再送 類語。 上手な催促メールの書き方【メール文例付き】

添付ファイルを忘れた|メールでのお詫び例文を活用してミスをカバーしよう

再送 類語

再送メールを送るときの心構え• 再送メールで相手の気分を害さないようにするポイント• 再送メールの例文 再送メールを送るときの心構え ビジネスシーンで「相手にメールが届いていないかもしれないから、再送したほうがいいのかな?」と思ったことがある方もいらっしゃるでしょう。 しかし、再送メールをむやむに送ることは、 場合によっては失礼になることもあるのです。 そこでまずは、ビジネスシーンで再送メールを送るときの心構えについて解説します。 本当にメールが送信できていたのか確認をする 相手からの返信がない場合「返信を忘れられているのかな?」と心配になる方も多いでしょう。 しかし、実は「メールを送ったつもりだったけれど送っていなかった」「メールが下書きに保存されていた」なんてことも……! 送っていないのに「メールを確認していただけましたか?」と相手に尋ねることは、失礼でもありますし、場合によっては信頼を失う結果にもなりかねません。 メールの返信が遅いと感じたときには、 そもそもメールを送信できていたのか、正しい宛先に送っているのか、送信履歴を確認するようにしましょう。 再送メールを受信する相手の気持ちを考える 正しい宛先に送信できていた場合、「一刻も早く相手に再送メールが出したい」と思うかも知れません。 そんな気持ちを一旦落ち着けて、「もし自分に再送メールが来たら」ということを想像してみましょう。 前日に取引相手から来たメールを確認したものの、予定が重なってしまって返事ができていないメールがあった場合。 返信を催促する再送メールがきたら、きっと焦ってしまうはず。 加えて、メールのタイトルに「【再送】」と書かれいることを想像すると、心臓がドキリとしてしまいますよね。 「相手にされて嫌なことはしない」ということが、再送メールのマナーです。 どうしても自分の都合で進めてしまいがちですが、 相手の都合、状況も考慮してメールをするようにしましょう。 急ぎの場合は電話でもフォローをする 相手の気持ちや都合を考えてメールをしないといけないとはいえ、急ぎで確認が必要なこともあるでしょう。 たくさんのメールを受け取っていてメールの確認がもれることも考えられますし、アポイントが重なってメールをチェックする時間がとれていないことも考えられます。 急ぎで返信が必要な場合は、メールで連絡するだけではなく、 電話でもフォローを入れるようにしましょう。 先にメールを送り「先ほどメールでも送らせていただいたのですが……」と要件を電話で伝えると親切です。 再送メールで相手の気分を害さないための5つのポイント 実際に再送メールを送るときには、相手の都合に配慮した文面で送る必要があります。 では、再送メールで相手の気分を害さないためにはどうしたらいいのでしょうか。 5つのポイントを確認してきましょう。 1.相手に逃げ道を作っておく 再送メールを送る際には、相手に「 逃げ道」を用意したような文面にすることがポイントです。 「お忙しいところ失礼いたします。 〇〇の件について、進捗状況を教えていただけますと幸いです」などと、 相手を立てるように丁寧なメール文を書くのがおすすめです。 また、別件のことでメールを送りつつ、「前回のメールの件についても、何卒よろしくお願いいたします」などと触れてみることも一案です。 メールの内容や再送メールを送るシーンに合わせて、 相手を非難しない言葉を選択して再送メールを送るようにしましょう。 間違っても「早く返信をお願いします。 」「どういう状況ですか?」などと、相手を責めるような口調は避けましょう。 2. 件名に【重要】【要返信】【至急】は使わない 再送メールに限らず、メールの件名に 【重要】【要返信】【至急】などといった命令口調の言葉を使うのは控えることがベターです。 全員が不快に感じる訳ではありませんし、【至急】と書かれている方が親切だと思う方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、「急かされている」「強要されている」などと不快に思われる可能性を否定できない以上、上記の表現を使わないのが無難だといえるでしょう。 3.催促している理由を具体的に書く 「返信をどうしてもこれ以上待てない!」という場合は、返信を催促する必要があります。 返信を催促する場合は「昨日が締め切りだったため」「スケジュール調節のため」など、早く返信が欲しい理由を具体的に書くこと親切です。 また、以下のフレーズも、返信を催促するときに使えます。 「前回のメールがわかりづらかったような気がしたので、改めてご連絡しました」• 「先日、〇〇に関するメールをお送りしたのですが、届いておりますでしょうか?心配になりましたので、再送いたします」• 期限を設定しておくことで、基本的には期限内に対応してもらえますし、もし期限に遅れた場合にはリマインドを送りやすくなります。 5.行き違いになっていた場合のことを考慮する メールを再送する際には、 行き違いをしていて返信をすでにもらっていたのに気がついていないことも考慮しましょう。 相手はすでに返信をしていても、あなたが確認し忘れていることや、他の人に伝言を頼んでいたのに伝わってきていない可能性も考えられます。 一言「行き違いになっていたら申し訳ございません」と添えるだけでも、印象は大きく変わります。 再送メールの例文を参考にしてみよう では、これまで紹介したポイントをおさえたメールを実際に確認してみましょう。 U-NOTE株式会社の山田太郎でございます。 さて、先日メールでお送りした見積書送付の件、その後いかがでしょうか。 お忙しいところ失礼とは存じますが、確認のため改めてご連絡しました。 念のため、以下にメールを転送いたします。 お手数ですがご確認とご検討をよろしくお願いします。 U-NOTE株式会社の山田太郎でございます。 先日、貴社訪問の日程に関するメールをお送りしましたが、届いておりますでしょうか? 大変失礼と存じますが、確認のため連絡いたしました。 念のため、先日のメールを転送いたします。 本メールと行き違いで連絡をいただいておりましたら、申し訳ありません。 お手数をおかけしますが、ご確認をよろしくお願いします。 U-NOTE株式会社の山田太郎でございます。 先日メールで案内いたしましたサンプル送付の件、ご状況はいかがでしょうか? 大変失礼と存じますが、まだ商品が届いていないため、確認までに連絡しました。 行き違いになっておりましたら申し訳ございません。 先日のメールを転送いたしますので、お忙しいところ申し訳ありませんが、 ご対応のほど何卒よろしくお願いいたします。 相手がメールをどう受け取るのか気持ちを考えて文面を作成しよう• 再送メールを受信する相手の気持ちを考える• 件名に「【重要】【要返信】【至急】」は使わない• 相手に「逃げ道」を用意したような文面にする 現代のビジネスにおいては欠かせない「メール」。 オンラインでやりとりができるという便利さもある反面、文面だけでは気持ちのニュアンスなどが伝わりにくいという不便さもあります。 ビジネスシーンにおけるメールでは、自分の気持を文面で相手に伝えなければいけません。 「時間がないから」「定型文だから」とメール文面を簡素なものにせず、余裕のある丁寧で人間味のあるメールを送ることこそが一流ビジネスパーソンのメールの心得です。 相手のことを思いやった丁寧なメールで、取引先からの好印象を得ましょう。 【関連記事】.

次の

メールの件名のマナーとは?お願い・お詫びでの書き方や返信の例も

再送 類語

送付の意味は?郵送や発送との違いも 送付の意味は「荷物を送り届けること」 送付(そうふ)は「荷物を送り届けること」という意味で使う言葉です。 送付の「送」には「出かける人に付き添って送る」「見送る」「物を別の場所に運ぶ」「運んで送る」という意味があります。 送付の「付」には「添える」「わたす」「あたえる」という意味があります。 プライベートシーンでは、送付を使うと少し堅苦しさがありますので「送る」という言い方をすることが多いです。 反対にビジネスシーンで品物はもちろんのこと書類や資料などを送る時に「送る」という言い方をすると、立場によっては失礼に当たることもありますので「送付」を使う方が適しています。 郵送の意味は「郵便で送ること」 郵送(ゆうそう)は「郵便で送ること」という意味で使う言葉です。 郵送の「郵」には「文書や品物を運んで送る制度」「通信を伝達する制度」という意味があります。 郵送の「送」には「物を別の場所に運ぶ」「運んで送る」「見おくる」という意味があります。 手紙やはがきをポストに入れたり郵便局の窓口に送りたい品物などを持って行き郵便で、渡したい相手まで届けてもらう制度のことを言います。 郵便局で荷物を送る方法は荷物の大きさや種類によって便利は郵送方法などがあります。 小さな荷物を送りたいときなどは、わざわざ郵便局の窓口まで行かずにポストに投函するだけで郵送できるゆうパケットという方法がおすすめです。 下の記事でゆうパケットのことを詳しく知りお得で便利な郵送方法を利用してみましょう。 送付の類語「発送」を使った例文• ・本日、宅急便によって商品の発送を完了いたしました。 ・今月中に記念式典の招待状を発送します。 ・当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。 配布は「広い範囲に配ること」「皆に行きわたるように配ること」という意味で使う言葉です。 他の人に渡すという行為を表している言葉ですので「発送」と「配布」は同じ意味がある類語と言えます。 送付の類語「配布」を使った例文• ・駅前で新しくオープンするカフェの割引券を配布していました。 ・前もって会議の資料を配布します。 ・配布資料が人数分あるのかを前もって確認してください。 移送は「ある場所から他の場所まで移して送ること」「ある人の手から他の人の手へ移すこと」という意味で使う言葉です。 始めにあった場所から他の場所へと置き場所が変わるということを表している言葉ですので「発送」と「移送」は同じ意味がある類語と言えます。 送付の類語「移送」を使った例文• ・何かのはずみで落下するのを防ぐために品物を移送します。 ・社員全員の荷物を効率よく移送するためにバスを用意します。 ・機械の基盤を移送する装置が新しくなりましたので使用方法を説明します。 受理は「提出された書類などを受け付けること」「届け出を受け付けて処理すること」という意味で使う言葉です。 受理は自分が受け取る立場であるのに対して、配布は自分から差し出すという違いがあります。 送付の対義語「受理」を使った例文• ・夜間も担当者が婚姻届けを受理します。 ・求人の申し込みを受理して情報を開示します。 ・辞表を受理するかどうかは社長に相談してから返事をさせて下さい。 受領は「品物やお金を受け取ること」「重要なものを受け取ること」という意味で使う言葉です。 受領は相手から渡されて受け取る立場であるのに対して、配布は自分から相手に渡すという違いがあります。 送付の対義語「受領」を使った例文• ・取引先から届く予定があった手紙の受領を確認しました。 ・私が昨日新しい注文を受領しました。 ・受領したことを記した文書が見つかったことで虚偽の報告があったことの証明になりました。 入手は「自分の物にするために手にいれること」「手に入ること」という意味で使う言葉です。 入手は自分の手の中に外から物などが入ってくることに対して、配布は自分の手から離れて相手の手の中に入るという違いがあります。 送付の対義語「入手」を使った例文• ・新居を建築する為の土地を入手しました。 ・長年使っている化粧品の人気が高くなりすぎて入手するのが困難になりました。 ・番組独自の取材で重大な秘密を入手しました。 ビジネスシーンで取引先に連絡をする時に「後から送ります」と言う場合に「後ほど送付します」という言い方をするよりも「後ほど送付いたします」という言い回しをした方が相手に対して丁寧な敬語表現になります。 送付の敬語表現や使い方「送付いたします」を使った例文• ・今回の報告書は結果をまとめまして、後ほど送付いたします。 ・見積もりの詳細をメールにて送付いたします。 ・来月開催する懇親会の出欠リストを送付いたします。 させていただきますは「させてもらう」という意味の言葉です。 相手に自分の行動を許可してもらっている場面で使います。 送付させていただきますの場合は、相手に送付しても良いという許可を得ているときに使うことができます。 「送付させてもらいます」という言い方をするよりも「送付させていただきます」という言い回しをした方が相手に対して丁寧な表現方法になります。 送付の敬語表現や使い方「送付させていただきます」を使った例文• ・先日お問い合わせいただきました商品のサンプルを送付させていただきます。 ・全ての資料が揃い次第、早急に送付させていただきます。 ・ご指摘された書類の不備を訂正後、すぐに送付させていただきます。 くださいは「くれ」という言葉の敬語です。 そちらからこちらに送ってほしいという気持ちの「送ってくれ」を丁寧に表した言葉が「ご送付ください」となります。 ただし「ください」はどちらかと言うと相手に対して行動を支持する命令形の言葉に分類されます。 決して失礼にあたる言葉ではないのですが目上の人やよりかしこまった表現を必要とする場面では控えた方がよいかもしれません。 送付の敬語表現や使い方「ご送付ください」を使った例文• ・契約書をご確認の上ご送付ください。 ・参加人数を確認して記入の上ご送付ください。 ・返信用封筒を同封の上、ご送付ください。 送付状の書き方 郵送での送付状・添付状の書き方 送付状・添付状は書類や品物などを送るときに一緒に添える(添付する)書面のことを指します。 相手にどのような内容の文書かを知らせる役割があります。 挨拶状やカバーレターと呼ばれることもあります。 特にビジネスシーンでは必要不可欠なもので基本的なマナーでもあります。 送付状がなく本題を書いた文書や書類だけを送ることは非常識にあたり、送付状がないため受け取ってもらえないこともあります。 こう書かなければならないという決まりごとはありませんが、最低限記入すべき項目はいくつかあります。 下にまとめていますので参考にしてください。 郵送での送付状の書き方• ・日付(書類を作成した日付)• ・宛名(相手先の会社名と氏名)• ・署名(送付状作成者の会社名と氏名)• ・件名(文書を送る目的・内容)• ・頭語・本文・結語• ・別記(記と文書の中心位置に記しその下に箇条書きで送付書類などを記入)• ・以上(記とセットで使う締めの言葉 文書の最後右下に記す) メールでの送付状・添付状の書き方 メールの送付状は基本的には郵送の場合と大きな違いはありません。 違いがあるとすればメール文書の方は、わかりやすく簡潔にまとめた方が良いということです。 文章は左揃えにしてひとつの文章ごとで改行するなどしてまとめると見やすく読みやすい文書になります。 また文書の件名は本文の初めに記すよりも、メールの件名に記した方が良いです。 その方が相手がメールを開く前に用件を知ることができますので、大切な内容のメールを後回しにしたり見落としてしまうことを防ぐことにもつながります。 下の「ビジネスメールの件名のマナー」の記事を合わせて参考にしてみてください。 メールでの送付状の書き方• ・送信年月日• ・宛名(相手先の会社名と氏名)• ・署名(送付状作成者の会社名と氏名)• ・挨拶文・本文• ・別記(記と文書の中心位置に記しその下に箇条書きで送付書類などを記入)• ・以上(記とセットで使う締めの言葉 文書の最後右下に記す) ファックスでの送付状・添付状の書き方 郵送やメールの他にファックスで書面を送ることもあります。 ファックスの場合も内容を書いた文書だけではなく送付状を添付しておくることがビジネスシーンでの基本的なマナーです。 ファックスを使う場合に必ず必要なことは合計送信枚数を相手に知らせることです。 ファックスはほとんどの会社や部署ごとで1台を使います。 何か所かから送られてきたファックスがまとまってしまうこともあります。 その時に送付枚数が記載していることでトラブルを防ぐことができます。 ファックスでの送付状の書き方 編集 削除 ここにアイテムを追加!• ・送信年月日• ・宛名(相手先の会社名と氏名)• ・署名(送付状作成者の会社名と氏名)• ・頭語・挨拶・結語• ・ファックス送信枚数• ・送付内容と備考 送付の正しい使い方を知りましょう 送付には相手に送って届けるという意味があります。 物だけではなくビジネスシーンで書面を送るときにも使える言葉です。 言葉の意味をしっかりと理解して、それぞれの場面に合わせて正しい送付の使い方をしましょう。

次の

再送信

再送 類語

最初のメールを送った「日時」と「件名」を記し、要件については端的に箇条書きで伝えるようにします。 前回送ったメールを添付、またはこちらの「送信済み」のメールを先方に転送すると、送信日時や、たしかに送ったという事実も伝えられます。 この場合必ず、再度対応をお願いしたいという本文を記載します。 転送文だけを送りつけるのは失礼にあたるので、気をつけましょう。 先方がすぐ対応できるよう、詳細を記した依頼書や確認してほしい見積書・会議の議事録など、最初に添付した文書がある場合は、再度添付します。 具体的にどんな対応を要請されていたのか、相手が大量の着信メールの中から、探さなければならないような事態は避けたほうが賢明です。 これ以上期限を延ばせない場合は、やんわりと、その理由とともに、伝えるべきことをしっかり伝えます。 角が立たないようにする等の注意点 催促メールのいちばんの目的は、 自分の怒りを相手に伝えることではなく、物事を前に進めることです。 あくまでも先方は、ビジネス上のお付き合いの方ですから、丁寧に、敬意をもって接することを忘れないようにしましょう。 時には下手に出ることも必要です。 まずは、 自分がたしかに先方にメールを送ったか確認する作業は忘れてはなりません。 また相手も、出張や休暇、メールソフトの不具合等で閲覧が遅れているかもしれませんし、迷惑フォルダに入っている可能性もあります。 「こちらのメールは届いていますか?」「迷惑フォルダに入っていませんか?」と、相手の状況を伺ういいまわしを使うと角が立ちにくくなります。 お互い、気持ちのいいメールというわけではありませんので、冒頭に「お忙しいところ、申し訳ありませんが」と、まずは催促することへのお詫びを書くのもいいでしょう。 先方に確認事項や理解しきれないことがあって、返信が遅れていることが予測される場合は、 「お手伝いできることがありましたら、その旨ご連絡下さい」と助け船を出すことも必要です。 たとえ相手に非があっても、怒りをぶつけるような感情的な文章を送ってはいけません。 送信の前に何度か文面を読み返します。 先方を不快な思いにさせる表現はないか、伝えるべきことは不足なく伝わっているか、確認した上で送信します。 避けるべき表現の例 次のような表現は避けましょう。

次の