行政書士 行政法 問題集。 行政書士試験 独学 行政法のおすすめテキスト「国家試験受験のためのよくわかる行政法」択一も記述もこれ1冊でほぼ完成します。 │ 行政書士試験 独学 178点不合格からのリベンジ!ブログ

行政書士試験 おすすめアプリ 7選 ~過去問・六法・判例集・一問一答がアプリを学習!|行政書士の通信講座 おすすめは? ~コスパと品質で選ぶ【2020年最新版】比較ランキング

行政書士 行政法 問題集

ある程度 法律の勉強をしている方や、 2回目以降のチャレンジの場合は次の過去問集から始めるのがイイと思います 通称ウォーク問。 他の過去問集に比べ、問題収録数は圧倒的に多いです。 コンパクトでこち運びしやすいのもGoodですね。 基礎法学のおすすめ教材 基礎法学は特段対策の必要はいらないと思います。 出題範囲が広すぎてよくわかりませんし、例年2題出題されて、そのうちの1題はみんなできない難問・奇問です。 この分野は 基本書・問題集などの内容を正確に理解するので十分かと思います。 この科目に注力しすぎてはいけません。 憲法のおすすめ教材 憲法は、判例の知識が相当数出題されます。 基本書に載っている判例だけでは知識不足です。 よって、使用する教材は先ほど挙げたこちらの教材です。

次の

行政書士試験 おすすめアプリ 7選 ~過去問・六法・判例集・一問一答がアプリを学習!|行政書士の通信講座 おすすめは? ~コスパと品質で選ぶ【2020年最新版】比較ランキング

行政書士 行政法 問題集

こんにちはTAKASUKEです。 いつもお読みいただきありがとうございます。 この時期、次のような感覚に囚われる方がいます。 余裕のある方に多いです。 「本当にこのテキストで合格することができるのだろうか?」 「本当にこの問題集で合格点数を確保することができるだろうか?」 こんな感じに不安に思っている方はいませんでしょうか? 私は何回もこの感覚に囚われました。 少し内容についてお話ししたいと思います。 講座を取っている方は安心してください。 問題ありません。 その教材を信じて繰り返し勉強を続けてください。 独学の方、私もほぼ独学でしたが、 「肢別問題集」と「合格革命基本テキスト」で勉強している方も問題ありません。 その他の場合、自分は見たことがないのではっきり断言はできませんが、 テキストと問題集を繰り返し読んで解いていれば大体は問題ないはずです。 問題は、この時期に他のテキストや問題集を購入して新たに実施してしまうことです。 今まで使っていたテキストと問題集で、 あなたの脳にそのフレーズと内容が整理することが出来始めているのに、 それを放棄してまた初めから構築する行動は非常に非効率です。 テキストを2冊読んでいる場合には時間を浪費していることになります。 以外とこの時期は他の書籍に目移りする方がいらっしゃいます。 絶対にこの行動はダメです。 「どうしても今の書籍が信用できない!」 そのような場合のみ乗り換えをしてください。 しかしこの結論は稀です。 何が言いたいかもうお分かりかと存じますが、 復習効果を生んで効率よく合格する路線から離れてしまいます。 本ベースで勉強している方で、 普段、その本を開けない環境であればPDFで電子化して環境を整えるとか 工夫してみてください。 思考を働かせて自分の勉強環境を創っていくのも 行政書士試験を合格するための勉強であると考えてみてください。 本日は以上です。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

行政書士にクイックマスターは独学問題集としておすすめ

行政書士 行政法 問題集

【関連記事】• 行政書士の 独学の勉強方法については、「」のページで解説しています。 行政書士の独学におすすめの問題集(過去問) 独学で行政書士の勉強をする場合は、テキストを使って知識をインプットした後、問題集を使ってアウトプットを行うことにより、知識を定着させていきます。 行政書士試験の 問題集(過去問)については、私は、 LECの 「出る順行政書士 ウォーク問過去問題集」を選びました。 行政書士のおすすめ問題集! 出る順行政書士ウォーク問過去問題集(LEC) このLECの「出る順行政書士ウォーク問」は、過去10年分の過去問を、科目別・分野別に整理して掲載されている過去問集となっています。 テキストについては、伊藤塾の「うかる!行政書士 総合テキスト」をおすすめしている関係上(「」のページ参照)、問題集も伊藤塾にした方が、問題集とテキストが関連付けされており、問題集で不明な箇所をテキストで確認する際に便利ですので、伊藤塾で揃えるというのもひとつの方法だと思います。 しかし、伊藤塾の問題集は、LECに比べると問題量が少ないため、やはり、LECの「出る順行政書士ウォーク問」をやっておいた方が安心できると思います。 問題量については、伊藤塾に限らずWセミナーもTACも同様で、下記の「」を見てもらえばわかると思いますが、LECの問題集は2分冊で約1,500ページありますが、他社は700ページ前後となっています。 もちろん、LECは、10年間の過去問をすべて掲載しているため問題が重複し、ページ数が多くなっている一方で、他社は、重複を削除して重要な問題のみに絞っているために、このような差が生まれているのだと思います。 しかし、私がLECの出る順行政書士ウォーク問を解いて感じたことは、過去に何度も出題されている重要な論点というのは、つまり、深い理解が必要な問題であることが多く、微妙に問い方を変えて出題されているわけです。 このため、 同じ論点について様々な出題のされ方で何度も繰り返し解くことによって理解が深まり、確実に得点できる力が養われるものと考えています。 したがって、問題集(過去問集)については、やはり、LECの「出る順行政書士 ウォーク問」をおすすめしたいと思います。 2 x 4. 2 x 12. 8 x 2 cm ページ数: 359ページ 価格: 1,650円 (送料無料) 行政書士のおすすめ問題集(記述式対策) 出る順行政書士 40字記述式・多肢選択式問題集(LEC) なお、行政書士試験では、法令に関して、 記述式の問題が3問出題されますが、私は特別な対策は何もしませんでした。 40字程度の解答で、一問一答的な解答文にしかなりませんので、択一対策の学習の中でしっかりと内容が理解できていれば、ある程度の解答はできると思います。 もちろん、時間的に余裕があれば記述対策をするに越したことはありませんので、もし記述対策をするとすれば、過去問題集と同じくLECの「 出る順行政書士 40字記述式・多肢選択式問題集」をおすすめしたいと思います。 これは、問題演習だけでなく、解答テクニックなども解説されていますので、記述対策はこれ1冊で十分だろうと思います。 独学の学習が不安な方は、のページをご参照ください。 行政書士の独学におすすめの問題集の選び方 行政書士の問題集には、「分野別過去問題集」、「一問一答問題集」、「年度別過去問題集」など、いくつかの種類がありますが、 必須の問題集となるのは、「分野別過去問題集」です。 各社から出版されているシリーズでも、この分野別過去問題集というのは必ず出版されています。 逆に、一問一答問題集や年度別過去問題集というのは付加的な問題集になりますので、出版されていないシリーズも結構あります。 これは、各シリーズでも 最も力を入れて作成されている問題集ですので、単なる解答の解説だけでなく、周辺知識や暗記事項を整理したり、ワンポイントアドバイスが入っていたりするなど、 わかりやすくする工夫が盛り込まれているものが多くあります。 また、あいまいな知識については、基本テキストに立ち返って復習する必要がある場合もありますので、これに対応するため、多くの問題集では、シリーズ内の基本テキストの参照箇所が明記(基本テキストにリンク)されています。 このような 基本テキストへのリンクについては、問題ごとにザックリと〇ページ〜〇ページと記載されているものや、第〇章のようなフワッとした記載のものもありますし、逆に、1肢ごとに具体的に参照ページを明記してくれているものもあります。 テキストの参照がスムーズにできるかどうかは、学習の効率性に影響がありますので、この点にも注意をしてください。 それと、多くの問題集では、見開きの左ページに問題、右ページに解答・解説という構成になっているため、問題を解きながら、右側の答えが目に入ってしまわないように気を付けないといけません。 このため、シオリを挟むなどの工夫を自分でする必要がありますが、2色刷りで答えを赤字にし、 赤シートで目隠しできるように工夫されているものもありますので、このような赤シートに対応しているものの方が使いやすいと思います。 なお、行政書士試験は、最低限「 基本テキスト」と「 分野別過去問題集」の組み合わせだけを、 しっかりと取り組めば、それだけで十分に合格できます。 ですので、一問一答問題集や、年度別問題集など、あまり手を広げずに、これと決めた 基本テキストと 分野別過去問題集に絞って学習をしていただくのが、 合格への一番の近道だと思います。 行政書士の人気問題集(過去問)を徹底比較! それでは、行政書士の 問題集(過去問)についても、「」のページで比較したテキストと同シリーズについて、比較しておきたいと思います。 まずは、分野別過去問題集から、ご紹介していきます。 行政書士の問題集の比較 1 出る順行政書士 ウォーク問過去問題集(LEC) まずは、行政書士の一番のおすすめ問題集「 出る順行政書士 ウォーク問過去問題集」です。 この問題集は、LECの「出る順行政書士 合格基本書」に対応した 2分冊の問題集(過去問集)で、 過去10年間の過去問を科目別・分野別に整理したものです。 上記の「」に記載しているとおり、他社の問題集に比べて、ページ数が約2倍程度あります。 これは、過去問の重複を削除したり、重要な問題のみに絞るといった編集をしていないために、このような差が生まれているわけですが、過去に何度も出題されている 重要な論点については、様々な出題のされ方で何度も繰り返し解くことによって理解が深まり、確実に得点できる力が養われるものと思います。 このため、行政書士の問題集(過去問集)については、やはり、LECの「出る順行政書士 ウォーク問」をおすすめします。 価格 合計 4,510円 【1 法令編】2,860円 【2 一般知識編】1,650円 行政書士の問題集の比較 2 うかる!行政書士 総合問題集(伊藤塾) 次は、行政書士の一番のおすすめテキスト「うかる!行政書士 総合テキスト(伊藤塾)」に対応した問題集「 うかる! 行政書士 総合問題集」です。 これは、行政書士試験において過去に出題された問題のうち押さえておくべき 重要過去問と、まだ出題されていないけれど出題が予想される オリジナル問題とで構成された問題集になります。 最近の行政書士試験では、 過去問を解くだけでは足りないという意見もあり、オリジナル問題や他資格の試験問題を解く必要性も唱えられています。 このため、伊藤塾の問題集では、今後、 出題が予想されるオリジナル問題を盛り込んでいるというわけです。 収録問題数は、LECのウォーク問を除く他の一般的な問題集と同程度で、 約300問となっています。 ページ構成は、左ページに問題、右ページに解答・解説となっており、印刷は赤系の2色刷りですので、付属の 赤シートで解答や重要ポイントを隠せるようになっています。 テキストは「うかる!行政書士 総合テキスト」を一番におススメしている一方で、問題集については、LECのウォーク問を一番におススメしていますが、「うかる!行政書士」のテキストを購入する場合は、 問題集も同シリーズで揃えた方が使い勝手が良いことは間違いないと思います。 なお、テキストとのリンクについては、問題ごとに(1肢ごとではなく)、該当する 章・項が明記されているだけですので、具体的な参照ページ数が明記されているタイプに比べると、リンク度合いは薄く、使い勝手は劣るかと思います。 【関連記事】• 「うかる!行政書士」シリーズのラインナップについては、のページでご紹介しています。 行政書士の問題集の比較 3 合格革命 行政書士 基本問題集(Wセミナー) 次は、Wセミナー(TAC)のテキスト「合格革命 行政書士 基本テキスト」に対応した問題集「 合格革命 行政書士 基本問題集」です。 この問題集は、絶対に押さえておくべき 重要過去問に加え、過去問だけでは不十分なテーマについては オリジナル問題で補充し、科目別・分野別に整理された問題集です。 合格革命シリーズの問題集としては3冊出版されていますが(基本問題集、肢別過去問集、一問一答式 出るとこ千問ノック)、この基本問題集がメインの問題集となります。 収録問題数は、他社の問題集と同程度で、 350問となっています。 印刷は 赤系の2色刷りですが、残念ながら 赤シートには対応していません。 このため、左ページの問題を解きながら右ページの答えが目に入ってしまうという難点がありますので、自分なりにシオリを挟んで答えを隠すなどの工夫が必要かと思います。 解答の 解説については、ごく標準的な印象ですが、 基本テキストへのリンクについては、解説の1肢ごとに、テキストの参照箇所の ページ数が具体的に明記されていますので、素早くテキストを参照することができるようになっています。 【関連記事】• 「合格革命 行政書士」シリーズのラインナップについては、のページでご紹介しています。 行政書士の問題集の比較 4 行政書士 合格のトリセツ 基本問題集(LEC) 次は、LECの「行政書士 合格のトリセツ 基本テキスト」に対応した問題集「 行政書士 合格のトリセツ 基本問題集」です。 この問題集は、 合格に必要な厳選された 220問が収録された問題集です。 収録内容は、行政書士試験の 過去問だけでなく、 オリジナル問題に加え、 他資格試験の問題までも収録されています。 (その割には、収録問題数は少なめです。 ) これは、近年の行政書士試験では、過去問だけではなく、公務員試験や司法書士試験などの問題を解くことも推奨されるようになってきていることが理由だそうです。 なお、印刷は2色刷りですが、 分野ごとに異なる色が使用されているため、他の問題集よりも カラフルな印象を受けます。 しかし、その結果、目隠しシート(赤シート)の対応が不能となり、 シート(厚紙)を被せて隠すというアナログな対応になってしまっています。。 (カラフルさを採るか、赤シート対応を採るか、判断した結果、カラフルさを採ったということでしょうね。 ) なお、 基本テキストへのリンクについては、解説の1肢ごとに、テキストの参照箇所の ページ数が具体的に明記されていますので、素早くテキストを参照することができます。 【関連記事】• 「行政書士 合格のトリセツ」シリーズのラインナップについては、のページでご紹介しています。 行政書士の問題集の比較 5 みんなが欲しかった!行政書士の問題集(TAC) 次は、TACの「みんなが欲しかった!行政書士の教科書」に対応した問題集「 みんなが欲しかった!行政書士の問題集」です。 これは、行政書士試験における過去問のうち 繰り返し出題される可能性の高い問題に加え、まだ出題されていない オリジナル問題を掲載した問題集です。 伊藤塾の行政書士総合問題集と同様のコンセプトになるかと思います。 最近の行政書士試験では、 過去問を解くだけでは足りないと言われており、オリジナル問題や他資格の試験問題を解く必要性も唱えられていますので、これに対応するため、 オリジナル問題も盛り込まれているというわけですね。 みんなが欲しかった!行政書士シリーズの問題集としては3冊出版されていますが(問題集、5年過去問題集、肢別問題集)、この問題集が メインの問題集となります。 印刷は 赤系の2色刷りで、 答えと解説の重要語句が 赤字になっているため、付属の 赤シートで答えを隠しながら問題を解いていくことができますので、便利ですね。 解答の 解説については、ごく標準的な印象で、解説の下のところに「ワンポイントアドバイス」として、問題を解くうえでの注意点や関連知識などが数行ずつ掲載されているのも一般的な構成だと思います。 なお、 基本テキストへのリンクについては、解説の1肢ごとに、テキストの参照箇所の 章項番号を明記する形でリンクされています。 独学の学習が不安な方は、「」のページをご参照ください。 10万円以内で受講できる講座5社あり! 最安値は45,900円(税別)! 行政書士の「一問一答問題集」を徹底比較! 次は、行政書士の 一問一答問題集について、ご紹介したいと思います。 収録問題は、過去問の中から、 重要な選択肢を厳選し、科目・分野別に収録されています。 また、 コンパクトなサイズになっているものが多いため、持ち運びにも便利になっています。 (一般的な分野別問題集はA5判が多いですが、一問一答問題集はそれより一回り小さいB6判のものが多いです) 一問一答問題集の良いところは、ひとつの論点をひとつの選択肢だけで学習できるため、5肢択一式で学習するよりも 効率的に学習できるというメリットがあります。 それともう1点は、1問を解くごとに解答を見ることができるため、 スピーディーにサクサクと問題演習を進めていくことができるという2点のメリットがあると考えています。 私も、個人的には一問一答問題集は好きで、他の資格試験を受験する際、勉強期間があまり確保できなかったため、一問一答問題集のみで済ませたこともありました。 このため、試験までに 過去問を全部解くような時間がなく、間に合わないと切羽詰まった際に、この一問一答問題集で、勝負してみるという使い方もあるかと思います。 また、通常の勉強時間とは別に、 スキマ時間を活用して問題を解くような使い方なら、一問一答問題集の方が使いやすいですね。 行政書士の一問一答問題集の比較 1 合格革命 行政書士 肢別過去問集(Wセミナー) 一問一答問題集として、まずはじめにご紹介するのは、Wセミナー(TAC)のテキスト「合格革命 行政書士 基本テキスト」に対応した一問一答問題集「 合格革命 行政書士 肢別過去問集」です。 これは、 昭和62年から令和元年までの行政書士試験における過去問のうち 重複するものなどを削除したうえで、科目別・分野別に整理した肢別問題集です。 なお、民法については、最近の難化傾向に対応するためオリジナル問題も収録されています。 一問一答式の問題集としては、かなり収録数が多い部類に入ると思います。 (通しの問題番号が入っていないため、パッと数えることができませんが、1ページ当たりの標準的な掲載数と、全体のページ数から計算すると、 約2,600肢程度が収録されているのではないかと思います。 ) ページの構成は、 左側のページに問題、 右側のページに解答・解説となっており、印刷は 青系の2色刷りで、重要語句が青字になっています。 ただし、目隠しシート等では解答は隠せませんので、自分なりにシオリを挟んで答えを隠すなどの工夫が必要かと思います。 サイズは、基本テキストや基本問題集(いずれもA5判)よりも一回り小さいB6判になっています。 それと、 基本テキストとのリンクについては、1肢ごとではなく、各テーマごとに、参照すべきページ数の範囲(例えば、P. 100〜110などのような形)が明記されています。 1肢ごとのリンクではありませんが、項目がテキストと一致させてありますので、特に不便は感じないと思います。 【関連記事】• 「合格革命 行政書士」シリーズのラインナップについては、のページでご紹介しています。 行政書士の問題集の比較 合格革命 行政書士 一問一答式 出るとこ千問ノック(Wセミナー) 次も、Wセミナー(TAC)のテキスト「合格革命 行政書士 基本テキスト」に対応した問題集「 合格革命 行政書士 一問一答式 出るとこ千問ノック」です。 これも、上記の「合格革命 行政書士 肢別問題集」と同様に 一問一答式で、サイズもB6判でコンパクトですが、違いは、上記の肢別問題集は「過去問」であるのに対し、こちらは 「全問オリジナル問題」となっている点です。 最近の行政書士試験では、過去問をすべてマスターしたとしても不十分で、未出題の問題にもしっかりと対応できる必要があると言われています。 このため、この問題集では、過去問ではなく全てオリジナル問題となっているわけですが、これは、すべて未出題の論点の問題が収録されているという意味ではなく、 出題済みも未出題も含めて、今後、出題される可能性の高い重要な知識が、オリジナルの文章(問題)で掲載されているという意味です。 それと、 基本テキストとのリンクについては、1肢ごとに、基本テキストの参照ページ数が明記されていますので、テキストを素早く参照することができます。 なお、オリジナル問題が 1,000肢掲載されているわけですが、う〜ん、、上述の肢別過去問集と、この千問ノックとの使い分けが、なんとも難しそうですね。。 分野別過去問題集(基本問題集)をしっかりと解いたうえで、さらに時間に余裕がある場合には、この千問ノックに取り組んでみるという使い方がよいのではないかと思います。 このように追加的に取り組む場合は、上記の「肢別過去問集」ではなく、こちらの「千問ノック」の方が、オリジナル問題のため、効果的であろうと思います。 【関連記事】• 「合格革命 行政書士」シリーズのラインナップについては、のページでご紹介しています。 行政書士の問題集の比較 みんなが欲しかった! 行政書士の肢別問題集(TAC) 次は、TACの「みんなが欲しかった!行政書士の教科書」に対応した一問一答問題集「 みんなが欲しかった!行政書士の肢別問題集」です。 収録問題は、これまでの過去問の肢を重要度でランク付けし、重複する肢の削除や変更を行ったうえで、 約1,400肢の問題が 科目別・分野別に収録されています。 ページの構成は、 左側のページに問題、 右側のページに解答・解説となっており、印刷は 赤系の2色刷りになっています。 答えとキーワードが赤字になっていますので、 付属の赤シートで目隠ししながら問題を解くことができます。 解説は、コンパクトな解説になっており、一問一答問題集としてごく標準的だと思います。 (分野別過去問題集のように、関連知識の整理などは特にありません。 ) サイズは、基本テキストや分野別問題集(いずれもA5判)よりも一回り小さいB6判になっていますので、持ち運びにも便利です。 ただ、少々分厚いですが。。 それと、 基本テキストとのリンクについては、残念ながら、ありません。。 というか、一応、基本テキストと章立て(掲載順)を一致させてありますので、そこまで不便ではないかと思います。 【関連記事】• 「みんなが欲しかった!行政書士」シリーズのラインナップについては、のページでご紹介しています。 その他行政書士のおすすめ参考書(予想問題集、模試など) テキスト、問題集以外に、行政書士の独学におすすめの 参考書としては、予想問題集・模試があります。 行政書士試験を受験する場合は、独学の場合であっても、予備校の模試だけは受講しておいた方がよいと言われることがあります。 これは、解答の時間配分やマークシートの解答形式、本試験での緊張感に慣れることなどの効果が期待できますが、受講するにはそれなりに費用や時間がかかりますので、私は受講しませんでした。 そもそも、行政書士試験の解答形式や緊張感に関しては、大学のセンター試験等を受験したことがある方なら特に心配する必要もないかと思います。 ただし、 解答の時間配分については、それなりに注意を払う必要がありますので、その点については、• LEC「 出る順行政書士 当たる!直前予想模試( 3回分掲載)• 伊藤塾「 うかる!行政書士 直前模試( 2回分掲載)」• Wセミナー(TAC)「 合格革命 行政書士 法改正と直前予想模試( 3回分掲載)」 のような本試験形式の予想問題集を解くことで対応することが可能かと思います。 また、各受験指導校が過去の出題を分析し、その年の本試験に出題される問題を予想した問題集となりますので、直前期に解いてみて、自分の 知識に穴がないか確認し、本試験に向けた最後の仕上げとして、 弱点の補強をするという使い方も効果的だと思います。 なお、ご紹介している3冊の模試(予想問題集)は、いずれも毎年、本試験に出題される問題のいくつかを ズバリ的中させていますので、どれがおススメということは言えませんが、伊藤塾の「 うかる!行政書士 直前模試」は、記述式問題の 添削指導を無料で受けられるという点が、他の2冊にはない特徴となっています。 ただし、逆に、 収録問題が2回分だけと少なくなっていますので、コストパフォーマンス的には、やはり、どれが良いとも言いにくい状況です。 2 x 2. 4 x 25. 2 x 1. 7 x 18. 2 x 2 cm ページ数: 424ページ 価格: 1,760円 (送料無料) 模試について ちなみに、受験指導校の行政書士の模試としては、次のようなものがありますので、試験会場の雰囲気に慣れておきたいという方は、このような模試を受験しておけば安心できるかと思います。

次の