トゥインク ル プリキュア 映画。 スター☆トゥインクルプリキュア サウンドアルバム

スタートゥインクルプリキュア 17話 感想 全力考察 プリキュアが戦う理由(前編)【スタプリ】

トゥインク ル プリキュア 映画

シリーズで初めて宇宙人のプリキュアが登場するなど斬新な設定。 アニメを手がける東映アニメーションの柳川あかりプロデューサーによると「自然に多様性を描く」という。 昨年で15周年のシリーズはこれまで時代に合わせて進化してきた。 自然に多様性を描くとはどういうことなのだろうか? 柳川プロデューサーに聞いた。 2004年に第1弾「ふたりはプリキュア」がスタートした。 1月に終了した第15弾「HUGっと!プリキュア」は、大人も男の子も誰でもプリキュアになれるということを明示するなど多様性が一つのテーマになった。 プリキュアが地球を飛び出し宇宙で冒険する。 星のプリキュア・キュアスターに変身する、星座と宇宙が大好きな中学2年生の星奈ひかる、惑星サマーン出身の宇宙人で天の川のプリキュア・キュアミルキーに変身する羽衣ララたちが登場する。 柳川プロデューサーは、テレビアニメ「おしりたんてい」などに参加してきた若手で、「プリキュア」に参加するのは初めてだ。 新作に登場する4人のプリキュアは皆、肌の色が異なる。 柳川プロデューサーは新作の企画の初期段階から多様性を意識していた。 ただ、「HUGっと!」とは多様性のアプローチが少し違うという。 「多様性が当たり前にある世界を描きたい。 多様性を考えたり、認めるにはイマジネーションが必要ということが柱になっています。 ひかるは、宇宙で新しい価値観、文化と出会い、変化していきます。 異文化交流の中で、好奇心を持って知りたい、伝えたい気持ちを深めます。 ただ、多様性を強調しないようにしています」 肌の色が違ったり、いろいろな考え方をする人がいるのが当たり前の世界。 多様性を受け入れようとする現代社会のさらに進歩した世界で、もしかすると理想の社会なのかもしれない。 あえてやっていなかったところもあったが、柳川プロデューサーは、シリーズの生みの親とも呼ばれる東映アニメーションの鷲尾天プロデューサーから「やってみてもいい」というアドバイスを受けたという。 新作も枠組みにとらわれず、これまでやってこなかったことに挑戦していく。 キュアスターの衣装には、星のモチーフがちりばめられている。 カラーリングなどは80S(1980年代)風のデザインとなっているのも特徴だ。 「ファッションの世界でも80Sはずっと注目されていますし、近年、パリコレで宇宙がモチーフのデザインがトレンドになったことがありました。 メンフィスデザイン(80年代に人気を集めたデザイン)やファンシー雑貨のようなイメージですね。 衣装はシンプルにして、パーツを見せようとしています。 鷲尾プロデューサーは後輩のプロデューサーに「細かくはいろいろ言うことはない。 上司に口うるさく言われるのは嫌ですよね」と語ったこともあった。 柳川プロデューサーが「プリキュア」を手がけるのは初めてだが、シリーズの伝統をどのように考えているのだろうか? 「作品ごとにそれぞれのスタッフで作っているので、それぞれの伝えたいプリキュア像があります。 真剣に取り組み、時代に合わせて変化していく。 型を壊していく姿勢なのかもしれません。 過去にやっていなかったことは、先輩になぜやらなかったのか?と聞くようにしています。 やっちゃいけないことは経緯を確認しています」 「子供向けのアニメであることを大事にしています。 自然に楽しんでほしいですね」と話す柳川プロデューサー。 自由な発想で革新的な作品を生み出していくことを期待したい。

次の

ヒーリングっど♥プリキュア

トゥインク ル プリキュア 映画

星奈ひかる/キュアスター:• 羽衣ララ/キュアミルキー:• 天宮えれな/キュアソレイユ:• 香久矢まどか/キュアセレーネ:• マオ/ブルーキャット/ユニ/キュアコスモ:• フワ:• プルンス:• AI、マザーAI:• 空見遼太郎:• 星奈陽一:• 星奈輝美:• 星奈春吉:• 星奈陽子:• トト:• カカ:• ロロ:• カルロス:• 天宮かえで:• 天宮とうま:• 天宮たくと、天宮いくと:• 天宮れいな:• 天宮あんな:• 香久矢冬貴:• 香久矢満佳:• 姫乃城桜子:• 軽部タツノリ:• おうし座のプリンセス:• しし座のプリンセス:• てんびん座のプリンセス:• やぎ座のプリンセス:• オリーフィオ:• カッパード:• テンジョウ:• アイワーン:• バケニャーン:• ガルオウガ:• ノットレイ:• ダークネスト/蛇遣い座: アニメ広場 以下当サイト は各動画共有サイトにあるアニメ情報をまとめたリンク集サイトです。 運営者は動画の違法アップロード、またはそれの推奨・援助を含め著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。 動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問に関しまては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 なお、当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがあっても、当サイト運営者に責任は及ばないものとします。 リンク切れや紹介記事に不適切な箇所がございましたら、お手数ですがコメント、またはからお知らせいただけますと幸いです。 All Rights reserved.

次の

スター☆トゥインクルプリキュア:自然に多様性描く 新作の狙い

トゥインク ル プリキュア 映画

第16弾のモチーフは宇宙、星座で、プリキュアが地球を飛び出し宇宙で冒険する。 歌って踊って、衣装を描いて変身するといい、星のプリキュア・キュアスターに変身する星座と宇宙が大好きな中学2年生の星奈ひかる、惑星サマーン出身の宇宙人で天の川プリキュア・キュアミルキーに変身する羽衣ララ、太陽のように明るい中学3年生で太陽のプリキュア・キュアソレイユに変身する天宮えれな、おしとやかな中学3年生で月のプリキュア・キュアセレーネに変身する香久矢まどかが登場する。 2004年に始まった同シリーズで、宇宙人のプリキュアが登場するのは初めて。 第16弾ののビジュアルも公開された。 懐かしさのある1980年代テイスト、過去最高のキラキラをイメージしたといい、キュアスターらプリキュアが描かれている。 アニメを手がける東映アニメーションの柳川あかりプロデューサーは、新作について「舞台は、地球からカラフルでポップな宇宙へと世界を広げます! 宇宙人は『未知、多様性』の象徴です。 最初は地球にやってきたララという宇宙人を通して、ひかるたちは異質な文化 価値観に触れますが、ロケットに乗って宇宙に飛び出すことで、さらに幅広い存在と交流することになります」と説明。 「プリキュア」シリーズはこれまでも多様性を描いてきた。 柳川プロデューサーは「時に私たちは『未知の世界』『自分と違う存在』に対して不安や恐れを抱きます。 しかし、ひかるは持ち前の好奇心で『分からない』状態から一歩踏み出し、価値観の違い、文化の壁、種族の垣根さえも想像力の翼で飛び越えていきます。 自らの感性を大切にし、揺るがない信念を持っているところがひかるの魅力であり強みです。 ララ、えれな、まどか。 育った環境も性格も全然違うけれど、だからといってプリキュアになれないなんてことはありません。 豊かなイマジネーションで物事に向き合い、自分の目で確かめ、自分の頭で考え、自分で判断することの大切さ。 新作は、宇宙と星座が大好きな星奈ひかるが、プリキュアに変身して、宇宙の支配をもくろむノットレイダーと戦う姿を描く。 ひかるは、謎の生物フワ、宇宙人のララとプルンスと出会う。 地球から遠く離れた星空界(ほしぞらかい)の聖域スターパレスでは、12星座のスタープリンセスたちが全宇宙の均衡を保っていたが、何者かに襲われ、プリンセスたちは12本のプリンセススターカラーペンになって宇宙に散らばってしまった。 ララとフワは一緒に伝説の戦士・プリキュアを探していた。 宇宙の支配をもくろむノットレイダーがフワに襲いかかり、ひかるが「フワを助けたい!」と思った瞬間、プリキュアに変身する。 アイドルグループ「でんぱ組. inc」の成瀬瑛美さんが星奈ひかる、小原好美さんが羽衣ララ、安野希世乃さんが天宮えれな、小松未可子さんが香久矢まどかの声優を務める。 木野日菜さんが妖精のフワ役、吉野裕行さんが宇宙人・プルンス役として出演。 「プリキュア」シリーズは、普通の女の子が伝説の戦士プリキュアに変身し、さまざまな困難に立ち向かう姿を描くアクションファンタジー。 第1弾「ふたりはプリキュア」が04年2月にスタートし、現在は第15弾「HUGっと!プリキュア」が放送されている。

次の