ゆず は すっぴん。 ゆず(歌手)の名前の由来や意味は?デビュー年齢は何才?メンバー二人の名前や関係も!

ゆずは(今日好き)ピアノが凄い!高校やすっぴんが可愛い!かいとと結ばれる?

ゆず は すっぴん

概略 [ ] 出身のフォークデュオのパイオニア的存在で、頃から始まった第2次ムーブメントの先駆けとされる。 路上時代は主にの前で路上ライブを行っていた。 3月結成。 結成後すぐにオリジナル曲を作る。 最初は客はほとんどいなかったが、1年ぐらいしたときに初めてリクエストしてくる客が現れた。 路上の最終日(1998年8月30日)は、直撃にもかかわらず、約7,500人が集まった。 2人の出会いは小学生の頃だが、クラスが違ったためあまり面識がなかったという。 中学で初めて同じクラスになり、仲良くなり始める。 中学時代にの「」を一緒に歌った。 2人は別々の高校に進学したが、卒業後に中学時代の友達で4人組のバンド(北川が、岩沢がボーカル)を結成する。 しかし「残りの2人(ベース、ギター)と合わない」という理由から、先述のような経緯で2人でデュオを結成するに至った。 結成当初は「Light's」という名前だったが、これを自分達に合っていない上にダサいと感じていた北川が、2人が当時一緒にやっていたアルバイト先の食事会で食べたから「ゆず」へと変更。 90年代当時、音楽グループ名にを採用するのは珍しかった。 にのであるを迎え、1997年『ゆずの素』でインディーズ・デビューする。 翌年1stシングル「夏色」、2ndシングル「少年」で立て続けにブレイク。 1st『ゆず一家』は最終的に100万枚近い売上を記録した。 復興の立役者として、「」と呼ばれる新たなるフォークの1ジャンルを確立した(本人らの自称は「平成爽やかフォークデュオ」)。 2003年・2004年・2009年・2011年・2013年・2015年〜2019年には「」に出場。 2017年には「」で大トリを務めた。 もともと1999年に一度オファーを受けながらも辞退したが、2003年に初出場。 2003年、初のカウントダウンライブを横浜で行う。 2005年のの発売、2007年の10周年などを経て以降は、様々なアーティストとの共演や各種イベントへの参加、メディアへの露出など、それまであまりなかった形での活動もより積極的に行われるようになった。 ゆずのファンのことを「 ゆずっこ」と呼ぶ。 公式ファンクラブ名は「ゆずの輪」 1998年10月発足 である。 ライブ前には演者と客・スタッフ・警備員含め全員で「」を行い、のコール代わりにゆずの曲を歌う(観客の誰かが歌い出し、いつしか大合唱)というのが定番となっている。 その際の曲は「贈る詩」が多く、その他に「する〜」「サヨナラバス」「友達の唄」「虹」などが歌われる。 ライブでは、などが考案した振り付けを会場全員で踊る「ダンスコーナー」のようなパートが設けられることが多く、「」と並びライブのハイライトとなっている。 ほとんどの曲のアレンジはゆずとプロデューサー・寺岡呼人によるものであったが、2008年のアルバム『』以降は外注のアレンジャー(など)が参加するようになり、アレンジに大きな変化が起きている。 このことについて、岩沢は『ここ5年くらいから二人組の役得というか、バンドではないので、いろんな人と試せるチャンスが実は凄いあるなということに気がついて』『デビュー当時とかは、俺達の音楽が変わっちゃうんじゃないかと思ったり、壊されたり踏み入られるのを嫌だった時期もあったんですけど、10周年超えたくらいから、ゆずという素材を使っていろんな人に「料理してください」と言えることを覚え始めて』と語っている。 サービス開始当初は消極的であったが、2009年ごろからは配信限定シングルのリリースや、CD作品を先行配信するなど積極的な姿勢も見せている。 2013年にはアーティスト別年間ダウンロードランキングで、シングル部門7位、着うた部門10位となり、配信でもトップクラスの順位を記録している。 メンバー [ ] 人名 パート リーダー (きたがわ ゆうじん) 雄叫び など サブリーダー (いわさわ こうじ) ボーカル ギター など 「ゆず2018プロジェクト with 」で、・日本代表選手団を応援していくためテーマソング「」を作るための新メンバーを募集。 新たに2018名が公式メンバーとして加わり、「ゆず2018(ニーゼロイチハチ)」として2017年12月から2018年春にかけて活動した。 サポートメンバー [ ] 人名 パート 在籍期間 (さいとう ゆうた) 2-NI- - (まつばら まつきち ひろし) 音野祭 - (さとう ほのか) 2-NI- 、GO LAND - (うえだ けんじ) 新世界 - (ささき たかゆき) ギター 新世界 - (あきやま りほ) 新世界 - (かめだ なつえ) ヴァイオリン 新世界 - (きくち みきよ) 新世界 - (ゆうき たかひろ) 新世界 - (さとう かずや) 新世界 - 過去のサポートメンバー [ ] 人名 パート 在籍期間 (こじま てつや) ドラム ゆず渋谷公園通り劇場LIVE - 夢の地図 (さの やすお) ドラム 1〜ONE〜 - ゆずのね (おだわら ゆたか) ドラム WONDERFUL WORLD - FURUSATO (サニー) キーボード ゆず渋谷公園通り劇場LIVE - 熱湯Bomb踊り (いとう ミキオ) キーボード トビラ - ユズモラス (かわむら ケン) キーボード すみれ - リボン (いとう たかひろ) キーボード 熱湯Bomb踊り - FURUSATO (くろさわ ひでき) ギター トビラ (こいで まさのり) ギター 夢の地図 (きむら けん) ギター 1〜ONE〜 - リボン (こうぐち しゅうじ) ギター ゆず渋谷公園通り劇場LIVE - 熱湯Bomb踊り ユズモラス - すみれ ゆずのね - Wonderful World (さとう けんじ) ギター WONDERFUL WORLD - GO LAND (はまざき かいせい) ギター YUZU YOU 〜みんなで、どうむありがとう〜 - GO LAND (ゆり こうへい) ベース ゆず渋谷公園通り劇場LIVE - 夢の地図 (おきやま ゆうじ) ベース 1〜ONE〜 - リボン (はやし よしやす) ベース WONDERFUL WORLD - YUZU YOU〜みんなと、どこまでも〜 (たねだ たけし) ベース GO LAND (わかもり さちこ) YUZU YOU 〜みんなで、どうむありがとう〜 - GO LAND 略歴 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年11月) インディーズ [ ] (平成9年)• 、アルバム『』発売。 メジャー [ ] (平成10年)• 、ミニアルバム『ゆずマン』でメジャーデビュー。 、初のワンマンライブを渋谷公園通り劇場で行った。 、冠ラジオ番組『』()放送開始。 放送枠を何度か変更しながら約2年7か月間番組を担当。 - 、全国路上LIVEサーキット(6ヵ所7公演)• 、1stシングル「」発売。 、1stフルアルバム『ゆず一家』発売。 、毎週日曜22:00から()前で行っていた定例路上ライブを、人が集まりすぎるなど安全上の理由から8月いっぱいをもって終了することを決定。 、毎週日曜22:00から横浜松坂屋(伊勢佐木町)前で行っていた定例路上ライブがこの日をもって終了。 、『ゆず一家』からのとなる2ndシングル「少年」を発売し、シングル・アルバム通じて自身初のオリコンチャートトップ10入りを果たす。 - 、初のコンサートツアー「昇心旅行」を開催。 、公認ファンクラブ「ゆずの輪」発足。 (平成11年)• 、2ndフルアルバム『ゆずえん』発売。 自身初のオリコンチャート1位を獲得し、ミリオンセラーを達成。 自身最高の売上枚数を記録する。 (平成12年)• 、9thシングル「嗚呼、青春の日々」を発売し、シングルでは初のオリコンチャート1位を獲得。 、10thシングル「飛べない鳥」を発売し、シングルでは自身最高の売上枚数を記録。 、3rdフルアルバム『トビラ』発売。 自身最高を初動売上を記録。 (平成13年)• 、初のライブ「ふたりのビッグ(エッグ)・ショー」 開催。 (平成15年)• - 、「ゆずの2月は4部作」と銘打って15th - 18thシングルを各10万枚限定で毎週1枚ずつ4週間連続で発売。 、『』に初出場。 横浜前から中継で出演し、『夏色など…』と題して「夏色」「濃」「またあえる日まで」を歌唱。 初のカウントダウンライブ『ゆずカウントダウンライブ2003〜2004 幸(せ)拍(手)歌合戦』開催。 (平成16年)• 、体育館ツアー2004「夢の地図」沖縄公演(沖縄ダンスクラブ松下)がの影響により初のライブ中止となる。 、より「」の「文化・芸術奨励賞」を受賞し、に「第52回横浜文化賞」授賞式が行われた。 、『第55回NHK紅白歌合戦』に2回目の出場(歌唱曲は「栄光の架橋」)。 (平成17年)• 、本人らが選曲した初のベスト・アルバム『Going [2001-2005]』『Home [1997-2000]』を2枚同時発売。 ・、 Presents YUZU STADIUM 2005 「GO HOME」開催()。 (平成18年)• 、とのスペシャルユニット「」でシングル「クリスマスの約束」を発売。 (平成19年)• 、デビュー10周年記念の裏ベストアルバム『』発売。 (平成20年)• 、ライブDVD「ゆずのね」を発売し、自身初のオリコンDVD総合チャート1位を獲得。 、北川が10月スタートのドラマ『』で連続ドラマ初出演(準主演)。 (平成21年)• 、とのスペシャルユニット「ゆずグレン」として「two友」発売。 、天皇皇后両陛下御前ライブに出演。 、横浜スタジアムでゆず主催のロック・フェスティバル「音野祭」を開催(ゆずの他にキマグレンとらが出演)。 、冠ラジオ番組『』(ニッポン放送)放送開始。 約9年ぶりのオールナイトニッポンでのレギュラー放送となる。 、『』に5年ぶり3回目の出場(歌唱曲は「逢いたい」)。 (平成23年)• 、これまでに発表した全楽曲がで配信開始。 、北川が作詞・作曲を担当したのシングル楽曲「」が発売。 ゆずが他アーティストに楽曲提供を行うのは初めてである(アーティストではないが、過去にに楽曲を提供したことがある)。 、前のでストリートライブ形式のフリーライブを実施。 なお、ゆずのストリートライブは13年ぶりである。 、『』に出場(歌唱曲は「Hey和」)。 (平成24年)• 、15周年記念ベスト・アルバム『』が発売。 - 、、東京ドームで15周年記念ライブを開催。 - 、横浜 万国橋SOKOにて「ゆず展」開催。 延べ2万人の来場。 初日にはゆずの2人も登場。 - ライブ作品「LIVE FILMS YUZU YOU DOME DAY1」と「LIVE FILMS YUZU YOU DOME DAY2」を同時発売。 11月5日付オリコンDVD総合チャートで「DAY2」が1位、「DAY1」が2位となり、男性グループでは、に続き、史上3組目となる「DVD総合チャート1位・2位独占」を果たした。 また、ゆずの映像作品としては初めても発売された。 (平成25年)• 、ゆずの公式チャンネルがオープンされた。 、『』に出演し、『LAND』が最優秀アルバム賞を受賞• 、『』に出場(歌唱曲は「雨のち晴レルヤ」)。 (平成26年)• 、「SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS」BEST ARTIST賞を受賞。 、最後の音楽イベント「SAYONARA 国立競技場FINAL WEEK JAPAN NIGHT」に出演。 、『』に出演し、「」が優秀作品賞を受賞。 (平成27年)• 、『』が放送終了。 、で北川が初MCを務める『』が放送開始。 - 、で弾き語りライブ「二人参客」を開催。 それに伴うファンクラブイベントとして、に「ゆずの輪 presents 二人参客 前夜祭 〜にほんのうた〜」(会場は)、には「ゆずの輪 presents 二人参客 後夜祭 〜ゆずっこ感謝DAY〜 in 横浜スタジアム」も開催。 、弾き語りライブ「二人参客」の二日間のライブ音源が、14年ぶりのライブアルバム『二人参客 2015. 15〜緑の日〜』『二人参客 2015. 16〜黄色の日〜』として同時発売。 9月21日付オリコンアルバムチャートでは『8. 15』が1位、『8. 16』が2位となり、22年4か月ぶりのライブアルバム1・2位独占を達成。 、弾き語りライブ「二人参客」内で行われた特別企画のライブ音源を初となる12インチ「」として発売。 、『』に出場。 アスリートの映像をバックに歌唱(歌唱曲は「かける」)。 (平成28年)• 、「 MUSIC AWARDS」で「」が「VIDEO OF THE YEAR(もっとも優れたミュージックビデオに授与される賞)」を受賞。 公演を皮切りに、、凱旋公演として大阪、東京でライブを行う。 また7月15日には台湾にて初の路上ライブを行う。 - 、東京ドームで20周年突入記念弾き語りライブ「ゆずのみ」を開催。 、『』に出場(歌唱曲は「見上げてごらん夜の星を~ぼくらのうた~」)。 (平成29年)• 、デビュー20周年を記念した、オールタイム・ベストアルバム『』発売。 - 、初開催の、を含む自身初の全国ドームツアー『YUZU 20th Anniversary DOME TOUR 2017 ゆずイロハ』開催。 、 、初の試みとして『』、『』とEP作品を2週連続発売。 、「ゆず2018プロジェクト with 日本生命」として新メンバー2018名を発表。 2018年春まで活動。 ともに「うたエール」を制作した。 屋上で「冬至の日ライブ ファイナル」を開催。 冬至の日ライブに終止符を打つ。 、『』に出演し、特別賞を受賞。 、『』に出場し、初の大トリとして歌唱(歌唱曲は「栄光の架橋」)。 (平成30年)• 、「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS2018」において、BEST POP ARTIST、ARTIST OF THE YEARの各賞を受賞した。 、ファンクラブイベント「ゆずの輪 presents 秋祭り 杜の音~ゆずの大応援 in 横浜文化体育館」で「ギターピックで作った最大の文章(Largest guitar pick sentence)」のを達成。 、『』に出場(歌唱曲は「うたエール」)。 、東京・で開催された「天皇陛下御即位三十年奉祝感謝の集い」に出演。 - 、音楽史上初の弾き語りドームツアー「ゆず 弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ〜拍手喝祭〜」開催。 、これまで発表した全310曲をにて開始。 では5月10日から独占先行配信。 、台湾のと呼ばれる「第30回」に日本代表アーティストとして特別出演。 、で開催された「国立競技場オープニングイベント ~HELLO, OUR STADIUM~」にサプライズゲストとして出演。 、『』に出場。 『紅白SPメドレー 2019-2020』として「栄光の架橋」と「SEIMEI」を歌唱。 (令和2年)• - 、「YUZU ARENA TOUR 2020 YUZUTOWN」 を開催予定だったが、感染拡大を受けて全公演が2021年秋以降に延期となった。 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ] 単独名義のシングルには、ゆずの2人が必要ないと感じているため基本的にはカラオケver. 等のインストver. は収録されていなかったが、44thシングルには初めてカラオケver. が収録された。 太字でないものはファンクラブなどの通販限定で販売されたもの。 分類 発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位 ビデオ 1999年 03月17日 2002年 01月23日 SNVQ-68901 SNBQ-18905 集 2000年 02月16日 2001年12月26日 VHS VHS DVD SNVQ-68902 SNVQ-68903 SNBQ-18903 ライブビデオ 2000年 04月12日 2002年 01月23日 LIVE FILMS ふたり 秋味 VHS DVD SNVQ-68904 SNBQ-18906 ライブビデオ 2001年 04月 04日 2001年 05月16日 LIVE FILMS TOBIRA TOUR 2000〜2001 VHS DVD SNVQ-68905 SNBQ-18901 7位 ライブビデオ 2001年12月26日 VHS DVD SNVQ-68906 SNBQ-18902 14位 ライブビデオ 2002年 01月23日 LIVE FILMS スタジアムツアー 満員音 楽 礼〜熱闘!Bomb踊り〜 VHS DVD SNVQ-68907 SNBQ-18904 9位 ライブビデオ 2002年 08月 LIVE FILMS ユズモラス完全版 VHS DVD 6810-P 1851-P ビデオクリップ 2002年 08月 07日 VHS DVD SNVQ-68908 SNBQ-18907 5位 PV集 2003年 01月22日 VHS DVD SNVQ-68909 SNBQ-18908 7位 PV集 2003年 05月21日 VHS DVD SNVQ-68910 SNBQ-18910 7位 ライブビデオ 2003年10月22日 VHS DVD SNVQ-68911 SNBQ-18911 5位 ライブビデオ 2003年10月 夏休み子供コンサート ゆずスマイル VHS DVD 6812-P 1852-P ライブビデオ 2005年 02月 LIVE FILMS 夢の地図 DVD 1855-P ライブビデオ 2005年 04月 06日 LIVE FILMS 1 〜ONE〜 DVD SNBQ-18912 3位 PV集 2005年 04月 06日 DVD SNBQ-18913 6位 ライブビデオ 2005年11月16日 DVD SNBQ-18914 6位 DVDシングル 2005年11月 今夜君を迎えに行くよ DVD THP-0005(1859-P) ライブビデオ 2006年 09月 ゆずスマイルコンサート 2006 〜にほんのうた〜 DVD THP-0009(1863-P) ライブビデオ 2006年10月 04日 DVD SNBQ-18915 3位 ライブビデオ 2008年 02月 06日 DVD SNBQ-18916 1位 ライブビデオ 2008年11月 05日 DVD SNBQ-18917 2位 ライブビデオ 2009年 02月 素晴らしきこの世界 DVD 1870-P PV集 2009年 04月22日 DVD SNBQ-18918 6位 PV集 2010年 02月 03日 DVD SNBQ-18919 4位 ライブビデオ 2010年 07月14日 DVD SNBQ-18920 3位 ライブビデオ 2011年11月30日 DVD SNBQ-18922 2位 ライブビデオ 2012年10月24日 DVD SNBQ-18923 SNXQ-78901 2位 ライブビデオ 2012年10月24日 DVD Blu-ray SNBQ-18924 SNXQ-78902 1位 PV集 2013年 01月 09日 DVD SNBQ-18925 3位 ライブビデオ 2013年 06月 DVD Blu-ray PPTF-1010 PPTF-7001 PV集 2013年 09月18日 DVD Blu-ray SNBQ-18926 SNXQ-78903 10位 ライブビデオ 2013年12月25日 DVD Blu-ray SNBQ-18927 SNXQ-78904 5位 ライブビデオ 2014年11月26日 DVD Blu-ray SNBQ-18928 SNXQ-78905 1位 PV集 2014年11月26日 DVD Blu-ray SNBQ-18929 SNXQ-78906 3位 ライブビデオ 2016年4月27日 DVD Blu-ray SNBQ-18930 SNXQ-78907 3位 PV集 2016年4月27日 DVD Blu-ray SNBQ-18931 SNXQ-78908 9位 テレビ番組 2017年1月25日 CDTV スーパーリクエストDVD~ゆず~ DVD DQB-72 5位 ライブビデオ 2017年12月6日 DVD Blu-ray SNBQ-18932 SNXQ-78909 2位 ライブビデオ 2017年12月6日 DVD Blu-ray SNBQ-18933 SNXQ-78910 1位 ライブビデオ 2018年12月19日 DVD Blu-ray SNBQ-18934 SNXQ-78911 4位 PV集 2018年12月19日 DVD Blu-ray PPTF-1029 PPTF-7021 ライブビデオ 2020年1月15日 DVD Blu-ray SNBQ-18935 SNXQ-78912 4位 その他作品 [ ] 配信作品 [ ] 公式サイトのディスコグラフィーに記載されていない作品。 リリース タイトル 備考 収録アルバム 2005年8月21日 泪が枯れるまで スマイル基金第一弾。 着うたとして期間限定販売。 フルコーラス版は公開されていない。 着うたではゆずとしてではなく、北川悠仁ソロ扱い。 現在は配信終了。 アルバム 未収録 2005年12月8日 今夜君を迎えに行くよ 2005年11月20日 - 12月7日までのネット予約限定。 DVDリリース1週間前にでの配信開始。 2006年9月20日 の楽曲に新たな詩を追加しリメイク。 現在は配信終了。 2016年に再レコーディングしてリリース。 アルバム 未収録 2007年8月23日-10月25日 毎週木曜日ごとに今までの楽曲の中から1曲ずつ、バンドアレンジ無しのセルフカバー音源を着うた、着うたフルとして販売。 現在は配信終了。 2009年5月30日 はるか ワンダフルワールド基金の活動の一環として北川がアフリカに行った際に書いた曲を、着うたとして期間限定販売。 現在は配信終了。 2010年7月21日-8月18日 毎週水曜日ごとに2010年夏に行われた「YUZU LIVE CIRCUIT 2010 FUTATABI」の各会場10か所12公演にて披露された楽曲を、2010年末までオリジナルジャケットとともに1曲ずつ配信。 現在は配信終了。 売上金を東日本大震災の義援金として寄付。 後にこのライブ映像もYouTube等で配信されている。 現在はいずれも配信終了。 2013年10月9日 アニメ『』主題歌であるを、主題歌として初オンエアされた翌日からテレビサイズバージョンで配信。 テレビサイズはアルバム未収録 先行配信 [ ] フル音源が先行配信されることが発表された時点で、発売日などのCDで発売される日程が既に発表されている楽曲。 「終わらない歌」はこれには該当しないが、シングル表題曲になっているため便宜上ここに記載する。 配信開始日 タイトル 備考 2007年2月28日 春風 ゆずmobile独占先行配信 2008年4月2日 うまく言えない アルバム『 』から先行配信 2008年6月18日 Yesterday and Tomorrow 2009年4月15日 逢いたい 独占先行配信 2009年7月22日 いちご レコチョク独占先行配信 2011年10月8日 翔 2013年4月24日 LAND アルバム『 』から先行配信 2013年9月11日 友 〜旅立ちの時〜 2013年9月30日 雨のち晴レルヤ 2013年11月1日 守ってあげたい 2013年12月9日 表裏一体 2014年1月8日 よろこびのうた 挿入歌となっているドラマ『』の初回放送終了後、アルバム『 』から先行配信 2014年2月7日 ヒカレ 2015年3月30日 OLA!! 2015年3月30日 終わらない歌 2017年6月4日 愛こそ EP『』から先行配信 2020年2月26日 花咲ク街 アルバム『 』から先行配信 特典CDなど [ ] ゆずの輪歌 ファンクラブ「ゆずの輪」のの継続特典として配布。 北川の出身校であるの校歌の替え歌を含む。 全国各地でゆずっことともにレコーディングを行って制作した。 2015年には「続・ゆずの輪歌」として新しいバージョンが作られた。 夏色の素 2010年7月14日に再リリースされたミニアルバム『』の初回購入特典として店頭などで配布されたCDに収録された、「」の路上レコーディング音源。 11thフルアルバム『』のリード曲「LAND」のプリプロ音源を収録。 主題歌として起用された映画『』のグッズ引換券付前売券の特典CDに収録された特別バージョン。 続・ゆずの輪歌 ファンクラブの継続特典として配布。 ゆずっことともに、2015年8月17日に横浜スタジアムで行われたファンクラブイベント「二人参客後夜祭 ゆずっこ感謝DAY」にてレコーディングされた。 配信シングル「」が収録されたCDを、YUZU ARENA TOUR 2018「BIG YELL」の5月30日公演以降の各公演の会場などで販売。 ファンクラブ継続特典DVD [ ]• 東京ユズストーリー〜最終回〜 - 2002年継続特典。 代官山の中心で愛をさけぶ THE PEACH BOYS - 2004年継続特典。 YUZU STUDIO BOOTLEG LIVE - 2005年継続特典。 YUZU 10th ANNIVERSARY - 2006年継続特典。 yuzunowa Valentine Dinner Show! - 2009年継続特典。 PURE HEART 2012 今日なら言えるかも ピュアハート2012 - 2012年継続特典。 YUZUNOWA 15th ANNIVERSARY! 2013 - 2013年継続特典。 YUZONOWA 20th Anniversary YUZUNOWA presents 秋祭り 杜の音~ゆずの大応援~ 横浜文化体育館2018. 05 - 2018年継続特典。 未音源化 [ ]• 切れはし• もののけ• 方程式 - ゆずえん収録の「方程式2」の原曲• ライラックの木• 休憩所 - 曲中に「朝もやけ」というフレーズが入っている。 4105• 上を向いて歩いて行こう - に提供した北川悠仁作詞作曲の楽曲。 セルフヴァージョンは未音源化(1999年に自身のラジオ番組内では披露されている)。 ツアーおつかれ様のうた - トビラツアーの最終日に歌われて その内容はスペースシャワーTVで放送、DVDにも収録 、それ以来ツアーの最終日に歌うことが多い曲。 曲の一部分は、岩沢厚治のアドリブで歌われる。 スカート - 2002年の冬至の日ライブでのみ披露。 糸と麻• 枕を濡らして• 年上の君• 散髪ブルース• 最低の共作と語っている。 ゆず本人は、「今後発表するつもりはない」と語っている。 つながり〜呼魂を響かせて〜• ラ・ラ・ラ・ラクティスの唄-ラクティスのCM撮影の合間に遊びでつくられた曲。 友 - 2011年の東北ツアーのために作られた曲。 のちに「」としてリアレンジされ、第80回NHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲になり、2013年、38thシングル表題曲として発表。 キミとボク - 北川が妻・のために作った歌。 いつの日か、ママがひとりで… - の『』()に出演した際、、、、とセッションして即興で生まれた曲。 曲名はタモリがつけた。 嵐色 - の『』()内でゆずのスタジオを訪れたが5・7・5の形式で考えたのメンバーそれぞれの特徴を基に「ゆずあいば」として制作。 曲名は「夏色」のパロディ。 御製 - が天皇在位時に詠まれた和歌にが曲をつけたもので、に出演した「天皇陛下御即位三十年奉祝感謝の集い」の祝賀コンサートで披露。 その他多数 コラボレーション等 [ ]• 「だけど一人じゃいられない」 - のトリビュートアルバム『』 12 (2003年)• 「」( feat. ゆず) - 『MY PLEASURE 〜FEATURING GREATEST MUSICIANS〜』 1 (2003年)• 「春一番」 - ふたりのビッグ(エッグ)ショー、ゆずのみ• 「」 - ゆずとによるスペシャルユニット「」による期間限定生産盤。 (2006年11月29日)• 「」 feat. ・・ゆず - ()も作詞で参加。 (2007年7月11日)• 「」 ゆずグレン - ゆずととのスペシャルユニットによる共作、映画「」主題歌。 (2009年5月13日)• 「」 The fevers - 10thフルアルバム『』に収録されている、ゆずとがコラボして作った曲をシングルカットして完全限定生産で発売(2011年5月4日)。 2007年に発売された「ミュージック」の2014年バージョン。 開局記念日に配信限定リリースされた(2014年7月15日)。 「夏色」接近メロディ• 初ワンマンライブ「カレーうどん」( )• 渋谷公園通り劇場LIVE 2days「戸棚の中のおやつ食べていい?」(1998年 渋谷公園通り劇場)• 渋谷公園通り劇場LIVE 2days「ミューズで手を洗ってからね!」(1998年 渋谷公園通り劇場)• ゆずワンマンLIVE「ゆずの夏祭り」(1998年 )• ツアー「サクラサク」( - 19会場23公演)• ゆずアリーナツアー1999「秋(音)楽旅行」(1999年 - 11会場19公演)• ゆず夏の野球場ツアー2000「満員音(楽)礼 〜熱闘! Bomb踊り〜」(、 、、 、 2会場4公演)• 体育館ツアー2000-2001「トビラ」(2000年 - 13会場30公演)• ゆず初のドーム公演「ふたりのビッグ(エッグ)ショー」( )• ゆず体育館ツアー2002「ユズモラス」( - 5月29日 15会場29公演)• ゆず体育館ツアー2002「ユズモラス"特別編"」( - 3会場6公演)• ゆず体育館ツアー2003「すみれ」( - 14会場31公演)• ゆず夏休み子供コンサート「ゆずスマイル」(2003年、 )• ゆず初の年越しライブ「幸(せ)拍(手)歌合戦2003〜2004」(2003年 )• 体育館ツアー2004「夢の地図 前夜祭 at お台場」( )• SUNSTAR Ora2 Presents ゆず体育館ツアー2004「1 〜ONE〜」(2004年 - 9会場15公演)• SUNSTAR Ora2 Presents ゆず体育館ツアー2004「1 〜ONE〜 FINAL AT BUDOKAN」(2004年、 、 )• OTTI presents YUZU STADIUM 2005「GO HOME」(、 日産スタジアム)• ゆずスマイルコンサート2006「にほんのうた」( 、 )• ゆずデビュー10周年感謝祭「ゆずのね 前夜祭 〜ふたりでやっちゃいます(60分)〜」( - 4会場4公演)• ゆずデビュー10周年感謝祭「ゆずのね 〜名前の由来は聞かないで〜」( - 2会場 (大阪、横浜)5公演)• YUZU ARENA TOUR 2008「WONDERFUL WORLD」( - 15会場28公演)• プレゼンツ ゆず夏コンサート「素晴らしきこの世界」(2008年 - 4会場4公演)• YUZU ARENA TOUR 2009-2010「FURUSATO」( - 16会場29公演)• YUZU ARENA TOUR 2009-2010「FURUSATO FINAL at 日本武道館」(2010年、 )• YUZU LIVE CIRCUIT 2010 SUMMER「FUTATABI」(2010年 - 10会場12公演)• YUZU 15th anniversary Dome Live「YUZU YOU 〜二人で、どうむありがとう〜」( 京セラドーム大阪、 東京ドーム 2会場2公演)• YUZU 15th anniversary Dome Live「YUZU YOU 〜みんな、どうむありがとう〜」(2012年 京セラドーム大阪 、 東京ドーム 2会場2公演)• YUZU LIVE CIRCUIT 2012「YUZU YOU 〜二人で、どこへでも〜」(2012年 - 2012年 4会場4公演)• LAWSON presents YUZU ARENA TOUR 2013「GO LAND」 supported by 日本生命(2013年 - 2013年 15会場29公演)• LAWSON presents YUZU ARENA TOUR 2014「新世界」 supported by 日本生命 (2014年 - 2014年 14会場30公演)• LAWSON presents ゆず 弾き語りライブ 2015「二人参客」 in 横浜スタジアム(、 横浜スタジアム)• LAWSON presents YUZU ARENA TOUR 2015-2016「TOWA-episode zero-」 supported by 日本生命(2015年 - 13会場27公演)• SPECIAL LIVE LAWSON presents YUZU ARENA TOUR 2016「TOWA」 supported by 日本生命(2016年、、 )• YUZU ASIA TOUR 2016 Summer 「NATSUIRO」 supported by (2016年 - 国内2会場4公演、海外3会場4公演)• ゆず 20周年突入記念 弾き語りライブ 「ゆずのみ」supported by 日本生命(2016年、 東京ドーム)• YUZU 20th Anniversary DOME TOUR 2017 「ゆずイロハ」supported by 日本生命 ( - 4会場6公演)• YUZU SUMMER FEST. YUZU HALL TOUR 2017「謳おう」( - 10会場14公演)• YUZU ASIA TOUR 2017「謳おう-UTAO-」(2017年 - 3会場3公演)• ゆず 弾き語りドームツアー2019 「ゆずのみ〜拍手喝祭〜」 supported by 日本生命 伊藤園 ( - 4会場8公演)• YUZU ASIA LIVE 2019「YUZUNOMI~拍手喝祭~」(2019年、 Legacy MAX)• 冬至の日ライブ [ ] 自身のグループ名との日にに入るという日本の習慣にちなみ、1997年から2017年まで毎年に「冬至の日ライブ」と称して無料ライブを敢行していた(暦上とのが12月22日以外の日である年でもゆずの冬至の日ライブは12月22日に開催)。 録音録画完全可のライブとなっているが、その代わりに当日朝までライブ会場はシークレットとなっている。 2010年以降は警備や場所、スケジュールの問題により、などの動画配信媒体を通してファンのもとに届けられることが多かった。 2017年12月22日に「」としての屋上でのライブをで生配信し、20年の歴史に一旦幕を下ろした。 冬至の日ライブの開催地、開催形式は以下の通り。 1997年 :• 1998年 : 駐車場• 1999年 :• 2000年 :• 2001年 :• 2002年 :• 2003年 : 内芝生広場• 2004年 : 野外劇場• 2005年 : 高知県吉川村天然色劇場• 2006年 :• 2007年 :• 2008年 : 横浜スタジアム• 2009年 : 『』スタジオ 番組放送内でミニ冬至の日ライブを開催。 この日行われたアリーナツアー「FURUSATO」の公演でもミニ冬至の日ライブを開催。 2010年 : 『ゆずのオールナイトニッポンGOLD』スタジオ 前日の放送後に収録した冬至の日ライブをで12月31日までの期間限定配信。 2011年 : 「ゆずの輪」会員から抽選で招待。 それをYouTubeなどで期間限定配信。 2012年 : アリーナツアー「YUZU YOU 〜みんなと、どこまでも〜」の同所での公演後に冬至の日ライブを開催。 2013年 : 事前収録した冬至の日ライブをYouTubeで12月31日まで期間限定配信。 2014年 : 『LIVE FILMS 新世界』と『録歌選 新世界』のW購入者特典にとして50人を抽選で招待。 で生配信。 2015年 : 北川のプライベートスタジオ「STUDIO HOUSE」 事前収録した冬至の日ライブをYouTubeで12月31日まで期間限定配信。 2016年 : で生配信。 2017年 : カトレアプラザ伊勢佐木屋上 Abema TVで生配信。 出演 [ ] NHK紅白歌合戦出場歴 [ ] に一度出演依頼があったが 「まだ出れる器ではない」とし、出演依頼を辞退。 北川悠仁・岩沢厚治のみ [ ] 詳細は「」および「」を参照 SCHOOL OF LOCK! [ ] をに38局ネットで放送されているラジオ番組、、「()。 」コーナーに2006年 - 2007年まで毎週火曜日に出演。 また、ゲスト講師として、コーナーを受け持つ前にも2005年とに2日連続で出演し、コーナー終了後も2008年、2009年、に出演した。 テレビアニメ [ ]• (、2019年6月14日) - ゆーじんお兄さん役(北川)、こーじお兄さん役(岩沢) テレビCM [ ] ゆずの楽曲がCMソングでないもの• - のカップリングに収録されている「時刻表」のアレンジャー。 - 北川が敬愛するミュージャンの一人。 ライブイベント『』で共演、ゆずの10周年記念ライブに忌野がゲスト出演するなど交流があった。 また、北川は清志郎の告別式にも参列している。 - ゆずのCDジャケット等を手がけるグラフィックデザイナー、TLGF代表。 - ゆずが命名した伊勢佐木町にあるイベントスペース。 2010年7月12日にはライブも行った。 - としてコンサートに参加。 - アルバム「1 〜ONE〜」収録「命果てるまで」のレコーディングに参加。 - アルバム『WONDERFUL WORLD』から一部楽曲の編曲に参加。 北川悠仁(ヤムジン)、岩沢厚治(クンジン)役で声優に初挑戦。 - 「桜木町」「栄光の架橋」「SEIMEI」にアレンジャーで参加。 - 北川の母が教祖を務める新興宗教が買い取った神社で(名義は悠仁)、2006年以降、能楽殿でコンサートが開催しており、ゆずにちなんだお守りも販売されている。 - 岩沢が敬愛するミュージシャン。 「夏色」をリリースした直後に長渕と共演し、ゆずに対して「もっと、ゆっくりゆっくり坂を力強く上っていく曲を書きなさい」といったアドバイスを送っている。 - 横浜市4丁目にあるからの(国の)。 「」付属の写真に本遺跡内で撮影されたものがあり 、愛好者だけでなく、ゆずファンも訪れる場所となっている。 - ミニアルバム「ゆずスマイル」収録「スマイル音頭」の歌詞に登場。 の屋上にあったゆずの壁画が移設されている。 岩沢は、境内にある岡村幼児園を卒園している。 MIZU [ ] MIZU 出身地 ジャンル• ジンジン• ガンガン MIZUは、アニメーション映像による。 キャッチコピーは 雫型フォークデュオエンターティナー。 2020年1月23日にゆずの公式YouTubeチャンネルで活動開始を発表する動画が公開され、1月25日に同チャンネルで初回のライブ配信が行われた。 2020年2月14日には初の作品として、初回配信から披露していたオリジナル曲「」を配信リリース。 3月4日には1stミニアルバム『』でCDデビューした。 3月28日からはゆずのツアー「YUZU ARENA TOUR 2020 YUZUTOWN」に「ファーストアクト」として出演するため、4月4日をもってライブ配信は一旦最終回となる予定だったが 、新型コロナウイルス感染拡大の影響で同ツアーが2021年秋以降に延期となり、ライブ配信の最終回も延期になった。 新型コロナウイルス感染が拡大するなか、4月25日に「手洗いソングを作ってみないか」という北川悠仁からの発案を受けて制作された新曲「手洗いブギウギ」が公開され、翌26日には手洗い時間に適したショートバージョン音源を無料配信した。 では、ゆずの公式アカウントとは別に単独でを運用している。 もともと、ライブ配信を行う以前に北川悠仁がWEBサイト「よみタイ」にて連載していた4コマ漫画『まいんち ゆずマン』のキャラクターで「MIZU」というデュオが登場していた。 脚注 [ ] []• 2020年6月21日閲覧。 OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 2018年5月18日. 2020年6月21日閲覧。 神谷弘一. インタビュアー:神谷弘一. エキサイトミュージック. 2020年6月21日閲覧。 青柳文信 『路上ライブを楽しむ本〜なぜ駅前広場の人気を独占することができるのか』2009。 朝日新聞社. 2008年6月24日• 実はこの時、北川以外に実力あるドラムがいたため北川は一度バンドを追い出されてしまうのだが、そのドラムが高みを求めて渡米してしまい、その穴を埋める形で北川が復帰した、という経緯がある。 ゆずオフィシャルサイト. 2013年1月31日. の2013年2月5日時点におけるアーカイブ。 2017年10月28日 - スポニチアネックス 2017年10月27日• 2017年10月27日 - 音楽ナタリー 2017年10月27日• 2017年12月9日 - ORICON NEWS 2017年12月8日• オリコン. 2011年5月4日. の2012年7月23日時点におけるアーカイブ。 2011年5月4日閲覧。 音楽ナタリー 2016年2月29日. 2016年2月29日時点のよりアーカイブ。 2016年2月29日閲覧。 2018年10月6日 -. ORICON NEWS 2018年10月5日• com 2018年12月19日• シングルランキングにチャートイン• 2018年6月12日 - ゆず Official WebSite• 2015年2月5日 - 、作品データベース検索サービス• 2019年4月11日 - 2019年4月11日 sponichi anex• ローカル、クレジット表示無し• シネマトゥデイ 2015年1月30日. 2015年1月31日時点のよりアーカイブ。 2015年1月30日閲覧。 musicman 2015年3月27日. 2015年4月2日時点のよりアーカイブ。 2015年3月29日閲覧。 BARKS 2015年6月15日. 2015年6月18日時点のよりアーカイブ。 2015年6月15日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年9月10日. の2018年9月10日時点におけるアーカイブ。 2018年9月10日閲覧。 CMにゆず本人が出演している。 CMにが出演。 CMにが出演。 CMにが出演。 CMにゆず本人とが出演。 「ゆず買い物袋編」(ゆず本人出演)などで起用される• CMに当局のアナウンサーが出演。 CMにゆず本人とが出演。 CMにゆず本人と綾瀬はるかが出演。 CMにが出演。 CMに 、、 、 、 が出演。 CMに 、峰山真彩が出演。 CMに が出演。 CMにらが出演。 CMにゆず本人が出演。 音楽ナタリー. 2016年7月25日. の2016年7月25日時点におけるアーカイブ。 2016年7月25日閲覧。 2018年8月16日 - ORICON NEWS 2013年1月24日• 2018年7月7日時点のよりアーカイブ。 2018年7月7日閲覧。 2018年7月7日時点のよりアーカイブ。 2018年7月7日閲覧。 2018年8月29日 - rockin'on. com• 2018年12月20日時点のよりアーカイブ。 2018年12月20日閲覧。 「」「」「」のメドレー• 「栄光の架橋」(3回目)と「」のメドレー• 毎日新聞 2019年6月7日. 2019年6月7日閲覧。 電撃オンライン. 2018年9月3日. の2018年9月3日時点におけるアーカイブ。 2018年9月3日閲覧。 2019年4月3日 - sponichi annex• 2018年5月5日 - sas-fan. net• 2018年5月5日 - Real Sound• 2018年4月24日 - 2014年12月29日• 2014年2月3日時点のよりアーカイブ。 2014年2月2日閲覧。 RealSound 2014年10月24日. 2018年6月17日時点のよりアーカイブ。 2014年10月26日閲覧。 2018年6月17日 - Techinsight• 2018年2月5日時点のよりアーカイブ。 2018年2月4日閲覧。 2018年2月5日 - タウンニュース(金沢区・磯子区版)2017年5月25日閲覧• 金沢区・磯子区版. 2017年8月24日. の2018年2月9日時点におけるアーカイブ。 2018年2月5日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 公式Webサイト• - トイズファクトリーによる公式サイト• - プロデューサー・寺岡呼人による公式サイト• - ページ• - チャンネル•

次の

雨宮ゆずはのインスタ顔画像がかわいい!彼氏やすっぴんを調査!【今日すき】

ゆず は すっぴん

スポンサーリンク 「ゆず」の名前の由来や意味は? 「ゆず」が結成されたのは1996年3月。 そんなある日、二人が一緒にバイトしていたバイト先の食事会で、 北川さんが食べた「ゆずシャーベット」がきっかけで 「ゆず」に改名したそうです。 90年代当時、音楽グループ名にはアルファベットかカタカナ名をつけるのが主流で、日本語・・・しかもひらがなを採用するのは珍しかったので、逆にインパクトありましたよね。 意味は特に語られていませんが、 自称〝平成さわやかフォークデュオ〟と言っているくらいなので、 ゆずのようにさわやかなデュオ、という意味を込めているのでしょうね。 ちなみにもう一人の岩沢さんはその時、「バニラアイス」を食べてたそうですよ。 路上ライブを行っていた「ゆず」は、結成してすぐにオリジナル曲を作り始め、1997年にアルバム『ゆずの素』でインディーズ・デビューしています。 そして、セーニャ・アンド・カンパニーが彼らに目をつけ、翌年の1998年2月にミニアルバム『ゆずマン』でメジャーデビューしました。 となると、メジャーデビューは 北川さんが21歳、岩沢さんが22歳の時になりますね。 ストリートミュージシャンと言えば、長年下積みをするイメージがありますが、結成してわずか2年でメジャーデビューとは、それほどズバ抜けた才能があったのですね! しかも、その年にリリースした『夏色』がいきなり大ブレイク! 一気にトップアーティストに上り詰めました。 スポンサーリンク ゆずの二人の関係は? ゆずの二人は、小学校の同級生でした。 小学校の時はクラスが違っていて話すこともなかったようですが、中学になって初めて同じクラスになって以来、仲良くなったそうです。 それから別々の高校に進学したものの、卒業後に中学時代の友達4人でバンドを組むことになり、北川さんはドラム、岩沢さんはヴォーカルを担当していたそうです。 そのうち、あとの二人(ギターとベース)の人と合わないと感じるようになり、二人でデュオを結成しました。 今でもとても仲良さそうな二人なんですが、デビューしてしばらくは、 北川さん叩きがすごかったようで、 二人の関係が壊れなかったのは奇跡、と言われていた頃があったようなんです。 北川さんの過去の黒歴史を知ったアンチのネットの書き込みが発端のようですが、それでも 岩沢さんは北川さんから離れなかったそうです。 もう大昔の話ですけどね。 その後、2013年の三浦春馬さんとの対談で「もし解散するとしたらどんなタイミング?」というインタビューに岩沢さんは笑いも交えながら「死別れか北川さんが出馬する時」と答えていました。 二人の間には、計り知れない強固な信頼関係があり、今でも仲の良さは評判です。 カテゴリー•

次の

ゆず(tiktok)のプロフィール!本名や学校、年齢を調査!

ゆず は すっぴん

今回ご紹介するTikTokerは、フォロワーが50万人を超える大人気TikTokerの「ゆず」! 本名や年齢などの詳しいプロフィールや、加工なしのすっぴん画像・性格の噂、彼氏のこたろうについてなどなどゆずちゃんの様々な情報を調べてみた! ゆず TikTok のプロフィールをご紹介! では、まずはじめにゆずちゃんの詳しいプロフィール情報からご紹介していこう。 現役の高校生であるため、まだまだ公開されている情報は少ないとのことだが・・・? ゆずのプロフィール! 苗字については本人がかなり徹底して流出を防いでいるため明らかとなっていない。 苗字が「〇〇なのでは」という噂も流れているが、真偽関係なく 本人が公表していないことなので、信じたり拡散はしないようご注意を。 ゆずの年齢・誕生日・通っている高校は? ゆずちゃんの誕生日は、こちらもIDに使われている「1121」から分かるように、 11月21日。 現在高校1年生 15歳 であることから 生まれ年は2003年である。 本名と同じく、身バレを防ぐため 制服や教室などの写真も一切公開されていない。 恐らく、同世代のTikTokerで 彼女ほど個人情報の管理を徹底している子はあまりいないのではないだろうか。 こちらも、苗字と同じくTwitterなどで流れている 「自分と同じ学校」「友達が同じ学校」などの情報は、信じないようお気をつけいただきたい。 ゆずの出身地は? このようにほぼすべての個人情報を明かしていないゆずちゃん。 もちろん出身地についても完全に伏せられており 未だ噂が流れているだけで特定にまでは至っていないようだ。 彼氏のこたろう 後述 と同じ地域に住んでいるのかと思いきや、遠距離恋愛をしているという記述があるため有益な情報は得られず・・・。 ゆずのプロフィールが謎すぎる訳は?? つまり、ゆずちゃんのプロフィールは 彼女が高校1年生であるということ以外は 全て不明。 その理由はもちろん、先にも何度か述べたとおり身バレを防ぐためだと言えよう。 また、これまで使用していたTwitterアカウントは凍結済みであるため、過去にポロッとつぶやいたかもしれない情報についても確認ができない状態。 完全にお手上げである。 今後、彼女が詳しいプロフィール情報を公開する可能性があるとすれば ・事務所に所属し、本格的な動画活動を始める ・高校を卒業する ・YouTuberになる ぐらいしかないのではないだろうか。 ゆず TikTok と彼氏のこたろうはいつから付き合ってるの? 現在、ゆずちゃんは有名TikTokerのこたろうと遠距離恋愛中。 付き合った経緯については 「TikTokで知り合った」という以外の情報はなく、詳しい馴れ初めについては不明である。 こたろうくん!ゆずちゃん! 7ヶ月記念日おめでとう? これからも応援してるよ!???? ︎ sarisari0122 2人が交際を開始したのは2018年8月1日から。 応援しているファンはとても多く、美男美女カップルとして現在も仲の良い交際を続けている。 こたろうのTikTokは.

次の