報道 ステーション アナウンサー。 報道ステーション歴代出演者・アナウンサー・コメンテーター一覧!

報道ステーション歴代出演者・アナウンサー・コメンテーター一覧!

報道 ステーション アナウンサー

徳永有美アナの経歴は?内村との不倫で離婚し、2時の母へ。 Abema TVでアナウンサー復帰。 徳永アナは石川県金沢市出身、1975年8月14日生まれの42歳(記事執筆時点)。 大妻女子大学卒業後、1998年4月にアナウンサーとしてテレビ朝日に入社した。 学生時代に陸上の経験があったことから、テレビ朝日入社後はスポーツ番組を担当。 その他にも「やじうまワイド」や「内村プロデュース」などのバラエティも担当し、人気女子アナとなった。 2001年に同じテレビ朝日の社員と結婚を発表。 2003年4月には担当していた「内村プロデュース」や「スーパーモーニング」などを急遽降板。 結婚したばかりであったが2003年9月には突然の離婚。 これらの背景には内村光良との不倫があったとされている。 2004年4月から1年間「報道ステーション」で木曜・金曜にスポーツコーナーを担当。 2005年にテレビ朝日を退職し、同年4月23日に不倫が噂されていた内村光良と再婚した。 その後2人の子供を出産している。 テレビ朝日退職後は専業主婦をしていたが、2017年1月よりAbema TVの「Abema Newsチャンネル」でアナウンサーとして復帰している。

次の

富川アナは、肺炎の症状が続く 『報道ステーション』が番組内で説明

報道 ステーション アナウンサー

報道ステーション歴代アナウンサー・キャスター一覧 報道ステーションの歴代キャスターをまとめました。 メインキャスターとサブキャスターともに紹介していきます。 古舘伊知郎 報道ステーションの初代メインキャスター。 2004年の放送開始から、2016年3月31日の放送までキャスターを担当しました。 報道ステーションを担当する前はプロレス実況やスポーツ実況を中心に活動。 報道ステーション出演終了後はバラエティー番組などに出演を果たしています。 富川悠太 報道ステーションの2代目メインキャスターを担当。 2016年4月11日から担当しています。 テレビ朝日のアナウンサーで、二児の父親。 2006年に結婚。 河野明子 2004年4月〜2009年3月までサブキャスターを担当しました。 当時中日の選手であった井端弘和氏と結婚したため、2009年3月31日にテレビ朝日を退社。 報道ステーションも降板となりました。 市川寛子 2009年4月1日〜2011年4月1日までキャスターを務めました。 サブキャスター担当までは気象予報のコーナーを担当していましたが、前述のように2009年4月にサブキャスター就任。 2011年の報道ステーション降板後は他の報道番組のキャスターを担当しました。 小川彩佳 2011年4月〜2018年9月まで、サブキャスターを務めました。 報道ステーション担当前は他の報道番組を歴任し、その後、放送ステーションのサブキャスターに就任。 その間、古舘アナの降板もありましたが、サブキャスターを継続。 2018年9月までの7年半の間、サブキャスターを務めました。 番組降板後はAbemaTVのニュース番組のキャスターに就任する。 徳永有美 2018年10月から放送ステーションを担当。 過去にスポーツコーナーを担当しており、13年ぶりに報道ステーションに復帰することになりました。 2005年にウッチャンナンチャンの内村光良と結婚。 報道ステーション歴代スポーツ担当アナウンサー一覧 報道ステーションの歴代スポーツ担当のアナウンサーを一覧にしました。 武内絵美 2004年の番組開始当初から、2011年8月までキャスターを務めました。 2010年に結婚し、産休の為に番組を降板。 徳永有美 2004年4月〜2005年4月までの約1年間スポーツ担当のキャスターを務めました。 結婚を契機にキャスターを降板。 前述の通り2018年に報道ステーションに復帰。 青山愛 2014年の3月31日から、2016年3月31日まで、スポーツを担当。 スポーツ担当になる以前はお天気担当も、2年半ほど務めていました。 報道ステーション卒業後はマツコ&有吉の怒り新党などに出演。 寺川俊平 2016年4月から2018年9月まで、スポーツコーナーを担当。 その他スポーツ中継などを担当しています。 寺川綾 2016年から報道ステーションのスポーツコーナーを担当。 元競泳の選手で、ロンドンオリンピックでは銅メダルを獲得しています。 報道ステーション歴代お天気担当キャスター 過去のお天気キャスターをまとめました。 基本的にはテレビ朝日のアナウンサーが担当しています。 市川寛子 2004年4月〜2005年の4月まで、お天気キャスターを務めました。 お天気キャスターを務めた後は報道ステーションのサブキャスター。 その後、他の報道番組でもキャスターを歴任。 宇賀なつみ 2009年4月〜2011年8月まで、お天気キャスターを務めました。 その後、スポーツ担当になり、別番組へ異動。 青山愛 2011年8月〜2014年3月まで、お天気キャスターを務めました。 その後、スポーツキャスターも担当。 2017年テレビ朝日を退社しています。 林美沙希 2014年3月〜2016年3月まで、天気キャスターを務めました。 2013年にテレビ朝日に入社し、現在はスーパーJチャンネルに出演。 森川夕貴 2016年4月〜2018年9月まで、お天気キャスターを担当しました。 2016年入社1年目から、お天気キャスターに抜擢されました。 三谷紬 2017年10月〜、お天気キャスターを務めています。 報道ステーションの他、AmebaNewsにも出演。 喜田勝 2016年4月〜お天気キャスターを担当しています。 報道ステーションに出演した歴代コメンテーター 報道ステーションに出演した歴代コメンテーターをまとめました。 歴代のコメンテーターの経歴にも迫ります。 加藤千洋 元朝日新聞社編集委員。 2004年4月〜2008年10月まで報道ステーションに出演しました。 2010年より同志社大学教授。 一色清 2008年10月〜2011年3月まで、コメンテーターを務めました。 朝日新聞解説委員。 グッドモーニングのコメンテーターも歴任。 五十嵐浩司 元朝日新聞編集委員。 2011年4月〜2012年3月まで報道ステーションのコメンテーターを務めました。 その後、大妻女子大学教授へ。 三浦俊章 2011年4月〜2013年3月まで、コメンテーターを務めました。 朝日新聞編集委員も歴任。 恵村順一郎 2013年4月〜2015年3月まで、コメンテーターを務めました。 政治部・社会部などを歴任し、朝日新聞論説委員となっています。 木村草太 2015年3月〜2016年3月まで、コメンテーターを務めました。 日本の法学者である。 中島岳志 2015年3月〜2016年3月までの1年間コメンテーターを務めました。 東京工業大学教授。 ショーン・マクアドール川上(ショーンK) 2015年3月〜2016年3月までコメンテーターを務めました。 学歴詐称報道によって、コメンテーターを降板。 2018年現在、メディア活動をしていない。 立野純二 2015年3月〜2016年3月までコメンテーターを務めました。 後藤謙次 2016年4月〜コメンテーターを務めています。 ジャーナリストとして、様々な番組のコメンテーター歴任。 まとめ:報道ステーションの歴代アナウンサー・コメンテーター一覧! 報道ステーションに出演した歴代キャスターは上記の通りです。 放送開始からだいぶ長い歴史を歩んできていますが、今後はどのようなキャスターが報道ステーションを担当することになるのでしょうか?.

次の

小川彩佳アナ『報道ステーション』降板の唖然とする理由。テレビ朝日の矜持はどこへ?

報道 ステーション アナウンサー

テレビ朝日「報道ステーション」のメインキャスターだった富川悠太アナウンサー(43)が新型コロナウイルスに感染、緊急入院したのが10日の金曜日(2020年4月)だった。 以来、4月13日の月曜日から先輩の小木逸平アナ(45)がピンチヒッターで番組を仕切っている。 「報ステ」の番組ホームページを見ると、小木アナは1998年にテレビ朝日入社、99年入社の富川アナの1年先輩だ。 「スーパーモーニング」「ワイド! スクランブル」など数々の情報番組で経験を積む。 学生落語でチャンピオンになったこともあるという意外な面を持っている。 好きな言葉は「一心岩をも通す」。 趣味は「海釣り・競馬・落語」と「おじさん趣味3連単」(本人談)とか。 アンチも熱狂的な支持者もいない絶妙に良いポジション 富川悠太アナは4月21日に退院して自宅で静養し、復帰を目指していると伝えられている。 しかし、「報ステ」ではクラスターが発生、少なくてもスタッフ5人が入院、徳永有美キャスターら主要なメンバーが欠ける中、孤軍奮闘で番組を支えている小木アナの評価が高まっている。 このままの「報ステ」の方がいいという声が非常に多い。 富川アナは戻ってきても「居場所」があるのだろうか。 ネット上では次のように小木アナの続投を望む声が圧倒的だ。 「小木さんはクセがないからね。 アンチも熱狂的な支持者もいない絶妙に良いポジションだと思う。 今、こういうご時世でニュースや司会者の発言にイライラする人も多いから小木さんみたいな毒にならないアナウンサーって必要だと思う」 「昔から金曜担当だった小木さんは安定感があって好きです。 ただちょっと地味な所が推されなかった理由なのだろうなと。 今はその地味さが堅実さを醸し出して良いのではないかと思います。 コメンテーターへの質問も的確」 「同感です!前面にグイグイ出る個性的なMCが多いなか、落ち着いて見ること出来て心地良いです」 「小木さんはサラッと聞けるけど、富川さんの話し方とか声ってなんか焦らされる感じでした。 いつも緊急速報読んでいるみたいな」 「確かに。 富川アナウンサーは『背伸び』している語り口なのに対し、小木アナウンサーは『自然体』ですからね」 小木アナと森葉子アナの代打がこのまま定着して欲しい 「小木アナと森葉子アナは代打でしたが、このまま定着して欲しい。 2人とも空気感が良く聴きやすかった。 先に復帰する徳永キャスターは圧が強すぎて不快なので復帰しなくていい。 本当に今の報ステの方が安心感ある。 私は、続投希望とテレビ朝日のホームページに送りました」 「板倉明希アナと森川夕貴アナも次のホープなので忘れないであげて!」 一方の自宅療養中の富川悠太アナだが、いったいどうしたものか。 「発熱や息切れなどの自覚症状があっての放置ですからね、他人にうつさないよう油断せずに対応することを、呼びかけていた当人がこれでは。 新型コロナの報道は終息するまで、毎日注意を呼びかけなくてはいけない立場ですから、そのたびに『どの面下げて!お前が言うかよ!』と思われるのは本人もマイナスでしょうね」 「富川さんも本当に気の毒だけど、小木さんのコメントの方が肩に力が入っておらず、聞きやすい。 富川さんは以前の現場からの中継レポートのほうが向いていたと思う。 富川さんのためにも現場中継に戻るほうがいいと思う」(テレビウォッチ編集部).

次の