根尾 あきら。 大阪桐蔭・根尾昂は野球の常識の外。片手捕球、ジャンプスロー、スキー。

根尾 昂(大阪桐蔭)

根尾 あきら

経歴 プロ入り前 2年時に「古川西クラブ」に入団し野球を始める。 主にとを務め、にも選抜された。 時代は「飛騨高山ボーイズ」に所属。 またはこの当時から根尾の才能に着目、記事として掲載している。 進学後は1年夏からベンチ入り。 2年春からは主力となり、投手、遊撃手に加えチーム状況によってはもこなしながら 、2年春から3年夏まで4季連続で甲子園大会出場を果たし、そのうち、、で全国優勝。 同じく下級生から主力として活躍していた同学年の・・らとともに「大阪桐蔭最強世代」の一角として史上3校目の春連覇、2012年に次ぐ史上初の2度目の春夏連覇に貢献した。 では4球団から1位指名を受け、抽選の結果が交渉権を獲得。 11月4日には契約金1億円・出来高5,000万円・年俸1,500万円で仮契約を結んだほか、同日の記者会見では「ポジションはショート一本でいかせて下さいとお伝えしました」と遊撃手に専念することを宣言した。 背番号は 7。 中日時代 1月に右腓腹筋の肉離れを起こし、春季キャンプは二軍スタートとなった。 4月16日の阪神戦で守備中に左手人差し指を負傷した。 5月7日ウエスタン・リーグ阪神戦でスタメン復帰した。 同年、に選出された。 8月18日に右肘付近の張りで名古屋に戻った。 8月21日のプロアマ交流戦で実戦復帰した。 9月29日対戦で7回表から遊撃の守備に就き一軍初出場を果たした。 二軍では打率. 210、86安打、2本塁打の成績であった。 オフにに参加した。 秋季キャンプでは外野守備の練習にも取り組んだ。 10月21日にに参加することが発表された。 ウィンターリーグでは、打撃フォームの改造に取り組んだ。 12月にバットを880グラムから910グラムへ増量した。 1月にと共に 、ロサンゼルスで合同自主トレーニング を行った。 春季キャンプは一軍スタートとなった。 選手としての特徴 巧みなバットコントロールで広角に打ち分ける積極的な打撃と打席での対応力を持ち味とし 、高校通算32本塁打の打力や50メートル走6秒0・三塁到達11. 07秒を記録する俊足も持ち合わせる。 遠投115メートル。 人物 両親は共に卒で、飛騨市でに携わる。 3人きょうだいの末っ子であり、兄は2018年時点では、姉は。 根尾本人も成績優秀であり、高校では体育・芸術コースに所属するが、野球部員ではただ一人成績が最上位のクラスに属するなど、ぶりも話題となった。 小学5年生時にの男子100mに出場し5位になっている。 2歳でを始め、中学2年時にはスキー男子で全国優勝し、で開かれた国際大会にも出場したが、その年限りで野球に専念することとなった。 飛騨市出身、そしてスキー競技経験者ながら寒さが苦手である。 詳細情報 年度別打撃成績 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0. 000. 000. 000. 000 通算:1年 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0. 000. 000. 000. 000• 2019年度シーズン終了時 年度別守備成績 年 度 球 団 試 合 2019 中日 2 2 3 0 1 1. 000 通算 2 2 3 0 1 1. 000• 2019年度シーズン終了時 記録• 初出場:2019年9月29日、対24回戦()、7回裏にに代わり遊撃手として出場。 初打席:同上、8回表にから空振り三振。 背番号• 7 (2019年 - ) 代表歴• 脚注 []• dragons. 中日ドラゴンズ 2018年10月25日. 2020年1月7日時点のよりアーカイブ。 2020年1月7日閲覧。 2018年8月21日. 2020年1月7日時点のよりアーカイブ。 2020年1月7日閲覧。 現代ビジネス. 2018年10月27日閲覧。 週刊現代 2016年5月7日• "飛騨の怪童" 根尾 142キロ 中日スポーツ 2015年5月4日付 2019年12月25日閲覧• スポーツブル 2016年7月15日• 東スポweb 2018年4月3日• web Sportiva 2018年12月31日• 日本語. nikkansports. com. 2018年10月27日閲覧。 「」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2018年11月4日。 2020年1月7日閲覧。 の2020-01-07時点におけるアーカイブ。 「」『』、2018年11月5日。 2020年1月7日閲覧。 の2020-01-07時点におけるアーカイブ。 日刊スポーツ 2018年11月8日• 東京中日スポーツ ドラニュース 2019年1月25日• スポニチ 2019年4月17日• BBNews 2019年5月7日• 日刊スポーツ 2019年6月26日• 東京中日スポーツ ドラニュース 2019年8月18日• 東京中日スポーツ 2019年8月22日• 毎日新聞 2019年9月29日• NPB公式サイト• 中日ドラゴンズ公式サイト ドラゴンズニュース• 東京中日スポーツ ドラニュース 2019年11月5日• ベースボールチャンネル• Yahoo! ニュース 中日スポーツ 2019年12月13日• 東京中日スポーツ ドラニュース 2019年12月21日• 東京中日スポーツ ドラニュース 2019年12月15日• 日刊スポーツ 2019年12月31日• 東京中日スポーツ ドラニュース 2020年1月19日• Number Web 2017年4月5日• Smart FLASH 2018年8月9日• AERA dot. 2018年8月29日• 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「」『スポニチ Sponichi Annex』。 2018年10月27日閲覧。 日本語. zakzak. 2018年10月27日閲覧。 スポーツ報知 2019年1月10日. 2019年1月14日閲覧。 関連項目• 外部リンク• - NPB. jp 日本野球機構.

次の

根尾昂(ねおあきら)の中学時代は?家族の兄は岐阜大学の医学部に?|はぐれめたる

根尾 あきら

経歴 プロ入り前 2年時に「古川西クラブ」に入団し野球を始める。 主にとを務め、にも選抜された。 時代は「飛騨高山ボーイズ」に所属。 またはこの当時から根尾の才能に着目、記事として掲載している。 進学後は1年夏からベンチ入り。 2年春からは主力となり、投手、遊撃手に加えチーム状況によってはもこなしながら 、2年春から3年夏まで4季連続で甲子園大会出場を果たし、そのうち、、で全国優勝。 同じく下級生から主力として活躍していた同学年の・・らとともに「大阪桐蔭最強世代」の一角として史上3校目の春連覇、2012年に次ぐ史上初の2度目の春夏連覇に貢献した。 では4球団から1位指名を受け、抽選の結果が交渉権を獲得。 11月4日には契約金1億円・出来高5,000万円・年俸1,500万円で仮契約を結んだほか、同日の記者会見では「ポジションはショート一本でいかせて下さいとお伝えしました」と遊撃手に専念することを宣言した。 背番号は 7。 中日時代 1月に右腓腹筋の肉離れを起こし、春季キャンプは二軍スタートとなった。 4月16日の阪神戦で守備中に左手人差し指を負傷した。 5月7日ウエスタン・リーグ阪神戦でスタメン復帰した。 同年、に選出された。 8月18日に右肘付近の張りで名古屋に戻った。 8月21日のプロアマ交流戦で実戦復帰した。 9月29日対戦で7回表から遊撃の守備に就き一軍初出場を果たした。 二軍では打率. 210、86安打、2本塁打の成績であった。 オフにに参加した。 秋季キャンプでは外野守備の練習にも取り組んだ。 10月21日にに参加することが発表された。 ウィンターリーグでは、打撃フォームの改造に取り組んだ。 12月にバットを880グラムから910グラムへ増量した。 1月にと共に 、ロサンゼルスで合同自主トレーニング を行った。 春季キャンプは一軍スタートとなった。 選手としての特徴 巧みなバットコントロールで広角に打ち分ける積極的な打撃と打席での対応力を持ち味とし 、高校通算32本塁打の打力や50メートル走6秒0・三塁到達11. 07秒を記録する俊足も持ち合わせる。 遠投115メートル。 人物 両親は共に卒で、飛騨市でに携わる。 3人きょうだいの末っ子であり、兄は2018年時点では、姉は。 根尾本人も成績優秀であり、高校では体育・芸術コースに所属するが、野球部員ではただ一人成績が最上位のクラスに属するなど、ぶりも話題となった。 小学5年生時にの男子100mに出場し5位になっている。 2歳でを始め、中学2年時にはスキー男子で全国優勝し、で開かれた国際大会にも出場したが、その年限りで野球に専念することとなった。 飛騨市出身、そしてスキー競技経験者ながら寒さが苦手である。 詳細情報 年度別打撃成績 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0. 000. 000. 000. 000 通算:1年 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0. 000. 000. 000. 000• 2019年度シーズン終了時 年度別守備成績 年 度 球 団 試 合 2019 中日 2 2 3 0 1 1. 000 通算 2 2 3 0 1 1. 000• 2019年度シーズン終了時 記録• 初出場:2019年9月29日、対24回戦()、7回裏にに代わり遊撃手として出場。 初打席:同上、8回表にから空振り三振。 背番号• 7 (2019年 - ) 代表歴• 脚注 []• dragons. 中日ドラゴンズ 2018年10月25日. 2020年1月7日時点のよりアーカイブ。 2020年1月7日閲覧。 2018年8月21日. 2020年1月7日時点のよりアーカイブ。 2020年1月7日閲覧。 現代ビジネス. 2018年10月27日閲覧。 週刊現代 2016年5月7日• "飛騨の怪童" 根尾 142キロ 中日スポーツ 2015年5月4日付 2019年12月25日閲覧• スポーツブル 2016年7月15日• 東スポweb 2018年4月3日• web Sportiva 2018年12月31日• 日本語. nikkansports. com. 2018年10月27日閲覧。 「」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2018年11月4日。 2020年1月7日閲覧。 の2020-01-07時点におけるアーカイブ。 「」『』、2018年11月5日。 2020年1月7日閲覧。 の2020-01-07時点におけるアーカイブ。 日刊スポーツ 2018年11月8日• 東京中日スポーツ ドラニュース 2019年1月25日• スポニチ 2019年4月17日• BBNews 2019年5月7日• 日刊スポーツ 2019年6月26日• 東京中日スポーツ ドラニュース 2019年8月18日• 東京中日スポーツ 2019年8月22日• 毎日新聞 2019年9月29日• NPB公式サイト• 中日ドラゴンズ公式サイト ドラゴンズニュース• 東京中日スポーツ ドラニュース 2019年11月5日• ベースボールチャンネル• Yahoo! ニュース 中日スポーツ 2019年12月13日• 東京中日スポーツ ドラニュース 2019年12月21日• 東京中日スポーツ ドラニュース 2019年12月15日• 日刊スポーツ 2019年12月31日• 東京中日スポーツ ドラニュース 2020年1月19日• Number Web 2017年4月5日• Smart FLASH 2018年8月9日• AERA dot. 2018年8月29日• 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「」『スポニチ Sponichi Annex』。 2018年10月27日閲覧。 日本語. zakzak. 2018年10月27日閲覧。 スポーツ報知 2019年1月10日. 2019年1月14日閲覧。 関連項目• 外部リンク• - NPB. jp 日本野球機構.

次の

ドラフト1位、大阪桐蔭・根尾昂選手の素顔。愛読書『論語と算盤』から探る“文武両道”の原点

根尾 あきら

生年月日 2000年4月19日(歳) 出身地 岐阜県飛騨市 身長 177cm 体重 79kg ポジション 内外野手兼投手 投打 右投左打 プロ入り 河合小学校〜古川中学校〜大阪桐蔭 備考 MAX148km 内外野手兼投手 遠投110m 50m6秒1 根尾昂選手は岐阜県飛騨市出身の選手で、野球を始めたのは小学2年のときでした。 ご両親は地元で診療所を営む医者です。 お兄さんが野球をしており、その影響を受けて自分自身も野球を始めました。 小学生時代には中日のジュニアチームに選抜され投手として、すでに128キロのストレートを投げ込んでいたとか。 ただ、驚くべきは野球だけではありません。 陸上では100mで全国5位。 スキーではジュニアオリンピックの岐阜大会で優勝し、全国大会に出場した経験もあります。 雪深い飛騨市出身でスキーが得意なのは理解できますが、全国大会に出場するほどとは…。 さらにソフトボール投げでは歴代1位となる88m92cmという大記録を樹立しました。 それだけ小学生の頃から運動能力が高かったのです。 根尾昂の中学時代 出身中学は地元の古川中学。 中学野球部には所属せず地元の飛騨高山ボーイズに所属していました。 中学時代には早くもストレートは何と146キロに到達していたとか。 その野球センスもあって、中学3年の時にはNOMOジャパンとしてアメリカ遠征に出たこともあり、全国から注目される存在となりました。 その一方で小学校時代から頭角を現していたスキーでは、全国中学スキー大会でスラロームで優勝するという実績を持っています。 さらに学業では成績も「オール5」を取るほど優秀。 野球に限らず、スキーでも学業でも最高の成績を収めるスーパー中学生だったのです。 大阪桐蔭高校 進学後 根尾昂選手は野球の名門・大阪桐蔭高校に進学しました。 日本屈指の強豪校である大阪桐蔭高校ですが、その中で1年の秋には、背番号18ながらもベンチ入りを果たします。 秋季大会では大阪偕星高校との試合で代打としてデビュー。 いきなり左中間スタンドに豪快な一発を叩き込みました。 秋季大会打者成績 2016年 試合 打数 安打 打率 打点 本塁打 盗塁 8 20 5. 250 3 2 1 同大会の準々決勝・北野高校戦で先発登板し、いきなり2安打完封勝利。 身長177cm、体重76キロという目立った体型ではないのですが運動神経が高いのは中学時代に実証済み。 高校に入って強豪校でこれだけの活躍ができるのですから、驚きです。 そんな根尾選手はいわゆる「二刀流」・・・ 主なポジションは、内野ではショート、外野手、そして投手をこなすので「三刀流」との声もあります。 16 内(三塁、遊撃)外野をこなせるだけでなく、投手としてMAX148キロも計測するユーティリティープレーヤー。 両親が医師で中学時代は学業もオール5で生徒会長、スキーでも全中大会制覇というミスターパーフェクト高校生だ。 この日は三塁の守備位置についたあとマウンドで投球練習も行った。 「他の球場と違う。 とても投げやすい」と感触を確かめた。 西谷監督は「チームの状況と合わせて考えていこう」と起用法を決めかねている。 2月に岩本久重捕手(3年)が左手を骨折し、今月10日に手術を受けたことでメンバー変更を余儀なくされた。 候補は何人か挙げているもののまだ投手、野手のどちらを入れるかも迷っている段階。 根尾は「どちらかと言うと内野」と語るも強いこだわりは持っておらず、二刀流でも三刀流でも与えられた役割をこなすつもりだ。 ピッチャーとしては最速148キロのストレートにスライダーやチェンジアップを操ります。 一方、遠投110mの強肩と50m6秒1の俊足も魅力。 秋季大会投手成績 2016年 高卒でプロ入りか 現在2年生の根尾昂選手。 ドラフト対象となるのは来年2018年となります。 そのため、まだ高卒でプロ入りするかどうかは分かりません。 現在は強豪・大阪桐蔭高校の4番を打っており、当然ながら今後もチームの主軸として期待される根尾選手。 現在では投手よりも、野手として注目される存在です。 3年生となりこれからどんな成長を遂げるのか・・・ 成長次第では、高卒でプロ入りという線もあるでしょう。 ただその一方で、文武両道で学業も優秀な根尾選手。 ご両親が医者ということもあり、将来を考えて、大学に進学。 そこからプロ入りを模索するという可能性もあるのではないでしょうか。 今後の進路に関しては、3年生の高校野球生活でどうなっているか・・・ すべては、そこにかかっています。 まとめ 強豪・大阪桐蔭高校で2年生ながらすでに4番を務めている根尾昂選手。 最近は投手としての出番が徐々に減っている印象がありますが、その一方で野手としては成長ぶりを見せています。 ショートと外野を守れるというのも、大きな特徴といえるでしょう。 持ち味である運動能力の高さで、まだまだ成長する可能性を秘めています。 まだ2年生、しかもあの大阪桐蔭高校の4番となれば、3年生になったとき、どのような選手になるか注目されます。

次の