ダイハツ ミラ イース。 ミライース(ダイハツ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

ミライース(ダイハツ)の口コミ・クチコミ・評価・評判|中古車なら【カーセンサーnet】

ダイハツ ミラ イース

出典:ダイハツ ミライース ダイハツ ミライースの乗り心地についてオーナーの評価を聞いたところ、 実に不満の多い結果となりました。 その理由のひとつが走行時の 突き上げがかなりあり、運転しづらいという点になります。 オーナーの不満な口コミ• 路面の段差の突き上げが結構気になります。 小さな段差でも「ドシン」「バタン」と低級な突き上げが常にありますし、その際はボディが「ブルブル」と震える感触すらありました。 車道から歩道を横切りコンビニに入る時の段差などでの突き上げ感はとても大きく、ぶつけたかなと焦る程度でした。 荒れた路面は、ゴツゴツ感が有ります。 荒れた路面は、ゴツゴツ感が有ります。 車両重量670kg、たった4. 4mの宰相回転半径という軽量化ボディで小回りが利くミライースですが、その反面 軽量なだけに不満も目立つようで不評なコメントが多く見られます。 では、なぜこのような不満がでてきているのでしょうか。 それは ミライースの構造部分に課題があるからです。 以下で解説します。 乗り心地が悪い理由は固いサスペンション 出典:ダイハツ 写真はムーヴのサスペンション 乗り心地の良さはサスペンションが固いのか柔らかいのか、と言う点が大きく影響してきます。 タクシーなどの乗り心地の良い車はサスペンションが柔らかくふわふわした快適な乗り心地ですよね。 ではミライースのサスペンションはどうなのかというとオーナーのコメントは以下の通りです。 オーナーの不満な口コミ• ちょっと硬めの印象です。 路面の段差もそれなりの突き上げ感はあります。 私にはサスペンションがやや硬すぎる。 一般道では道路の凸凹をそのまま拾う感じ。 ミライースのサスペンションは固めの印象ですね。 ではサスペンションが固いとなぜ乗り心地が悪くなるのか?という点が気になりますよね。 実は、サスペンションが固いと路面から伝わる 衝撃や振動が車内や ドライバーにダイレクトに伝わってしまうという性質があります。 だからオーナーのコメントで「荒れた路面などで突き上げがある」という意見が多いんでしょうね。 ミライース 駆動方式 前輪駆動(FF) サスペンション形式(前) マクファーソンストラット+コイルスプリング サスペンション形式(後) トーションビーム+コイルスプリング さらに突き上げがあり乗り心地が悪いのは、 サスペンション以外にも原因がありました。 乗り心地が悪い理由はタイヤの高い空気圧 出典:ダイハツ ミライース まずはオーナーの口コミを見てみましょう。 オーナー口コミ:タイヤの空気圧• タイヤの指定空気圧を燃費向上のため上げている関係でやや道路の段差を超えるときは固さを感じます。 空気圧が高め(2. 6キロ)で振動は感じます。 タイヤの空気圧が高いせいもあるかもしれませんが、ちょっとした凹凸や橋の継ぎ目などを走ると結構衝撃がきます。 どうやら ミライースのタイヤの空気圧が高めに設定してあるようですね。 具体的には、ミライースのタイヤの指定空気圧は、 260kPaになっています。 タイヤの空気圧が高いと燃費はよくなりますが、 路面のデコボコをひろいやすくなり細かい ロードノイズなどが伝わってきてしまいます。 その影響で突き上げを感じることになります。 ちなみに、タイヤの空気圧に関しては車によって異なりますが運転席のドア部分あたりに貼ってある空気圧表示シールなどで確認することができます。 乗り心地について引き続き見ていくことにしましょう。 安定感はない?飛んでいきそうな乗り心地 出典:ダイハツ ミライース 前述したように 本当に遠出に不向きなのかについても調べてみました。 オーナーの不満な口コミ• シートが身体をあまりホールドしてくれないので、長距離を走ると疲れます。 私にとって一番の問題はフロントシートでした。 坐骨が当たる部分が柔らか過ぎて沈み込みが大きく、長時間走ると腰に負担が掛かります。 背もたれも腰をサポートせず、腰の筋肉がずっと緊張してる感じです。 燃費重視のセッティングなのは仕方ないが、正直乗り心地は犠牲になっている。 路面のアップダウンをモロに拾うのでロングドライブは疲れる。 やはり 遠出やロングドライブに不向きな車であることは間違いなさそうですね。 そして、意外なことに後席がベンチシートなので疲れやすいのかと思っていたところ、実際には フロントシート(前席)も運転が疲れるという意見が多くありました。 不満な内容• 後席のヘッドレストは上位グレードにしかない• ヘッドレストがあってもシートと一体型• チルトステアリングも上位グレードのみ• 運転席シートリフターも上位グレードのみ• テレスコピックステアリングはついていない 上記を見れば一目瞭然ですね。 運転席にハンドルの位置やシートの高さを変える機能がついていないんです。 こんな中で 長距離の運転は、劣悪な環境ですね(笑) つまり、 ミライースの安さの秘密は 「内装の装備を削ったから」と言えそうですし、安いから多少乗り心地が悪くても気にしないという方向けの車なのかもしれません。 車内の騒音は我慢できるレベルの乗り心地? ミライースの弱点を改善• 乗り心地が良いと答えた人の感想 ここまでで、批判的なコメントや不満が多い結果となっていますが、 実際に乗り心地は良いと言うオーナーも見られます。 オーナーの満足な口コミ• 個人的な印象としてはかなり良かったです。 ダイハツ特有の硬めではありますが、道路の継ぎ目を超えても嫌な振動がなく値段を考えれば素晴らしいです。 どうやらこのコメントにミライースの選ばれるポイントが集約しているかもしれないですね。 おそらくミライースを買って 満足するオーナーの特徴は、 「価格が安いので多少乗り心地が悪くても問題ないし、近場での移動手段が主なので満足している!」と言った感じです。 本記事のまとめ いかがでしたでしょうか。 今回はダイハツ ミライースの乗り心地についてオーナーの評価をもとに解説してきました。 悪い点(欠点)や不満が多い結果となりましたね。 ミライースの特徴は 低価格、低燃費です。 (加えて安全性も) なので、それさえおさえておけば乗り心地が多少悪くても問題ないというオーナーが多いように感じました。 燃費については実に驚かされるほどの 低燃費となっています。 乗り心地で悪い評価であった分、燃費で取り戻したいところですよね。 以下にミライースの実燃費をまとめていますのでぜひご覧ください。

次の

ダイハツ ミライースの評判・評価は悪い!高評価ポイントは他にあり!

ダイハツ ミラ イース

エコ(エコロジー+エコノミー)&スマートをコンセプトに、デザイン性や、4人がしっかり乗れる広さ、利便性、安全性を兼ね備えた「ミライース(e:S)」。 バリエーションには、「L」、「L SA III」、「X SA III」、「G SA III」、ビジネス用途向け「B」、「B SA III」、特別仕様車として、純正ナビ装着用アップグレードパックを装備した「G リミテッドSA III」、「X リミテッドSA III」を設定。 エンジンは従来のKF型をベースに、オルタネーターへ回転を伝えるベルトを低フリクション化するなどメカニカルロスを低減し、エネルギー効率を改善。 CVTは、従来型をベースとしながらCVTケースの薄肉化を図り、軽量化を実施。 また、軽量高剛性ボディ「Dモノコック」、足回り部品の最適化、樹脂パーツの採用、内外装部品の合理化・薄肉化などにより、従来型車より最大80kgの軽量化を実現し、JC08モード走行燃費で35. 2km/L(L、L SA III、B、B SA IIIの2WD車)の低燃費を実現。 高い質感と安心感を表現したエクステリアは、ノーズを長く見せ、ドアから連続する立体的で存在感のあるバンパー造形で「安全・安心感」を表現。 新開発のLEDヘッドランプを採用、反射板の最適な配置により、点灯時の輝きを増し、デザイン性を向上した。 安全装備では、世界最小サイズの高性能なステレオカメラを採用した「スマートアシストIII」の採用により、歩行者対応の衝突回避支援ブレーキやオートハイビームなど高い安全性を実現。 軽自動車で初めて、フロント2個、リヤ2個のコーナーセンサーをグレード別に標準装備。 今回、カラー変更を行った(「B」、「B SA III」を除く)。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 5BA-LA350S 658cc 5 CVT FF 4名 35. バリエーションには、「L」、「L SA III」、「X SA III」、「G SA III」、ビジネス用途向け「B」、「B SA III」、特別仕様車として、純正ナビ装着用アップグレードパックを装備した「G リミテッドSA III」、「X リミテッドSA III」を設定。 エンジンは従来のKF型をベースに、オルタネーターへ回転を伝えるベルトを低フリクション化するなどメカニカルロスを低減し、エネルギー効率を改善。 CVTは、従来型をベースとしながらCVTケースの薄肉化を図り、軽量化を実施。 また、軽量高剛性ボディ「Dモノコック」、足回り部品の最適化、樹脂パーツの採用、内外装部品の合理化・薄肉化などにより、従来型車より最大80kgの軽量化を実現し、JC08モード走行燃費で35. 2km/L(L、L SA III、B、B SA IIIの2WD車)の低燃費を実現。 高い質感と安心感を表現したエクステリアは、ノーズを長く見せ、ドアから連続する立体的で存在感のあるバンパー造形で「安全・安心感」を表現。 新開発のLEDヘッドランプを採用、反射板の最適な配置により、点灯時の輝きを増し、デザイン性を向上した。 安全装備では、世界最小サイズの高性能なステレオカメラを採用した「スマートアシストIII」の採用により、歩行者対応の衝突回避支援ブレーキやオートハイビームなど高い安全性を実現。 軽自動車で初めて、フロント2個、リヤ2個のコーナーセンサーをグレード別に標準装備。 今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 5BA-LA350S 658cc 5 CVT FF 4名 35. バリエーションには、「L」、「L SA III」、「X SA III」、「G SA III」、ビジネス用途向け「B」、「B SA III」を設定。 エンジンは従来のKF型をベースに、オルタネーターへ回転を伝えるベルトを低フリクション化するなどメカニカルロスを低減し、エネルギー効率を改善。 CVTは、従来型をベースとしながらCVTケースの薄肉化を図り、軽量化を実施。 また、軽量高剛性ボディ「Dモノコック」、足回り部品の最適化、樹脂パーツの採用、内外装部品の合理化・薄肉化などにより、従来型車より最大80kgの軽量化を実現し、JC08モード走行燃費で35. 2km/L(L、L SA III、B、B SA IIIの2WD車)の低燃費を実現。 高い質感と安心感を表現したエクステリアは、ノーズを長く見せ、ドアから連続する立体的で存在感のあるバンパー造形で「安全・安心感」を表現。 新開発のLEDヘッドランプを採用、反射板の最適な配置により、点灯時の輝きを増し、デザイン性を向上した。 安全装備では、世界最小サイズの高性能なステレオカメラを採用した「スマートアシストIII」の採用により、歩行者対応の衝突回避支援ブレーキやオートハイビームなど高い安全性を実現。 軽自動車で初めて、フロント2個、リヤ2個のコーナーセンサーをグレード別に標準装備。 今回、一部改良を行った。 また、特別仕様車として、純正ナビ装着用アップグレードパックを装備した「G リミテッドSA III」、「X リミテッドSA III」を設定。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 5BA-LA350S 658cc 5 CVT FF 4名 35. 今回、フルモデルチェンジを行った。 バリエーションには、「L」、「L SA III」、「X SA III」、「G SA III」、ビジネス用途向け「B」、「B SA III」を設定。 安心な運転に繋がる基本性能を向上させるとともに、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を同車で初めて採用。 エンジンは従来のKF型をベースに、オルタネーターへ回転を伝えるベルトを低フリクション化するなどメカニカルロスを低減し、エネルギー効率を改善。 CVTは、従来型をベースとしながらCVTケースの薄肉化を図り、軽量化を実施。 また、軽量高剛性ボディ「Dモノコック」、足回り部品の最適化、樹脂パーツの採用、内外装部品の合理化・薄肉化などにより、従来型車より最大80kgの軽量化を実現し、JC08モード走行燃費で35. 2km/L(L、L SA III、B、B SA IIIの2WD車)の低燃費を実現。 高い質感と安心感を表現したエクステリアは、ノーズを長く見せ、ドアから連続する立体的で存在感のあるバンパー造形で「安全・安心感」を表現。 新開発のLEDヘッドランプを採用、反射板の最適な配置により、点灯時の輝きを増し、デザイン性を向上した。 使い勝手の良い快適装備として、掘込み式インパネドリンクホルダー(運転席、助手席)など、手の届く位置にポケッテリアを充実配置。 さらに、バックドアに軽自動車初となる電気スイッチ式バックドアオープナーを採用した。 安全装備では、世界最小サイズの高性能なステレオカメラを採用した「スマートアシストIII」の採用により、歩行者対応の衝突回避支援ブレーキやオートハイビームなど高い安全性を実現。 軽自動車で初めて、フロント2個、リヤ2個のコーナーセンサーをグレード別に標準装備。 ボディカラーは「スカイブルーメタリック」を新たに開発し、全9色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-LA350S 658cc 5 CVT FF 4名 35. バリエーションには、燃費効率の良い運転をすると、照明がグリーンに変化するエコドライブアシスト照明(メーター上側のみ)を採用する「D」、「L」、エコ発電制御による減速時のエネルギー回生状態やガソリンの節約量を表示するエコドライブアシストディスプレイを標準装備する「X」、「Xf」、オーディオレスの「Lf」、衝突回避支援システム「スマートアシスト」採用の「L SA」、「X SA」、「G SA」、「Lf SA」、「Xf SA」、「Gf SA」を設定。 今回、「ミラ」誕生35周年を記念して特別仕様車「G 35thアニバーサリーゴールドエディションSA」、「GF 35thアニバーサリーゴールドエディションSA」「X 35thアニバーサリーゴールドエディションSA」、「Xf 35thアニバーサリーゴールドエディションSA」を設定。 専用アニバーサリーエンブレムに加え、記念にふさわしいプレミアム感のある専用ゴールド加飾をエクステリア・インテリア共に施し、一部追加装備や専用色も設定された特別仕様車。 エクステリアには、専用ゴールド&ダークメッキフロントグリルや専用14インチアルミホイールを設定。 エコ(エコロジー+エコノミー)&スマートをコンセプトに、デザイン性や、4人がしっかり乗れる広さ、利便性、安全性を兼ね備えた「ミライース(e:S)」。 バリエーションには、燃費効率の良い運転をすると、照明がグリーンに変化するエコドライブアシスト照明(メーター上側のみ)を採用する「D」、「L」、エコ発電制御による減速時のエネルギー回生状態やガソリンの節約量を表示するエコドライブアシストディスプレイを標準装備する「X」、「Xf」、オーディオレスの「Lf」、衝突回避支援システム「スマートアシスト」採用の「L SA」、「X SA」、「G SA」、「Lf SA」、「Xf SA」、「Gf SA」を設定。 今回、ダイハツ独自の工法によるカーボン調成型PVCルーフラッピングを採用した2トーンパックを「シャイニングレッド」、「フェスタイエロー」、「パールホワイトIII」の3色に設定。 さらに、アイドリングストップ再始動条件を変更し、従来の「ブレーキペダルを離す」に加え、「ステアリングを切る」ことでエンジンが再始動。 全車に坂道での再発進をサポートする「ヒルホールドシステム」を採用した。 また、特別仕様車「XリミテッドSA」、「XfリミテッドSA」を設定。 専用のダークメッキグリルや14インチアルミホイールを採用したスタイリッシュな外観に加え、プレミアムシャインブラックのオーディオパネルやブラックシート表皮による落ち着きのあるインテリアとして、内外装の魅力を向上。 ボディカラーは、専用色「フェスタイエロー」を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-LA300S 658cc 5 CVT FF 4名 35. バリエーションには、燃費効率の良い運転をすると、照明がグリーンに変化するエコドライブアシスト照明(メーター上側のみ)を採用する「D」、「L」、エコ発電制御による減速時のエネルギー回生状態やガソリンの節約量を表示するエコドライブアシストディスプレイを標準装備する「X」、「Xf」、オーディオレスの「Lf」、衝突回避支援システム「スマートアシスト」採用の「L SA」、「X SA」、「G SA」、「Lf SA」、「Xf SA」、「Gf SA」を設定。 特別仕様車には、「L スマートセレクションSA」、「X スマートセレクションSA」、「G スマートセレクションSA」、「Lf スマートセレクションSA」、「Xf スマートセレクションSA」、「Gf スマートセレクションSA」を設定。 今回、一部改良を行い「イース(e:S)テクノロジー」をさらに進化させ、より一層の低燃費化を実現。 パワートレーンの進化として、高圧縮比化、アトキンソンサイクル化、デュアルインジェクタの採用などによる熱効率の向上、エネルギーマネジメントの進化としてエコ発電制御の改良による回生電力の増加などを行いガソリン車トップとなる、JC08モード燃費35. 2km/Lの低燃費を2WD車全グレードで実現。 また、「X」、「Xf」、「X SA」、「Xf SA」、「G SA」、「Gf SA」、にブラックシート表皮などをセットにした「ブラックインテリアパック」をオプション設定し、上質で落ち着いた室内空間を演出した。 ボディカラーは、全10色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-LA300S 658cc 5 CVT FF 4名 35. バリエーションには、燃費効率の良い運転をすると、照明がグリーンに変化するエコドライブアシスト照明(メーター上側のみ)を採用する「D」、「L」、エコ発電制御による減速時のエネルギー回生状態やガソリンの節約量を表示するエコドライブアシストディスプレイを標準装備する「X」、「Xf」、オーディオレスの「Lf」、衝突回避支援システム「スマートアシスト」採用の「L SA」、「X SA」、「G SA」、「Lf SA」、「Xf SA」、「Gf SA」を設定。 今回、特別仕様車「L スマートセレクションSA」、「X スマートセレクションSA」、「G スマートセレクションSA」、「Lf スマートセレクションSA」、「Xf スマートセレクションSA」、「Gf スマートセレクションSA」を設定。 特別装備として、衝突回避支援システム「スマートアシスト」や、紫外線を99%カットする「スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)」、花粉やPM2. 5に対応の「スーパークリーンエアフィルター」を標準装備。 ボディカラーは、全10色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-LA300S 658cc 5 CVT FF 4名 33. バリエーションには、燃費効率の良い運転をすると、照明がグリーンに変化するエコドライブアシスト照明(メーター上側のみ)を採用する「D」、「L」、エコ発電制御による減速時のエネルギー回生状態やガソリンの節約量を表示するエコドライブアシストディスプレイを標準装備する「X」、「Xf」、オーディオレスの「Lf」を用意。 また、衝突回避支援システム「スマートアシスト」採用の「L SA」、「X SA」、「G SA」、「Lf SA」、「Xf SA」、「Gf SA」を設定。 「e:Sテクノロジー」の3大要素である、パワートレーンの進化、車両の進化、エネルギーマネジメントについてそれぞれ改良を行いガソリン車トップ33. 4km/L(2WD車JC08モード)の低燃費を達成。 停車前アイドリングストップ時のエンジン再始動の制御を見直すことで、停車前約11km/hからアイドリングストップが可能となった。 また、フロントバンパーに「エアロコーナー」と称するデザインを採用。 前方からくる風を素早く、スムーズに後方へと流すフロアアンダーカバー(2WDのみ)やタイヤディフレクター、ローダウンサスペンション 2WDのみ)の採用により空気抵抗を低減。 4WD車では燃費向上の為、リヤデファレンシャルギヤを改良した。 エクステリアは、フロントデザインを一新、特徴的なアッパーグリルが先進感を、ロアグリルの広がりが安定感を演出し、リヤコンビランプのクリアクリスタル化により先進感を表現している。 インテリアでは、光沢あるライン加飾を施したブラックのオーディオフェイスや、「G SA」、「Gf SA」に用意されるオーディオパネルのピアノブラック加飾、エアコンパネルのシルバー加飾などブラックとシルバーのコントラストとシート表皮を落ち着いた色合いのグレーとすることで、高い質感を演出。 ボディカラーは、「シャイニングレッド」を追加した全10色を用意。 今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-LA300S 658cc 5 CVT FF 4名 33. バリエーションには、燃費効率の良い運転をすると、照明がグリーンに変化するエコドライブアシスト照明(メーター上側のみ)を採用する「D」、「L」、エコ発電制御による減速時のエネルギー回生状態やガソリンの節約量を表示するエコドライブアシストディスプレイを標準装備する「X」、「Xf」、オーディオレスの「Lf」を用意。 今回、「e:Sテクノロジー」をさらに進化し、より一層の低燃費化を達成しながら、さらなる低価格化を実現。 また、衝突回避支援システム「スマートアシスト」採用の「L SA」、「X SA」、「G SA」、「Lf SA」、「Xf SA」、「Gf SA」を設定。 「e:Sテクノロジー」の3大要素である、パワートレーンの進化、車両の進化、エネルギーマネジメントについてそれぞれ改良を行いガソリン車トップ33. 4km/L(2WD車JC08モード)の低燃費を達成。 停車前アイドリングストップ時のエンジン再始動の制御を見直すことで、停車前約11km/hからアイドリングストップが可能となった。 また、フロントバンパーに「エアロコーナー」と称するデザインを採用。 前方からくる風を素早く、スムーズに後方へと流すフロアアンダーカバー(2WDのみ)やタイヤディフレクター、ローダウンサスペンション 2WDのみ)の採用により空気抵抗を低減。 4WD車では燃費向上の為、リヤデファレンシャルギヤを改良した。 エクステリアは、フロントデザインを一新、特徴的なアッパーグリルが先進感を、ロアグリルの広がりが安定感を演出し、リヤコンビランプのクリアクリスタル化により先進感を表現している。 インテリアでは、光沢あるライン加飾を施したブラックのオーディオフェイスや、「G SA」、「Gf SA」に用意されるオーディオパネルのピアノブラック加飾、エアコンパネルのシルバー加飾などブラックとシルバーのコントラストとシート表皮を落ち着いた色合いのグレーとすることで、高い質感を演出。 ボディカラーは、「シャイニングレッド」を追加した全10色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-LA300S 658cc 5 CVT FF 4名 33. 電子スロットルによるエンジンとCVTの協調制御を採用。 バリエーションには、燃費効率の良い運転をすると、照明がグリーンに変化するエコドライブアシスト照明(メーター上側のみ)を採用する「D」、「L」、エコ発電制御による減速時のエネルギー回生状態やガソリンの節約量を表示するエコドライブアシストディスプレイを標準装備する「X」、「G」、「Xf」、「Gf」、オーディオレスの「Lf」を用意。 今回、「X」、「L」、「Xf」、「Lf」をベースに、発売1周年を記念した特別仕様車「メモリアルエディション(memorial edition)」を設定。 「X メモリアルエディション」は、メッキグリルやアルミホイールの採用でデザイン性を向上。 また、ボディカラーに特別仕様車専用色となる「アーバンナイトブルークリスタルメタリック」、「ライトローズマイカメタリック」を用意。 電子スロットルによるエンジンとCVTの協調制御を採用。 バリエーションには、燃費効率の良い運転をすると、照明がグリーンに変化するエコドライブアシスト照明(メーター上側のみ)を採用する「D」、「L」、エコ発電制御による減速時のエネルギー回生状態やガソリンの節約量を表示するエコドライブアシストディスプレイを標準装備する「X」、「G」、「Xf」、「Gf」を用意。 さらに今回の一部改良では、4WD車に新グレード「Lf」を追加し、100万円を切る価格設定としている。 さらに「G」、「Gf」に、後席ヘッドレストを標準装備し、その他のグレードもディーラーオプションを設定可能とした。 その他、ヘッドランプのデザインを一部変更、リヤコンビランプの彩度も向上させた。 ボディカラーは、全8色を設定。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-LA300S 658cc 5 CVT FF 4名 32. 電子スロットルによるエンジンとCVTの協調制御を採用。 バリエーションには、燃費効率の良い運転をすると、照明がグリーンに変化するエコドライブアシスト照明(メーター上側のみ)を採用する「D」、「L」、エコ発電制御による減速時のエネルギー回生状態やガソリンの節約量を表示するエコドライブアシストディスプレイを標準装備する「X」、「G」、「Xf」、「Gf」を用意。 パワートレーンの進化、車両の進化、エネルギーマネジメントの観点から、既存技術を徹底的に磨き上げ、エネルギー効率の最大化を図った新開発「e:Sテクノロジー」の採用により、ガソリン車トップの低燃費を実現。 世界初の「停車前アイドリングストップ機能」を装備。 またeco IDLEによりエンジンを停止している時間やその積算時間、平均燃費などを表示するマルチインフォメーションディスプレイを採用。 また、安全性や快適な乗り心地に必要なボディ剛性の維持を前提としたシェルボディの骨格合理化による軽量化、CVTケースの薄肉化や、オイルポンプカバーおよびプラネタリキャリアのアルミ化、セカンダリーセンシングギアとピストンの一体成型化などにより、アイドリングストップ用CVTユニットの軽量化を実現。 フロントは、バンパーとフードを大きくラウンドさせ、空気抵抗を低減しながら、彫りの深い立体的にし、リヤは、バンパーのサイド部にエアロコーナー型のデザインを採用することで空気抵抗を低減。 葉っぱをモチーフにしたデザインのe:S専用エンブレムやLEDのリヤコンビネーションランプで、エコロジー性や先進性を演出している。 丸みのあるシンプルな形状のシートには、肌触りの良く上品なベージュのシート表皮を採用。 さらに、先進性を感じさせる自発光式デジタルメーターや金属調のフラッシュパネルを採用したオーディオ(Dを除く全車に標準装備)が装備される。 カラーバリエーションには、クリーンで親しみやすさを表現した新色2色を含む、全8色を設定。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-LA300S 658cc 5 CVT FF 4名 32.

次の

ミライース(ダイハツ)の口コミ・クチコミ・評価・評判|中古車なら【カーセンサーnet】

ダイハツ ミラ イース

スポンサーリンク 新型ミライースがマイナーチェンジ! 2017年に新しくフルモデルチェンジした新型ミライース。 ダイハツがトヨタの子会社になり、ミライースのデザインもちょっとカッコイイ系に変化しましたね! ミライースは価格帯やサイズ感からライバル車がスズキの新型アルトということになるのですが、実はミライースには• マニュアル車• ターボエンジン これらの設定があるグレードが存在していません。 というのも、ライバル車である新型アルトにはアルトワークスという5MT設定ありのターボエンジン車があるんです。 これを受けて遂にダイハツもミライースをマイナーチェンジさせて5MT&ターボエンジン車を発売か!と言われているのです。 スポンサーリンク 発売は東京モーターショー後の2019年年末か 噂レベルですが、• 2020年中にお披露目、2021年に販売という流れ• これは新型アルトとまったく同じ価格帯なんですね。 そしてターボエンジンの新型アルトワークスは、• 5MT 2WD ¥1,509,840• 5AGS(2WD)¥1,547,640 という価格設定。 現行のミライースの燃費は、35. ガソリン車2WD 34. 2WD 23. 0~23. 4WD 22. 0~22. ここもこの数値は一つの基準になりますね。

次の