池上 彰 の ニュース 検定。 ニュース時事能力検定試験:池上彰さんが語る 新聞とニュース検定の魅力

池上彰、『グッとラック!』緊急生出演 増田ユリヤ氏と感染症の歴史を生解説

池上 彰 の ニュース 検定

池上彰のニュース検定 ニュース検定の今日の問題と答えです。 ニュース検定の問題 天然痘で滅亡した国家は? 青 モンゴル帝国 赤 オスマン帝国 緑 インカ帝国 ニュース検定の答え 答えは 緑 インカ帝国 ヒント:新大陸の二大帝国であったアステカと インカ帝国の 滅亡の大きな原因の一つは 天然痘であった。 天然痘はわずか数年間でインカ帝国人口の60パーセントから94パーセントを死に至らしめ、人口の大幅な減少を引き起こした。 放送後に追記します。 今日の「ニュース検定」のキーワード キーワードは 天然痘と国家滅亡危機 天然痘の危機 人類を最も悩ませた感染症は、天然痘です。 感染力が強く、全身に発疹が出るのが特徴です。 20世紀だけでも、3000万人が亡くなったと言われています。 アステカ王国とインカ帝国が滅亡 16世紀には、天然痘によって二つの国家が滅亡しました。 メキシコのアステカ王国と、ペルーのインカ帝国です。 スペイン人が新大陸に天然痘を 当時、植民地生活を進めていたスペイン人が、天然を痘持ち込みました。 ヨーロッパでは16世紀以前にも、天然痘が繰り返し流行していたのです。 スペイン人の多くは天然痘の免疫がありました。 一方中南米に天然痘は存在せず、 人々には免疫がありませんでした。 そのためスペイン人が持ち込んだ天然痘が大流行したのです。 天然痘でインカ帝国が滅亡へ アステカ王国とインカ帝国では、兵士を含めて死者がは急増しました。 天然痘の流行で戦争どころではありません。 その結果スペイン軍は、わずかな兵力でアステカ王国とインカ帝国を占領できました。 天然痘が、国家の滅亡につながったのです。 当時中南米の人々にとって、天然痘にかからないスペイン人は神のような存在に見えたといいます。 そこで、スペイン人が進行するキリスト教に改宗した人が急増しました。 天然痘が社会を変えたのです。 1980年 天然痘が根絶 今では天然痘ワクチンができて、1977年を最後に患者は出ていません。 WHOは1980年に天然痘根絶宣言を出しました。 天然痘は、人類が初めて根絶させた感染症となったのです。 ニュース検定前回の問題 今日のことば検定とお天気検定の問題.

次の

池上彰、新型コロナに“打ち勝つ”論調に異議「共存、共生を考えていかなくては…」(ORICON NEWS)

池上 彰 の ニュース 検定

池上彰のニュース検定 ニュース検定の今日の問題と答えです。 ニュース検定の問題 パリ大改造で行われたのは? 青 エッフェル塔建設 赤 鉄道の高速化 緑 道路の拡幅 ニュース検定の答え 答えは 緑 道路の拡幅 ヒント:オスマンは街路を計画するとき3つの原則を掲げた。 ニュース検定解説 ここから答えの解説です。 放送後に追記します。 今日の「ニュース検定」のキーワード キーワードは パリ大改造 パリ大改造とは 「パリ大改造」というのは、19世紀に行われたナポレオン3世の都市計画です。 wikipediaによると パリ改造(パリかいぞう)は、第二帝政時の19世紀、セーヌ県知事のジョルジュ・オスマンが取り組んだフランス最大の都市整備事業である。 県知事のジョルジュ・オスマン 当時、イギリスを経由してパリでコレラが流行、8000人が亡くなったため、衛生状態を改善しようと、ナポレオン3世の構想に沿って大規模な都市 改造を企てたのがジョルジュ・オスマンです。 17年間にわたって、下水道の整備、街の景観にこだわった道路の整備などを行い、それによって、パリの街の状態が良くなったといわれています。 「花の都」との言われるようになったパリも、そのような施策によって出来上がったのです。 ニュース検定前回の問題 今日のことば検定とお天気検定の問題.

次の

池上彰さん、もっと早く出てきてっ!

池上 彰 の ニュース 検定

池上彰のニュース検定 ニュース検定の今日の問題と答えです。 ニュース検定の問題 天然痘で滅亡した国家は? 青 モンゴル帝国 赤 オスマン帝国 緑 インカ帝国 ニュース検定の答え 答えは 緑 インカ帝国 ヒント:新大陸の二大帝国であったアステカと インカ帝国の 滅亡の大きな原因の一つは 天然痘であった。 天然痘はわずか数年間でインカ帝国人口の60パーセントから94パーセントを死に至らしめ、人口の大幅な減少を引き起こした。 放送後に追記します。 今日の「ニュース検定」のキーワード キーワードは 天然痘と国家滅亡危機 天然痘の危機 人類を最も悩ませた感染症は、天然痘です。 感染力が強く、全身に発疹が出るのが特徴です。 20世紀だけでも、3000万人が亡くなったと言われています。 アステカ王国とインカ帝国が滅亡 16世紀には、天然痘によって二つの国家が滅亡しました。 メキシコのアステカ王国と、ペルーのインカ帝国です。 スペイン人が新大陸に天然痘を 当時、植民地生活を進めていたスペイン人が、天然を痘持ち込みました。 ヨーロッパでは16世紀以前にも、天然痘が繰り返し流行していたのです。 スペイン人の多くは天然痘の免疫がありました。 一方中南米に天然痘は存在せず、 人々には免疫がありませんでした。 そのためスペイン人が持ち込んだ天然痘が大流行したのです。 天然痘でインカ帝国が滅亡へ アステカ王国とインカ帝国では、兵士を含めて死者がは急増しました。 天然痘の流行で戦争どころではありません。 その結果スペイン軍は、わずかな兵力でアステカ王国とインカ帝国を占領できました。 天然痘が、国家の滅亡につながったのです。 当時中南米の人々にとって、天然痘にかからないスペイン人は神のような存在に見えたといいます。 そこで、スペイン人が進行するキリスト教に改宗した人が急増しました。 天然痘が社会を変えたのです。 1980年 天然痘が根絶 今では天然痘ワクチンができて、1977年を最後に患者は出ていません。 WHOは1980年に天然痘根絶宣言を出しました。 天然痘は、人類が初めて根絶させた感染症となったのです。 ニュース検定前回の問題 今日のことば検定とお天気検定の問題.

次の