北陸 新幹線 グラン クラス 料金。 グランクラスの客の質が悪すぎ。

北陸新幹線グランクラスの料金は東京〜金沢でいくら?

北陸 新幹線 グラン クラス 料金

グリーン料金・グランクラス料金は実際にご乗車になる区間の営業キロによって計算します。 グリーン料金は、新幹線・特急・急行と快速・普通でねだんが異なります。 普通・快速列車のグリーン料金はこちらをご覧ください。 金額はご乗車になる距離ごとに決められていますので、下表をご覧ください。 特急・急行のグリーン車・グランクラスは原則として指定席で、自由席のねだん設定はありません。 グリーン券・グランクラス券は、「おとな」と「こども」が同じ料金です。 東海道・山陽新幹線/JR北海道・東海・西日本・四国の特急・急行グリーン料金 JR北海道・東海・西日本(北陸新幹線を除く)・四国内とJR会社間のグリーン料金です。 東海道・山陽新幹線もこの料金表です。 JR各社間をまたがるときにも適用されます。 JR東日本とJR九州内のみご利用の特急・急行のグリーン料金は別表です。 JR特急・急行グリーン料金表 営業キロ グリーン料金 100キロまで 1,280円 200キロまで 2,750円 400キロまで 4,110円 600キロまで 5,300円 800キロまで 6,480円 801キロ以上 7,650円 広告 JR東日本の新幹線・特急グリーン料金・グランクラス料金 JR東日本管内の相互発着の新幹線・特急のグリーン料金・グランクラス料金です。 東北・上越・北陸・山形・秋田新幹線が対象になります。 北陸新幹線では、JR西日本区間(上越妙高~金沢間)でもこの料金表が適用されます。 グランクラス A を適用する列車 東京~仙台間、東京~盛岡間、東京~新青森間、東京~新函館北斗間で運行される「はやぶさ」「はやて」、東京~盛岡間を運行される「やまびこ」、東京~金沢間で運行される「かがやき」「はくたか」 グランクラス B を適用する列車 上記以外の列車• 「成田エクスプレス」のグリーン料金は、営業キロ200キロまで2,060円です。 「スーパービュー踊り子」の4人用グリーン個室料金(1室)は、6,170円です。 「スペーシアきぬがわ」の4人用グリーン個室料金(1室)は、3,090円です。 東武線内にまたがってご利用の場合の料金は、6,180円(1室)です。 北陸新幹線で上越妙高をまたぐ区間のグリーン料金・グランクラス料金 北陸新幹線で北陸新幹線で東京~飯山間の各駅と糸魚川~金沢間の各駅との間をご利用になる場合のグリーン料金・グランクラス料金は下記の通りです。 北陸新幹線のグリーン料金・グランクラス料金 駅名 東京 ~ 熊谷 本庄 早稲田 ~ 佐久平 上田 ~ 飯山 富山~金沢 5,150円 4,120円 3,090円 13,370円 12,340円 11,310円 9,270円 8,240円 7,210円 糸魚川~ 黒部 宇奈月 温泉 4,120円 3,090円 2,060円 12,340円 11,310円 10,280円 8,240円 7,210円 6,180円 上段 : グリーン料金 中段 : グランクラス(A)の料金 下段 : グランクラス(B)の料金上段 : グリーン料金 東北・北海道新幹線で新青森をまたぐ区間のグリーン料金・グランクラス料金 東北・北海道新幹線で東京~七戸十和田間の各駅と奥津軽いまべつ~新函館北斗間の各駅との間をご利用になる場合のグリーン料金・グランクラス料金は、以下の通りです。 東北・北海道新幹線のグリーン料金・グランクラス料金 駅名 新函館北斗 ~木古内 奥津軽 いまべつ 東京 上野 7,890円 6,420円 16,110円 14,640円 12,010円 10,540円 大宮~ 古川 6,860円 5,390円 15,080円 13,610円 10,980円 9,510円 くりこま高原~ 新花巻 5,840円 4,370円 14,060円 12,590円 9,960円 8,490円 盛岡~ 二戸 4,810円 3,340円 13,030円 11,560円 8,930円 7,460円 八戸~ 七戸十和田 3,780円 2,310円 12,000円 10,530円 7,900円 6,430円 上段 : グリーン料金 中段 : グランクラス(A)の料金 下段 : グランクラス(B)の料金上段 : グリーン料金 JR北海道のグランクラス料金 JR北海道エリア内だけをご利用になる際のグランクラス料金です。 JR北海道内のグランクラス料金 営業キロ 100キロまで 200キロまで グランクラス A 6,420円 7,890円 グランクラス B 4,370円 5,840円 グランクラス A を適用する列車 東京~新函館北斗間で運行される「はやぶさ」 グランクラス B を適用する列車 上記以外の列車 広告 九州新幹線のグリーン料金 JR九州のうち、九州新幹線のグリーン料金表です。 山陽新幹線と直通利用する場合は、九州新幹線区間と山陽新幹線区間の料金を合算します。 九州新幹線のグリーン料金表 営業キロ グリーン料金 100キロまで 1,030円 200キロまで 2,060円 201キロ以上 3,090円 JR九州の在来線特急グリーン料金 JR九州の在来線特急のグリーン料金表です。 JR九州在来線特急のグリーン料金表 営業キロ グリーン料金 DXグリーン料金 グリーン個室料金 100キロまで 1,030円 1,650円 2,060円 200キロまで 1,570円 2,670円 3,140円 201キロ以上 2,520円 3,700円 5,040円• グリーン料金は、佐賀~長崎間は1,030円、別府~宮崎間は1,570円(100キロまでは1,030円)、博多~直方間は310円です。 DXグリーン料金は、佐賀~長崎間は1,650円、別府~宮崎間は2,670円(100キロまでは1,650円)です。 JR九州内のグリーン個室(定員4人)をご利用の場合は、ご利用の人員にかかわらず、グリーン料金2人分と実際にご利用になる人数分の運賃及び特急料金が必要です。 新幹線・特急のグリーン料金・グランクラス料金の注意点 グリーン車、グランクラスを利用するのに必要なきっぷ 特急列車のグリーン車・グランクラスをご利用の場合、「乗車券+特急料金+グリーン料金(またはグランクラス料金)」が必要です。 特急料金は、通常期の指定席特急料金から520円引きです。 ただし、東海道新幹線と九州新幹線を連続してご利用になる場合は1,040円引き、東北・山形新幹線と東北・秋田新幹線の一部区間は890円引き、JR九州内の在来線は510円引きです。 途中から普通列車になる場合の扱い 特急・急行列車が途中から普通列車になる場合は、特急・急行列車として運転される区間のグリーン券で普通列車の区間についてもそのままグリーン車をご利用になれます。 山形・秋田新幹線の扱い JR東日本では、グリーン料金の金額は、新幹線も在来線も同じです。 山形新幹線(福島~新庄)と秋田新幹線(盛岡~秋田)と、東北新幹線を直通して乗車する場合のグリーン料金は、東北新幹線の営業キロと在来線(奥羽本線または田沢湖線)の営業キロを通算して算出します。 新幹線のグリーン料金を通算できる場合とできない場合 新幹線の改札口を出なければ、2つ以上の新幹線の列車を途中で乗り継いだ場合、グリーン料金は原則として通算します。 ただし、北陸新幹線と東北・北海道新幹線をまたがって利用する場合を除きます。 また、東海道新幹線と東北・上越・北陸新幹線は、料金を通算できません。 東海道・山陽新幹線と九州新幹線を、新幹線の改札口を出ることなく乗り継いで乗車する場合のグリーン料金は打ち切り計算です。 東海道・山陽新幹線のグリーン料金と、九州新幹線のグリーン料金を合計した額です。 グリーン個室の扱い 「スーパービュー踊り子」、「スペーシアきぬがわ」のグリーン個室は、個室単位で発売します。 実際にご利用になる人数分の運賃・特急料金と個室1室分の4人用グリーン個室料金が必要です。 急行の自由席グリーン券の有効期間 急行の自由席グリーン券は有効期間開始日のみ有効です。

次の

【グランクラスの料金と割引まとめ】コスパが良いのはどの新幹線?

北陸 新幹線 グラン クラス 料金

グリーン料金・グランクラス料金は実際にご乗車になる区間の営業キロによって計算します。 グリーン料金は、新幹線・特急・急行と快速・普通でねだんが異なります。 普通・快速列車のグリーン料金はこちらをご覧ください。 金額はご乗車になる距離ごとに決められていますので、下表をご覧ください。 特急・急行のグリーン車・グランクラスは原則として指定席で、自由席のねだん設定はありません。 グリーン券・グランクラス券は、「おとな」と「こども」が同じ料金です。 東海道・山陽新幹線/JR北海道・東海・西日本・四国の特急・急行グリーン料金 JR北海道・東海・西日本(北陸新幹線を除く)・四国内とJR会社間のグリーン料金です。 東海道・山陽新幹線もこの料金表です。 JR各社間をまたがるときにも適用されます。 JR東日本とJR九州内のみご利用の特急・急行のグリーン料金は別表です。 JR特急・急行グリーン料金表 営業キロ グリーン料金 100キロまで 1,280円 200キロまで 2,750円 400キロまで 4,110円 600キロまで 5,300円 800キロまで 6,480円 801キロ以上 7,650円 広告 JR東日本の新幹線・特急グリーン料金・グランクラス料金 JR東日本管内の相互発着の新幹線・特急のグリーン料金・グランクラス料金です。 東北・上越・北陸・山形・秋田新幹線が対象になります。 北陸新幹線では、JR西日本区間(上越妙高~金沢間)でもこの料金表が適用されます。 グランクラス A を適用する列車 東京~仙台間、東京~盛岡間、東京~新青森間、東京~新函館北斗間で運行される「はやぶさ」「はやて」、東京~盛岡間を運行される「やまびこ」、東京~金沢間で運行される「かがやき」「はくたか」 グランクラス B を適用する列車 上記以外の列車• 「成田エクスプレス」のグリーン料金は、営業キロ200キロまで2,060円です。 「スーパービュー踊り子」の4人用グリーン個室料金(1室)は、6,170円です。 「スペーシアきぬがわ」の4人用グリーン個室料金(1室)は、3,090円です。 東武線内にまたがってご利用の場合の料金は、6,180円(1室)です。 北陸新幹線で上越妙高をまたぐ区間のグリーン料金・グランクラス料金 北陸新幹線で北陸新幹線で東京~飯山間の各駅と糸魚川~金沢間の各駅との間をご利用になる場合のグリーン料金・グランクラス料金は下記の通りです。 北陸新幹線のグリーン料金・グランクラス料金 駅名 東京 ~ 熊谷 本庄 早稲田 ~ 佐久平 上田 ~ 飯山 富山~金沢 5,150円 4,120円 3,090円 13,370円 12,340円 11,310円 9,270円 8,240円 7,210円 糸魚川~ 黒部 宇奈月 温泉 4,120円 3,090円 2,060円 12,340円 11,310円 10,280円 8,240円 7,210円 6,180円 上段 : グリーン料金 中段 : グランクラス(A)の料金 下段 : グランクラス(B)の料金上段 : グリーン料金 東北・北海道新幹線で新青森をまたぐ区間のグリーン料金・グランクラス料金 東北・北海道新幹線で東京~七戸十和田間の各駅と奥津軽いまべつ~新函館北斗間の各駅との間をご利用になる場合のグリーン料金・グランクラス料金は、以下の通りです。 東北・北海道新幹線のグリーン料金・グランクラス料金 駅名 新函館北斗 ~木古内 奥津軽 いまべつ 東京 上野 7,890円 6,420円 16,110円 14,640円 12,010円 10,540円 大宮~ 古川 6,860円 5,390円 15,080円 13,610円 10,980円 9,510円 くりこま高原~ 新花巻 5,840円 4,370円 14,060円 12,590円 9,960円 8,490円 盛岡~ 二戸 4,810円 3,340円 13,030円 11,560円 8,930円 7,460円 八戸~ 七戸十和田 3,780円 2,310円 12,000円 10,530円 7,900円 6,430円 上段 : グリーン料金 中段 : グランクラス(A)の料金 下段 : グランクラス(B)の料金上段 : グリーン料金 JR北海道のグランクラス料金 JR北海道エリア内だけをご利用になる際のグランクラス料金です。 JR北海道内のグランクラス料金 営業キロ 100キロまで 200キロまで グランクラス A 6,420円 7,890円 グランクラス B 4,370円 5,840円 グランクラス A を適用する列車 東京~新函館北斗間で運行される「はやぶさ」 グランクラス B を適用する列車 上記以外の列車 広告 九州新幹線のグリーン料金 JR九州のうち、九州新幹線のグリーン料金表です。 山陽新幹線と直通利用する場合は、九州新幹線区間と山陽新幹線区間の料金を合算します。 九州新幹線のグリーン料金表 営業キロ グリーン料金 100キロまで 1,030円 200キロまで 2,060円 201キロ以上 3,090円 JR九州の在来線特急グリーン料金 JR九州の在来線特急のグリーン料金表です。 JR九州在来線特急のグリーン料金表 営業キロ グリーン料金 DXグリーン料金 グリーン個室料金 100キロまで 1,030円 1,650円 2,060円 200キロまで 1,570円 2,670円 3,140円 201キロ以上 2,520円 3,700円 5,040円• グリーン料金は、佐賀~長崎間は1,030円、別府~宮崎間は1,570円(100キロまでは1,030円)、博多~直方間は310円です。 DXグリーン料金は、佐賀~長崎間は1,650円、別府~宮崎間は2,670円(100キロまでは1,650円)です。 JR九州内のグリーン個室(定員4人)をご利用の場合は、ご利用の人員にかかわらず、グリーン料金2人分と実際にご利用になる人数分の運賃及び特急料金が必要です。 新幹線・特急のグリーン料金・グランクラス料金の注意点 グリーン車、グランクラスを利用するのに必要なきっぷ 特急列車のグリーン車・グランクラスをご利用の場合、「乗車券+特急料金+グリーン料金(またはグランクラス料金)」が必要です。 特急料金は、通常期の指定席特急料金から520円引きです。 ただし、東海道新幹線と九州新幹線を連続してご利用になる場合は1,040円引き、東北・山形新幹線と東北・秋田新幹線の一部区間は890円引き、JR九州内の在来線は510円引きです。 途中から普通列車になる場合の扱い 特急・急行列車が途中から普通列車になる場合は、特急・急行列車として運転される区間のグリーン券で普通列車の区間についてもそのままグリーン車をご利用になれます。 山形・秋田新幹線の扱い JR東日本では、グリーン料金の金額は、新幹線も在来線も同じです。 山形新幹線(福島~新庄)と秋田新幹線(盛岡~秋田)と、東北新幹線を直通して乗車する場合のグリーン料金は、東北新幹線の営業キロと在来線(奥羽本線または田沢湖線)の営業キロを通算して算出します。 新幹線のグリーン料金を通算できる場合とできない場合 新幹線の改札口を出なければ、2つ以上の新幹線の列車を途中で乗り継いだ場合、グリーン料金は原則として通算します。 ただし、北陸新幹線と東北・北海道新幹線をまたがって利用する場合を除きます。 また、東海道新幹線と東北・上越・北陸新幹線は、料金を通算できません。 東海道・山陽新幹線と九州新幹線を、新幹線の改札口を出ることなく乗り継いで乗車する場合のグリーン料金は打ち切り計算です。 東海道・山陽新幹線のグリーン料金と、九州新幹線のグリーン料金を合計した額です。 グリーン個室の扱い 「スーパービュー踊り子」、「スペーシアきぬがわ」のグリーン個室は、個室単位で発売します。 実際にご利用になる人数分の運賃・特急料金と個室1室分の4人用グリーン個室料金が必要です。 急行の自由席グリーン券の有効期間 急行の自由席グリーン券は有効期間開始日のみ有効です。

次の

北陸新幹線 E7系・W7系「かがやき・はくたか」のグランクラスを徹底解説!座席やサービスについて。

北陸 新幹線 グラン クラス 料金

Contents• 遂に北陸新幹線が開業! 3月14日(土)に開業する北陸新幹線。 テレビでも北陸新幹線や北陸の話題を目にする機会が増えてきました。 北陸新幹線の開業で、東京から2時間30分で金沢に行けるようになるので、ホント東京から北陸がグッと近くなります。 あと、実は北アルプスが高くそびえていて、隣の地域ながらあまりお隣、という感覚の無かった、信州と北陸がストレートに行き来できるようになるというのは、これまた歴史的な出来事だったりします。 当サイトでも以前、下記のような北陸新幹線の記事を書いています。 「北陸新幹線のルートと停車駅、3月14日開業前の予習」 「北陸新幹線、福井ルートの開業は5年前倒しで2020年開業?」 「北陸新幹線の開業、上越妙高駅と糸魚川駅のある新潟県の悩みが深いようです」 そして北陸新幹線シリーズ、今回は北陸新幹線の料金(平常時)を調べてみました。 北陸新幹線 普通車自由席料金 ・東京-富山 12,210円 ・東京-金沢 13,600円 北陸新幹線 普通車指定席料金 ・東京-富山 12,730円 ・東京-金沢 14,120円 北陸新幹線 グリーン車料金 ・東京-富山 17,360円 ・東京-金沢 18,750円 北陸新幹線 グランクラス料金 ・東京-富山 25,580円 ・東京-金沢 26,970円 北陸新幹線は東北新幹線のはやぶさ同様、グランクラスが存在 グランクラスとは 東京-金沢間、指定で14,120円の所、グランクラスは何と26,970円!東北新幹線はやぶさで初めて設けられたグランクラス。 今回、北陸新幹線にも登場しますが、グランクラスって一体? 北陸新幹線のグランクラス、下記のような特徴があります。 高級感あふれるシート等の特徴はありますが、飯と酒、が一番の特徴では? その昔、海外行きの航空機はツマミも付いて飲み放題だぁ、と思っていた時期がありましたが、グランクラスはまさにそんな感じ?心地よいシートに身をうずめて、うまい酒とうまいツマミで楽しみながら、外の日本海と北アルプスの風景を見れば、気分はもう極上でありましょう。 グランクラスのサービスはこんな感じ、お弁当うまそうです 金沢駅や富山駅で酒と肴を買って新幹線で楽しめそう グランクラスには正直なかなか乗れませんが、金沢や富山から東京の帰り、駅や駅の近くの店で酒と肴を買って、新幹線で楽しめそうですね。 何せ日本海側の金沢と富山、ウマイ肴には事欠きません。 管理人、個人的には博多駅をかつてよく利用しましたが、博多駅は新幹線で楽しめる酒の肴を非常に多く売っていて、ビールとツマミを買いこんで、新幹線に乗り込んだものです。 北陸新幹線、開業の暁には、管理人が博多駅でしていたように、居酒屋新幹線を楽しむべく、金沢駅や富山駅で酒と肴を買い求める人が多くなりそうです。 新幹線でビール飲むと、揺れのせいかいい感じで酔えるんです、これが。 不思議なもので。 北陸新幹線の開業でグッと近くなる東京と金沢・富山。 北陸新幹線開業後、色々な旅が計画できそうですね。 3月14日(土)の北陸新幹線の開業まであと1ヶ月と少し。 既に予約も開始されているようです。 北陸新幹線の開業、楽しみですね。

次の