文系 ai 人材 に なる。 文系AI人材になる

【2020年】AI時代に読むべき本【文系AI人材になる書評】

文系 ai 人材 に なる

野口竜司著『』 大変お世話になっております。 反逆する武士 uematu tubasaです。 初回投稿日時:2020年4月7日(令和2年4月7日) AIを現実社会に溶け込ますには文系人材の協力が必要 「文系AI人材」とは、AIと同時にビジネスの現場に関する知識を備えた人材を意味します。 かつては、データ・サイエンティストやAIエンジニアといった「理系AI人材」しか市場には存在していませんでした。 しかし、AIがビジネスに広く活用されるようになった今もなお、それに近い状態が続いています。 そうした中で、AIに関する知識格差や情報格差が生まれていて、その格差を埋める上で「文系AI人材」といった存在が求められていると考えています。 引用元: 文系ITエンジニア(経済学部を卒業したバリバリ文系)として、昨今のAI(人工知能)事情には触れざるを得ません。 「文系AI」という言葉がございまして、AIと同時にビジネスの現場に関する知識を備えた人材を意味するとのこと。 つまり、現実社会において、企業の現場においてAIを活用する文系人材のことなのではないかと理解しています。 AIといっても社会や企業が抱える問題をできるだけ人間に頼らずに解決する、もしくは人間の能力を超えた部分を補うという情報技術的側面がございますから、AIとビジネスを両方理解するCAIO(人工知能担当責任者)が必要です。 人工知能が人間を完全代替するのは遥か未来か より そうですね。 もちろん、完全に人間中心だけで動いていた業務を全て見直して「逆T型」に変えることはかなり大変です。 そのため、まずは「T型」を実現してから「逆T型」 を目指すといった形があると思います。 その先にある「I型」に至るケースはそこまで多くないと思うので、AI実装社会が実現できるかどうかは「逆T型」を増やせるかどうかにかかってくるのではないでしょうか。 引用元: 上記の図で示された、AIと人の分業パターンというのは本当にわかりやすく、文系人材にも理解できます。 現在はWordやExcelなどもT型でございますから、まずはT型を目指して、AIを導入していき、人間の仕事をAIに補助してもらって生産性を向上させるというところから始めるのであれば、現場の反発も少ないでしょう。 仮に、AIが現場の雇用を失わせるということになれば、ビジネスの最前線で頑張っている人間は反発する可能性が高いと思われます。 例えば、法人営業の効率を上げるAIを導入して営業担当者の生産性を上げるということなら、喜ばれるでしょうが、営業担当者が不要になるレベルのAIが導入されたら、反発は必至です。 ただ、人間の業務を完全に代替するというのは現時点ではかなり困難なようでございますから、そこまで怖がる必要はなさそうです。 よほどの技術革新が発生しないかぎり、I型の分業にはなりにくいのではないかと。 文系AI人材の仕事内容とは AIを活用した企画を考える上では、AIを使って「どのような価値を生み出すか」を予め明確化し、それに合った適切なAIを選ぶ必要があります。 その上で、AIをどのように既にある業務プロセスに適用するのか、導入計画を立てたり、導入作業を行ったりします。 そして、導入後にはAIを管理・維持しつつ、継続的に発展させることが大切です。 「理系AI人材」がやらない全ての仕事を「文系AI人材」が担う、そういったイメージを持っていただくとわかりやすいかもしれません。 引用元: 上記の記事の中において、野口氏(以下敬称略)は文系AI人材が担うべき仕事として、AIを活用した企画、AIの現場導入、AIの運用の3つを挙げられています。 簡潔に言えば、何を目的としてAIを活用するのかを明確にして、その目的を達成するための最適なAIを選定し、現場に導入するにあたり、どの業務プロセスに適用するのか考え、現場での管理・維持を担うということです。 わかりやすく言えば、理系AI人材がAIの開発ならば、文系AI人材はAIの現実活用といったところでしょうか。 そして、現場の声を理系AI人材に伝え、より良いAI開発のための改良に繋げていくということになれば良循環になります。 AI(人工知能)をタイプ別に理解する より ユーザー体験・顧客体験を大きく変えるという意味では「予測系AI」が人々に及ぼす影響は大きいと思います。 一人ひとりの好みに合わせた情報を提供する「パーソナライゼーション」を始めとして、今は先回りのコミュニケーションが広く求められています。 引用元: 野口は、上記のようにAIの機能を8つに分類しています。 これは本当に目から鱗が落ちました。 予測系AIが人々に及ぼす影響は大きいという話がございますが、これは株式投資などの応用できそうです。 いわゆるAI系ヘッジファンドはこれに該当します。 もしかして、個人がAIにアドバイスを貰って、株式投資するということが主流になるかもしれません。 今までは医療画像などで見過ごしてきた小さながん細胞でも発見することができるのであれば、がんの早期発見が可能になります。 人間の三大疾患の内の一つを早期発見できれば、日本人の平均寿命を延ばすことができて、さらなる長寿命社会が実現します。 AIを活用して空き家発生を予測できるか 神奈川県で実施された「要介護度予測AIの実証」、もう1つはALSOKが運用する「困っている人を自動検知するAI」です。 この2つの事例の共通点は、いずれも事業やビジネスの課題解決にとどまらず、社会課題の解決を試みている点です。 引用元: 神奈川県で要介護度予測AIの実証が行われているそうで、そういった事例があるそうです。 人間の要介護度予測AIができるならば、日本全体で空き家発生予測AIもできるのではないかと考えています。 AIに学習させるためのデータを揃えるのは大変かもしれませんが、むしろデータさえ整えば比較的簡単に実現可能なのではないかと思います。 AI活用術が一般教養になる日 こうしたAIの活用を更に進めていくためには、AIは「誰もが身に着けるべきビジネスの基礎教養」ということをより多くの方が認識する必要があると考えています。 インターネットやスマートフォンが私たちにとって当たり前の存在になったように、AIも当たり前の存在になっていくはずです。 そうした前提を踏まえて、AIの知識を基礎教養として学ぶスタンスが、今後のビジネスの成功にもつながってくると考えます。 引用元: 野口は上記のように主張しており、AIが基礎的な教養にということを認識する必要があるとのこと。 私も同様の意見でございまして、大変嬉しく思います。 インターネットやスマートフォンを使いこなすことが必須の現代になっているのですから、AIを使いこなす力がないとそもそもビジネスにならないでしょう。 私も文系AI人材になり、雇用大崩壊(22世紀のことになるでしょうけれども)に備えて、頑張りたいと思いました。 めちゃくちゃ素朴な感想になりましたが、拙ブログの皆様のAI理解度の向上に役立てたのなら嬉しく思います。 以上です。 When you login first time using a Social Login button, we collect your account public profile information shared by Social Login provider, based on your privacy settings. We also get your email address to automatically create an account for you in our website. Once your account is created, you'll be logged-in to this account. 管理責任者: uematu tubasa 平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部卒のuematu tubasaと申します。 基本情報技術者、電子書籍作家。 北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持ちました。 『消費税廃止への進撃』 『ビジネスの種を蒔け』 『究極の空き家対策』 『家賃半額』 『現代貨幣理論の基礎』を出版しました。 新古典派現実主義者、地政学必修科目化賛成、自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者、相対的貧困撲滅論者。 現代貨幣理論の支持者。 すべての売国法案に反対しております。 特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人 特にルールはありません。 自由にコメントをお願い致します。 ご了承ください。

次の

「『文系AI人材』になる」を読んで。〜人の価値は無目的に動けることだ〜|OldRookieA40|note

文系 ai 人材 に なる

中学3年生を最後に理系の学問にさようならを告げました。 そして、いま38歳のおじさんはとても後悔しています。 理系への憧れは捨てきれず、とはいえ、今の自分で現在の時代を生きなくてはいけない中で書店で手にとったのがこの本です。 文系がどうAIを活用していくのか、自分の存在価値はどこに見出すべきかあらためて考えさせてもらいました。 以下、感想文です。 ・(現在の)AIは意外とすごくない。 語弊がありますが、読んで思ったのは現在のAIは想像の域にとどまるものです。 1)アルゴリズムを定義し、その回転速度を圧倒的に早めるもの 2)AIが学び、定義をAI自らが定義しするもの これらは双方、ソフトウェアのビジネスに携わった人間であれば容易に想像できるところでしょう。 本書を読んで改めて思ったのは、 人間が行っている仕事は、かなりの範囲で単純作業が多いこと。 いま、この瞬間から意識すべきことだと思いました。 人はなにを伸ばせばよいのかが本書では見えてきます。 ・人間が人間としてできる仕事はなんなのか? では、AIができず、人ができることはなんなのか。 前述でAIは意外とすごくないと述べましたが、時間の問題で、多方面で人をわかりやすく超越していくのは本書から読み取れます。 本書ではストレートに書いていませんが、コールセンターなどはすべてAI化されるでしょう。 人間ができること。 (ここからは私の解釈) それは、 クリエイティブな思考。 クリエイティブなものづくり。 そういった種のものではないのでしょうか。 AIは必ず目的を持ちます。 失敗すれば罰を受け、成功すれば称賛をされるシステムを組まれ目的に最短距離で近づこうとします。 遠回りをせず、プロセスにおける失敗はあれど結果における失敗はありません。 『無目的な好奇心と熱意からくるアクション』 こういった、衝動的とも言われる類の瞬発力がAIと人間の差ではないかと考えたのが私個人の解釈です。 ・AIを理解し共存の絵をかける人が重要。 あらためてAIの時代だからこそという話でもない気がします。 本書ではAIをどう活用するかを描く人材として文系人間は存在することを勧めています。 ・そのためにAIがなにを寄与してくれるのかを時代とともに理解し、活用性をイメージして人間とAIの共存を実現する。 ・そのリーダーシップをとるべき。 これを踏まえて、「シン・ニホン」を読んでみたいと思います。

次の

文系AI人材になる: 統計・プログラム知識は不要

文系 ai 人材 に なる

AI社会になって、ボクは職を失わないだろうか? 文系のワタシが、AIでキャリアアップするには? そんな不安や疑問を解消するのが本書です。 ・専門用語は必要最低限に ・豊富な業種別事例は「自社での活用」を考えるヒントに。 ・AIとの「共働きスキル」を身につける。 AIを活用したビジネスプランを豊富に紹介。 その分類を用いて、事例を解説しているので、非常に理解しやすく、自分の仕事への適用・応用を検討しやすい。 AIとお共働きスキルを身につけよう。 AIを思うようにビジネスに活かせていないという課題が実際にある。 現場ではAIを開発する専門職 > AIプランナー のような状態になっている。 AIは理系職のイメージが強いがむしろ現場で求められているのはビジネス寄りの視点でAI活用を考えられる文系よりの人材。 本書の前半は、プランナーとして現場で活躍してきた著者がAIの企画の起こし方を説明している。 後半は実際にAIを利用したビジネスシーンの事例集となっている。 AI導入セミナーに度々参加するのだが、現場は大盛況。 伝わってくるのはTop DownでAI導入が決まったが何をするかは現場丸投げで、何から手をつけていいかわからない感。 まさにそんな青ざめている担当者にぴったりなのがこの本。 とにかく事例が豊富。 そしてそぼ事例を支えるTechnologyに依存しないわかりやすい解説。 特に企画の順番が印象的で実践上重要で、この本最大のValueではないかと個人的に感じています。 僕もアクセラレイタープログラムのピッチや新規事業ピッチを仕事で作っているが、この順番で作っても資料としてはよくても、心に残るプレゼン・通過するプレゼンにはならない。 資料作成とプレゼンでは要素が違うのである。 まさに、現場によりそった良書である。 今AI導入で困っているすべての現場担当者に読んでほしいです。 この本は、AIの活用法に関して答を与えてくれる本ではありません。 読者が「じぶん達なりのAI活用法」を手に入れるまでの、道しるべを示す本です。 まず、AIによって明らかに世の中は変わっていること、しかしそれを恐れる必要はないという提言から始まります。 次いで、AIにできること、学習の方式や機能による分類などが、数式やプログラミング等の理系知識を極力排除して説明されます。 理系の本なら「このアルゴリズムの内部構造は…」と説明しそうな用語でも、決してそこには踏み込みません。 あざやかに切り捨てて、意味の説明に徹しています。 そして、おそらく誰もが知りたいのが「第5章 AI企画力を磨く」の章。 AIの作り方ではなく「活かし方」にフォーカスした、ある意味この本の真骨頂とも言えるところです。 といっても、広く知られている「5W1H」の原則にのっとって記述されているため、肩肘張らずに読めばなにも難しいことはありません。 「文系AI人材になる」というタイトルですが、理系の人でもためらわず読むといい本です。

次の