福岡競艇特徴。 【ライブ情報あり】福岡競艇場の今日のレース予想と特徴!ボートレース前に要チェック

【競艇】全国の競艇場一覧と特徴・インが強いのはどの会場?

福岡競艇特徴

福岡競艇場ってどんなところ? 福岡競艇場は、 福岡県福岡市中央区にあるボートレース場です。 2010年より通称 「BOAT RACE福岡」として呼ばれていますが、条例上の正式名称は 「福岡競艇場」から変更されていません。 また、俳優・竹中直人をはじめ、これまでに多くの著名人がテレビCMに起用されたことでも有名です。 ちなみに、マスコットキャラクターの「ペラ坊」「ペラ美」は一般公募によって命名されたもので、現在は場内で着ぐるみのマスコットとして出会えるほか、福岡競艇場公式サイトにて 「ペラ坊予想」というオリジナルコンテンツが設けられています。 公式サイトは コースと水面について 福岡競艇場の競走水面は、 第1ターンマークの部分が那珂川河口に張り出しているという一風変わったレイアウトをしています。 そのため、 潮の満ち引きによる影響を受けやすく、特に 満潮時はうねりによって水面が荒れやすくなります。 加えて、このうねりはスタート地点から見えにくく、 第1ターンマーク付近に到達するまで把握しにくいという難点があります。 このことから、 実力のある選手や地元選手にとって外から攻めにくい競艇場といわれています。 逆に 干潮時であれば水面が穏やかであるため、コースに関係なく全速力で勝負しにいくことができます。 ただし、第1ターンマークがスタンドに大きく寄ったレイアウトをしているため、 インコースは若干不利といえるでしょう。 レースのポイント 福岡競艇場は うねりの有無や風向き、風速など、さまざまな要因によってレース展開が大きく変わる可能性があります。 そのため、状況にあわせてコースごとの有利・不利を把握しておかなければ、予想を的中させるのは至難の業です。 たとえば満潮時に左方向から横風が吹き、第1ターンマーク付近にうねりが生じている場合であれば、 インコースの勝率が高まります。 一方、似た状況でも右方向から横風が吹いている場合は、 インコースのターンが膨らんだ隙に2コースの「差し」が決まる可能性があります。 その他のコースについても有利・不利の条件がある程度決まっているので、事前に押さえておくことをおすすめします。 特に 3コースの1着率は全国屈指の高さなので、しっかり確認しておきましょう。 福岡競艇場のモーター交換時期 福岡競艇場では、毎年6月にモーターの交換が行われます。 交換して間もない 6~8月は正確なデータが得られにくいため、そこまでモーターの成績を重要視する必要はないでしょう。 一方、12~翌2月頃であれば十分なデータが集まっているため、モーターの成績を踏まえたうえでの予想も有効です。 舟券予想のポイント.

次の

ボートレース福岡競艇場攻略!特徴や傾向まとめ

福岡競艇特徴

ページ内の目次• 枠番・進入コース傾向 進入傾向 戸田の枠なり進入率:73. 競艇場特徴分析 戸田のインが弱い理由 日本一インコースが弱い理由ですが、福岡競艇などと同様に第2ターンマークよりも、第1ターンマークの方が客席側に近い位置に設置されています。 上記の図を見てもわかる通り、インコース艇は斜め移動の分ターンマーク到達までの間にアウトコース艇よりも長い距離を走らされる上に、 ターンマーク付近に到達した時にボートの向き(舳先)がターン方向とは反対側に向いています。 しかし、カド・アウトの艇は真っ直ぐにターンマーク付近へ走れる上に、ターンマーク付近に到達した時点で舳先をターン方向に向けている事も出来るわけです。 そのため、インコースの艇が勝とうと思えば、アウト勢よりわずかでも早くスタートを決める事と、 あとはF1などのコーナリングで行われる「アウト・イン・アウト」のターンをしなければなりません。 つまり、スタートを切ったら外に外に艇を移動させてターンマークとの距離を取り、ターンマーク付近に来た時に舳先をターン方向へ向けられるだけのスペースの余裕が欲しいわけです。 第1ターンマークを客席側に寄せてコースを意図的に狭くするのは多くの競艇場で見られますが、 戸田競艇は第1ターンマーク付近のコース幅が日本で2番目に狭く、そのため窮屈なレースになるのでインが弱いと言う事です。 幅員の狭さだけが原因ではない コースの幅員が日本で2番目に狭いのですが、インの弱さは日本で1番弱いです。 では、日本で1番第1マーク付近のコース幅員が狭いコースはどこかと言うと、実は江戸川競艇場なんです。 ですが、江戸川競艇場は戸田競艇場ほどインが弱いデータになっていません。 (最近はほぼ同水準と言っても良さそうなほど弱いですが、まだマシなのは事実です) これはどうしてかと言うと、江戸川競艇場は第1マーク付近が日本一窮屈ではあるものの、ピットの位置の関係上、進入が全レースほぼ枠なりで行われるため、インコース艇が充分な助走距離を持ってスタートに臨めます。 戸田は江戸川のような特殊な傾向が無い分、江戸川とほぼ同等と言える狭い水面でインコースは進入が深いスタートポジションになり、 それでもアウトよりも早いスタートタイミングと加速を求められ、さらにアウト・イン・アウトのターンを決めなければならないわけです。 この大変さが戸田競艇のインの弱さの秘密です。 それでは舟券を買う側はどのようなポイントに注意して予想を立てれば良いかと言うと、 インコース艇がよほど実力で群を抜いているような場合は別として、やはりスタートが上手くてインコースの艇を引き波に乗せてくれる選手を中心に考える事が重要です。 出目データ 3連単で人気になりがちな出目を中心にデータを調べてみましたが、やはり人気を集めるだけあって的中率のわりに配当が低く、回収率的には平凡ですね。 準優勝戦・優勝戦 戸田で行われるシリーズの準優勝戦・優勝戦で2連単1-2とかを買い続けたらどうなるか?的中率と回収率を調べてみました。 インが弱い弱いと言われている戸田だけに1-2が有利とされる準優勝戦・優勝戦でも1-2がちょっと嫌われてオッズが微妙に美味しくなり、高的中率・高回収率になってますね。 モーター傾向 戸田のモーター入れ替え時期:7月 超抜機分析 これを書いている現在で戸田の勝率が高いモーターは上記の27番・28番・11番のモーターなんですが、もしこのモーター使用者の舟券を、片っ端から2連単の頭にして2着は総流ししたらどうなるか?を調べてみました。 すると面白い事に27番・28番に関しては確かに勝率は高いのですが、舟券の回収率は至って平凡でしたね、しかも集計期間はモーター入れ替え時点からなので、まだ誰もどのモーターが良いのかわからない時期も入っていると言うのに…。 まあモーターって同じ設計図に基づいて、同じ排気量で作ってるわけですし、モーターの良し悪しって結局誤差みたいなもんなんでしょうかね。 ただ11番機は勝率も高く、2連単マンシュウ2本も出て大きく回収率を伸ばしました。 そのマンシュウを取り損ねたとして計算してもなおプラス収支という事で、我々舟券重視なファンとしては11番機のようなモーターこそありがたいですね。 データを分析した感じでは、超抜機と呼ばれるモーターが当たったからと言って、それに乗ればどんな選手も連戦連勝…とはなりませんね。 どちらかと言えば3着争いとかのシーンで、モーターが良く出てる分競り勝てて準優出に必要な得点を稼ぐ事ができる場合が多くなる…みたいな感じが多いんじゃないでしょうか。 確かにこれらの上位モーターは下位になる事が少ないので、超抜機だからと言ってすぐさま軸には出来ないものの、軸の相手候補としてはかなり優秀なイメージがあります。 私が競艇で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。

次の

福岡競艇場の特徴を検証!うねりが多い難水面は予想も難解な競艇場!?

福岡競艇特徴

そうなんだ。 まずは福岡競艇場ではなぜ1号艇の勝率が低いのかを説明していくぞ。 始めに、福岡競艇は福岡県福岡市中央区那に構える競艇場だ。 立地としては博多湾に流れ込む那珂川の河口に位置している。 会場の見取り図を載せておく。 第1ターンマークが那須川の川面に半分近く張り出していて、水面の影響をモロに受ける。 影響とは、具体的に淡水と海水がぶつかり合うことで起こる「うねり」と「博多湾からの波」だ。 特にうねりは波と違って視覚的には強弱が判断しにくい。 第1ターンマークの直前までうねりの状況がわからなかったり、コーナー旋回時に初めてうねりに気付くこともあるそうだ。 ここで勘違いしないで欲しいのが「うねり=イン不利」ではないということ。 うねりが発生した際は、基本的にセンターからアウトの艇が不利になる。 なぜなら、まくりを狙おうとしても、うねりに乗ってしまうことでまくりが不発に終わることが多いからだ。 では、なぜ1号艇の勝率が低いのかという疑問を抱くよな。 その理由は、 第1ターンマークがスタンド側に大きく振られていること、及び発走ピットから小回り防止ブイまでの距離が短いのが原因だ。 福岡競艇はインの回りシロが少ないことにより、高度な旋回技術が求められる。 また、発走ピットは24の競艇場で唯一バック側にあり第2ターンマークを回り込んでコースに入ることになるため、インが深くなりやすい。 スタートラインから100m以内になることもあるそうだ。 これらの要因があって、福岡競艇で1号艇の勝率が低いと言われているのだ。 福岡競艇の3号艇が1着になる確率は15. これは全国でTOP3に入る程の好成績だ。 アウトに関して不利な点をもう少し補足しておく。 アウトはコースのレイアウト上、奥行きが狭いことからダッシュの助走距離が十分に確保できないのでスピードに乗りづらくなる。 また、スタートライン上の幅が63. 75と広いのも要因としてあげられるだろう。 コーナーまでが遠くなるので、アウトの選手が攻め切れないことがある。 痛いとこ突くな〜!その通り!でも、もっと簡単に的中を量産する方法がわかったぞ! 福岡競艇の特徴を知らなくても稼げる?? ここまで福岡競艇の特徴について説明してきた。 だが、結局のところ個人でうねりや波の影響を予測するのは不可能だろう。 選手ですら直前になるまでうねりの影響がわからないのに、個人で入手できる情報量では限度がある。 要は、個人で予想するのは至難の技ということだな。 では、どんな対策を取れば苦難が強いられる福岡競艇でいともあっさり的中することができるのか。 安心してくれ。 その答えもしっかり用意してある。 ズバリ! 競艇予想サイトを使うってことだ。 彼らは、競艇で的中する予想を提供する為に日々思考を凝らしている。 であれば、気候によるうねりの発生の仕方や旋回技術の高い選手なども良く知っているだろう。 加えて、何百・何千という競艇予想を提供し続けていることを加味すれば、彼らの予想に乗るほうが圧倒的に高確率で的中をモノにできるよな。 でも、ただ単純に適当な競艇予想サイトを使ったってダメなんだ。 要は、福岡競艇で見事な結果を残している予想サイトを選ぶってこと。 では、ココからが本題。 俺が参加してきた数多くの競艇予想サイトの中から、福岡競艇にめっぽう強いサイトを紹介しよう。 福岡競艇といえば・・・ 行列のできる競艇相談所には検証目的で数多くの予想に参加した。 その結果、行列のできる競艇相談所が福岡競艇で提供した予想の的中率は文句なし。 まだまだ参加母数が少ないから説得力はないかもしれないが、これ以上の結果を残している競艇予想サイトを他には知らない。 むしろ、行列のできる競艇相談所以上に結果を残している競艇予想サイトを知っているなら俺が教えて欲しいくらいだ。 参加するのは個人の自由だが、福岡競艇で稼げる予想を手に入れたいなら試しに参加してみることをオススメする。

次の