香典 郵送方法。 家族葬と聞いたらお香典はどうする? : お葬式なるほどチャンネル

香典返しを辞退する時の例文や書き方・気になるマナーを紹介

香典 郵送方法

香典について 香典は、故人の霊前に供える金品のことで、故人への供養の気持ちを表現するものです。 香典に入れる金額の相場は故人との付き合いの深さや自身の年齢などによって、通常5,000円~50,000円の範囲内で変動します。 香典は不祝儀用ののし袋に入れ、通夜やお葬式の場に持参するものですが、何らかの事情があって参列できない場合は、郵送という形で送ります。 香典を郵送することは失礼には値しません。 むしろ、気遣ってもらえたことに感謝してくださることでしょう。 しかし、マナーを守らずに送ってしまうと遺族へ負担となってしまう場合もありますので、最低限のマナーは守って送るようにしましょう。 香典を送る際に気を付けるべきことは沢山ありますが、中でも守るべきは、現金書留の封筒に直接現金を入れない、ということです。 現金書留の封筒は、不祝儀袋もきちんと収まる大きさのものがあります。 新札を入れたり、逆にシワシワのお札を入れたりするのは失礼にあたりますので気を付けましょう。 不祝儀袋に現金を入れたら、表書きや中袋へ住所や氏名等を記入しましょう。 現金書留で送る場合、現金書留の封筒にも住所・氏名を記入しますが、不祝儀袋にも書く必要があります。 重ね重ねという意味にならないよう、便箋は一枚だけを使用します。 便箋を封筒に入れたい場合は、二重になった封筒ではなく、一重のシンプルな封筒を使用しましょう。 また、色のついた封筒を使用する場合は、明るい色や柄のついたものは避け、グレーや紫色、深緑色などの暗めの色を選びましょう。 お悔やみの言葉を記入する際は、ペンや万年筆でも問題ありませんが、墨を使用する場合は薄墨で書くのがマナーです。 また、重ね重ね、いよいよ、追って、再び、続くなどの忌み言葉は避けましょう。 また、故人とは親しくしていたが、そのご家族とは面識がない場合は、自分が誰で、故人とどのような関係なのかを記しておけば、受け取った遺族が「誰だろう?」と悩むことが無いので必ず記しておきましょう。 現金書留は、送る金額と重量によって郵送料が変動しますので、必ず窓口で計算してもらう必要があります。 多くの郵便局は平日しか開いていませんが、土日祝日にゆうゆう窓口が開いている支店へ行けば、平日以外でも郵送することができます。 香典を郵送する際に問題になるのは、斎場へ香典を送った場合です。 現金書留は日時の指定ができないため、香典が届いたタイミングで遺族の方が斎場へいない場合もあるからです。 現金書留は必ず受取主に手渡す必要があるため、受け取る人が不在の場合は持ち帰ってもらうことになってしまいます。 香典は、お葬式後1週間以内に到着するように郵送するのが無難です。 お葬式前後は非常に忙しいので避けた方が良いでしょう。 逆に、一月以上後になると、また迷惑をかけることになります。 お葬式の清算や香典返しなどの一連の作業は、おおよそ三十五日の前後で落ち着くため、遅くとも一カ月以内には到着するように送りましょう。 香典の送り方や注意事項を以下にまとめましたので、ご参考ください。 送る際は郵便局の窓口から郵送する。 香典の送り先 喪主の自宅へ郵送する。 香典を送るタイミング お葬式後1週間以内に送る。 お葬式のマナー• その他のマナー• 参列者のマナー• 喪主・施主のマナー•

次の

香典を送る時のマナー|送り方・注意点・送る場所・金額相場|終活ねっと

香典 郵送方法

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ 香典の基礎知識 香典とは、故人の霊前に供える現金のことです。 お花や線香、お米などの代わりにしたもので、急な不幸で現金が必要なときに助け合う、相互扶助の意味もあるとされています。 通常、香典は通夜か葬儀・告別式の最初に弔問するときに持参します。 持参する場合は、現金を不祝儀用ののし袋に入れ、グレーや紫、紺色のふくさに包んで持って行き、受付でふくさから取り出して渡します。 香典を郵送するには? 葬儀の案内を受けたものの、通夜にも葬儀・告別式にも参列できない場合には、香典を郵送で届けます。 遠方で出向くのが難しかったり、どうしても外せない用があったりするときにはそうしてお悔やみの気持ちを遺族に届けましょう。 香典を郵送する際の送り方 香典を郵送する場合、宅急便は使えないので必ず郵便局から送ります。 現金を不祝儀袋に入れて、 現金書留用の封筒に入れましょう。 現金書留封筒にも差出人の住所や氏名を記入しますが、その場合も不祝儀袋の住所氏名を省略するのはNGです。 不祝儀袋の表と中袋両方に、必要なことを記入するようにしましょう。 香典を郵送するタイミング 通夜にも葬儀・告別式にも参列できないことがわかったときは、 なるべく早く香典を郵送します。 通夜や葬儀が訃報から数日後に開催される予定で日数にやや余裕がある場合は、葬儀を行う斎場宛に香典を送ることもできます。 斎場の住所に送るときは、宛名は喪主の名前または気付(きつけ)にします。 気付とは、郵便物を相手の住まいではなく立寄り先に送ることを言います。 気付で送ると斎場スタッフが受け取れるので便利ですが、対応していない場合もありますので、一度電話で該当の斎場に確認する必要があります。 また、気付で送る場合もどの家に宛てたものかがわかるようにしておくことを忘れないようにしましょう。 現金書留郵便は日付指定をすることが可能なので、通夜の日を指定して送れば遅れるリスクを減らすことができます。 通夜が逝去の当日や翌日に行われるときは、斎場に郵送しても間に合わない可能性が高いので、香典は喪主の自宅住所に送ります。 その場合は葬儀の2~3日後を目安に、あまり遅くならないよう送ると良いでしょう。 香典を郵送する場合のマナー 香典を郵送する場合にも、不祝儀袋の選び方や書き方、お金の入れ方などのマナーは持参するときと同様に守らなければなりません。 それに加えて 郵送の場合は手紙を添えるのもマナーのひとつです。 実際に足を運ぶことにはかなわないかもしれませんが、香典を郵送することで礼を尽くすことはできますので、マナーを守って遺族に弔意を示しましょう。 不祝儀袋の選び方 不祝儀袋は金額や宗教に合わせたものを選ぶのがマナーです。 金額が少なければシンプルなもの、多ければ立派に見えるものを選ぶと良いでしょう。 蓮の花が印刷されたものは仏式、百合の花や十字架が描かれたものはキリスト教式ですので注意しましょう。 神式では、無地の熨斗袋に白黒もしくは双銀の水引きがかかっているものを選びます。 表書きは、仏式では「御霊前」や「御香料」、キリスト教式では「御花料」や「御霊前」、神式では「御榊料」や「玉串料」と書きます。 宗教がわからないときには「御霊前」とするのが無難ですが、浄土真宗だけは使えません。 香典の表書きや氏名は、毛筆で(筆ペンでも可) 薄墨で書くのが正式な作法です。 動画で詳しくご紹介している記事もありますので、参考にしてください。 お金の入れ方 香典の金額は、故人との関係性により異なります。 親戚であれば1万円~、会社関係や友人・知人であれば5千円~を目安にしましょう。 「4」や「9」を含む金額は避けた方が良いとされています。 お札は古いものより清潔という意味から、新札を入れても失礼にはなりません。 ただし、 新札を入れる場合は一度折り目をつけて包むようにしましょう。 香典を郵送する場合は手紙を添えて 事情があって通夜や葬儀に参列できず、香典を郵送するときは、お悔やみの言葉と参列できないお詫びを記した手紙を同封するようにしましょう。 必ず必要というわけではありませんが、手紙を添えた方が丁寧な印象になるので、できれば同封するのが好ましいです。 手紙に使用する便せんは、白色の縦書き無地のものが好ましいでしょう。 不祝儀袋を現金書留封筒に入れるため、便せんは封筒に入れず、直接不祝儀袋と一緒に現金書留封筒に入れる形で問題ありません。 マナーを守って丁寧な対応をしましょう ここでは香典を郵送する場合のマナーについてお伝えしましたが、他にも香典についての関連記事がありますので参考にしてください。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

香典は郵送しても良い?送り方やタイミング、マナーについて

香典 郵送方法

スポンサーリンク 現金封筒に香典袋は入れられる? 一般的な水引やご霊前などが印刷されている封筒の場合は、一般の現金封筒に収まりますが、水引が別になっていたり、封筒が二重になっている香典袋の場合は、大型現金封筒が21円で売られているのでそちらをご利用ください。 ちなみに、香典の袋にご霊前とかご仏前とか書いていますがどう使い分けをするかご存知ですか? 四十九日をまではご霊前、四十九日後はご仏前と使い分けるのが一般的です。 キリスト教の場合はお花料、神式の場合は御榊料・御玉串料なんて書いたりします。 イスラム教の場合は・・・ごめんなさい。 勉強不足です。 わかりません・・・ 大型現金封筒でも入らない場合は、普通の角3封筒などに入れて現金書留で送ることも可能です。 この場合は、封筒の糊付け箇所全てに割印かサインが必要になるので、念のため印鑑も持って窓口へ行くことをオススメします。 弔電と香典を一緒に届けたい 郵便局が分社・民営化される前にはマネーレタックスと言う、現金と弔電を同時に配達する方法がありましたが、今は残念ながら同時配達は出来ません。 弔電はレタックスで当日配達、香典は現金書留で後日配達という方法しかありません。 どうしても当日届けたい! これはもう、当日お通夜に参列するお知り合いに立て替えて持っていって貰うしかありません。 もし、変わりにお通夜に行ってくれる方が郵便局の通帳をお持ちでしたら、郵貯口座同士の送金は即時送金なので相当額を送って持っていって貰う方法もとれますけど。 まとめ ・現金を送る方法は現金書留のみ ・現金封筒に入らない大きさの香典袋は普通の封筒でも送れる ・一般的に四十九日までは御霊前。 四十九日のあとは御仏前。

次の