ヒロアカ 23巻。 【僕のヒーローアカデミア】 23巻 感想 デクの覚醒がヤバい! 死柄木の過去が辛い…

【ヒロアカ】内通者1年A組「21人目の謎」と「初見殺しの葉隠」を考察してみる|お手軽info

ヒロアカ 23巻

・授業のカリキュラムを手に入れることができた ・林間合宿開催場所の正確な場所 座標 を知っていた ・爆豪救出作戦の事をオール・フォー・ワンに知らせていた ということです。 ネット上では様々な容疑者が挙げられているものの、確たる証拠がなかったり矛盾点が発生したりして、なかなか特定できないようです。 死柄木率いるヴィラン連合は 黒霧、 脳無以外はチンピラの寄せ集めとも呼べるほどの実力だったこともあり、生徒たちの被害はほぼありませんでした。 引き換えに教師陣は 「イレイザーヘッド」「13号」「オールマイト」が重傷を負うことになりました。 オールマイトは二人に比べ軽傷かな? 正確にはオールマイトを助けようとした 緑谷出久 デク が両脚と中指の重症 個性の制御ができていない反動なので、敵から受けたものではない を除けば 1年A組19名がほぼ無傷でことを終えることができました。 この安否を確認するシーンで 一つの謎が生まれます。 先ほど言ったように生徒はデクを除いて 19名がほぼ無傷なのですが、安否を確認する「 塚内警部」の発言に謎があります。 尾白に話しかける葉隠 以上から「 塚内警部が18人でカウントをやめた」ことに対する理由は 「葉隠が見えず、カウントし忘れた」 ということでしょう。 そこから推察される一つの伏線は 「葉隠は手袋・ブーツをつけてても初見では見えずらい 見えない 」 ということを暗に示しているのではないでしょうか? 普段見慣れている教師たちや生徒らからすれば身近な人物で個性も把握しているが、まさに初見殺し、 初対面だと見えないということを暗示しているシーンという考察ができました。 USJ襲撃事件の謎・1年A組「21人目」の存在?ヴィラン側の人間か? さきほど一つの謎としてあげた「 見えない葉隠透」。 その後のシーンでも 一つの謎がありました。 雄英教師陣イレイザーヘッド、13号、オールマイトの活躍により無事USJ襲撃を乗り切った1年A組。 塚内警部は 「3人のヒーローが身を挺していなければ、生徒も無事ではいられなかった」 と言い、それに対しオールマイトは 「生徒らもまた戦い、身をていした!」 「ヴィランもバカなことをした!このクラスは強いヒーローになるぞ!!」 そう確信し、生徒らの将来への期待の言葉を残しました。 このシーンで 謎が生まれます。 先ほどオールマイトが残した言葉、 このクラス 1年A組 は強くなる、もちろんデクやかっちゃんを始めとする 20名です。 このシーンでは対象となるクラスの面子が描かれており、デクだけ次のコマになっています…が なぜか、 空白のコマが二つあるのです。 画像の右下の部分と左下の部分ですね。 もともと ここに「デク」を入れる予定だったのではないでしょうか? だけど編集の都合でそのままにしてしまったとか… 要するに深い意味はないということですね^^ ですが、 なにかしらの意図をもってつくられた可能性は高いです。 オールマイトのセリフが占める面積が大きいくて、他のキャラが見切れている部分もあります。 19分割すればもっとスマートに書けたはずでしょう。 ですが、コマを残している意味は何かしらあるんじゃないかと考察しています。 先ほども説明しましたが、彼女の個性は「 透明化」。 要するに 見えません。 このコマには身に付けているであろう手袋・ブーツが書かれていないため本当にいるかどうかもあやしいですが 笑 空欄のコマがあるのでそこにいるのでしょうね。 ですが、この空欄のコマ、実は微妙に違いがあって、背景が白か黒 暗めのトーン? の2種類です。 そこから、こういう暗示の方法もあるんじゃないかな?程度ですが、可能性はあるかもしれません。 または、 葉隠と同じ個性をもった人間がひそかに隠れていたという見方もできますね 葉隠の親族、親、兄弟、姉妹がいた? 単行本のおまけ4コマ漫画では 葉隠透の親との写真が描かれており、両親とも「透明化」の個性持ちである可能性が示唆されています。 月額 1990円+1200ポイント 実質790円/月 他のサービスと比べると比較的高めです。 なのでU-NEXTは「無料トライアルで美味しいところだけ体験する」のがいい使い方だと思います。 月額料金が発生しないように「【簡単にできる】U-NEXTの解約方法」を参考してみてくださいね! まとめ USJ事件について個人的に気になった部分を取り上げて考察してみたわけですが、読み返すと完全に妄想ですね 笑 今後のヒロアカの展開で内通者に迫るストーリーがやってくるのでしょうか? 追伸 アニメ版を確認してみたら、 塚内警部は「19人」までちゃんと数えていましたね。

次の

ヒロアカ/漫画最新刊23巻発売日はいつ?単行本を電子コミックで読む方法!

ヒロアカ 23巻

集英社の週刊少年ジャンプにて、2014年32号より連載中の 「ヒロアカ」は、堀越耕平により描かれている人気漫画です。 「ヒロアカ」は、2008年に発表された読み切り作品『僕のヒーロー』を元に、構想が練られ出来上がったそうです。 ヒーローをテーマにしていることもあり、漫画内ではアメコミの要素が随所で見られています。 2018年12月の時点では、累計発行部数が2000万部を突破するなど、驚異的なヒットとなっています。 そんな、「ヒロアカ」最新刊を• いち早く読みたい!• 空き時間に読みたい!• 電車の通勤時間に読みたい! などという方もいるのではないでしょうか?? ということで今回は、「ヒロアカは」最新刊23巻の発売日に加えて、『単行本を電子コミックで読む方法』や『無料で読む裏技』なんかをご紹介していきたいと思います! それではどうぞご覧ください!• その力を悪いことに使う者たちもいた。 ヴィランと呼ばれる彼らを成敗するのが、ヒーローたちの役目であった。 正義の味方・ヒーローたちは人々の憧れの的となり、プロのヒーローを志す若者たちも多い。 主人公・緑谷出久 みどりや いずく もその1人。 彼はプロヒーロー育成学校、雄英高校への入学を目指していたが、彼は稀に見る「無個性」だった。 個性がないことで周囲にバカにされるが、諦めることなくプロヒーローを目指す。 高校入試を控えるある日、彼は憧れの存在、プロヒーロー・オールマイトと出会う。 平和の象徴であるオールマイトは、緑谷の憧れであった。 いつも笑顔で人々を救う、そんな平和の象徴が、緑谷の憧れだった。 引用元:バズノティス 漫画「ヒロアカ」の感想は? ・ひたむきな努力に胸が熱くなります! それぞれの個性の設定もワクワクします。 この戦闘シーンでこう使うのか…など考えるのもまた良し。 個人的には青山くんが好きですね。 あのキャラは憎めない(笑) ・ここ最近のジャンプ作品としては最高傑作レベル。 王道で斬新な設定で絵もストーリーも良い。 ・文句なしにおもしろいです。 セリフや文章のセンスが素晴らしいと思います。 絵の表現力もすごいです。 引用元:コミックシーモア スポンサーリンク 漫画「ヒロアカ」最新刊23巻単行本を電子コミックで読む方法! 少し前までは、漫画の最新刊なども漫画村や漫画タウンなどの違法サイトで無料で読むことができましたが、今では著作権侵害の規制が厳しくなってしまったため、読むことはできなくなりました。 ただ、漫画の最新刊を店頭で買わなくても、 すぐに読める方法があります・・・それが以下の 動画サービスです^^• 『U-NEXT』• 『music. jp』• 『FOD』 各動画サービスの簡易比較表は以下の通りになっています^^ U-NEXT music. 『U-NEXT』で漫画「ヒロアカ」を読む方法 まず、「U-NEXT」の無料トライアル期間キャンペーンにてもらえる、600ポイントを使って漫画「ヒロアカ」を読みます。 jp」について 「music. jp」は、電子書籍のコンテンツ量がトップクラスでありながら、動画・音楽なども楽しめるサービスとなっています! まずは、初回登録時に961ポイントももらえるので、漫画が確実に1冊~2冊は読めるのが大きいです^^ 1巻が無料のものもあるので、どうしてもお試し期間の無料で全部見たい!という人は、最初にmusic. jpを利用してから、U-NEXTやFODを利用するのもよいかもしれませんね! また、漫画のポイントとは別に、映画等の動画が見られる1,500ポイントももらえるため、初回登録時にポイントだけでかなり楽しめるのは間違いなしです! さらに!最後に解約せずに次の月もサービス利用した場合は、漫画分1,922ポイント+動画3,000ポイントがもらえ、購入時(プレミアムコース)には10%が還元されるというメリットもあります! 漫画と動画が好きな人には、music.

次の

【悲報】「僕のヒーローアカデミア」最新23巻、売上が10万部落ちてしまう…

ヒロアカ 23巻

ワン・フォー・オールの覚醒|予想以上に危険な力 物語の主人公である出久がオールマイトから継承した能力がワン・フォー・オール(以下OFA)。 この力は身体能力が向上するだけのものだと思われていたのですが、どうやらそれだけでは無いことが明らかになりました。 それは、 なぜこの人物がOFAにより先代たちの能力が継承されることを知っていたのか?という事です。 オールマイトと出久の話によると、オールマイトの先代は女性であり、その女性の前は青年だったとのことです。 つまり、今回登場した先代を名乗る人物は少なく見積もっても4代前の継承者という事になります。 この事について疑問に感じているのはなぜかと言いますと、4代も前の継承者が出久に『6つの個性が発現する』ことを伝えたにも関わらず、なぜオールマイト付近の継承者たちはそのことを知らなかったのか?という事です。 これまでの物語ではOFAはオール・フォア・ワン(以下、AFO)とは異なりあくまでも初期の継承者であるAFOの弟。 彼が AFOにより強引に与えられた超人パワーの異能を、弟が元々持っていた継承する力により受け継がれてきたという話でした。 OFAが進化を遂げ、過去の継承者たちの力を受け告げるように進化したのは良いとしても、なぜそれを先代の継承者が知っているのか? それも確認できるだけで『だいぶ前の継承者が』という事が疑問なんです。 勿論、 OFAの能力の中にある?精神世界にて何かしらの方法で継承者の異能も継承しているという事を知り出久の告げただけという可能性もありますけどね。 それでも過去の継承者が出久に告げたのは違和感としか表現仕様はありません。 仮にこれが、初代であれば初代の意識が能力の中に残り続けており、誰よりも長くOFAと共に居たことで異能も継承されることを知ったとかなら、まだ納得なのですけどね。 誰かも分からないOFAの先代が突如現れ、出久にOFAの真の力を告げる展開には驚きというか戸惑いしかありませんでした。 ; ̄ー ̄川 アセアセ なぜ知っていたのか?という疑問はさて置いて、僕が疑問に感じているOFA強すぎ問題について触れていきます。 AFOなんて敵じゃない!|OFA強くし過ぎた問題 僕が最も強く疑問に感じてしまったのはAFOの奪い与える力よりも継承した者達の異能を取り込み強くなるOFAの力の方が危険であると同時に圧倒的に強力であるという事です。 というのも、今回登場した先代は自らの異能がOFAに継承され取り込まれたことで強力になっているとも言っていました。 つまり、 OFAは継承数が増えるごとに継承者たちの異能を取り込み彼らの異能を発現可能になるだけではなく、それをOFAの力でヨリ強力な能力に出来るわけです。 AFOの力はあくまでも他人の力を奪い既に持っている能力と組み合わせたり、自らが持っている力を与える程度の能力です。 十分に強力な能力ではありますが、AFOが持つ力はあくまでも他人の力をそのまま使えるようになる程度の物。 しかし、OFAは先代の継承者たちの力を強化し後継者たちに与えることが出来るというぶっ壊れ能力であることが明かされたわけです。 OFAで強化され続けた異能複数持ちvs他人の個性を組み合わせて頑張ってるAFO。 この戦いのどちらに軍配が上がるかなど、異能漫画を読み続けた人たちならサクッと分かるでしょう。 何が言いたいのかと言いますと、 現時点でのOFA継承者である出久は潜伏し有能な能力を持つ者にOFAを託すことが正しいってことです。 勿論、1世代と言わず数世代先まで潜伏してからOFA内に異能を貯めて出撃すれば余裕でAFOなんて倒すことが出来るのは明白でしょう。 個人的には、自己再生系と壊理ちゃんの巻き戻す能力をOFAに組み込みたいんでとりあえずは壊理ちゃんに継承させたいです。。。 笑 冗談さて置き、物語的に本当にこれでいいのか?って思ってしまうほどにOFAを強くし過ぎてしまったと思っています。 おまけに、 6つの異能が発現するなら出久1人で戦えちゃうし、もう仲間要らないよね?っていう疑問もあるんです。 オールマイトの先代たちのように、1人なり最低限の信頼できる仲間たちだけでAFOに挑めば良くない? ーー; OFAはあくまでも肉体強化で、それ以外のサポートに仲間の協力が必要である。 この設定があるからこそ、友情・努力・勝利のジャンプ魂が成り立つ王道ヒーロー漫画だったのに。。。 まぁ考えようによっては先代たちとの友情はあるので、別に今の友達たちは全員きり捨てても良いのかな? というか、 今後6つの異能が発現することが分かった時点でヒーロー課()の奴らなんてただの足で纏いにしかならないので早く切り捨ててAFOとの戦いに備えなよって本気で思いました。。。 だいぶ前から出番が減り続け、今どうしているんだろう?と気になっていたのですが彼は今AFOの相談役でもあったドクターに試練を与えられていました。 そんなこんなで弔は本当にAFOの後継者として相応しいのかを試す試練に臨んでいたのですが、突如として現れたモb… 異能解放軍・デストロ達によるヴィラン連合への宣戦布告が行われてしまい、彼らとの戦いが幕を開けてしまいました。。。 オールマイトが消えたというのが彼らが行動を開始するきっかけにもなったのでしょうが、とりあえずは自分たちと微妙にベクトルが被っていて目障りなヴィラン連合を潰すことから始めることを決意したようです。。。 残念ながら彼はモブではなく準モブに入る部類の方のようで、頑張れば後2巻は出番がありそうです。 キャラとしても魅力が薄く、噛ませ犬としか思えないタイミングでの登場なのでサクッと消え去ってほしいですけど長引きそうな雰囲気もビシビシ伝わってきているのでデストロさんが消え去るのは3巻後と予想しておきます 笑 まとめと評価|AFO応援したくなってきた 内容としては合同訓練が終わりOFAの真の能力が明かされ、影が薄かった弔たちヴィラン連合が動き出したという内容でした。 ただ、個人的には今回明かされた OFAの真の能力があまりにも強すぎて、今後の展開が不安というのが本音です。 というのも、さっきも書いた通り『OFAで強化され続けた異能複数持ちvs他人の個性を組み合わせて頑張ってるAFO』の戦いでは結果は見えているってことです。 AFOは覚醒する前のOFA継承者たちにすら追い詰められていたんだから勝てるわけありませんよ。 といいますか、 OFAが普通に成長していけば余裕で勝てるし、なんなら有能な後継者を探してOFA継承すれば全て解決だから、もう出久要らないじゃんっていうね。 壊理ちゃんの異能が有能だし、とりあえずは壊理ちゃんを次世代のOFA継承者にして能力を食わせた後に治癒持ちの能力者に託しましょう。 本当にAFOを倒す気があるのであれば、出久はもういらない子。 AFOが極悪非道であり本当に倒すべき敵であるのであれば、尚のこと出久はいらない子である。 OFAが強すぎるのでは?と本気で感じた僕のヒーローアカデミア23巻の感想でした。 世界はその姿を新たな物へと変えていく。 主人公も、新しい時代へと変わっていけば、ラスボスも新しい時代へと変わっていく。 不思議な主人公が、新たな物語を活躍していく存在となります。 デクの使命は、別にある。 デクの使命は、この長い平成の歴史に終わりを迎えること。 ヒーロー陣営とヴィラン陣営など、超人社会の歴史を終え、現実的な環境に過ごせる時代にすること。 ステインが、何故ヒーロー社会を壊そうとしたのか。 ヒーローやヴィランのやってる事が、以下に無意味であること。 ステインは、ヒーローやヴィランを惨殺していたのも、凡ゆる争い、理不尽、格差を無くす為である。 超常が起き、主人公の歴史は大きくなり過ぎた。 凡ゆることで、現実は壊され、世界も虚しさのシステムに支配されてるということ。 何れ主人公は、この世を蝕み滅ぼす。 其処で、ステインは目的を変え、主人公の歴史を導いくのではなく、リセットすること。 何れ主人公は、この世界を滅ぼす。 だから、ヒーロー陣営やヴィラン陣営がなくなっていくこと。 この世が、現実的に過ごす環境になっていくこと。

次の