デりヘル 呼ん だら 君 が 来 た 歌詞 ひらがな。 #黒バス【腐】 #青黒 黒バス【腐】 青黒でデリ|ヘル|呼ん|だら|君が|来た

デリヘル呼んだら君が来た (ナナホシ管弦楽団 feat. 初音ミク・IA)

デりヘル 呼ん だら 君 が 来 た 歌詞 ひらがな

ボカロ音域bot を運営しています とむっきぃです 自分で運営していく中でも登録したボカロ曲をまとめておきたいと思っていたので曲の最高音ごとにまとめました 最高音の場所を紹介した動画がある曲は曲名の横に動画のリンクを記載しておりますのでぜひご確認ください! 【ちょっとした説明】 ボカロ音域botに登録されているボカロ・UTAU曲を最高音のみで分類してまとめています 歌の最高音と別にフェイク最高音がある場合は 赤文字で別記しています 「最低音や、詳しい最高音の位置を知りたい」というような人はbotの方へのリプで確認して頂くか、 ・ ・ ・ ・ ・ 上記のサイトなどを参考にしてみて下さい。 その際はぜひご確認下さい。 え?あぁ、そう。 Q キルマー キレキャリオン 銀河録 空想しょうもない日々 クリスマスツリーを切り倒せ! CaseTRESman 心做し こどものしくみ コバルトメモリーズ ごめんね ごめんね 再会 サイコモーション サイバーケイジ サヨナラチェーンソー サンセットラブスーサイド システマティック・ラヴ ジャバヲッキー・ジャバヲッカ :リンパート 修羅ノ庭: レンver 初夏、殺意は街を浸す病のように シンセリティパルス 心臓コネクト 身体の分解と再構築、または神話の円環性について しんでしまうとはなさけない! 恋率方程式 WAA!!!! Phantom M. Realist 秘密遊戯 Blindness フラジール プラスチックケージ プロトディスコ 文学者の恋文 ボーカロイドのうた Boku-Boku. 鏡音レンの暴走 カッターナイフ 彼方に舞うは桜の旋律 花瓶に触れた 紙ペラ人生攻略 ガランド 共犯者 金星のダンス 空想世界とオモチャの心臓 グレーゾーンにて。 hihiG a. せかいのはじまりのさいごのうた ミリオンダラードリーマー hihiG フラッシュバックアンビエンス グレーゾーンにて。

次の

ナナホシ管弦楽団

デりヘル 呼ん だら 君 が 来 た 歌詞 ひらがな

-- それじゃ D7 ちょっと N. 息抜きでもしましょう N. かって感じで チラシ Bb の番 Cadd9 号に D7 TEL---- --- D7 - ---- ---- た D7 また N. まドンピシャで気に入っ D7 た娘 N. -- 朝の D7 大阪 N. 今日はご機嫌どう N. ですか 上々? 中々 なかな Bb か の塩梅 Cadd9 あんばい D7 です---- --- D7 - ---- ---- 隣 D7 の部 N. 屋 喘 あえ ぐのは女子大 D7 生 N. ほら今 N. ---- ---- ---- せーのっ! ---- E. 君がいた N. 虚ろな目をして立ってたんだ N.

次の

【翻譯】【オリジナルMV】デリヘル呼んだら君が来た(XYZ arrange ver.) 中文歌詞 日文歌詞 中文翻譯 @ ☆ ♡*伊絲(イス)* ♡ ★ :: 痞客邦 ::

デりヘル 呼ん だら 君 が 来 た 歌詞 ひらがな

青峰と黒子が恋人の関係にあったのは一年足らずだった。 いつからか黒子からの愛情を重たく感じるようになり、適当な女に逃げて、別れた。 簡潔に言えばそういう話で、誰に意見を求めても悪いのは青峰だと糾弾されるだろう。 別に恋人の束縛が激しかったわけではない。 スマホをチェックされたり、飲み会を制限されることもなかった。 ただ、共同生活する中であらゆる価値基準を青峰の習慣に合わせてくれていたことに気付いたのが遅すぎたのだ。 冷蔵庫に常備するのは水出し麦茶。 黒子家では緑茶だった 朝は卵かけご飯。 黒子家ではトーストだった 石鹸類は固形。 黒子家では液体だった 寝室にテレビ。 黒子家ではリビングと祖母の部屋に一台ずつだった 青峰の慣れ親しんだ暮らしを最優先して、黒子の色が希薄な同棲生活だったことが徐々に明るみとなり、青峰は静かな衝撃を受けた。 もしかしたら黒子に我慢させていたことが他にも色々あったのではないか。 そう疑い始めると、自分ばかり大事にされて何もしてやれていないという罪悪感が事あるごとに肥大していった。 懐かしの中学時代、誰も頷かないかもしれないが、青峰と黒子はある程度対等の関係だと思っていた。 誰よりも息の合う連携が取れていた頃、青峰のゴール数と黒子のアシスト数はザックリ正比例の関係にあったので、互いに高め合っていける相棒として下に見るようなことはなかった。 黒子がいなくてもやっていけるだろうと陰口を叩く声はあったが、そんなものは自分にとって取るに足らない雑音に過ぎなかった。 確かに黒子がいなくてもやってはいける。 でも、居た方が数倍楽しくなるのだから居た方が良いに決まっている。 青峰にとってそれは当然すぎる思考回路だった。 しかし、僅かな歪みから歯車が狂って行くにつれて正比例の法則が成立しなくなった。 冗談でも対等の関係とは言えなくなり、青峰だけ二次関数のグラフのように急激な上り調子の弧を描いて黒子を置き去りにしてしまった。 そんな経験を経た青峰にとって、対等でいられなくなるということは一緒に居られなくなるのとイコールだった。 もしかしたら黒子は自分と付き合っていても良い事が無いのではないか。 恋愛という一対一の土俵の上で対等でいられなくなった気がした青峰は、黒子の底知れぬ愛の淵を覗き込んで尻尾を巻いて逃げ出したのだった。 そんなわけでここ最近、色事にはご無沙汰だった。 20代前半の健康な男子ともなればそれなりに性欲は湧く。 いつまでも右手が恋人の状態で満足できるはずもなかった。 とは言え、新たな恋人を作る意欲はてんで湧かないので、その道のプロにお相手願うことにした。 黄瀬なんかが知ったら「ビョーキ持ちだったらどうするんスか!?」などと騒ぎ立てそうだが、無気力気味に生きる青峰にはもはやどうでもいいことだった。 スマホで検索して一番上に出てきたデリヘルのサイトをタップし、早速品定めを始めたが、どうしても細身のショートカットに目が行った。 自分のアイデンティティである巨乳好きを凌駕する勢いで黒子似の女ばかりに視線が吸い寄せられるので、青峰はヤケクソのように色白のショートを選んだ。 最終候補に残った2人のうち、胸の大きい方をチョイスしたのはせめてもの抵抗のつもりだった。 1時間ほどで青峰の部屋に来客があった。 緊張の面持ちでドアを開けた青峰は、正面に立つ人物の大きく開いた胸元を見て言葉を失った。 「な、なんで、お前…性転換手術したのか?」 「キミの好みのタイプになって帰ってきました」 顔は黒子で胸だけ女という姿で現れたデリヘル嬢を前に、青峰は卒倒しそうになった。 フラついた青峰の腕に手をかけて「大丈夫ですか?」と尋ねてくる黒子の手首にリストカットの跡を発見した青峰は、今度こそ蒼白になって真後ろに倒れこんだ。 黒子は玄関で伸びる青峰にまたがると、いそいそと青峰のズボンを脱がしにかかった。 ようやく正気に戻った青峰は、上体を起こして黒子の暴走を止めにかかった。 「テメエ何するつもりだ!?」 「寝室まで運ぶのは大変なのでここでコトに及ぼうかと」 「ふざけんな!チェンジだ!」 「いつぞやの黄瀬くんみたいですね」 青峰にその気は無いと知った黒子は渋々帰って行った。 とんでもないデリヘル嬢の来訪から数日後、性欲を発散し損ねた青峰は再び別の店のサイトを覗いていた。 前回はスレンダーなタイプを選んで地雷を踏んだので、今回は年下で小柄な女をチョイスした。 そしてデリバリーされてきた相手を見た青峰は狐に化かされたような顔で呟いた。 「お前、どんな魔法を使ったんだ?」 「今回は小柄なタイプをご所望とのことだったので」 身長が15センチほど縮んだ黒子は平然と答えた。 「まあ身長は置いといて、年下を選んだはずだったんだけど」 「僕はまだ誕生日が来ていないのでキミより一つ年下です」 「そういうことかよ!?チクショー!チェンジだ!」 もうデリヘルはダメだと諦めた青峰はホテヘルの予約を取った。 指定されたラブホで待っていたのは、またもや見慣れた水色だった。 絶句して言葉が出ない青峰の前に、黒子は大きなトランクを広げて見せた。 中には女物の衣装や小道具が所狭しと詰め込まれており、ざっと見ただけでも制服・人妻・ナース・OL辺りには対応しているようだった。 「キミの好みのタイプは全部わかっています」 ドヤ顔で告げる黒子が小憎らしかった。 「ちなみに衣装を破るプレイはオプションになります」 「頼まねーよ!」 ベッドに腰掛けて頭を抱える青峰を見て、黒子は寂しそうな笑みを浮かべた。 「キミが僕に後ろめたい想いを抱いていたのは知っています。 そうさせてしまった僕が悪いです」 ーーでも僕はキミと一緒に居られるだけで本当に幸せだった。 黒子の独白に胸を衝かれた青峰がバッと顔を上げると、荷物をまとめた黒子がドアに手を掛けて薄っすらと微笑んだ。 「また来ますね」 「頼むからもう来んな!」 青峰は近い将来根負けする自分を想像して深いため息をついた。

次の