生協 宅配。 生協宅配を活用して「年間6万円」の食費削減に成功 節約のコツ3つ&お得な商品3つ

手数料・配送料が必要?|生協・コープ宅配がよくわかる比較サイト

生協 宅配

ほとんどの生協は、宅配手数料が必要です 生協の宅配を利用するには、ほとんどの生協団体で、配達にかかる宅配手数料が必要です。 この手数料が必要なのは、ほとんどの場合、コープ宅配を「 個人」で利用する場合で、複数人ででまとめて受け取ると、この手数料は無料か格安のことが多いです。 全国的な相場としては、個人宅配一回につき 200円前後。 え〝っ!!! 配達そのものの手数料と カタログの代金が別になっているところもあれば、配達とカタログ代金をまとめて手数料と呼んだり、団体によってさまざまです。 また、配達がない週(注文をしなかったとき)にも手数料がかかるか等も、団体によって違ってきます。 各団体の比較をするのは正直面倒な作業ですが、面倒なのは最初だけなので、頑張って比較しておきましょう。 同じブランドでも違います たとえば同じ「」でも、例えば東京で利用する場合は「コープみらい」(旧コープとうきょう)の手数料がかかり、長野で利用する場合は「コープながの」の手数料が課金されます。 手数料が高いかどうかの判断は、なにと引き換えに享受するか 生協の手数料を高いと感じるか、メリットがあると感じるかは個人差があるところだと思います。 例えば 車で遠くまで買い出しに行くことと比較すれば、ガソリン代と変わらないくらいの額でしょう。 (距離によってはガソリン代より安い) あるいは近所の ネットスーパーを利用することと比較すれば、(購入金額にもよりますが)私が時々利用させてもらうの最寄り店舗の場合は、5000円未満の買い物だと配送料が300円かかるので、生協のほうが安上りです。 (更にネットスーパーは、悪天候時には高確率で締め切り時間前に「満」になってしまい、必要とする日に限って頼めないというリスクがあるため、悪天候でも災害後でも頼れる「保険料」だと思えばそれなりの価値はあるかと思います。 ) お仕事帰りに 保育園のお迎えがある方にとっては、食材の買い物は切実な問題ではないでしょうか。 自宅前に食材が届いている生活になれば、毎日保育園からまっすぐ帰宅することが可能になるので、恩恵はプライスレスかもしれません。 保育園送迎がなくても、 お仕事帰りにスーパーに寄るのがしんどいという方は多いと思います。 特に夕方のスーパーは、たいてい一日の中でもっとも混雑するのでストレスになりやすいですし、重いものを買えば、疲れた足腰がさらに疲れますし。。 自宅での介助を受けていらっしゃる方などは、 家事代行業のお願いをしていることもあるかと思います。 食事作りを買い出しからお願いする経費に比べれば、食材は生協で宅配してもらうほうが圧倒的に安く済むのではないかと思います。 逆に、ご自宅のすぐ近くに自分好みのものが何でもそろうお店がある場合や、小さなお子さんを自転車に乗せて雨の日にスーパーに行くことも全く苦にならないといった方にとっては、手に取って選ぶことができない買い方で、わざわざ宅配してもらうメリットは感じにくいかもしれません。 (私のママ友さんにも、自転車の前にも後ろにも下の小さなお子さんを乗せて、スーパーをハシゴすることが全く苦にならないというお元気な方がいらっしゃいますが、私はとてもとてもマネできません!(汗)) 何と引き換えに宅配の恩恵を感じるかは、個人個人でまったく違うので、あなたにとって価値ある恩恵かどうかを検討なさってくださいね! 今日は先週生協の注文忘れたせいで、保育園お迎えの後スーパー寄ったりしてご飯少し遅くなったりしてたから、それも良くなかったか。 それでも21時半前には布団に入れたのに…。 とりあえず今週は生協の注文忘れないようにしなければ。 平日の買い物は時間のロスだからなー。 — ゆきんこ 141yukiko 生活クラブのように、手数料無料や月額制の生協も たとえば は独自の手数料体系をとっていて、地域によって 個配完全無料、もしくは 月極という手数料システムをとっています。 ほとんどの生協に、手数料の割引制度があります 割引制度の名称や割引額、対象年齢や期間など、こまかい部分は各団体ごとに違いがありますが、多くの生協で、 小さなお子さんがいらっしゃる方、療育手帳をお持ちの方、ご高齢の世帯などは、手数料の減免制度がある生協が多いです。 一度手続きをすれば半永久的に、または期間満了までずっと、割安な宅配料金で生協を利用できるようになるので、該当される方はぜひ申し込みをしてくださいね! (母子手帳や療育手帳などの提示が必要です。 子育て支援で、母子手帳配布から子供が小学校入学まで、全ての手数料無料だってさ。 子育て割引や高齢者割引など上記のいずれにも該当しない場合でも、 たいていの生協は、一定額以上購入すると手数料が割引もしくは無料になるので、実際のところは定価通りの手数料を毎週払ってらっしゃる方はあまり多くないと思われます。 (私の場合は、ベビー割引がとっくの昔に終了していて、現在はコープデリとパルシステムを定価の手数料で利用していますが、実際のところは一定額以上の買い物で無料になっている週がほとんどです。 ベビー割引は、今思うとかなりすごい制度でした。 ) 周りの人がコープオススメするから、今更ながらやってみようかなって思って、やってる人に聞いてみたら、子供いると配送料無料だし、重いものだけでも頼むと楽だし、品物も豊富で無駄買いしなくなるからいいよーって言ってた!産前産後助かりそうだし、とりあえず資料請求して決めようかな~! — ふみか fumiutan.

次の

生協宅配を活用して「年間6万円」の食費削減に成功 節約のコツ3つ&お得な商品3つ

生協 宅配

ほぼすべての生協で、支払い方法は口座からの自動引き落としです。 生協の宅配の利用代金の支払い方法は、全国のほぼすべての団体が、金融機関の口座からの引き落としです。 一か月分(通常4~5回分)の注文金額と手数料の合計額、そして増資する場合はそれらも含めた合計額が、銀行口座から決まった日に自動で引き落とされます。 口座引き落としの申し込み書 生協の加入の際に口座引き落としの手続きもおこなうので、加入手続きをされる際は、口座番号や印鑑などを手元に用意しておくとスムーズです。 引き落としまでの大まかな流れとしては、毎週の商品受け取り時にもらうカタログに、「今月の累計利用額」的な明細も入っていて、次の引き落とし額を把握できるようになっています。 こんな感じで、次に引き落とされる額の明細が一緒についてきます(写真はコープデリ。 さらに細かい話ですが、曜日の配列によって配送曜日が4回の月と5回の月があるので、毎週ほぼ同じくらいの予算で注文しても引き落とし金額は月によって違います。 例えば毎週1万円分くらい購入するとすると、一定の食費で生活しているのに、引き落とし額が4万円の月と5万円の月があります。 パルシステムはクレジットカードにも対応しました 生協としては全国的にも非常に珍しいことなのですが、パルシステムは、2014年8月からクレジットカード払いに対応しました。 () 毎回ガッツリ頼まれる方は年間でかなりの額になると思うので、ポイントがたまるカードなどをご利用の方にとっては結構大きなメリットかと思います。

次の

生協・コープ宅配を選ぶとき、何を比較すればいい?

生協 宅配

ほぼすべての生協で、支払い方法は口座からの自動引き落としです。 生協の宅配の利用代金の支払い方法は、全国のほぼすべての団体が、金融機関の口座からの引き落としです。 一か月分(通常4~5回分)の注文金額と手数料の合計額、そして増資する場合はそれらも含めた合計額が、銀行口座から決まった日に自動で引き落とされます。 口座引き落としの申し込み書 生協の加入の際に口座引き落としの手続きもおこなうので、加入手続きをされる際は、口座番号や印鑑などを手元に用意しておくとスムーズです。 引き落としまでの大まかな流れとしては、毎週の商品受け取り時にもらうカタログに、「今月の累計利用額」的な明細も入っていて、次の引き落とし額を把握できるようになっています。 こんな感じで、次に引き落とされる額の明細が一緒についてきます(写真はコープデリ。 さらに細かい話ですが、曜日の配列によって配送曜日が4回の月と5回の月があるので、毎週ほぼ同じくらいの予算で注文しても引き落とし金額は月によって違います。 例えば毎週1万円分くらい購入するとすると、一定の食費で生活しているのに、引き落とし額が4万円の月と5万円の月があります。 パルシステムはクレジットカードにも対応しました 生協としては全国的にも非常に珍しいことなのですが、パルシステムは、2014年8月からクレジットカード払いに対応しました。 () 毎回ガッツリ頼まれる方は年間でかなりの額になると思うので、ポイントがたまるカードなどをご利用の方にとっては結構大きなメリットかと思います。

次の