こめ やま りゅう いち。 米・コメ・こめ!:東北農政局

みずほ銀行:千葉県香取市の住所一覧

こめ やま りゅう いち

< ・ Wikipedia:索引 かけは読み仮名が「かけ」で始まる記事の一覧である。 あ行 は行 か行 ま行 さ行 や行 た行 ら行 な行 わ行 かけ [ ]• (かけ)【さいたま市】• (かげ)• (がけ)• (がけ)【の地名】 かけあ [ ]• (かけあげ)【名古屋市】• (か-あし-じんせい)【曖昧】• (かげあそ-) かけい [ ]• (かけい)【処刑方法】• (かけい)【武術】• (かけい)【曖昧】• (かけい)【家族制度】• (かけい)【家庭】• (かけい)【】• (かけい)【曖昧】• 【元号】• 【元号】• (がけい)【】• (かけいえいいち)【】• (かけいかつひこ)【】• (かけいく)【中国】• (かけいけいざいけんきゅうじょ)【】• (かけいし)【】• (かけいじ)【寺】• (かけいしき)【国際関係】• (かげいしじょう)【】• (かげいしゅう)【】• (かけいじゅうぞう)【】• (かけいじゅん)【AV女優】• (かけいしんだん-ゆうゆう-)【】• (かけいせい)【病理学】• (かけいだいじょう-)【楽曲】• (かけいちょうさ)【】• (かけいてい)【中国皇帝】• (かげいでんし)【テレビ局】• (かけいとしお)【】• 【テレビ番組】• 【タレント】• (かけいぼ)【家計】• (かけいほうてい)【】• (かけいゆうじろう)【】• (かけいりん)【政治家】• (かけ-)【】 かけう [ ]• (かげうらだいすけ)【】• (かげうらまさる)【野球選手】• (かげうらやすたけ)【架空人】• (かげえ)• (かけえき)【】 かけお [ ]• (かけおち)• (かけおち)• (-どお-)【】• 【TVドラマ】• (かげおとこ)【小説】• (かげおんな)【】 かけか [ ]• (かけがいりさ)【】• (-うた)【楽曲】• 【楽曲】• (かけがくえん-)【】• (か-がみ)• (かげ-)【小説】• (かげが-)【漫画】• (かけがわ)【曖昧】• (がけがわ)【】• (かけがわ-)【】• (かけがわえき)【】• (かけがわおり)【伝統産業】• (かけがわかちょうえん)【】• (かけがわきみたけ)【俳優】• (かけがわけいさつしょ)【】• (かけがわげんいちろう)【】• (かけがわし)【静岡県】• (かけがわしけんこうふれあいかん)• (かけがわしじしゅうんこう-)【バス】• (かけがわししょうぼうほんぶ)• (かけがわじどうしゃがっこう)• (かけがわしのうぎょうきょうどうくみあい)• (かけがわしびかんホール)【ホール】• (かけがわしぶんかかいかんシオーネ)【ホール】• (かけがわしやくしょまええき)【】• (かけがわじゅく)【東海道】• (かけがわじょう)【】• (かけがわしりつきたちゅうがっこう)• (かけがわしりつさいごうしょうがっこう)• (かけがわしりつさかがわちゅうがっこう)• (かけがわしりつさづかしょうがっこう)• (かけがわしりつじょうほくしょうがっこう)• (かけがわしりつだいいちしょうがっこう)• (かけがわしりつだいにしょうがっこう)• (かけがわしりつちゅうおうしょうがっこう)• (かけがわしりつとしょかん)• (かけがわしりつにしちゅうがっこう)• (かけがわしりつひがしちゅうがっこう)• (かけがわしんようきんこ)• (かけがわとうぶこうぎょうだんち)• (かけがわにしたいやしろひがしえんちょう18かいひ-わ-さいしあい)【高校野球】• (かけがわ-)【】• (かけがわはん)【遠江国】• (かけがわひさお)【者】• (かけがわひろひこ)【声優】• (かけがわまこと)【】• (かけがわまち)【曖昧】• (かけがわまつり)【祭】• (かけがわむら)【愛知県】• (かけがわやすこ)【】 かけき [ ]• (かげき)【ゲーム】• (かげき)• (かげきじょう)• (かげき-しゅくじょ)【楽曲】• (かげきは)• (-あか-)【漫画】• (かげきよ)【曖昧】• かけく [ ]• (-くず-)• (-くず-ぼうさいしゅうかん) かけけ [ ]• (かけけいさつしょ)【】 かけこ [ ]• (かげこうじ)【クリエイティブディレクター】• (かけこうつう)【企業】• (かけことば)• (か-こ-じゅよう)• (か-こ-じょうしゃ)• (か-こ-ななごうしつ)• (-つるこう-)【】 かけさ [ ]• (かげさきゆな)【】• (かげささだあき)【】• (かけじく)• (かけしたちえこ)【TV制作者】• (かげしまかよこ)【アナ】 かけす [ ]• (懸巣)【鳥】• (かけすしゅういち)【技師】• (-ぞく)【鳥】• (かけすみやてつざん)【】 かけせ [ ]• (かげせいいちろう)【選手】• (かげぜん) かけそ [ ]• (か-ぞ-)【】 かけた [ ]• (かげたか)【】• (かけたかつみ)【医学者】• (かけだじょう)【】• (かげたに-)【アナ】• (かけだまち)【福島県】• (かけだよしむね)【】 かけち [ ]• (かけちょう)【広島県】 かけつ [ ]• (かげつ)【曖昧】• (かげつ)【曖昧】• (かげつあんりゅう)【】• (かげつえん)【曖昧】• (かげつえんかんこう)【企業】• (かげつえんけいりんじょう)【】• (かげつえんゆうえんち)• (かけつかきぶねじんじゃさいれい)• (かけつかちょう)【静岡県】• (かけづかとうだい)【静岡県】• (かけつか-)【静岡県】• (かけづかはん)【遠江国】• (かげつしょう)【】• (かげつそうじじえき)【京急本線】• (かげつていくりまる)【漫談家】• (かげつどう)【製菓業】• (かげつどう)【製菓業】• (かげつどうりしゅう)【俳人】• (かげつとおや)【同人ソフト】• (かけつとむ)【】• (かげつ-うみ-ささや-じゅもん)【小説】• (がけ-)【曖昧さ回避】• (かけてきたおとめ)【楽曲】 かけと [ ]• (かげどうしん)【】• (かげとら)【漫画】• (かげとら)【曖昧】• (かげとりちょう)【横浜市】• (かけとりまんざい)【】 かけな [ ]• (かげなあさみ)【小説家】• (かけながし)【】• (かげ-おとこ)【曖昧さ回避】• (か-な-)【相撲】 かけに [ ]• (かけにし-)【】• (がけ-)【映画】• (かけのうまこうごいし、かげのうまこうごいし、かけのうまこうごういし)【遺跡】• (かげのえき)【】• (かげのきせつ)【小説】• (かげ-くるま)【小説】• (かげ-ちたい)【小説】• (かげのでんせつ)【ゲーム】• (かげのないおんな)【】• (かげのないかく)【政治】• (かげのぶやま)【】• (がけ-ゆおんせん)【】 かけは [ ]• (かけはしあつし)【声優】• (かけはしいくたろう)【実業家】• (かけはしかつまさ)• (かけはしがわ)【】• (かけはしくみこ)【】• (かけはしくまし)【政治家】• (かけはしげいじゅつぶんかしんこうざいだん)【団体】• (-ごう)【】• (かけはしたけし)【奏者】• (かけ-)【中国道】• (かけはたみつのり)【野球選手】 かけひ [ ]• (かけひ)【曖昧さ回避】• (かけひがし-)【中国道】• 【怪談】• (-こい-)【映画】• (かけひくみこ)【】• (かけひ-)【モデル】• (かげひなたにさく)【小説】• (かけひふみお)【文学者】• (かけひまさや)【】• (かけひやすひこ)【思想史学者】• (かげひらあきら)【アナ】• (かげひらりゅういち)【声優】 かけふ [ ]• (-くん-てんごく-じごく)【ゲーム】• (かけふ-あそ-)【TV番組】• (かけふまさゆき)【野球選手】• 【ラジオ番組】• (かげふみおに)【遊び】• 【漫画】 かけへ [ ]• (カーゲーベー)【曖昧】 かけほ [ ]• 【楽団】• (かげぼうし)【曖昧】• 【ポケモン】• (かけぼら-)【】 かけま [ ]• (かげま)• (かけまち)【愛知県】• (かげまちえき)【高千穂鉄道】• (かげまちゃや)• (か-ぴーでぃーえふ)• (かけまま)【】• (かげまりえ)【女優】• (かげまるしげき)【俳優】• (かげまるじょうや)【漫画家】• (かげまるはやと)【架空人】 かけみ [ ]• (かげみつ)【刀工】• (かげむしゃ)• かけむ [ ]• (かげむしゃとくがわいえやす)【小説】• (かげ-ひめ)【漫画】 かけも [ ]• (かげもりえき)【】• (かげもりまち)【】• (かげやす)• (かけやそういち)【数学者】• (かけやひであき)【】• (かけやまえき)【】• (かげやまかずお)【野球選手】• (かげやまきいち)【者】• (かげやまきょうこ)【】• (かげやまけん)【体育学者】• (かげやまけんじ)【蹴球選手】• (かげやまこういち)【実業家】• (かげやましげのり)【】• (かげやまじゅきや)【俳優】• (かげやましゅく)【】• (かげやましゅんたろう)【政治家】• (かげやましょうた)【作曲家】• (かげやませいこ)【】• (かげやませいじ)【奏者】• (かげやまたい)【俳優】• (かげやまたかし)【蹴球選手】• (かげやまたかひこ)【】• (かげやまたけと)【アナ】• (かげやまたみお)【作家】• 【TVアニメ】• (かけやまち)【島根県の旧町】• (かげやま-)【】• (かげやまひとみ)【俳優】• (かげやまひでお)【教育者】• (かげやまひでとし)【俳優】• (かげやま-)【】• (かげやまひろみち)【選手】• (かげやままさたか)【国文学者】• (かげやままさなが)【蹴球選手】• (かげやままさはる)【活動家】• (かげやままさひこ)【運転手】• (かげやままさみ)【運転手】• (かげやまますみ)【声優】• (かげやまももい-ばいそく-)【ラジオ番組】• (かげやまゆみ)【脚本家】• (かげやまようこ)【アナ】• (かげやまよしたか)【蹴球選手】• (かげやまりな)【ストリッパー】• (かげやまりゅう)【武道】• (かげやまりゅうぞう)【儒学者】• (かげやまりょういちろう)【医学者】• (かげやまりょうさい)【】• (かけやゆう)【蹴球選手】 かけゆ [ ]• (かけゆおんせん)【】• (かげゆこうじありとみ)• (かげゆこうじけ)【】• (かげゆし)【官職】• 【歌手】• (かけゆみさやま-みさやまびょういん)【長野県】 かけら [ ]• (-がわ)【】• (-しゅう)【】• (-ふらっぐ)【楽曲】• 【アルバム】 かけり [ ]• (かげりえこ)【】• (かげりゅう)【剣法】• (かげ-へや)【楽曲】 かける [ ]• 【曖昧】• 【架空人】• (-おとこ)【小説】• 【シングル】 かけろ [ ]• (かげろう)【小説】• 【曖昧】• 【楽曲】• 【楽曲】• 【楽曲】• (かげろう)【曖昧】• (かげろう)• (かげろう)【ゲーム】• (かげろういなずまみずのつき)【漫画】• (かげろうえず)【小説】• (かげろうぎん)【架空人】• (かげろうがたくちくかん)• (かげろうこくめいかんしんしょう)【ゲーム】• (かげろうざ)【映画】• (かげろうつーだーくいりゅーじょん)【ゲーム】• (かげろうにっき)【平安文学】• (かげろうのつじいねむりいわねえどぞうし)【TVドラマ】• (かげろうのひび)【漫画】• 【楽曲】• (かけろはっぴゃくやちょう)【TVドラマ】• (かげろふ)• (かけろまじま)【】• (かけろまばす)【企業】 かけわ [ ]• (かけわたりやま)【兵庫県】• (かげわに)【】 かけを [ ]• (かげをしたいて)【楽曲】• (かけん)【中国】• (かけん)【中国山西省運城市】• (かけん)【中国】• (かげん)【日本の元号】• (かげん)【宋重臣】• (かげんあつかかりいん)【】• (かげんきつ)【明重臣】• (かけんこくさいおんがく)• (かげんさんだんろんぽう)【】• (かげんし)【中国】• (かけんじしん)【中国】• (かけんしすう)【台湾】• (かけんせいやく)【企業】• (かげんせき)【の人物】• (かげんせつ)【キリスト教神学】• 【映画】• (かげんのらん)【】•

次の

松江でゼッタイ失敗しないおひとりさま「やまいち」

こめ やま りゅう いち

部首とは スポンサードリンク 部首とは、 漢字を構成する要素の中で、共通する一部分が集められたグループのことです。 漢字には 必ず一つの部首があり、漢字を分類・索引する際などに用いられます。 漢字の字体は左右や上下などで分解して、その部分から分類することが出来ます。 多くの漢字は位置によって「 偏(へん)、 旁(つくり)、 冠(かんむり)、 脚(あし)、 構(かまえ)、 垂(たれ)、 繞(にょう)」の七種に分けられます。 この中から形の共通するものが振り分けられます。 部首の分類 部首の名前や分け方は正式なものはなく、編集する人によって異なりますが、辞典ごとにそれほど差異はないと考えられます。 一般的な多くの辞典は中国の漢字字典である「 康熙字典」をもとにしていることが多いです。 康煕字典は 214の部首があり、漢和辞典・漢字辞典の多くはこの分類に基づいています。 辞典ごとに部首に違いがあるのは、常用漢字の新字体となった漢字がこれまでの部首ではわかりにくく所属部の変更をしたり、索引の便宜上分類を多くしていることなどが考えられます。 ちなみに部首が分類された最も古い漢字辞典は、「 説文解字( せつもんかいじ)」という中国の漢字辞典です。 説文解字は西暦100年頃に許慎という人物によって作られました。 部首の意味 漢字の部首はその漢字の意味を示す部分が選ばれることが多いです。 例えば、「 みず・ さんずい・ したみず」などの 水部は 水に関係する文字、 河川や水流、液体などに関することを表しています。 「 き・ きへん」などの 木部は 樹木に関係する文字、 樹木の種類や木製品などに関することを表しています。 すべての漢字がこれに当てはまるわけではありませんが、迷ったときに頭に入れておくと、部首がわからないくても推測しやすくなります。 部首一覧• スポンサードリンク•

次の

交通アクセス|興信所ガルエージェンシー愛知豊田興信所

こめ やま りゅう いち

部首とは スポンサードリンク 部首とは、 漢字を構成する要素の中で、共通する一部分が集められたグループのことです。 漢字には 必ず一つの部首があり、漢字を分類・索引する際などに用いられます。 漢字の字体は左右や上下などで分解して、その部分から分類することが出来ます。 多くの漢字は位置によって「 偏(へん)、 旁(つくり)、 冠(かんむり)、 脚(あし)、 構(かまえ)、 垂(たれ)、 繞(にょう)」の七種に分けられます。 この中から形の共通するものが振り分けられます。 部首の分類 部首の名前や分け方は正式なものはなく、編集する人によって異なりますが、辞典ごとにそれほど差異はないと考えられます。 一般的な多くの辞典は中国の漢字字典である「 康熙字典」をもとにしていることが多いです。 康煕字典は 214の部首があり、漢和辞典・漢字辞典の多くはこの分類に基づいています。 辞典ごとに部首に違いがあるのは、常用漢字の新字体となった漢字がこれまでの部首ではわかりにくく所属部の変更をしたり、索引の便宜上分類を多くしていることなどが考えられます。 ちなみに部首が分類された最も古い漢字辞典は、「 説文解字( せつもんかいじ)」という中国の漢字辞典です。 説文解字は西暦100年頃に許慎という人物によって作られました。 部首の意味 漢字の部首はその漢字の意味を示す部分が選ばれることが多いです。 例えば、「 みず・ さんずい・ したみず」などの 水部は 水に関係する文字、 河川や水流、液体などに関することを表しています。 「 き・ きへん」などの 木部は 樹木に関係する文字、 樹木の種類や木製品などに関することを表しています。 すべての漢字がこれに当てはまるわけではありませんが、迷ったときに頭に入れておくと、部首がわからないくても推測しやすくなります。 部首一覧• スポンサードリンク•

次の