ライター ナミ。 お尻もすごいメダルヌード! 9/23・ナミ1st写真集発売&発売記念会開催決定

人気女性パチンコパチスロライター&演者17人の水着画像公開!!

ライター ナミ

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が全国で解除され、長らく休業を余儀なくされてきたパチンコ店にも営業再開の気運が高まっている。 だが、すでに倒産・閉店に追い込まれたパチンコ店が全国で85店確認されるなど、苦しい経営環境はしばらく続きそうだ。 女性パチンコライターのナミが、コロナ禍のパチンコ業界と今後についてレポートする。 * * * 最近、にゃんこ大戦争やバイオハザード7のプレイ動画をYouTube配信して楽しんでいるナミです! ようやく緊急事態宣言が全国で解除され、数多くのパチンコホールが営業を再開し始めています。 まだまだ油断できる状況ではないのですが、業界が日常を取り戻すための一歩を踏み出したことで、一安心しております。 ただ、今回の一連の休業により、多くのパチンコ店が閉店や倒産に追い込まれてしまったことは残念です。 パチンコファンの間でもホールの倒産は心配されていましたが、自分の好きだった店が休業したまま潰れてしまったという人もいるのではないでしょうか。 その場合、「貯玉システム」に補償はあるのか、私も複数店舗に貯玉があったので調べてみました。 結論を簡潔に述べると「一般社団法人貯玉補償基金」の補償システムにより、カタログギフトへの交換が可能です。 しかし、特殊景品への交換は非常に難しいようです。 私も手数料のかからないATMのように日常的に貯玉を利用していたので、預ける貯玉数を少し意識しなければいけないなと思いました。 景品といえば、日本中でマスクや消毒液が現在も品薄状態ですが、3月中旬頃までは景品コーナーにマスクや消毒液が並んでいて「マスクを獲得するためにパチンコを打ちにきた!」なんて不思議な話も聞いたことがあります(笑い)。 そんな自分も、以前に景品として何気なく交換したマスクのおかげで数か月マスクが不足することなく過ごせた経験があります。 もともと景品コーナーの目立つところにマスクは置かれていましたが、今後はさらに主役となりそうな景品ですよね。 今回のコロナ騒動がなければ、各メーカーから様々なパチンコ・パチスロの新機種が発表され、全国のホールに導入される予定でした。 しかし、海外からの部品調達が困難になり、リリースが遅れているという話を耳にしています。 暗い話題が続いている業界ですが、新機種の販売延期による影響から、ひとつ嬉しいニュースもあります。 新台入れ替えが困難な場合の対策として、5号機の人気パチスロ機『押忍!番長3』や『沖ドキ!』の設置期限延長が確定されました。 パチンコの『真・北斗無双』なども含まれるそうです。 現在ホールに設置されている6号機も演出面・タイアップ版権の豪華さなど文句の付け所がない完成度ですが、やはり出玉力・スペックを一番に求める打ち手が多く、いまだに5号機の人気が高いのは事実だと思います。 本来なら来年2021年1月末に撤去予定だった人気機種ですが、1年ほどの設置延長が決まったとなれば、ユーザーは大いに楽しめるのではないでしょうか。 最終的な決定はまだされていませんが、久々に楽しみが増えるニュースにテンションが上がりました。 SNSを見ていると、今もパチンコ業界に限らず、さまざまなニュースに対する攻撃的・批判的な意見や書き込みが目立ちます。 長く続いた外出自粛や仕事への影響などで国民全員が少なからずストレスを溜めていて、何かにぶつけて発散したい気持ちもあるのかなと思います。 ストレス減少のためにリラクゼーション効果のあるパチンコ機種もあります。 『海物語』シリーズです。 これは科学的にも証明されていて、変動中の重低音と液晶の海の色や図柄の一定間隔のリズム感が脳に心地よい刺激を与えてくれるそうです。 最近の機種にしては光量も控えめで落ち着いて打てます。 特にお勧めなのは『大海物語』シリーズの一番海層の深い「トレジャーステージ」です。 自分も複雑な演出の信頼度に惑わされたくない時は、シンプルに楽しめる『海物語』シリーズを打つことが多いです。 短大卒業後、OLとなるが会社を辞め、コーヒーレディへ転職。 2014年にパチンコ・パチスロ専門誌の「ライターオーディション」に合格し、デビュー。 2018年、DMMぱちタウン専属ライターへ。 週刊ポストデジタル写真集『パチンコライターナミ MEDAL NUDE』、DVD『ナミとのデート』が発売中。

次の

cafe.jenkster.com: パチンコライターナミ MEDAL NUDE 週刊ポストデジタル写真集 eBook: ナミ, 扶桑光: Kindleストア

ライター ナミ

・スロットの台情報を発信、番組で解説などを行なっている人気ライターのナミ。 昨年は業界初となるライターからグラビア業界への進出も果たした。 パチンコ店への営業自粛要請が連日のように報道される中で、どのような日々を過ごしているのか。 近況を語った。 * * * 外出自粛中で毎日携帯ゲームの「にゃんこ大戦争」をプレイしているナミです。 普段はパチンコ番組や動画の収録、様々な地域のパチンコ店で来店実戦のお仕事などを行っていましたが、3 月末からは新型コロナウイルスの影響で平均して月に 20 日ほどあったお仕事がゼロという状態になりました。 すでに撮影を終え、公開を予定していた PR 動画も一部延期に。 4 月、5 月に予定していた収録やお仕事も現状ではすべてキャンセル。 GW 中のお仕事や移動も楽しみにしていただけに残念でした。 プライベートでもパチンコ・パチスロ稼働でお小遣い程度の副収入も得ていたので、パチンコ店が休業している今、収入を得る方法がまったくない状態です。 SNSのフォロワーさんに生活の心配をされる時もあるのですが、実家暮らしとささやかな貯金のおかげで、今のところなんとかなっています。 普段はパチンコ・パチスロ関連のツイートを主にしていますが投稿するネタも少ないので静かに活動中です。 今はわずかでも生活の足しにしようと、なすびさんのように懸賞生活にチャレンジしています。 応募している物は主にお米などの食料品、生活用品、化粧品など。 5月現在、1 点の化粧品が当選し、当選率は約3%ほどでしょうか。 SNSを使った懸賞では、Instagramのような女性向けSNSを積極的に更新すると当選率が上がるという話を耳にし、最近はInstagramを1日1回ずつ更新してます(不純な動機のインスタグラマーここにあり!)。 パチンコ店に行ってない日数は、人生最長記録を更新中です。 最後に行ったのは 3 月 31 日の都内大型店。 通常なら高稼働の人気機種「真・北斗無双」の島はガラガラ。 24 台中 2 台ほどの稼働でした。 それ以前は、8 割以上の稼働があったホールです。 ちょうど3 月 30 日に志村けんさんの訃報が伝えられ、新型コロナウイルスを他人事に思わなくなった若い方が増えたように感じました。 31 日に来店していたお客さんの 9 割がマスクを着用。 ホールの入り口は常に開放したまま。 店頭入り口ではスタッフがアルコールスプレーで客の手を消毒し、空き台もこまめに清掃するなど徹底的な対策をしていました。 新型コロナウイルスの影響が出る前はお手洗いが済んだ後に手を洗わない女性を見かけることもありましたが、最近ではハンドソープ切れが目立つほど手洗いムーブメントが来ていますね。 個人的な予想ですが、このままの状況が続くとお仕事は厳しくなる一方だと思います。 ・最新台のリリースが減る可能性があるので、取材関連の仕事が減る。 ・密閉した空間で大人数での収録が難しくなり、番組出演の機会が減る場合も。 パチンコライターやタレントさんは現在ネットでの生配信や YouTube 動画など在宅で活動している人が多くいます。 パチンコ・パチスロ実機配信動画など非常に人気が高いと思いますし、家にいてもファンの方たちと交流できるのは良いことですよね。 今後のお仕事状況を見据えて様々な分野に挑戦する人も少なくないのではないでしょうか。 現在世間で大きく取り上げられているのがパチンコ店の自粛問題です。 毎日のようにニュースで見かけますし、パチンコ業界ばかりピックアップされる報道の仕方について業界内でも大きく取り上げられています。 私自身はこの業界が大好きですし、パチンコをやめることはこの先も絶対にありませんが、一般的にパチンコ業界のイメージが多少悪いのは仕方ないと思ってしまう気持ちもあります。 しかし悪いことばかりでなく、いち早く休業を決意した大手法人やマスクを医療団体に大量に寄付した法人の事も触れてほしいなと思いました。 パチンコホールは完全分煙化、2021 年中に 5 号機の撤去、そして今回の新型コロナウイルスの影響と様々な苦境があるのは事実です。 ですがこの状況下でもホールに並ぶ人が絶えず、熱狂的ユーザーがいるのも一つの事実です。 「自粛が明けたら真っ先にパチンコに行きたい!」 といった声も数多く聞きます。 ギャンブルも様々ありますが、初心者にわかりやすいゲーム性、気軽に遊びに行ける利便性、人気アニメやタレントとのタイアップなど、パチンコにしかない魅力がある限り、この業界がなくなることはないと思います。 そしてパチンコ業界のイメージが多少なりとも悪いのであれば、そのイメージを変えていけるような活動を自分もしていきたいです。 個人的には女性のユーザーさんも、さらに増えたら嬉しいですね。 短大卒業後、OLとなるが会社を辞め、コーヒーレディへ転職。 2014年にパチンコ・パチスロ専門誌の「ライターオーディション」に合格し、デビュー。 2018年、DMMぱちタウン専属ライターへ。 週刊ポストデジタル写真集『パチンコライターナミ MEDAL NUDE』、DVD『ナミとのデート』が発売中のほか、現在は「ミスヤングチャンピオン」グランプリオーディションに挑戦中。 外部サイト.

次の

パチンコライターの金銭事情 規制厳しく「稼げる時代ではない」

ライター ナミ

・パチスロの新台解説や攻略法などを専門誌に執筆する「パチンコライター」という職業。 いまやその活動範囲は誌面にとどまらず、地上波やCS放送の専門番組に出演したり、パチンコ店での実戦取材に呼ばれたりと、タレント並みに幅広い。 そこで、最近、グラビア撮影にも初挑戦している「DMMぱちタウン」専属ライターのナミさんに、知られざるパチンコライターの世界を語ってもらった。 もともと母がパチンコ好きで、私もゲームセンターのコインゲームなどで遊び方は知っていたので、割とすんなりホールにも入ることができました。 でも、ゲームセンターと違って、パチンコは大きなお金をかけないと当たらないこともあるので、最初はドキドキでしたね。 コンビニのアルバイトで稼いだお金や、貯めていたお年玉などを握りしめて、1万円を投資するたびにヒリヒリした感覚がありました。 初めて打った時に、少ない投資額でたくさん勝ったんです。 それからすっかり味をしめちゃった感じです(笑い)。 大学の授業がない日は、朝から晩までパチンコ店にこもることもしょっちゅう。 当時、付き合っていた彼は、まさか私がパチンコ店に通っているとは知らず、ある日、彼の実家にお土産を持って遊びに行ったら、その紙袋の中にパチンコ玉が転がっていて……。 「これ、何?」と言われたこともありました。 結局、その彼とは別れちゃいましたけどね。 多いときで年間200万円ぐらい負けた年もあったと思います。 コンビニバイトの他にも、日払いで給料をもらえる秋葉原のメイドキャバクラなどでも働きましたね。 でも、結局、そのお金を持って翌日にはまたパチンコに行く生活でした(笑い)。 ナミ:1年間だけ事務仕事をしました。 でも、あまり仕事は楽しくなかったし、会社帰りにパチンコに行っても長い時間打てなかったので、ストレスは溜まる一方でした。 それで、会社はスパッと辞めて、パチンコ店でコーヒーを配る「コーヒーレディ」の仕事を2年ほどやりました。 毎日パチンコ台を見られる仕事だったので、それはそれは楽しかったです。 パチンコライターになろうと思ったのも、自然な流れですか? ナミ:じつは人前に出るのがあまり好きなタイプではなかったんです。 当時からビワコさんやヒラヤマンさん、かおりっきぃさんなど有名なパチンコライターさんが活躍していることは知っていましたが、仕事として自分がやることになるとは思っていませんでした。 たまたま、友達が読んでいたパチンコ専門誌にライター募集の告知が載っていて、勧められるがままに応募しただけなんです。 事前に勝率の高い台を選ぶにはどうしたらいいかの「立ち回り」方を勉強したり、「止め打ち」などの専門用語を覚えたりもしたのですが、そんな専門的な審査はほとんどありませんでした。 単純に人物像やパチンコライターになる意気込みを見られた感じです。 ライターの仕事自体は1文字数円の世界で、ページ全体の構成やレイアウトまで作ってはじめて一人前と認められる仕事。 とても書くだけでは生活できなかったので、はじめて2年ほどは催事会場やパチンコ店などでコンパニオンの仕事もしていました。 それでも、パチンコ店の実戦取材に呼ばれたり、テレビの仕事などが徐々に増えたりしているのが収入的には大きいですかね。 2011年にパチンコ店のイベント規制があり、「今日は〇〇の台が熱い!」とか「出玉大還元します!!」といった派手な宣伝が禁止された代わりに、私たちのようなパチンコライターを呼んで集客しようとするホールさんが増えて、パチンコライターの収入も増えたんです。 有名なライターさんは、1本2桁万円のギャラをもらっていると聞いたことがあります。 ただ、いまはパチンコ業界もますます規制が厳しい時代ですし、そこまでライターが稼げる時代ではなくなったと思います。 でも、私は純粋にパチンコが大好きですし、今後もパチンコの魅力を皆さんにお伝えしていきたいです。 その他、プライベートで3日は打っているので、結局1週間のほとんどはパチンコ店にいますね(笑い)。 新台は自分の好みかどうかにかかわらず、まんべんなく打っておかないと、急にテレビなどに呼ばれたときに解説できないので、プライベートで行く日も、いろんな台の研究はしています。 昔に比べて悪い台で粘って大負けすることは少なくなりましたし、負けて大泣きするなど感情的にならなくなったのも、パチンコライターになって良かった点ですね。 ナミ:そうなんですよ。 今年はセミヌードのデジタル写真集を出しましたし、来年は際どいポーズが満載のイメージDVDも発売する予定です。 じつは私、ヘンな意味じゃなく「脱ぎたい願望」があったんです(笑い)。 こういう私の姿もたくさんの人たちに知ってもらって、またパチンコファンがたくさん増えたらいいなと思っています。 【プロフィール】なみ/1987年6月20日生まれ、東京都出身。 2014年にパチンコ・パチスロ専門誌の「ライターオーディション」に合格しデビュー。 2018年よりDMMぱちタウン専属ライター。 『恋するパチスロリーグ』(MONDO TV)にレギュラー出演中のほか、『激! 今夜もドル箱』(テレビ東京、火曜深夜1時〜)などで活躍中。 2019年はライターからグラビア界にも進出し、デジタル写真集『MEDAL NUDE パチンコライターナミ』を発売。 2020年2月25日にはイメージDVD『ナミとのデート』(エアーコントロール)も発売予定。 外部サイト.

次の