早々 の ご 対応 ありがとう ござい ます。 早々にご対応いただき&「はやばやと」ビジネスの使い方と意味とは

「早々」の意味とビジネスでの使い方とは?「迅速・早速」との違い、英語も紹介

早々 の ご 対応 ありがとう ござい ます

「ご対応」の意味と類語 「ご対応」とは「物事に応じて行動する」という意味 「ご対応」の「対応」とは「物事に対して応じるために行動をする」という意味の言葉です。 ビジネスシーンでは主に予期せぬ出来事が起こった際や、前もって決められた予定に対し行動した際に使われます。 「ご対応」の「ご」は接頭語の「御(ご)」であるため、「ご対応」は目上の人へ使う言葉として適切であるといえるでしょう。 「対処」や「措置」は「ご対応」の類語 「ご対応」の類語には「対処」や「措置」が当てはまります。 「対処」とは「ある事柄に対して適切な処置をとること」を意味し、「措置」には「解決に向けて取り計らう」という意味があります。 問題に対する処置を行う際や、解決をしようと行動した際は「対処」や「措置」と類語に言い換えてみてください。 他にも「対応」した内容によって類語を使うことができます。 例えば目上の相手に説明をした場合は「ご説明」を、回答をした場合は「ご回答」を「ご対応」の代わりに使うことができます。 状況や内容に合わせて使い分けてみてください。 「ご対応」の上司への使い方 目上へ対応する際は「ご対応いたします」 自分が対応をする側である場合に「ご対応いたします」が使えます。 「いたします」は謙譲語を使った敬語表現であるため、「ご対応いたします」は目上の人へ使える丁寧な言い回しとなります。 自分が目上の人に対して、物事に応じるための行動をとる際に「ご対応いたします」と使ってください。 「ご対応させていただきます」は使い方に注意 「ご対応いたします」と同じ意味を持つ「ご対応させていただきます」は使い方に注意が必要です。 「させていただきます」は敬語表現ではあるものの、相手の許可を得てから行動を起こす際に使える言い回し方です。 例えば相手から「対応してほしい」と依頼を受けた場合に「対応させていただきます」と使うことができます。 相手からの依頼ではない場合や、許可をとっていないことに関しては間違った敬語表現となるため注意して使ってください。 「ご対応いただきありがとうございます」は対応へのお礼 「ご対応いただきありがとうございます」は対応してくれたことへのお礼の言葉となります。 「~してもらう」の謙譲語である「~いただき」に目上への感謝を表す「ありがとうございます」を加えた「ご対応いただきありがとうございます」は目上へ使う敬語表現として適切であるといえます。 ビジネスメールにも「ご対応」が使える 話し言葉としてだけでなくメールや手紙の書き言葉として「ご対応」は使えます。 こちらからが依頼した内容に対して相手が対応をしてくれた際、早急に感謝を伝えるのであればメールが適しています。 話し言葉と違い声色や表情で相手の感情を読み取ることができないため、直接会話をするときよりも丁寧な言葉使いを意識してください。 「ご対応」を使ったお礼の例文 「早速のご対応ありがとうございます」の例文 相手に対応してくれたことに対する感謝を伝える際に「早速のご対応ありがとうございます」が使えます。 例えば急な依頼にも関わらず対応してくれたことに感謝をする際は「急な申し出にも関わらず、早速のご対応ありがとうございます」となります。 「迅速なご対応をいただきありがとうございました」の例文 急な依頼に対応してくれたことに対してお礼を伝える際の言い回しとして「迅速なご対応をいただきありがとうございます」という言葉もあります。 「お忙しい中ご対応いただきありがとうございました」の例文 対応してくれたことに対し感謝を伝える際に使える言葉の1つに「お忙しい中ご対応いただきありがとうございました」という言い回しがあります。 「お忙しい中」を使うことで相手への気遣いを表現することができます。 例えば「先日はお忙しい中ご対応いただきありがとうございます」となります。 まとめ 「ご対応」とは物事に応じて行動を起こす際に使われる言葉で、目上の人へ使える敬語表現です。 相手が対応をしてくれた際には「ご対応」の前に「迅速な」や「お忙しい中」と付けることで相手への気遣いを表すことができます。 対応の内容によっては類語に言い換えることができるため、状況によって使ってみてください。

次の

早い対応のお礼 ありがとうございますを敬語で言う表現はコレ!

早々 の ご 対応 ありがとう ござい ます

「早々に」「早々と」の意味 「早々(そうそう)に」の意味 「早々(そうそうに)」という言葉には、「早く」や「直ちに」、「急いで」という意味があります。 一般的な使い方としては「早々に」という使い方がされることが多く、「開始早々」などの「なにかの直後」という意味でも使用されている言葉になります。 「早々(はやばや)と」の意味 「早々」という言葉は、「そうそう」という読み方以外にも「はやばや」という読み方があります。 実はもともとは「はやばや」と呼んで使うのが古くから一般的なことだとされていました。 「はやばや」の意味は「そうそう」と同様に、「早く」や「直ちに」、「急いで」などの意味があり、「早々(はやばや)と」と使うのが一般的です。 また、「早々(はやばや)と」は、どちらかというと「早い様」や「急いでいる様」などを表すことが多いため、ビジネスシーンでよく使われる言葉は「早々(そうそう)に」のほうだと言えるでしょう。 「早々に」の類語 「早々に」の類語は、「至急」や「いち早く」、「大急ぎで」や「早急に」などになります。 どの言葉も「早々に」と同じように「早く」や「直ちに」、「急いで」などの意味を持っています。 「至急」や「大急ぎで」などは一般生活で使用することの多い言葉かと思いますが、「早々に」は少々堅苦しいイメージがあるため、一般生活で使用する頻度は多くありません。 どちらかというとビジネスシーンや手紙などの文面で使用することの多い言葉だと言えます。 英語での「早々に」 「早々」を英語で書くと「Early」。 ご存知のとおり「早い」「早く」などの意味があります。 ただし「開始早々」などの「開始直後」という意味での「早々」になると「Immediately after start」などの言葉になります。 「早々に」の使い方 「早々に」を敬語として使う 「早々に」をビジネスシーンのなかで、上司や取引先などの目上の人に使う場合、「早々に」自体の敬語表現はありませんので、「早々にいたします」や「早々にします」などの使い方になります。 また、上記のように自分の行動にたいして「早々に」を使うことには問題ありませんが、目上の人の行動に使うことは失礼にあたります。 そのため、目上の人に「早々に」を使う場合は、「早急に対応いただきまして~」や「早速対応いただきまして~」、「迅速に対応いただきまして~」という言葉を使うのが正解です。 ありがとうの気持ちを伝えるのに便利 目上の人ではなく、同等の立場の人や目下の人に「早々に」を使う場合、「早々に対応してくれてありがとう。 」など、相手の迅速な仕事ぶりを表現することができます。 「対応してくれてありがとう。 」と伝えるだけではなく「早々に対応してくれてありがとう。 」と付け加えることで、「ありがとう」という気持ちをより強調したり、相手の仕事ぶりに感謝するという気持ちを強調することもできます。 この場合、目上の人に対する「早急に」や「早速」、「迅速に」なども同じようなことが言えます。 「早々に」の例文 「早々に」の例文には以下のようなものがあります。 来月早々には、対応させていただきます。 入社早々申し訳ないね。 来て早々悪いんだけど、この仕事をやってくれないか。 早々に対応してくれてありがとう。 早々のお返事ありがとうございます。 上記はすべて「そうそうに」の例文になります。 「はやばやと」と使う場合は、以下のような使われ方がされます。 彼は早々と仕事を切り上げたようだ。 今日は早々と店じまいされるんですね。 わたしは早々と席をたった。 文章での「早々に」の使い方 メールや手紙での「早々に」 メールや手紙で「早々に」という言葉を使う場合も、目上の人に対しては「早急に」や「早速」、「迅速に」などの表現を使用するようにしましょう。 もちろん、同等の立場の人や目下の人、自分自身の行動に関して「早々に」という言葉を使うのは、文章の上でも問題ありません。 年賀状での「早々に」 よく、年賀状の文面で「早々にお年賀状をいただき、誠にありがとうございます」などの文面を見かけます。 この言葉からもわかるように、「早々に」とつけている時点で、相手の年賀状を受け取ってからお返しに年賀状を送ったということがわかります。 もちろん、「早々に」をつけることで「有難い」という感謝の言葉を述べているということは十分承知ですが、「律儀に返事をしてくれて有難い」と素直に感じてくれる人もいれば、「もともと私には年賀状を出すつもりがなかったのか」と失礼に感じる人がいるのも事実です。 そのため、年賀状を返信する際には、相手の性格や関係にあわせて「早々に」をつけるか、もしくは「早々に」をつけずに出すのが遅くなったということにするのかを考えなければなりません。 難しいところですが……。 まとめ 「早々に」という言葉は仕事の期限が存在するビジネスシーンの上では使うことの多い言葉です。 そのため、使う対象や相手の立場を考えて、使い分ける必要があるということを頭の中に入れておきましょう。

次の

「早々に」の意味は?ビジネスや賀状での使い方や英語表現も解説!

早々 の ご 対応 ありがとう ござい ます

副詞の時の例• 彼は早々(そうそう)に引き上げた• 私はゲーム早々(そうそう)に勝ったと思った 副詞の場合はほとんど(早々に)という形で使います。 意味はできるだけ早く物事を行おうとする気持ちを表す。 急いで。 はやばやと。 となります。 はやばやもそうそうも意味は同じになりますが、使い方、使う場面が違ってきますので気をつけて下さい。 それでは早々の使い方を見ていきましょう。 「早々」の使い方 「早々」の文章での使い方は、「はやばや」は副詞で使われ、「そうそう」は名詞と副詞で使われることから下記のように使います。 基本的に自分、もしくは、対等か目下の人に対して使う言葉です。 目上の人に「早々」という言葉を使う場面はあるのでしょうか?見て行きましょう。 「早々」の敬語表現 「早々」という言葉にこれだという敬語表現は無いです。 敬語に近い言葉はありますので、紹介していきます。 目上の人に「早々」という言葉は失礼にあたる場合がほとんどですが、使い方ではOKな場合があります。 「早々」のご対応 「早々」に「ご」など尊敬、丁寧な接頭語は付けないですが、他の言葉につけてセットで使う場合は、目上の人に使ってもセーフです。 ただ、目上の人に使う時は、 「迅速」なご対応 こちらを使う方がベターです。 「早々」「迅速」はよくビジネスでも使われる言葉ですので、その使い分けを見ていきましょう。 「早々」「迅速」ビジネスにおける使い分け 「早々」「迅速」のビジネスにおける使い分けですが、例えば取引先が思ったよりも早い対応をしてくれて、仕事がスムーズに進んだ時にお礼のメールを送る時に使われます。 この度は、早々のご対応、誠にありがとうございます• この度は、迅速なご対応、誠にありがとうございます 上の例文はどちらも間違いではありませんが、目上の人に使う場合は「迅速」の方を使う方が良いです。 ビジネスでは対外的にも対内的にも丁寧な表現をする方がベターですので、「迅速なご対応」で間違いないです。 ヘタに「早々のご対応」を使って丁寧さが無いなと思われてマイナスイメージを与えるよりも「迅速なご対応」「早速のご対応」などを使ってしっかりとお礼の気持ちを表現しましょう。 「早々」「迅速」ビジネスメールでの使い方 「早々」「迅速」と使い分けはご説明した通りです。 次はビジネスメールでの使い方となりますが、皆さんは正しく使えているでしょうか? 正しく理解してない人が多いので、「早々」「迅速」の使い方を例文を交えてご紹介します。 まずは「迅速」の例文をみてみましょう ビジネス 例• 入社早々(そうそう)に申し訳ないないけど頼むね• 早々(そうそう)に対応してくれてありがとうね• 早々(はやばや)と対応してくれてありがとうね 「早々」の手紙での使い方 ビジネスにおける「早々」の使い方は理解できたことでしょう。 他に「早々」は手紙でも使われます。 手紙では、頭語として「拝啓」「前略」という手紙の始まりの言葉があります。 この頭語に対(つい)で文末に使うのが締めの言葉です。 「拝啓ー敬具」「前略ー草々」のように、セットで使います。 「前略ー草々」の代わりに「前略ー早々」が使われることがあります。 「草々」と読み、字が似ているから遊び言葉で使われるようになっていったと推察されています。 「早々」の年賀状での使い方 新年を迎えて年賀状を一枚一枚見ていると「あっこの人に出してなかった!?」ということがあります。 そんな遅れて出す時に「早々」を使う場合があります。 慌ただしく急いでる場合 「取り急ぎ」「そそくさ」「さっと」「そこそこに」「さっさと」「急遽」「早急」「速やかに」「直ちに」 これらの類語があります。 これらの中で日常的にもしくはビジネスシーンでよく使われる「早々」の言い換え表現をピックアップしてみます。 「迅速」 「迅速」(じんそく)は名詞です。 「物事の進行がきわめて速いさま。 すみやか。 」という意味になります。 「迅速」は言葉の意味のイメージ通り「極めて非常に速い」という意味になりますので、「早々」「早速」よりも早いイメージで使われます。 「早々」は目上の人に使わないのに対して「迅速」「早速」は目上の人にも使える言葉で、自分の行動にも使えます。 ビジネスにおいては、「早々」ではなく「迅速」「早速」を使っていれば間違いはないです。 「迅速」(じんそく)例文• 迅速なご対応ありがとうございます• 迅速な対応を頂き、誠にありがとうございます• 彼女は、クレームに対して迅速に対応することができる• あそこの報道局は迅速に報道する• 迅速な応対とサービスが売りです 「早速」 「早速」(さっそく)は名詞、形容動詞、副詞と様々に使われます。 名詞・形容動詞で使われる場合は 「すみやかなこと。 すぐ行うこと。 また、そのさま。 」という意味で使われます。 「早速」は自分の行動、目上の人にも使える言葉です。 「迅速」が早さを表しているのに対して「早速」は「物事に対して早く(早い段階)に取り掛かる」という意味合いを持っています。 話の切り出しや本題に入る際にも枕詞のように「早速」は使われることもあります。 例文を作ってみたので、色々な「早速」を使った文を見てみましょう。

次の