コインランドリー経営 ランキング。 コインランドリーのランキング2019年版 オリコン顧客満足度|調査企業19社の比較・クチコミ・評判

【副業】コインランドリー経営は儲かるのか?実際に経営している実家の現状をお届け。

コインランドリー経営 ランキング

不動産の有効活用方法の1つにコインランドリー経営が挙げられます。 洗濯機がない人や洗濯機では洗うことができないものをコインランドリーでは洗濯できるため、単身赴任のサラリーマンや、一人暮らし世帯などの需要が期待できる活用方法です。 しかし、不動産の活用方法には賃貸経営や駐車場経営などがあります。 実際に経営を始める前に、コインランドリー経営のメリットとデメリットをよく理解した上で始めることが重要です。 この記事では、コインランドリー経営のメリットとデメリット、手順について解説します。 1-1. 1-2.• 2-1. 2-2.• 1.コインランドリー経営の2つのメリット 不動産の有効活用には、賃貸経営や駐車場経営、トランクルーム経営など数多くの選択肢があります。 コインランドリー経営も有効活用の1つですが、しっかり調べないまま経営を始めても、想定していたような利益が得られるとは限りません。 リスクを抑えながらコインランドリー経営を行うには、メリットとデメリットをしっかり理解してから経営を始めることが重要です。 コインランドリー経営のメリットとして、以下の3つが挙げられます。 現金収入が得られる• ランニングコストが低い それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。 1-1.現金収入が得られるため、利用者の未払いリスクがない 不動産の有効活用として賃貸経営を選ぶ人もいると思います。 しかし、入居者が家賃を滞納してしまった場合には想定した家賃収入が得られない可能性があります。 家賃滞納が発生した場合、支払い督促や裁判の手続き、立ち退き費用、残置物の撤去費用などが発生することもあり、大きな出費や労力を伴うケースも少なくありません。 そのため、賃貸経営では家賃滞納リスクとうまく向き合う必要があります。 一方、コインランドリー経営では、コインランドリーを利用する際は利用前に料金を支払うため、料金の回収漏れが生じることはありません。 利用者の未払いリスクがない点はコインランドリー経営のメリットと言えるでしょう。 1-2.ランニングコストが低い コインランドリー経営では水道光熱費と固定資産税や都市計画税などのランニングコストが発生します。 しかし、清掃や施錠以外では無人で運用が可能なため、人件費がほとんどかからず、賃貸経営などと比較してランニングコストは低めになります。 その他、洗濯機・乾燥機などの機器を一括購入するかリースで準備するか、店舗運営代行を利用するか自主管理するかなどで月々のランニングコストが変わります。 自分でコインランドリーの清掃や施錠などを行えば人件費も生じないため、水道光熱費と固定資産税や都市計画税などのランニングコストで済みます。 利益率が高いのがコインランドリー経営の魅力と言えるでしょう。 2.コインランドリー経営の2つのデメリット コインランドリー経営は、どのような場所でも始められるわけではありません。 ある程度の需要が期待できるエリア、複数台の洗濯機や乾燥機などの設備の設置スペースや駐車場を確保できるような広い敷地が必要になるということをまず覚えておく必要があります。 コインランドリー経営のデメリットとして、以下の3つが挙げられます。 利益が得られるまでに時間がかかる• セキュリティ面に問題がある それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。 2-1.利益が得られるまでに時間がかかる コインランドリーのオープン当初は固定客をなかなか確保できず、損益分岐点を超えるまでに時間がかかります。 その間も機器のリース代や銀行からの融資を受けていた場合は月々の支払いが生じます。 固定客を獲得して利益が得られるようになるまでは、リース費用や銀行の返済を持ち出しで補わなくてはならないので注意しましょう。 2-2.セキュリティ面に問題がある コインランドリー経営は無人で経営できるため、人件費を抑えることができます。 24時間経営であれば鍵の開け閉めも不要なので、定期的な見回りだけで済みます。 しかし、無人経営のコインランドリーは両替機を狙った強盗や下着の窃盗が生じる、若者のたまり場になるというリスクがあるので注意が必要です。 対策を練らずに放置しておくと評判が下がって固定客が離れてしまいます。 これらの課題を解決するには、監視カメラを設置する、定期的に見回りを行うなどの対策が必要です。 対策に費用と手間がかかることがデメリットと言えるでしょう。 3.コインランドリー経営を始める手順 不動産の有効活用としてコインランドリー経営を始める場合は、コインランドリー経営のサポートを行っている業者に相談するという方法があります。 コインランドリー経営のサポートを行っている業者に相談した場合、提携している多くの業者と連携して建物の建設から設備の導入までを手掛けてくれます。 また、不動産が優れた立地条件の場合は、コインランドリー業者が初期費用を全部負担し、土地の所有者は利益の1部や地代を受け取ることも可能です。 一方で、本当にコインランドリー経営に適しているのかどうかを調査し、判断することも大切です。 コインランドリー経営以外に適した有効活用の手段がないか、事前に調査しておきましょう。 複数社から土地活用の提案が受けられる「HOME4U」 は、NTTデータグループが提供するサービスで、マンション経営やアパート経営、駐車場経営、賃貸併用住宅、大規模施設などの収益性の高い土地活用や不動産投資について、最大7社の収益最大化プランを比較することができます。 コインランドリー経営やその他の活用方法と比較することも可能ですが、興味のある活用方法に絞って提案を受けることも可能です。 コインランドリー経営が得意な業者を探したい場合にも活用してみましょう。

次の

コインランドリー経営は失敗しやすい??メリット・デメリットをご紹介します!

コインランドリー経営 ランキング

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。 コインランドリー経営は初年度マイナス200万円を 覚悟しなければならない投資先です。 シミュレーションもやはり、初年度マイナス160万円~200万で 計画されています。 初年度マイナスは覚悟の上ですので 自己資金はゼロ円に設定することで 初年度マイナスに対処できるだけの体力(預金) を残して投資をはじめました。 ですから、初年度マイナスは耐えることができるのです。 が・・・・・ やはり、毎月毎月マイナス20万~40万円の 現金が通帳から減っていく様を見るのは とてもとても心が揺さぶられます。 本当に収支は改善するのか? 本当に収支V字回復するのか? 赤字は続かないのか? とても不安な気持ちになります。 不動産投資や、太陽光発電事業投資では 味わうことができないような不安感 そして、シミュレーション通りに 毎月マイナスを積み上げ1年目には やはりシミュレーション通りの マイナス200万・・・・・ はたして??? とコインランドリー投資をはじめるサラリーマンは どきどきしながらはじめるのがコインランドリーです。 わたしの愛媛のコインランドリーは最初は マイナス40万円でしたが、 徐々にマイナス幅は改善し、 先月は粗利益がようやく反転しプラス7万円でした。 もちろんローンがあるのでまだまだ実収支は マイナスですが 粗利がプラスになったことはかなりの改善でした。 そして、 12月の収支報告書が届きました。 4万円 支出:40. 6万円 収支:26万円 なんと過去最高益の26万円の 粗利となりました~ ローンの鑑みるとまだマイナス7万円程度ですが 当初のマイナス40万と比べると かな~り 心が楽になりました。 営業マン曰く 「上がったり下がったりしながら 売上げは4年は上昇し続けます!」 と胸を張ってますが 今のところ 営業マンの言うとおりの結果となっています。 3年目には売上げ3桁 100万~120万を目指しましょうと 言われていますが 実際にシミュレーション通りに 推移する収支を見ると 期待してしまいますよね。 売上げは上昇しますが 毎月の支出は大体35万~45万 平均で40万程度と決まっていますから 売上げが上がれば上がるほど どの分儲かるのです。 まずは3桁売上げ100万超えがいつになるのか? 楽しみです。 1年気持ち的には不安でしたが やっと自信をもって皆様に ブログで公開できます。 今後のコインランドリー報告を たのしみにお待ちください! でわ!.

次の

【コインランドリー経営】2019年3年目の実績公開!単体黒字は達成できたのか?否!

コインランドリー経営 ランキング

コインランドリー経営は地域貢献型ビジネスとも言われています。 需要と供給が成り立つビジネスのため確実に利用者が見込め、高い収益性が見込める投資ビジネスです。 しかし、このコインランドリー経営も、必ず儲かるという確約はありません。 失敗する人がいるのも事実です。 それではコインランドリー経営は世間が言うほど安全なビジネスではないのでしょうか? いいえそんなことはありません。 コインランドリーの開業に当たって押さえておくべきポイントを理解しておけば、失敗する確率はグンと減り、収益性の高い安定したビジネスにすることができます。 そこで今回はコインランドリー開業時に押さえておくべきポイントを失敗例から検証し、成功するためのコツはどこにあるのかを解説していきます。 このページの目次 CLOSE• コインランドリー経営のポイント コインランドリー開業に当たって押さえておいてもらいたいポイントは下記の3点です。 準備不足に注意• 店舗の清潔感• 安心して利用できる店舗 この3点は成功するための重要ポイントであり、失敗事例が多く存在するポイントでもあります。 よって、この3点をクリアすることで失敗する可能性をグンと引き下げ、成功する可能性はグンと高くなってきます。 準備不足に注意 冒頭でも言ったようにコインランドリーは需要と供給さえ見込めれば、収益性の高いビジネスといえます。 しかし、何もしないでは望んだ結果は得られません。 そこでまず把握しなければならないのが市場状況。 立地条件で需要が見込め、供給過多となっていないことが経営成功のための最低必要条件となります。 需要がなくては利用者は見込めませんし、需要がある地域でも近隣にコインランドリーが複数あっては利用者の取り合いとなってしまうので、利用者確保は難しくなります。 また導入機器をどうするのかを決めるためにも、近隣の住民層を知ることが重要です。 単身者が多いようなら小型洗濯機、家族世帯が多いならば大型洗濯機とニーズの高い洗濯機サイズが違うからです。 以上のように簡単に始められると思われがちなコインランドリー経営も、事前準備にどれだけの時間をかけるかが成功となるか失敗となるかの大きな分かれ道となります。 コインランドリーの利用者層は? 必ず儲かるコインランドリー経営なんて言われ方もしますが、コインランドリーの利用率は決して高い数値ではありません。 あるアンケート調査によれば「よく利用している」と「たまに利用している」と答えたのは全体の15%と驚くほど低調な数値です。 この15%の利用者をいかに取り込むことができるのかが、まずはコインランドリー経営で重要なポイントになります。 そこで注目してもらいたいのが年代別・性別に見る利用者層。 どの年代別・性別が利用率を高いのかを知ることで、近隣地域にどれくらいの利用者が見込めるのかが判断できます。 その数値は下記のとおりです。 1位 60代男性 25% 2位 30代女性 19% 3位 40代女性 17% 4位 50代男性 16% 利用が多いと思われがちな20~30代男性の利用率は下記のとおりで、意外に少ないのが見て取れます。 20代男性 13%• 30代男性 11% これら数値から判断するとコインランドリー利用率が高いのは、家族世帯や老後世帯の多い住宅地域であると言えるでしょう。 特に50代以上男性の利用率は半数近くの41%にも上ることから、高齢者が多い地域はコインランドリー開業に有利となります。 ここに家族世帯の主婦とみられる30~40代女性の利用者を確保できれば、この上ない立地条件を備えていると言えるでしょう。 それを確認するためにも開業予定地近隣の世帯数と人口分布は知っておくべき重要必須データとなります。 近隣の競合店は? また立地予定の近隣に競合店が何店あるのかも必ず事前調査が必要です。 人口数や世帯数と比較して供給過多となる状況では満足な収益が期待できませんし、利用者確保のための競合店との差別化も重点的に行う必要が出てきます。 差別化を図るならば通常よりも多くの投資費用が必要となってくるでしょうし、投資したからといって期待通りの利用者確保が出来るとも限りません。 よって、供給過多とならないかの調査も必要になります。 また供給過多でない場合でも競合店がどこにあり、どんな店舗なのかの調査は必要です。 競合店の下記のような特徴を知ることで差別化ポイントを何処に置くのかを明確にできます。 利便性• 快適性• 設置機器の種類 まったくコインランドリーのない地域ならここまでの調査は必要ありませんが、今どきそんなうまい話はないでしょう。 競合店をしっかりと調査することでより良い店舗作りが実現できます。 利用者へのアピールのためにも競合店との違いやメリットを明確にしましょう。 店舗の清潔感 コインランドリーを使用したくない人が一番気にしているのが衛生面です。 いろいろな人が使った洗濯機で洗濯物をするのは衛生面で不安だと感じるという意見が多く見られます。 それほどコインランドリーには衛生面の安全性が求められています。 しかし、コインランドリーには各地方自治体で決められた厳しい下記規定があり、これをクリアしなければコインランドリーの開設は許可が下りません。 最低限備えるべき施設と設備• 毎日の施設管理• 設備の定期点検• 1日1回の洗濯槽と乾燥機の清掃• ゴミ箱の設置• ネズミや害虫が発生しない環境づくり これら規定には各地方自治体によって差はありますが、予想に反してコインランドリーは高い衛生管理が行われているのが実情です。 しかし、そうは言ってもこのような行政指導があることを知っている人はごく一部でしょうし、店内に清潔感が感じられなければ衛生面に不安をもってしまうのも仕方のないことでしょう。 そう印象付ければリピーターは自ずと減り、利用者の増加も見込めない状況となってしまいます。 そうならないためにも、清潔な店舗を維持できるよう十分な清掃を欠かさないことが重要です。 安心して利用できる店舗 コインランドリーの利用者層は高齢男性と主婦がメインです。 高齢男性 50代以上 41%• 主婦 30~40代 35% そこで重要となってくるのが安心して利用できる店舗環境の整備。 特にコインランドリーは管理者不在の無人経営が基本ですから、高齢者や女性が1人で訪問しても安心して入れる店舗でなくてはなりません。 よって、安心・安全を維持するための防犯対策はコインランドリー収益にも直結する重要事項となってきます。 そこで絶対に必要となるのが下記防犯対策です。 可視性の高い大きなFIX窓を設置する• 防犯カメラを設置する 可視性の高い大きなFIX窓を設置する FIX窓とは窓の開閉ができない壁にはめ込まれて固定された窓です。 防犯性を高めるにはコインランドリー内が外からでも見てわかる可視性が求められるので、窓は大きい面積のものが必要となります。 そこでおすすめなのがFIX窓。 FIX窓には下記のようなメリットがあるので、開閉式ではなくFIX窓を利用することで防犯性を高められます。 窓を大きな面積のものにできる• 開閉しないので逃亡時に窓が使えない 開閉式の窓は窓枠部分が大きくなる上、地震や事故等で落下の心配があるので、大きな面積の窓が必要な場合には不向きとなります。 しかし、FIX窓ならば窓枠部分のデザインがすっきりするだけでなく、はめ殺し窓ですから大きな窓でも落下する心配がなく、外からの視界もしっかりと確保できます。 また、開閉できないことから泥棒等の被害にあっても、その際の逃走口は出入り口のみとなります。 後ほど説明しますがコインランドリーの出入り口には、防犯カメラが設置されているケースが一般的です。 出入り口を1つにすることで犯人の人物特定がしやすくなります。 後で警察に捕まってしまう可能性が高いと印象付けることで、犯罪の発生率を抑制する効果も期待できるというわけです。 防犯カメラを設置する 犯罪発生率を抑制するのに欠かせないのが防犯カメラです。 防犯カメラは洗濯物の盗難防止にも有効で、コインランドリーはコンビニのように視界があまりないため、防犯カメラを設置することで「ここは見つかりやすい」という意識が働き、大きな防犯効果を生み出します。 1台ではなく複数台のカメラを設置することで、さらなる効果が期待できるでしょう。 また深夜遅くまで営業していることから、不審者やコインランドリーを利用しない少年少女のたまり場となる可能性も考えられます。 そうなれば本来の利用者はそのコインランドリーを敬遠して競合店に流れてしまいます。 そうならないためにも防犯カメラで現場状況を確認し、早めに適切な処置を講じることもできます。 まとめ コインランドリー経営は他の不動産投資よりも投資費用も安く、収益性もあり、簡単だという声もありますが、それもこれも利用者を確保できる環境を整えてこそです。 この点をよく理解せず、単に開店するだけでは失敗に終わってしまうことになるでしょう。 今回解説したポイントを念頭に置き、十分な前準備をして、利用者確保ができるコインランドリー経営を目指して下さいね。

次の