブなどの追加の条件指定が必要になります。 このほかにもや、を使ったマッチングワードの指定方法があります。 例えば、 に「バトルリタニー」の効果 というログの場合、リタニーは範囲スキルですので、この効果を受けるPTメンバー全員分のログがマッチングしてしまいます。 そこでを活用します。 に「バトルリタニー」の効果 とすることで自分に対するログのみマッチングさせるように設定できます。 実際のログとは異なる、正規表現やプレースホルダなどを使用する場合は正規表現の項目をONにしましょう。 これによって延長効果が付与されたカードや、ダイレーション、同じスキルで上書きされた際などに自動的に効果時間が延長されます。 リキャスト時間ではなく、効果時間を管理するトリガーを作成したい場合は活用すると良いでしょう。 正規表現は便利ですが、多用すると負荷が掛かります。 正規表現無しでマッチングさせれるものは極力使用しないことをお勧めします。 他にも正規表現を使った複雑なトリガーを作成することができます。 に例がいくつか紹介されているので参考にしてみると良いでしょう。 アーゼマの均衡 オシュオンの矢 サリャクの水瓶 ハルオーネの槍 ビエルゴの塔 世界樹の幹 from?. for? リキャストを表示したい場合は、リキャスト時間を 効果時間を表示したい場合は、効果時間を入力します。 今回の 「だまし討ち」の場合、効果時間はデバフ欄や音声でも確認することができるため、スペスペでしか確認できない要素である リキャスト時間の60秒を設定します。 延長マッチングワード そのままの意味の項目ですが、使用することは少ないです。 基本的にはマッチングワードと同様のものを設定します。 リキャスト時間の最大値 延長した際にここで設定した秒数を超えないようにできます。 X秒未満のとき警告色に変える 色はVisualタブで設定することができます。 X秒未満のときブリンクさせる 点滅するようになります。 自身のジョブによるフィルタ ここで設定したジョブを自身が使用した場合のみ、このトリガーが反応するようになります。 パーティメンバーのジョブによるフィルタ 特定のジョブが発動した場合のみ、このトリガーが反応するようになります。 「だまし討ち」の場合は忍者と双剣士を設定しておくと良いでしょう。 現在のゾーンによるフィルタ 特定の場所でのみ、このトリガーが反応するようになります。 敵が使用するスペルのトリガーを作成する場合は設定すると良いでしょう。 前提条件 作成したほかのトリガーとの連携を設定できます。 Aが動作した場合のみ や、 Aが動作していない場合のみ など Visual タブ ここの項目は別段解説する必要はないと思います。 フォントの種類やサイズや色、プログレスバーの大きさなど自由に設定しましょう。 私の場合は、ゲーム内と同様にアイコンのみの表示にし、シナジースキル用の疑似ホットバーを作成しています。 このような表示にしたい場合、スペルパネルの親項目を選択し、 水平レイアウトと、ソート順を固定配置に設定します。 Notice タブ ここではマッチングした際に、出したい音や、喋らせたいTTSを設定できます。 私の場合は「だまし討ち」がマッチングした際、効果音とTTSを、10秒後に効果音を設定しています。 Hojoringのアップデート方法 v5. 10のころから補助輪は自動でアップデートが通知されるようになりました。 更新がある場合、ACTを起動するとポップアップが表示されます。 YESを選択すると、Windows PowerShellが開き、自動アップデートが開始されます。 Are you sure? [Y] or [n]: と表示されるので、 Yを押してEnterキーを押します。 アップデート処理が始まり、 press any key to exit... : と表示されれば Enterキーを叩けば完了です。

次の

極ハーデス ACTカスタムトリガー

スペスペ タイムライン 共鳴

当たると被ダメ上昇、与ダメ低下デバフが付くので注意しましょう。 ドームヴォイド・クリーバー…8人全員にボスからビーム攻撃。 8方向に分かれて受ける。 ダークホーリー…頭割り攻撃。 基本はボス背面で受ける ドームヴォイド・スライサー…ボス中心のドーナツ型範囲攻撃 ドームヴォイド・ギロチン…ボス前後への帯状範囲攻撃 ダークファイガ…マーキング対象者に範囲攻撃 ディレイスペル…次に詠唱する技の発動時間をズラす パニッシュレイ…8つのペイン床が出現するので、時間内に持ち場の床を踏む シャドウアイ…対象者からの視線攻撃で当たると石化。 対象者は目をPTに向けない、もしくは他メンバーは対象者を見ない。 ヘルウインド…マーキング対象者2名のHPを1にする シャドーフレイム…MTとSTに大ダメージ。 軽減強化or無敵受け エントロピー…全体ダメージ エレボスの巨腕…エリアの東か西に腕が出現する。 赤い線が出ていたら腕から前方広範囲の攻撃(腕から遠ざかって回避)。 紫の線なら腕からのノックバック攻撃(腕に近づくかノックバック無効スキル)。 フレア…マーキング対象者がいた位置からの距離減衰攻撃。 散開位置に捨てる。 MTが対象になった場合はボスを中央で維持するためにスイッチする。 光と闇の調和…白と黒のサークルでマーキングされるので、白黒ペアになるように2人ずつ集合して受ける。 集合位置はクリーバーの東西南北基準。 クワイタス…全体ダメージ。 1回発動ごとにボスが強化。 終盤に連続でくるので、後半のクワイタスに軽減をいれましょう。 スポンサードリンク 各技の注意点やポイント <ディレイスペルについて> 次に詠唱する技の発動が遅れるギミックです。 タイムラインにて()表記している技が遅れて発動します。 実際の着弾目安もタイムラインに記載しているので参考程度に。 詠唱されればマーキングなども出現しますが、ディレイスペルがかかっていればすぐには発動しないので、 詠唱時点での散開や集合は不要です。 着弾が近づいたら(時計マークのカウントが5以下)持ち場に移動しましょう。 <ニュクス(雑魚)について> ドームヴォイド系の技の後に必ず出現します。 それぞれ雑魚の動きが異なるので注意してください。 MTがなるべくボスを動かさないようにニュクスを回避するには、ターゲットサークルのボスの向き矢印の先あたりに立って、ニュクス同士の間に立つようにすると動かず回避できます(クリーバーとスライスの場合)。 ギロチンの場合はすぐに中央に戻って雑魚の向きを確認し、中央の雑魚が背後を向いていればそのまま、正面ならターゲットサークル内で移動回避すればボスを動かさずに済みます。 <パニッシュレイについて> 踏んでいる間ペインがつきます。 紫のモヤモヤが降ってくる前に踏んでおけばOKなので、急いで乗る必要はありません。 特にタンクはギリギリで乗ったほうが良いでしょう。 また、タイムライン29のヘルウインドと同時にくるところでは、ヘルウインドが先に着弾するので 対象者が急いで乗ると死にます。 ヒーラーは早期回復を心がけ、ヘルウインド持ちは回復を受けてから踏みましょう。 ヘルウインド対象者は頭割りに参加しない位置で攻撃しましょう。 シャドウアイ対象者は集合しているメンバーの少し後ろで頭割りに参加するのがベストです。 <2連フレアについて> タイムライン39〜45あたりのギミックです。 いずれのフレアにもディレイスペルがかかり、着弾がズレます。 フレア対象者はマーキングのカウントを見つつ殴り、残り5が見えたら持ち場に散開すると良いでしょう。 1回目のフレアが着弾するとほどなくしてダークホーリー(頭割り)も着弾するので、しっかり集合を。 フレア自体もかなり痛いので、HPを素早く戻しましょう。 2回目のフレアのタイミングでシャドウアイ(2名)も着弾します。 シャドウアイの位置はマクロに従いますが、おそらくボス背面の仲間より少し後ろで北を向くパターンが多いかと思います。 従って 2回目のフレア対象者は着弾時に外側を向いて受けましょう。 画像ではMTも背を向けていますが、南側で殴っている人たち(H1D2)の位置で背を向ければ殴り続けられるかと思います。 エデン零式2層タイムライン 順番 技名 概要 1 ドームヴォイド・クリーバー ボスから全員に直線範囲攻撃。 重ねない 5 ディレイスペル 次のダークホーリーの発動時間をズラす 6 (ダークホーリー) 詠唱のみ。 14あたりで着弾 7 パニッシュレイ 持ち場にある円範囲を踏む 8 ディレイスペル 次のダークファイガの発動時間をズラす 9 (ダークファイガ) 詠唱のみ。 12あたりで着弾 10 ディレイスペル 次のシャドウアイの発動時間をズラす 11 (シャドウアイ) 詠唱のみ。 14あたりで着弾 12 9のダークファイガ着弾 対象者は散会しておく 13 ヘルウインド 対象者2名のHPが1になる。 頭割に参加せず散会しておく 14 6のダークホーリー+シャドウアイ着弾 ヘルウインド対象者以外で頭割。 シャドウアイの人は位置に注意 15 シャドーフレイム MTとSTに大ダメージ 16 エントロピー 全体ダメージ 17 エレボスの巨腕(赤線) 繋がれた腕の反対側に移動して回避 18 ドームヴォイド・ギロチン ボス前後に帯状範囲攻撃 19 ドームヴォイド・スライサー ボス中心のドーナツ型範囲攻撃 20 エレボスの巨腕(紫線) 繋がれた腕からのノックバック。 腕側に近づく 21 ドームヴォイド・クリーバー ボスから全員に直線範囲攻撃。 散会位置で受ける 22 シャドーフレイム MTとSTに大ダメージ 23 エントロピー 全体ダメージ 24 ディレイスペル 次のヘルウインドの発動時間をズラす 25 (ヘルウインド) 詠唱のみ。 29あたりで着弾 26 フレア 3名にマーキング後、各位置からの距離減衰攻撃。 3箇所に離れて捨てる 27 ディレイスペル 次のシャドウアイの発動時間をズラす 28 (シャドウアイ) 詠唱のみ。 29あたりで着弾 29 ヘルウインド+パニッシュレイ+シャドウアイ 対象者2名のHP1+持ち場の円範囲踏む+視線持ちは仲間の方を向かない。 他メンバーも向きを意識すれば安全 30 シャドーフレイム MTとSTに大ダメージ 31 エントロピー 全体ダメージ 32 光と闇の調和 白と黒のペアで重なって受ける 33 ドームヴォイド・クリーバー ボスから全員に直線範囲攻撃。 まだ散会しない。 45あたりで着弾 40 エレボスの巨腕(赤線or紫線) 赤なら腕から離れる、紫なら近づく 41 ディレイスペル 次のダークホーリーの発動時間をズラす 42 (ダークホーリー) 詠唱のみ。 51あたりで着弾 49 ディレイスペル 次のダークファイガの発動時間をズラす 50 (ダークファイガ) 詠唱のみ。 52あたりで着弾。 フレア持ちは外周を向く 52 ダークファイガ着弾 対象者3名に範囲攻撃 53 光と闇の調和 白と黒のペアで重なって受ける 54 パニッシュレイ 持ち場にある円範囲を踏む 55 ドームヴォイド・クリーバー ボスから全員に直線範囲攻撃。 散会位置で受ける 56 シャドーフレイム MTとSTに大ダメージ 57 クワイタス 全体ダメージ。 詠唱する度にボスに強化バフ 63 クワイタス 全体ダメージ。 詠唱する度にボスに強化バフ 64 クワイタス 全体ダメージ。 詠唱する度にボスに強化バフ 65 クワイタス 詠唱完了で時間切れ.

次の

希望の園エデン零式:共鳴編4層タイムラインです。 · GitHub

スペスペ タイムライン 共鳴

ACT. Hojoring 「補助輪」 Advanced Combat Tracker の FFXIV向けプラグインの詰合せです。 スペスペ・ウルスカ・TTSゆっくりをまとめて「補助輪」 という名称でリリースしています。 通称「スペスペ」 アビリティなどのリキャストを表示するためのプラグインです。 基本的にログに対するトリガとして動作します。 通称「ウルスカ」 ターゲットのHPや距離、周囲のモブの検知などを行うプラグインです。 リアルタイムにメモリ情報を読み取って表示などを行います。 ほぼすべてのTTSエンジンを網羅しています。 またTTSをDISCORD BOTを経由してDISCORDのボイスチャットとして通知することもできます。 最新リリース インストール マニュアルインストール• 各種ランタイムをインストールする をインストールする。 最新版を取得する からダウンロードします。 解凍する ダウンロードしたプラグイン一式を解凍し任意のフォルダに配置します。 ACTに追加する ACTにプラグインとして追加します。 3つのプラグインそれぞれを登録します。 必要なものだけ登録してください。 もちろんすべて登録しても問題ありません。 ACT. SpecialSpellTimer. dll• ACT. UltraScouter. dll• ACT. TTSYukkuri. dll 詳細な手順は を読んでください。 動作環境• 1 では原則的に動作しません)• NET Framework 4. 1 以降 使い方 基本的に を見てください。 おすすめ設定とか教えて 下記でサンプルなどを共有しています。 [必読]• Hojoring の設定ファイルあれこれ• よって、OSの再インストール等のときはこのディレクトリを丸ごとバックアップして再インストール後に配置しなおせば、再インストール前の設定を復元できます。 設定ファイル ACT. SpecialSpellTimer. config ACT. TTSYukkuri. config ACT. UltraScouter. config それぞれ、スペスペ・ゆっくり・ウルスカの設定ファイルです。 スペスペではトリガ以外のオプション関係の設定が保存されています。 他のプラグインではプラグインそのものの設定が保存されています。 スペスペのトリガの設定ファイル ACT. SpecialSpellTimer. Panels. xml ACT. SpecialSpellTimer. Spells. xml ACT. SpecialSpellTimer. Telops. xml ACT. SpecialSpellTimer. Tags. xml スペスペの各種トリガの設定ファイルです。 それぞれ、スペルパネル・スペル・テロップ・タグの設定ファイルになります。 アップデート Help タブからアップデートしてください。 ps1 スクリプトを編集してください。 配布されたバイナリに対してリバースエンジニアリング等を行い内部を解析する行為• 配布されたバイナリのすべてもしくは一部を本来の目的とは異なる目的に使用する行為 お問合わせ なんかエラー出た 開発者に質問する場合は、下記の情報を添えてください。 ACT本体のログファイル• 当プラグインのログファイル• 起動できないなどUIから取得できない場合は下記のフォルダから収集してください。 Hojoring. YYYY-MM-DD. log スペルが動かない 前述の情報に以下の情報も追加で必要になります。 引っ掛けたい対象のログ• 対象のスペルやテロップの設定 これらの情報がない場合は回答できません。 まったく分かっていない リモートでサポートすることも出来ます。 下記のいずれかのリモート機能を使用して 経由でリモートサポートを依頼してください。 また、リモートサポートの依頼ではなくても説明が困難な場合はリモートによる設定を案内する場合があります。 その場合は案内に従ってください。 問合せフォーム からチケットを登録してください。 から既存の課題、現在の状況を確認出来ます。 重複する質問はご遠慮ください。 連絡先 discord: mail: anoyetta at gmail. com twitter: まで。 基本的に issues からお願いします。 issues の課題から優先的に対応します。 どうしても直接連絡したい場合はなるべく discord を使用してください。 どこに振り込んだらいいんだ? 無償で提供しています。 どうしても寄付したい方は anoyetta at gmail. com 宛てに を送ってください。 大好きな コカ・コーラ ゼロ を買って開発時に役立てます。 DONATION I can receive only sendto: anoyetta at gmail. com 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 , LTD. All Rights Reserved.

次の