サステナブル 建築 物 等 先導 事業。 補助制度一覧

令和2年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)

サステナブル 建築 物 等 先導 事業

サステナブル建築物等先導事業とは サステナブル建築物等先導事業は、地球温暖化対策の一環として省CO2性能に優れた住宅やオフィスビル、中規模建造物、戸建て住宅、共同住宅に対して補助金を交付する制度です。 助成内容 戸建ての場合は1戸あたり(最大)125万円の補助金が助成されます。 また非住宅については、1プロジェクト最大5億円〜10億円の補助金が助成されます。 2019年の公募は9月18日で終了 2019年度サステナブル建築物等先導事業の公募は、9月18日で終了しています。 2020年以降の公募状況については、以下のサイトで確認をしてください(現時点では未定)。 URL: サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)国立研究開発法人・建築研究所 サステナブル建築物等先導事業の選定基準 サステナブル建築物等先導事業の選定は、国立研究開発法人建築研究所の評価委員会の評価を通じ、最終的には国土交通省が事業の採択を決定します。 私たちが同制度を利用するには、工事を行う事業者を通じて申請、採択された場合は工事の後完了検査と金額の決定、交付された金額が払い出される(=交付される)仕組みです。 画像: サステナブル建築物等先導事業の申請に必要な書類 サステナブル建築物等先導事業の申請に必要な書類は、以下のページからダウンロードできます。 URL: なお申請の方法と助成内容の詳細は、以下「サステナブル建築物等先導事業(木造船同型)評価事務局でも確認できます。 URL: まとめ|サステナブル建築物等先導事業の公募申請をしよう! 省CO2性能の住まいを建てる方、リフォームされる方、条件に合う方は施工業者を通じてサステナブル建築物等先導事業の公募に申請しましょう。 なお、公募と採択の回数は年一回なので、工事のタイミングと公募期間がずれないように注意してください。 本記事のお役立ちサイト一覧 住宅関連のニュース あなた向けの住宅関連情報 住宅関連の統計データ 住宅ローン関連情報 住宅関連の補助金・助成金 住宅事業者の関連情報 Twitterアカウント YouTubeチャンネル.

次の

補助制度一覧

サステナブル 建築 物 等 先導 事業

提案応募及び補助金を受給される皆様へ 本補助金は、国庫補助金である公的資金を財源としており、社会的にその適正な執行が強く求められます。 当然ながら、補助金に係る虚偽や不正行為に対しては厳正に対処します。 従って、本補助金に対し提案応募をされる方、採択されて補助金を受給される方は、「補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律(昭和30年8月27日法律第179号)」をよくご理解の上、以下の点についても十分にご理解された上で、提案応募及び補助金の受給に関する手続きを適正に行っていただきますようお願いします。 本募集要領や採択後に通知する補助金交付の手続きに関するマニュアル等で定められる義務が果たされないときは、改善のための指導を行うとともに、事態の重大なものについては交付決定の取消を行う場合があります。 1 提案応募者及び補助金交付申請者が提出する書類には、如何なる理由があってもその内容に虚偽の記述、事実と異なる内容の記載を行わないでください。 2 国土交通省から資料の提出や修正を指示された際は、速やかに対応してください。 適切な対応をいただけない場合、交付決定の取消等を行うことがあります。 3 補助事業の適正かつ円滑な実施のため、その実施中又は完了後に必要に応じて現地調査等を実施します。 4 補助事業に関し不正行為、重大な誤り等が認められたときは、当該補助金に係る交付決定の取消を行うとともに、支払い済の補助金のうち取消対象となった額を返還していただきます。 5 補助金に係る不正行為に対しては、適正化法の第29条から第32条において、刑事罰等を科す旨規定されています。 6 採択又は交付決定された事業内容からの変更は、原則、認められません。 7 補助事業にかかわる資料(提案応募並びに交付申請に関わる書類、その他経理に関わる帳簿及び全ての証拠書類)等は、事業完了の属する年度の終了後、5年間保存していただく必要があります。 8 補助金で取得し、又は効用の増加した財産(取得財産等)を、当該財産の処分制限期間内に処分(補助金の交付目的に反して使用し、譲渡し、交換し、貸し付け、担保に供し、又は取壊すことをいう。 )しようとするときは、事前に処分内容等について、大臣の承認を受けなければなりません。 9 事業完了後も、本募集要領に規定する適正な財産管理、木造化に関する積極的な普及啓発などが必要です。 (1)公募する事業の種類 建築物における木造化(以下「木造化」という。 )の推進に向けたモデル性、先導性が高いプロジェクトとして選定されたものを補助の対象とします。 (2)事業の要件 次の【1】から【6】までの全ての要件に該当するものであることが必要です。 なお、設計のみでその後の整備を伴わないプロジェクトは対象となりません。 【1】 構造・防火面で先導性に優れた設計又は施工技術が導入される事業計画であること。 【2】 使用する材料や工法の工夫により整備コストを低減させるなどの、木材利用に関する建築生産システムについて先導性を有する計画であること。 【3】 主要構造部に木材を一定以上使用するものであること。 【4】 建築基準法令上、構造・防火面の特段の措置を必要とする規模以上のものであること。 【6】 令和元年度に事業に着手するものであること。 公募期間 本事業への応募は、上記1(2)の要件を満たす事業を行う者(地方公共団体を含む、建築物の建築主)が行うこととします。 応募した事業提案が採択された場合、3.3に示す内容に従って補助金の交付に係る手続きを行い、事業を実施していただくことになります。 したがって、具体の実施体制が確保されていないアイデアのみの提案や事業を実施する予定のない評価のみを目的とした提案は受付けられません。 補助を受ける者は、事業提案を行い、採択を受けた建築主となります。 事業提案や諸手続において、建築主と書面による代理契約を交わした者が関係者として実務を遂行することを排除しません。 に記入して下さい。 補助金の交付後に、当該申告の内容に虚偽等が存することが判明した場合には、本補助金の返還(補助金の交付から返還時までの法定利息に係る分を含む)を求めることがあります。 応募方法等の詳細.

次の

令和元年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)

サステナブル 建築 物 等 先導 事業

【補助対象】 対象者:年間CO 2排出量が50トン以上3,000トン未満の工場や業務用ビル等の事業所 対象設備等:CO 2ポテンシャル診断の計測を含めた診断費用 【補助概要】 エネルギー計測の範囲がユーティリティ設備と生産設備の場合• 複数エネルギーかつ複数種類の設備:110万円• 単一エネルギー:100万円 エネルギー計測の範囲がユーティリティ設備または生産設備の場合• 複数エネルギーかつ複数種類の設備:100万円• 単一エネルギー:90万円 低炭素機器導入事業 公共施設・民間建築物 既築 【制度概要】 CO 2削減ポテンシャル診断を受診し、提案された低炭素機器導入にかかる費用の補助を行います。 【補助対象】 対象者:環境省から指定を受けた指定リース事業者(リース料の軽減はリース先の家庭・事業者が享受する) 対象設備等:低炭素機器(家庭は、太陽光、風力、水力、太陽熱利用、地中熱利用、燃料電池設備のみ) 【補助概要】 リース料総額の2~5%(ただし東北3 県(岩手県、宮城県及び福島県)に係るリース契約は10%) (平成30年度予算総額 37億円) - 民間建築物 既築 【制度概要】 一定量の排出削減を約束する代わりに、費用効率性の高いCO 2排出抑制設備等の導入に対する補助を行います。 5億円) - 民間建築物 新築・既築 【制度概要】 老朽・低未利用不動産について、国が民間投資の呼び水となるリスクマネーを供給することにより、民間の資金やノウハウを活用して、耐震・環境性能を有する良質な不動産の形成(改修・建替え・開発事業)を促進し、地域の再生・活性化に資するまちづくり及び地球温暖化対策を推進します。 【補助対象】 対象者:特定目的会社、株式会社又は合同会社であって、専ら対象事業の施行を目的とするもの 等 対象設備等:原則として事業後延床面積が2,000㎡以上となる耐震改修事業、省エネ改修、建替、開発事業 【補助概要】 同事業に対する民間からの投資と同額まで出融資 - 民間建築物 既築 【制度概要】 省エネ法と連動した大規模な生産設備等を対象とする省エネ投資や、IoT等を活用し個社の枠を超えて複数事業者が連携する高度な省エネ投資に対し、税制措置を講じます。 【補助対象】 対象者:省エネ法規制対象事業者等 対象設備等:高度な省エネ取組、先進的な再エネの導入 【補助概要】• 特別償却30%• 税額控除7%(中小企業のみ) 【経済産業省】 中小企業等に対する省エネルギー診断事業費補助金 (平成30年度予算総額 12億円) 民間建築物 既築 【制度概要】 中小企業等の省エネ・節電に関する取組の促進を目的に地域や業種などの特性に合わせた支援を実施します。 電力や燃料・熱などの省エネ行動をサポートするための省エネ診断、ビルや向上のピーク電力削減等をサポートする節電診断等があります。 【補助対象】 対象者:中小企業または年間エネルギー使用量の原油換算値が100kl以上且つ1,500kl未満のビル・工場を持つ事業者 対象設備等:省エネ診断、節電診断、講師派遣 【補助概要】 省エネ診断、節電診断、講師派遣が無料 民間建築物 既築 【制度概要】 地域における補助事業者、専門家、自治体から構成される省エネルギー相談地域プラットフォームから、支援・アドバイスを受けることができます。 また、申請には「ZEBプランナー」の関与や一次エネルギー消費量を50%以上削減、BEMSの導入等の様々な要件があります。 【補助対象】 対象者:建築主等(所有者)、ESCO(シェアードセービングス)事業者、リース事業者等 対象設備等:民間建築物(延床面積2,000㎡以上)。 21億円) 民間建築物 新築・既築 【制度概要】 省エネ・省CO 2と併せて、健康、災害時の事業継続性、少子化対策等に寄与する取り組みの普及啓発を図るため、省エネ・省CO 2に係る先導的な技術を導入した住宅・建築物のリーディングプロジェクトを支援。 なお、住宅・建築物プロジェクト総体として省CO 2を実現し、先導性に優れているプロジェクトであることや、新築・既存改修に関するプロジェクトについては、建築物省エネ法に規定する省エネ基準に適合するものであること等を要件とする。 なお、躯体(外皮)の省エネ改修工事を行うことや、建物全体におけるエネルギー消費量が、改修前と比較して一定以上の省エネ効果が見込まれる改修工事を行うこと等を要件とする。

次の