マンチカン 歴史。 マンチカンの性格や特徴は?歴史や種類は?お手入れや飼い方、寿命、かかりやすい病気は?

マンチカンの毛色、性格、値段、飼い方

マンチカン 歴史

1944年にイギリスのジョーンズ博士によって、初めて報告されたことがマンチカンの始まりだといわれています。 突然変異でそのような姿になったとされていますが、第二次世界大戦の頃には姿を消してしまいました。 さらに1953年にロシアからも同じように足の短い猫の報告があり、1964年にはアメリカのニューヨーク、1970年にはニューイングランドでも短い足の猫の存在が報告されていました。 ブラックベリーは妊娠しており、生まれた子猫の半分は短足猫だったようです。 そのうち、「トゥールーズ」と名付けられたオスの子猫が繁殖家に引き取られ、短足猫の育種が始められました。 近親交配による遺伝子疾患のリスクを減らすために、当初の交配相手は短足猫以外の猫たちと行われていましたといいます。 しかし、短足で小さなマンチカンの姿は様々な立場からの論争を引き起こすことになりました。 一方は遺伝子疾患や免疫力の弱さを懸念する人たち、一方はこの猫の愛くるしい姿に魅了されて健全性を信じようとする人たちで、両者の意見が食い違ったためです。 キャットショーの評判では「結局は単なる突然変異」と結論付けられて終わってしまいました。 のちにこの短足猫はアメリカのいろいろな場所で見つかり、育種のために飼われるようになりました。 こうして近親交配による遺伝子疾患のリスクが低下することで、猫の国際的な血統登録団体であるTICAは、1995年にスタンダードを作成し、新しい猫の品種として認定することになりました。 ただ、マンチカンの育種について愛好家や遺伝学者の間で倫理的見解の違いがあります。 国際的な猫血統登録団体であるCFA・GCCF・FIFeは未だにマンチカンを猫の品種として公認していません。 マンチカンの短足の原因はわかっていませんでしたが、最近では自然発生した遺伝子の常染色体突然変異によるもとのだと分かりました。 特徴的な短い足が障害のようだと言われていた時期もありましたが、障害ではなく、体の機能には何の問題もないことも明らかになっています。 また、小人の一族が「オズの魔法使い」に登場する名前にちなんで名付けられたともいわれています。 マンチカンの体の特徴は? マンチカンの特徴といえば短い足ですよね。 短足で歩く姿マンチカンはとてもかわいく、日本ではとても人気があります。 一方で、マンチカンには短足だけでなく、足長(普通の猫くらい)タイプも多く存在しています。 短足のマンチカンは意外と少なく全体の2~3割ぐらいといわれています。 この短足によって「猫界のダックスフント」ともいわれています。 短足ですが膝もちゃんとあり、膝から上と膝から下の長さがほぼ同じです。 マンチカンは普通にジャンプもしますし、木登りなども大得意です。 マンチカンはこの短足で不便な思いをしているということはないようです。 マンチカンの短足タイプの体高は猫の品種中で最も小さく、2014年3月にはカナダで繁殖された体高13. 6cmのマンチカンが世界一小さな体高の猫としてギネスブックに登録されました。 メス猫はオス猫より少し体の大きさは小さめです。 ボディタイプは小型のセミコビータイプで、体は丸みを帯びており、体長よりやや短めで長い尻尾を持っています。 とてもよく引き締まった筋肉質な体で、骨格がしっかりしています。 大きな耳と丸い頭で全体的にアンバランスなところがマンチカンの特徴です。 被毛は細くて密生しており、とてもシルキーです。 マンチカンには長毛種と短毛種がおり、長毛種の被毛はペルシャなどと違ってからまる毛質ではないので、お手入れはそんなに難しくありません。 短毛種は豊かに密生しています。 普通の猫よりやや長めの被毛で、とても手触りがよくお手入れも簡単です。 毛色は、ホワイト、レッド、ブラック&ホワイト、ルーミンク、シルバーマッカレルタビー&ホワイトなど全ての毛色があります。 マンチカンの性格は? マンチカンの性格は、短足タイプと足長タイプと違いは関係ありません。 探求心も強く、とても陽気で遊ぶことが大好きな性格です。 また、留守番を上手にできる猫とも呼ばれており、とても飼いやすい猫の品種なので外出が多い方や初めて猫を飼う方におすすめです。 飼い主さんのことは心から信頼をするので、他の猫と比べると甘えてくる回数や時間は長いといわれています。 ただ、臆病な一面もあるので、強く怒り過ぎると恐怖心を持ってしまうので注意が必要です。 マンチカンのタイプについて マンチカンと言えば、頭に浮かぶ短足のほか、普通の足の長さの個体もいるマンチカン。 大きく分けると「短足と足長」ですが、そのほかにマンチカンの特徴を受け継ぐミックスタイプも存在しています。 個性豊かなマンチカンのタイプについて見ていきましょう。 マンチカン同士を交配させているので、今回紹介したような見た目の特徴や性格をそのまま受け継いでいます。 短足と足長と2パターンのほか、「長毛or短毛」「多彩な被毛カラー」と、かなりバラエティに富んでいるのが純血種。 ひとことで「純血種のマンチカン」といっても、同じパターンではなく、足や毛の長さ、カラーの違いなど個性的な特徴が表れるでしょう。 掛け合わせの相手の外見からも分かるように、ミヌエットは被毛がゴージャスなのが特徴です。 2015年に「ミヌエット」という呼び名で正式な猫種として認定されましたが、それよりも前には「ナポレオン」と呼ばれていました。 そもそもミヌエットの元祖となった猫が誕生したのが1996年と新しく、まだ世間にもそれほど浸透していないレアな猫ちゃんです。 マンチカンに、折れた耳が特徴の「アメリカンカール」という猫をミックスさせたのが「キンカロー」です。 猫よりも犬っぽい性格で、とても元気いっぱいで人懐っこく、愛嬌のある猫ちゃんですよ。 マンチカンの大きな特徴である「短足」も見事に表れていて、スクーカムは巻き毛で短い足がとても可愛らしいですよ。 ただ、まだまだ新しく珍しい猫なので、外見や体重のデータが少なく、「スクーカムと言えばコレ!」という特徴がしっかり定まっていないのが現状です。 そのため、マンチカンよりもかなり小柄で3㎏未満の個体もいれば、一般的な猫よりも少し大きめの6㎏くらいに成長する個体もいます。 育ってみなければ分からない部分も多いですが、短足で巻き毛の可愛らしい外見に癒されそうですね。 ただし、あたえ過ぎは肥満のもとになるので注意が必要です。 食事量と運動量のバランスを取り、肥満にならないようにしましょう。 毛が長いために毛玉ができやすく、毛玉症という病気になる可能性が高いので、ブラッシングで毛玉症を防いであげましょう。 マンチカンの短毛種タイプは、 1日に1回のブラッシングで問題ありません。 普通の猫より毛の長さが長いので、丁寧にブラッシングをしてあげましょう。 マンチカンのしつけの仕方は? マンチカンは、猫界のなかでも人間や他の動物たちと過ごすのが上手で社交的な性格。 甘えん坊なところがあるので、たくさんコミュニケーションを取れる猫です。 また、マンチカンは、人懐っこさに加え、頭も良いです。 上手にしつければ簡単なことなら覚えてくれるでしょう。 しかし、マンチカンは臆病な部分もあるので、しつけの仕方で注意したいのが 「大きな声で怒らない」ということです。 基本的には、飼い主さんのことが好きで信頼を寄せてくれているマンチカンですが、それはあくまでも一緒に暮らす「パートナー」として。 犬のように、飼い主さんを「リーダー」と思っているわけではないのです。 そのため、大声で怒られると「この人は敵だったのか」と勘違いすることもあるでしょう。 一度、信頼関係が崩れると、いつも怯えるようになってしまいます。 「しつけを頑張りたい」と必要以上に怒ると逆効果となり、今後の同居にも支障をきたすかもしれません。 しつけをするうえでは、「怒る」よりも「褒める」に比重を置くことが大事です。 怒らなければいけない状況がきたら、穏やかな声で短めに怒る程度が理想です。 マンチカンの寿命について 縁あって家族となったマンチカンとは、できるだけ長く「幸せな時間」を過ごしたいと思うでしょう。 そこで気になるのが、マンチカンの寿命について。 一般的な猫は、だいたい15歳前後生きると言われていますが、マンチカンの寿命は少し短め。 だいたい 11~13歳程度までというデータがあります。 実は、この寿命の短さは「足が短い」という特徴にも関係しています。 しかし、この組み合わせというのは遺伝子的な疾患を発生させてしまう確率が高め。 それにより、生まれて間もなく亡くなるケースも多いです。 そして、この一方では平均年齢をかなり超えて生きる個体もいます。 平均寿命が短いデータになるのは、このように「早期に亡くなるマンチカン」と「長生きするマンチカン」の平均値を取っているからなのでしょう。 マンチカンの平均寿命は、あくまでも参考程度と考えておくといいかもしれません。 また、飼い主さんの飼い方次第で寿命を延ばすことはもちろん可能。 屋外を自由に行き来できるようにすると、感染症のリスクが高まり短命傾向になります。 完全に室内で飼うというスタイルにすると、少しでも長く生きることができます。 健やかな成長のためにバランスのよい食事を食べさせる、太り過ぎないように運動をさせるなどのように、日常的にも健康管理を行うことも寿命を長くするためには重要なポイントです。 マンチカンの気をつけたい病気は? マンチカンは現在も雑種猫との交配が認められていることもあり、先天性・後天性いずれの疾患も少ない丈夫な傾向があります。 ただし、その特徴的な短足からかかいやすい病気があるといわれています。 これは腰や足に体重がかかり、体を支えきれないためです。 ただし、ダックスフントのように極端に胴長ではないため、マンチカンが椎間板ヘルニアになりやすいかどうかに関しては賛否両論があるようです。 椎間板ヘルニアになると、歩き方がいつもと違っていたり、いきなり失禁してしまうといった症状がありますので、飼い主さんは日頃から様子を見ておきましょう。 老猫になると運動不足による肥満や糖尿病などの病気になりやすくなります。 高齢になるとどうしても運動量は落ちてしまうので、バランスのいいご飯をあたえるように注意しましょう。 また、高齢の猫では慢性腎不全が起こりやすいことが知られています。 水を多量に欲しがり、たくさんおしっこをする多飲多尿の症状があれば、腎不全の可能性があります。 血液検査などでわかるので動物病院で獣医師さんに診てもらいましょう。 マンチカンの値段は? マンチカンの1番の特徴である足の長さによって、マンチカンの値段は変わってきます。 基本的に足が短ければ短いほど値段が高くなります。 キャットショーやチャンピオンの血統書付きのマンチカンが親猫の場合は、さらに高い値段が付くこともあります。 また、マンチカンが足長だったり、ある程度成長していたりすると値段が下がることが多いようです。 マンチカンはとても人気があるため、他の猫と比べて相場よりもかなり高い値段です。 値段の幅が広いのは、マンチカンの特徴である短足を持っているか持っていないかが関係しているようです。 マンチカンの短足タイプの値段は、 15万円~40万円くらい、足長タイプの値段は、 5万円~10万円くらいです。 子猫の場合は、小さくても骨格がしっかりとした体つきなのか、活発に動くのか確認しておきましょう。 気になることがあれば、店員さんやブリーダーに質問し、はっきりと答えられない場合は購入を避けた方がいいかもしれません。 納得いく説明が受けられるところからマンチカンを購入したほうが安心できます。 また、マンチカンを選ぶ時は、短足の子か足長の子かで悩むことがあると思います。 ただ、足の長さは異なっても、好奇心旺盛で甘えん坊な性格にはどちらにも変わりありません。 短足の子か足長の子かによって値段も変わりますので、被毛の色などの飼い主さんの好みや相性が合うマンチカンを選ぶといいでしょう。 ちなみに、特に人気がある毛色はクリーム色やレッド&ホワイトです。 最後に… マンチカンはとても人気がある猫の品種で、特徴の短い足が人気のある理由です。 ですが、マンチカンの短足タイプが産まれてくる確率はとても低く、全体の2割です。 足長タイプのほうが産まれてくる確率のほうが高く、値段も安い傾向にあります。 マンチカンの性格は好奇心旺盛で甘えん坊です。 多頭飼いにも向いており、1匹で留守番ができる猫の品種です。 とても飼いやすく初めて猫を飼う方にはおすすめ。 さらに、様々な猫との交配がされているので、長毛種や短毛種、目の色や被毛の色も様々です。 短足タイプや足長タイプをはじめ、色々なタイプのマンチカンがいるので、飼い主さんがお好みのマンチカンに出会えるでしょう。 — おすすめ記事 —.

次の

スコマンチの危険も解説!人気猫種マンチカンの性格・歴史・飼い方

マンチカン 歴史

【目次】スコマンチの危険も解説!人気猫種マンチカンの性格・歴史・飼い方 マンチカンは古くから存在していた!? マンチカンは「突然変異的発生」といって、人の手を加えず自然に発生した です。 近年になってマンチカンは突然有名になったかのように思えるかもしれませんが、もともと足の短い は古くから存在していたのではないかと考えられています。 その証拠に、イギリスのH. E・ウィリアム=ジョーンズ博士は1944年「Veterinary」という獣医学録の中で、足の短い猫種についての記録を残しています。 著書内でジョーンズ博士は、短い足を持っていても健康的で、血筋が4世代続いていた猫たちを紹介しています。 残念ながら、この猫たちはその後に血筋が途絶えてしまったそうですが、この記録は短足猫を記した最も古いものだと考えられています。 また、ドイツのスターリングラードでは1953年と1956年に、アメリカのニューイングランドでは1970年に短い足を持った猫が目撃されていることから、短足の猫は広い地域で昔から存在していたのではないかといわれているのです。 現在のマンチカンは2匹のメス猫がルーツ! 自然発生したマンチカンが現在のように交配によって生みだされるようになったのは、1983年に起こったある出会いがきっかけです。 その頃、アメリカ・ルイジアナ州のレイビルで音楽教師をしていたサンドラ・ホケンゲルは、愛車の下にいた2匹の短足猫 黒とグレーのメス猫 を発見しました。 興味を持ったサンドラは家に連れて帰り、「オズの魔法使い」に登場するマンキン族からインスピレーションを得て、2匹を「マンチカン」と呼ぶようになったのです。 サンドラは黒い猫を「ブラックベリー」、グレーの猫を「ブルーベリー」と名付けかわいがっていましたが、2匹はすでに妊娠をしていました。 そのため、サンドラはブラックベリーを自分で育てることに決め、ブルーベリーは知り合いに譲り渡したそうです。 サンドラの家で出産をしたブラックベリーは、短い足を持つ子猫を産みました。 サンドラはその中の1匹を「トゥールーズ」と名付け、ルイジアナ州のモンローに住むケイ・ラフランスに譲り渡したそうです。 しかし、当時はいまのように完全室内飼いが徹底されていない時代でした。 そのため、トゥールーズは野良猫と何度か自然交配を繰り返し、トゥールーズが暮らしている周辺では、マンチカンの野良猫が数を増やしていきました。 マンチカンの起源はまだまだ解明されていない謎が多いものですが、この後サンドラとケイが交配や育種に取り組んだことが、マンチカンのルーツになっているのではないかと考えられています。 公式団体は苦い顔をすることも… マンチカンは日本でも知名度や人気が高い猫種ですが、実はマンチカンを正式に認めている公式団体はTICAだけです。 その理由は、マンチカンの遺伝子に深い関係があるといえるでしょう。 もともと、マンチカンのチャームポイントでもある短足は、劣性遺伝子によって出現しています。 短足は「長骨」と呼ばれる部分へ影響を与える優性遺伝子が、なんらかの理由で突然変異をし、劣性遺伝子になることで現れるのです。 実際に、両親のどちらかがこの劣性遺伝子を持っていると、マンチカンが生まれる確率は50%にもなるそうです。 このように、短足という特徴は劣性遺伝子によって現れたものだからこそ、公式団体は足にかかる負担を懸念しています。 TICAは2004年にマンチカンを公認しましたが、腰やお尻、脊椎に問題が現れるのではないかと考え、公認しないという姿勢を貫いている団体はまだまだ多いものです。 アメリカで有名なCFAやイギリスのGCCF、フランスのFIFeには、マンチカンは猫種として認められていません。 しかし、マンチカンのブリーダーたちからは「高齢になっても一般的な猫と同じように生活ができている」という報告も多く寄せられているため、公式団体とブリーダーの間にはまだ埋められない溝があるといえそうです。 純血種として認められていない「スコマンチ」に要注意! 日本でマンチカンと同じくらい人気を集めているのは、「 」です。 スコティッシュホールドは、特徴的な折れ耳が愛くるしい猫種でもあります。 現在、日本ではそんなスコティッシュホールドとマンチカンを組み合わせ、「スコマンチ」という猫種を販売しているペットショップも少なくありません。 しかし、折れ耳と短足を持つスコマンチは遺伝子の面からみても、健康面のリスクが大きいため、交配自体に疑問が投げかけられている猫種なのです。 そもそも、スコティッシュホールドの折れ耳は、骨の成長に異常が出ることにより現れます。 中には、成長するにつれて「骨軟骨異形成症」という骨の病気を引き起こしてしまう子も少なくありません。 そのため、骨の異常が猫種としての特徴になっているスコティッシュホールドと、劣性遺伝子によって短足が現れるマンチカンを異種交配させることは、リスクが大きいのではないかという指摘がされています。 実際にマンチカンを公認しているTICAでは、他の純血猫との交配を認めず、他の猫種の特徴を受け継いで生まれてきたマンチカンは公認もされません。 マンチカンの外見的特徴を知りたい! ボディの特徴 セミフォーリンタイプのマンチカンは、一般的な猫に比べて厚みがあります。 胸元が丸く腰がどっしりとしていますが、持ち上げたときにどっしりとした重みは感じません。 頭部の特徴 平らな額を持っており、丸みのあるくさび型(V字)をしています。 他の猫種よりも、頬骨の位置が高いのも特徴だといえるでしょう。 耳の特徴 マンチカンの耳は根元が広く、先端が丸くなっています。 目の特徴 目は離れ気味についており、クルミ形をしています。 耳の根元に向かって、わずかに傾いてついているのも特徴だといえるでしょう。 目色はグリーン、ヘーゼル、イエロー、ゴールド、オレンジ、カッパー、サファイヤブルー、ブルー、アクアといったすべてのカラーが表れます。 中には、左右で目の色が異なる「 」を持つ子もいるでしょう。 四肢の特徴 テレビで見かけるような短い長さの足を持つ子は「短足タイプ」。 それよりも長めの足を持った子は「長足タイプ」と呼ばれます。 実は短足の足を持って生まれてくるマンチカンは、全体の2割程度なのです。 長足タイプの子は短足のマンチカンに比べると足が長く見えますが、一般的な猫よりは短い足を持っています。 また、マンチカンは前足よりも後足の方が長いため、背が肩から尻尾にかけて高くなっているでしょう。 チャームポイントである手足の先は、コンパクトな楕円形になっています。 尻尾の特徴 マンチカンの尻尾は、ボディとほぼ同じ長さをしています。 形は根元が太く、先端に向かって細くなっているのも特徴だといえるでしょう。 被毛の特徴 マンチカンは短毛種と長毛種のどちらも産まれ、長毛種の場合は「マンチカンロングヘア」と呼ばれることもあります。 しかし、長毛種の場合でも、被毛の長さはセミロング程度なので、 などの長毛猫よりは被毛が短いのが特徴です。 長毛種の子は、首回りに飾り毛も見られます。 被毛の色はブラック、チョコレート、シナモン、レッド、ブルー、ライラック、フォーン、クリーム、ホワイトといったすべてのカラーが表れるため、自分好みの子とも出会いやすいでしょう。 バリュエーションが豊富な被毛はとてもなめらかで、シルキーな手触りをしています。 マンチカンの性格は? マンチカンは好奇心旺盛で、遊び好きな性格をしています。 手足が短いためジャンプはあまり得意ではありませんが、運動量は他の猫種と変わりがありません。 また、穏やかで愛情深い性格をしており、飼い主さんに甘える子も多いようです。 他のペットとも仲良くできるので、多頭飼いにも向いていますし、小さなお子さんにも優しい態度で接してくれます。 もしやすいため、猫を飼うのが初めてだという方でも育てやすい猫種だといえるでしょう。 マンチカンの平均体重は? セミコビータイプのマンチカンは、体重も重くありません。 平均体重は3~6kg程度とされているため、一般的な猫と同じくらいだといえるでしょう。 しかし、メスの場合はオスよりも体が小さくなりやすいため、体重が3kg未満である子も多いとされています。 マンチカンの平均寿命は? 一般的な は、完全室内飼いの場合で15歳程度です。 それに対し、マンチカンは少し短めの10~13歳程度が平均寿命だといわれています。 しかし、マンチカンは公認されてまだ歴史が浅い猫種です。 そのため、分析できるほど正確なデータが出されていないという現状があります。 だからこそ、飼い主さんは日ごろから、平均寿命を延ばせるようにサポートをしてあげましょう。 例えば、いつも与えている を見直し、お肉やお魚が主原料(パッケージの一番最初に記載されており、製品の中に一番多く含まれている原材料のこと)のものに変更してみるのもひとつの方法です。 平均価格は足の長さと被毛の色で差が出る! マンチカンは足の長さによって、平均価格が変わってきます。 チャームポイントである短足がきちんと現れている子は理想的だとされるため、平均価格は25~30万程度となっています。 しかし、反対に長足タイプの子は猫種としての特徴が分かりにくいため、15万前後で売られていることも少なくありません。 そして、毛色によっても平均価格は大きく変わります。 例えば日本人が好みやすいクリーム色の子は人気があるため、平均価格も25万前後であることが多いものです。 反対に、里親募集でもなかなか貰い手が見つからない の柄は、生後半年を過ぎると10万以下で売られていることもあります。 マンチカンを飼うときの注意点とは? 好奇心旺盛なマンチカンは飼い主さんがいないとき、思わぬ事故に遭遇してしまうこともあります。 例えば水に興味を示して、お風呂場やトイレに侵入し、溺れてしまうこともあるので気を付けましょう。 そして、マンチカンは足が短い分、ジャンプ力に欠けるところがあります。 一般的な猫からしてみれば楽々登れるような場所でも、マンチカンにとってはジャンプが届かない場合もあるでしょう。 そのため、キャットタワーを設置するときは、少し低めのものを選んであげるのがおすすめです。 最近では、取り外しできる階段が付属しているキャットタワーもあります。 こうした なら老猫になり、さらにジャンプ力がなくなったときでも安心して使用させられるでしょう。 マンチカンが気を付けたい病気とは? マンチカンは遊び好きで活発な分、食べることが大好きな子も多いため、肥満になりやすいという特徴があります。 肥満は糖尿病やヘルニアを引き起こす原因にもなるので、注意が必要しましょう。 マンチカンは のように胴長ではないため、脊椎に大きな影響がでる可能性が低いとされています。 しかし、背骨の間にある椎間板がつぶれて変形してしまう「椎間板ヘルニア」は、マンチカンに見られやすい病気のひとつです。 椎間板ヘルニアになると、足をひきずったり、首・足・胸に痛みや麻痺が見られるようになります。 飼い主さんは普段から飼い猫の様子をチェックし、異変を早期発見できるように努力していきましょう。 また、マンチカンをブリーディングさせたいと思っている方は、短足同士の交配を行わないことが大切です。 公認されて間もないマンチカンはまだ判明していないデータも多い猫種なので、おうちに迎えたいと思っている方は、ぜひ健康管理をしっかりと行ってあげてくださいね。

次の

マンチカンの性格や特徴は?歴史や種類は?お手入れや飼い方、寿命、かかりやすい病気は?

マンチカン 歴史

関連記事 マンチカンの特徴は? 猫界のダックスフントと呼ばれるほどの「胴長短足」は、マンチカン最大の特徴です。 その他の特徴も説明しますね。 生活環境 手足は短くても活発に動きますよ。 運動は必要なので、低めのキャットタワーやおもちゃを用意してあげてくださいね。 身体的特徴 立ち姿を見ると、手足の短さが目立つマンチカンですが、手足の短さは突然変異のもので、障害などではありません。 マンチカンにとって不便なことではありませんよ。 マンチカンは運動神経抜群! 後足が短いのでジャンプ力には限りがありますが、意外にもマンチカンはジャンプが得意です。 好奇心旺盛な性格と相まって、部屋の中を元気に走り回りますよ。 マンチカン、大人になったときの大きさや体重は? マンチカンはセミコビー・タイプと呼ばれる体型の猫です。 セミコビー・タイプとは、下記のような特徴を持った体型のタイプです。 セミコビータイプの猫• 全体的にがっしりとしている• 骨格が太く短い• 頭が丸い• コビータイプよりも四肢がやや長い マンチカンの大きさ マンチカンは大人の猫で体長が約60cm程になります。 ただ、脚長のマンチカンは大きくなりやすいため、もう少し大きくなりますよ。 マンチカンの平均体重 マンチカンはオスの方が少し大きめです。 オスの体重は約4kgで、メスの体は約3kgです。 マンチカンの起源、歴史は? マンチカンの歴史は1983年にアメリカで発見された足の短い猫がルーツとされます。 1983年以前にも足の短い猫の報告はありましたが、なかなか種として定着しませんでした。 アメリカで発見された猫から産まれた子猫をかけあわせて、育種(新しい猫種を作ること)が始まります。 1994年、TICAは新種開発プログラムの対象種としてマンチカンを指定。 その後2003年にチャンピオンシップ・ステータスに昇格となりました。 愛好家だけでなく、ショー・キャットとしても人気が高い種となっています。 関連記事 名前の由来 また、マンチカンの名前は、「オズの魔法使い」の小人(マンチキン)から取られているそうです。 純血種 突然変異で発見された純血種は、短い手足と、体長よりやや短めのシッポが特徴です。 小型のセミコビーですね。 さまざまな猫と交配されてきた歴史があるため、外見や毛色も多種多様ですよ。 メヌエット ミヌエットとも呼ばれるメヌエットは、マンチカンに「ヒマラヤン」「ペルシャ猫」「エキゾチックショートヘア」などをかけあわせて作られました。 警戒心が薄く、甘えん坊で人なつこい性格ですね。 ゴージャスな被毛が魅力的ですよ。 キンカロー キンカローは、マンチカンに「アメリカンカール」をかけあわせて作られました。 名前の由来は、キンキー(縮れた)とローレッグス(短足)という単語からですよ。 カールした耳が愛らしいですね。 性格は陽気で遊び好きですよ。 スクークム スクークムは、マンチカンに「ラパーム」をかけあわせて作られました。 ラパームから受け継いだカーリーヘアーが特徴ですね。 ヒゲやまゆ毛もカールしてますよ。 愛情深く、社交的な性格です。 マンチカンは足の長さでも種類が分かれる? マンチカンの足の長さは3タイプありますが、足の長さで運動能力が劣ることはありませんよ。 スタンダード 足長 スタンダードは3タイプの中で一番長い足で、成猫で10㎝ほどの長さになります。 スーパーショート 中足 スーパーショートはスタンダードとラグハガーの中間の足の長さになりますよ。 ラグハガー 短足 ラグハガーは3タイプの中で最も短い足になりますよ。 敷物(ラグ)にお腹がつくほど(ハグするほど)の足の短さですね。 マンチカンの4匹の仲間とミックス マンチカンには他の猫種との交配によって誕生した代表的な猫種が4匹います。 関連記事 マンチカンの毛色は? マンチカンのカラーは、レッド系・クリーム系・キャリコ・シルバー・カメオ・ブラック・トーティー・ダイリュート キャリコ・ホワイト・ブルー・ブラインマッカレルタビーなどさまざまです。 レッド系は明るい茶色で、キャリコは三毛、シルバーは明るい灰色ですね。 ダイリュートやタビーなどは複雑なパターンを表していますよ。 マンチカンはなぜ種類が多いの? マンチカンは1983年にアメリカで発見されて以降、手足を短くすることを目的に、さまざまな猫種と交配されて作られました。 手足の短さ以外には、かけあわせた猫種の特徴が出てきますよ。 「ジェネッタ」という種類のマンチカンは、ベンガルとかけあわせたので、ベンガルの模様を持つ手足の短い猫になっていますね。 マンチカンの平均寿命は? 関連記事 マンチカンがかかりやすい病気は? マンチカンはさまざまな猫種とかけあわせているので、遺伝的にかかりやすい病気はありません。 ただ、手足の短い体の構造上、肥満になるとヘルニアにかかりやすいですね。 肥満は糖尿病の原因にもなるので注意が必要です。 マンチカンは飼いやすい?お手入れは? 長毛種は1日2回・短毛種は1日1回、ブラッシングとコーミングを行います。 目の粗いブラシでブラッシングをして皮膚に刺激を与えて血行を良くします。 次に、くし(コーム)を使って被毛を整えます。 被毛の手入れをしないと、猫自身が毛づくろいをして大量の毛を飲みこんでしまい、胃の中で大量にからまり「毛球症」になってしまいますよ。 関連記事 マンチカンにおすすめのキャットフードは? マンチカンは足の短い猫種のため、肥満を原因とした椎間板ヘルニアにかかりやすい猫です。 そのため、必要最小限の給餌料で賄えるキャットフードがおすすめです。 市販のキャットフードには、穀物によりかさ増しをされた商品が少なくありません。 アーテミス『オソピュア』 「アーテミス『オソピュア』」は、 良質な動物性タンパク質が摂取でき、ビタミンB1・カルシウム・カリウムなど猫に必要なビタミンやミネラルを多く含む「ガルバンゾー豆(ひよこ豆)」も使用されているためおすすめのキャットフードです。 また猫の身体にやさしいグレインフリー(穀物不使用)かつ無添加です。 「アーテミス『オソピュア』」についてさらに詳しくまとめた記事はです。

次の