お薬ラボ 安全。 お薬なびは本物?偽物?信頼性と評判・口コミをチェック!

メンラボ(ヴィトックスα)の会社って安全なの?実際の評判は?

お薬ラボ 安全

本記事では、 海外医薬品通販サイトであるお薬ラボについてまとめていきます。 お薬ラボでは、日本では入手することが難しいさまざまな医薬品やサプリメントを購入することが出来ます。 「海外製の日本未認可の医薬品がほしい」 「毎月のクリニックや医薬品代金を低く抑えたい」 「自分のコンプレックス解消のために海外製医薬品が欲しい」 このような思いを抱いている方の期待に応えられるのがお薬ラボです。 後述するように、お薬ラボでは多くのユーザーを抱えています。 たくさんの人がお薬ラボから医薬品の個人輸入を行っています。 それだけ多くの人に愛されているということは、それだけ良質のサービスを提供しているからに他なりません。 多数ある個人輸入代行業者のなかには、悪徳業者もいます。 しかし、お薬ラボを使うにあたっては、そのような心配はいっさい不要となるでしょう。 お薬ラボで通販するのは危険?詐欺サイト? お薬ラボは、 日本では入手しづらい医薬品やサプリメントを扱う海外医薬品通販サイトです。 多くのユーザーは次のような目的で、海外医薬品通販サイトを利用します。 日本国内では未認可の海外製医薬品・サプリメントの購入• 日本だと処方せんが必須の医薬品の通販購入• クリニックでは少量しか処方されない医薬品のまとめ買い どれも非常に利便性が高いことですよね。 お薬ラボなどの海外医薬品通販サイトを上手く活用することで、日々の生活の質を上げることが出来ます。 ただ海外医薬品通販サイトを利用するにあたっては、何かと不安になるようなことがあるのも事実です。 「海外の業者なんて信頼できるのか?」 「悪徳業者に詐欺られてしまうのではないか?」 「粗悪品や偽物を掴まされてしまうのではないか?」 ただでさえ海外の業者との取引というのは緊張します。 それが健康に直結する医薬品・サプリメントならなおさらですよね。 以下、 お薬ラボの利用を悩んでいる方に参考になる情報をまとめていきます。 お薬ラボの口コミと評判は?信用できる? 日々、多くのユーザーがお薬ラボを利用しています。 そのため、ネット上にはお薬ラボに関する口コミや体験談が多数投稿されています。 本記事を執筆するにあたって、それらのユーザーの声を色々とチェックしてみました。 全体的な印象としては、 ユーザーの多くはお薬ラボに対して、ポジティブな感想を抱いているといったものです。 皆さん、望んだ医薬品などを無事に通販購入することが出来ているようですね。 「注文から2週間後に無事に商品が届きました」 「注文した医薬品に想像通りの効果がありました」 「クリニックで買うよりも出費を抑えられました」 お薬ラボに関する代表的な口コミは、このようなものです。 ネット上のユーザーの声から判断すると、 お薬ラボは信頼できる業者とみなすことが出来そうです。 「偽物を掴まされた」 「お金払ったのに商品が届かなかった」 このようなネガティブな意見は全く見当たりませんでした。 お薬ラボの注文方法は?振込み?クレジットカード? お薬ラボにおける支払い方法としては、次のようなものがあります。 銀行振込み• コンビニ決済• クレジットカード決済(MasterCard、JCB) ネット上の一部のサイトにおいては、「お薬ラボではクレジットカードの使用が出来なくなってしまった」となっています。 しかし、この記事の執筆時点においては、上記のブランドの クレジットカードでの決済は出来るようになっていました。 また、銀行振込みで商品代金をすると、サイト内で使用できるポイントを500点プレゼントするというキャンペーンが行われていました。 ポイントを上手く貯めることができれば、次回の購入においてポイント分だけ割り引いてもらうことができます。 特に支払い方法にこだわりがない場合は、 銀行振込みをおすすめします。 ちなみに、振込先は日本国内の決済代行業者になります。 海外送金などの必要はないので、安心しましょう。 お薬ラボの配送方法と即日通販 他の個人輸入代行業者と同様に、お薬ラボにおける商品の発送も海外で行われます。 公式サイトに記載されている情報によると、 インドやシンガポールからの発送が多いようですね。 ということは、お薬ラボから発送された商品は空輸となり、税関を通過しなければいけないということです。 お薬ラボの口コミや体験談をチェックしてみると、 注文後1週間から2週間ぐらいで商品が届くことが多いようですね。 ちなみに、お薬ラボのサイトには即日発送の記載はありませんでした。 つまりは、注文後にすぐに商品の発送が行われるわけではないということですね。 「1日でも早く海外医薬品通販サイトからの商品を配達して欲しい」 このような思いのある方は、他の業者で即日発送を徹底しているところをおすすめします。 お薬ラボの取扱商品 お薬ラボでは、他社同様に 非常に幅広い医薬品やサプリメントのラインナップを取り揃えています。 トップページに記載のある商品カテゴリを以下に挙げていきます。 ナイトライフ• 薄毛予防• 体臭改善• 日焼け止め• 美容スキンケア• 睡眠ケア• ダイエット• 二日酔い対策• 性病・HIV検査キット しかも、どのカテゴリにおけるアイテムも、街中のドラッグストアで購入できるようなありきたいりな商品ではありません。 海外では当然のように認められているが、 日本では出回っていない医薬品。 これがお薬ラボの商品のメインどころになります。 言うまでもなく、医薬品というのはサプリメントの何倍も効果が期待できるものです。 コンプレックス解消の強い気持ちがある場合は、お薬ラボにおいてそのコンプレックスに合った医薬品を購入してみるのもありかと思います。 体質にもよりますが、たいていの場合、段違いの効果を得ることが出来ます。 お薬ラボの特徴とまとめ お薬ラボの特徴としては、 ポイント還元などをはじめ、さまざまなキャンペーンを行っています。 この記事の執筆時点においては、「HAPPY TO YOUキャンペーン」として、梅雨の時期にぴったりなセット商品の販売などを行っています。 これらのキャンペーンを上手く活用することで、よりお得にお薬ラボで買い物をすることが出来ます。 工夫を凝らしたキャンペーンが行われているので、お薬ラボでのショッピングが楽しくなります。 つまりは、お薬ラボで買い物をする限りにおいては、偽造品や粗悪な商品に引っかかることはないということです。 このような保証を公式サイトに記載している点からも、 お薬ラボは信頼できる業者であると判断することができるかと思います。 サイトデザインも今風でスッキリしているので、ストレスなく商品を選び注文することが出来るでしょう。

次の

薬服用中のサロン脱毛はNG?常備薬や服用中の薬がある場合は?

お薬ラボ 安全

薬監証明とはなにか 「薬監証明」は「やっかんしょうめい」と読みます。 「日本国内で未承認・未認証の医療機器等を輸入する際に必要な証明」のことです。 もう少し詳しく確認すると、 「営業目的 他人への販売や授与等 ではなく、個人や医師によって治療に使用される、未だ日本国内で承認や認証等の手続きができていない医療機器等を日本国内に輸入する際に、通関等で必要な証明」 を意味しています。 平成26年11月25日に薬事法の一部が改正され、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」が施行されたことに伴い薬監証明が必要になったとされています。 薬監証明は通関する税関に合わせた厚生局で交付を依頼します。 書類に不備がなければ即日発行されます。 この薬監証明を取得する為の手続きを代行する業者も存在します。 自社製品用の原料として使用するものを輸入する場合 医療機器メーカー等が、自社製品の原料として使用するものを輸入する場合です。 2から6に関しては、個人というより法人や研究機関等が主体となって薬監証明を取得していることが確認できます。 なお薬監証明の申請に際しては、通関する税関によって申請先が変わります。 具体的には、次のように分かれています。 函館、東京、横浜税関で通関する場合は「関東信越厚生局」• 名古屋、大阪、神戸、門司、長崎税関で通関する場合は「近畿厚生局」• 沖縄地区税関で通関する場合は「九州厚生局沖縄麻薬取締支所」 ちなみに、厚生局自体は他にも「北海道厚生局」、「東北厚生局」、「東海北陸厚生局」、「中国四国厚生局」があります。 ただしこれらの厚生局では薬監証明の手続きを行っていない関係で、上述の関東信越厚生局や近畿厚生局、九州厚生局沖縄麻薬取締支所に申請する必要があります。 薬監証明が不要な場合 個人で体外診断用医薬品を利用する場合、1回で目的を達成できる分を輸入する分には薬監証明は必要ありません。 例えばある病気に罹っている人が、1度使用すると半年間は効果が続く医薬品を輸入する時は上記に該当します。 また複数回の使用が必要な製品については、その用法や用量等を考慮して2ヶ月分までの分について薬監証明は不要です。 このように製品やその用法、用量等によって数量が変わってくることから、具体的な数量を定めることができません。 薬監証明の要否について判断に迷ったら、自分で判断せずに然るべき機関に相談することが重要です。 薬監証明の手続き 薬監証明の手続きは、その人の立場や目的、提出先によって変わってきます。 ここでは、皆さんが関わる可能性が最も高い個人使用として関東信越厚生局で手続きする場合を見てみましょう。 まずは厚生労働省のホームページの「個人輸入において注意すべき医薬品等について」を確認します。 これは今回の輸入目的があくまで自身による使用のみであり、他人への販売や授与等には用いないということを理解してもらう為です。 続いて輸入後も随時上記情報を確認することを制約することや、用途に応じて必要な書類を関東信越厚生局に提出します。 書類に不備がなければ、薬監証明が発行されます。 これを税関に提示することにより必要な製品を輸入することができるのです。 これとは別で、郵送による取得方法もあります。 この場合は切手を貼った返信用封筒を添えて、該当の厚生局へ郵送します。 なお郵便法により日本郵便株式会社及び信書便事業者以外から「信書」に関する文書 薬監証明の申請書と許可証 を送付することはできません。 必ず日本郵便株式会社か信書便事業者を利用するよう、注意が必要です。 医薬品を個人輸入するには 医薬品を個人輸入する方法は概ね上記の手続きで問題ありません。 用量が少なければ、薬監証明が不要な場合があるのも先述の通りです。 ただし、必要な書類や手続きは「ア 個人使用の為に輸入」から「サ その他の輸入」まで分かれているので注意が必要です。 また個人使用の為に輸入したものを販売したり授与したりすることは厳禁です。 必ず用途を守った上で使用する必要があります。

次の

メンラボ(ヴィトックスα)の会社って安全なの?実際の評判は?

お薬ラボ 安全

薬を服用してのサロン脱毛は危険?その理由 脱毛サロンにいくと、必ず聞かれることがあります。 それは、「現在、何かお薬を飲んでいませんか?」という質問。 また「薬服用中の方はお断りする可能性があります」というような注意書きをみたことがあるかもしれません。 でも一見脱毛と服薬って直接的に関係がなさそうですよね。 なぜ、薬を服用していると脱毛を断られる可能性があるんでしょうか? 肌に赤みが出たり、炎症になってしまう場合がある 薬の種類によっては光脱毛の光に敏感に反応してしまい、赤みが出るだけでなく皮膚炎を引き起こす恐れがあります。 これを「光線過敏症」といいます。 また、薬との相性やその時の体調によって施術後の状態が左右される可能性があるので、注意しましょう。 体調が悪くなる可能性がある 薬を飲んでいるということから、体調が悪いのではないかと判断されることもあります。 常備薬やサプリの場合もあると思いますが、基本は健康な状態で施術を受けるようにしましょう。 もちろん、健康な状態でも服用しなければいけない薬であることを説明すれば問題ないケースもあります。 必ずカウンセリングの際に相談しましょう。 以上が主な理由です。 医師の診断のもと服薬可能なものもありますが、何よりも健康を害したり、脱毛効果が薄れる可能性があります。 「光線過敏症」とは? 皮膚が光に対して過敏になる病気を「光線過敏症」 といいます。 普段ならなんともない光でも、皮膚に当たるとかゆみや腫れ、水ぶくれが生じてしまう病気です。 この「光線過敏症」は薬の副作用によって光に過敏になることによって起こることがあります。 薬の副作用による光線過敏症のことを「薬剤性光線過敏症」と呼びます。 私達が知らないだけで「光線過敏症」の副作用をもつ薬はかなり多く、知らないうちに使っている可能性も高いのです。 病院、市販薬、ピル、漢方... どんな薬がNG? 病院で処方されたお薬やドラッグストアで購入した市販薬、ピルや漢方など、薬には様々な種類があります。 では、具体的にどんな薬がNGなのでしょうか?薬の種類ごとに解説します。 基本的にお手入れ前後の服薬はNG! 脱毛施術前後は、基本的にどの薬であっても「服薬NG」とされています。 光脱毛の照射は、直接人体に悪影響を及ぼすことはないといわれています。 しかし服薬中は体調や肌質が普段とは違うため、思わぬトラブルに発展する可能性があるのです。 薬を服用中の方は、カウンセリング時に必ずスタッフに伝えてください。 脱毛を開始してから薬を飲み始めた場合は、どのような種類の薬であっても服用を始めたことをスタッフに申告しましょう。 申告せず、服用したまま施術を続けると肌トラブルや体調の悪化につながるかもしれません。 「光線過敏症の副作用があるお薬」は施術NG 光線過敏症の副作用があるお薬は、脱毛施術によって副作用が表れやすいため服薬NGです。 光線過敏症の副作用があるお薬には、• 抗不安薬• 抗生物質• 経口抗真菌薬• 糖尿病治療薬• 血圧降下薬• 解熱消炎鎮痛薬 などがあります。 薬による光線過敏症の多くは、紫外線によって発症します。 脱毛サロンで使用する光脱毛には紫外線は含まれていませんが、光線過敏症が起こらないとは言い切れません。 そのため、光線過敏症の副作用のある薬を飲んでいる方への施術は基本的にお断りしています。 万一薬による光線過敏症が起こった場合は、他の薬に変えたり、服用を中止したりしなくてはいけません。 病気の治療のために飲んでいるはずなので、まずは脱毛よりも治療を優先しましょう! 「病院から処方された薬」は医師とサロンに相談 病院で処方された薬を飲んでいる場合は、自己判断せず医師とサロンに相談してください。 光線過敏症の副作用があるお薬は種類が多く、塗り薬や湿布などに含まれている場合もあります。 光線過敏症の副作用がないお薬でも、施術を受けることによって体調が悪くなったり、肌トラブルが起こったりするケースも考えられます。 医師が脱毛施術を許可しても、薬の種類や服用した時間によっては施術を断るサロンや、医師の同意書の提出を求めるサロンもあります。 医師の許可だけではなく、サロンのスタッフにも忘れずに申告してくださいね。 「市販薬」も自己判断での服用は危険! ドラッグストアや薬局で購入した市販薬も、自己判断での服用は控えてください。 市販薬は種類が多く、配合されている成分も様々です。 自己判断で服用して施術を続けるのは危険なのでやめましょう。 薬の種類や服用した時間によっては施術可能なサロンもあります。 市販薬を服用中の方は、サロンスタッフに個別に相談しましょう。 「痛み止め(鎮痛剤)」の服用もNG? 施術中の痛みを和らげるために、自己判断で痛み止めを服用するのは危険です。 痛み自体は軽減されるかもしれませんが、服薬には変わりありません。 光脱毛は、照射時に熱や痛みを感じることがあり、痛みに敏感な方はできるだけ痛みを抑えたいと思うかもしれません。 照射時の痛みに耐えられない場合はスタッフにその旨を伝えて、照射レベルを引き下げてもらってください。 脱毛ラボでは痛みの少ないSSC方式脱毛を行っており、痛み止めを飲まなくても痛みを抑えながらの施術が可能です。 痛みに敏感な方は、ぜひカウンセリング時にご相談ください。 また、知らずに痛み止めを服用してしまった!という場合も、なるべく早くスタッフに相談するようにしましょう。 「風邪薬」「花粉症の薬」服用中の脱毛は? 風邪薬や花粉症の薬には抗生物質が含まれているものもあります。 抗生物質には光線過敏症の副作用がある成分もあるため、自己判断で服用してしまうとトラブルにつながるかもしれません。 脱毛ラボでは、風邪薬や花粉症の薬も当日服用されている場合は施術をお受けいただけません。 服用を控えるか、症状がひどい場合は薬の服用を優先して施術をお休みしましょう。 「ピル」服用中の脱毛は? ピルは女性ホルモンの分泌を調整するお薬で、子宮内膜症や月経前症候群の治療や緩和に用いられます。 ピルには光線過敏症の副作用は確認されていないため、低用量であれば脱毛施術をOKしているサロンも多いです。 しかし、ピルの服用中はホルモンバランスが変化する可能性があり、肌荒れや色素沈着、体毛の変化といった症状が表れるケースもあります。 サロンによって医師の同意書を提出しなければいけないところもあるので、あらかじめ医師に確認すると良いでしょう。 「漢方薬」は薬にカウントされる?服用中の脱毛は? 漢方薬は、植物由来の生薬を使った薬なので化学物質配合の薬より副作用が少ないと言われています。 しかし、薬であることには変わりはなく、副作用がまったくないわけでもありません。 漢方を服用中の場合も、他の薬と同じく医師とサロンに確認してください。 病気の治療ではなく、体質改善のために服用しているケースなどは、服用中でも施術OKとなることもあります。 服用するなら前後何時間?サロン脱毛前後に薬を飲む場合の注意 脱毛の前後、どれくらいの感覚をあければ服用可能なのか気になるところですよね。 これに関しては、サロンによって様々です。 施術前6時間の服用は絶対NGというところもあれば、服用後24時間NG、さらに服用後48時間NGなんてサロンもあります。 逆に当日だけ服用しなければOKというサロンもあります。 服薬する薬・用途・症状によってことなりますので、サロンで相談したあとに医師や薬剤師に相談してみると良いでしょう。 脱毛ラボの場合は、当日お薬を服用されている場合は施術をお断りしております。 空ける期間はお薬の種類にもよりますが、基本的には市販薬は施術当日のみ服用を控えていただければ問題ありません。 処方薬の場合は、3日間ほど服用を控えていただいておりますが、詳しくはかかり付けのお医者様に確認いただくことをおすすめします。 常備薬がある場合はどうすればいいの? 女性の場合、常備薬がある方も多いですよね。 普段から服用していて何の問題もない常備薬であっても、脱毛施術に影響を及ぼしてしまうことがあります。 ちょっと熱っぽいときに飲む風邪薬も、生理痛や偏頭痛用の鎮痛剤も「いつも飲んでいるから大丈夫」 という自己判断は危険です! 安心、安全な脱毛のため、カウンセリングの際に服用中の薬や常備薬について伝えておくようにしましょう。 サロンのスタッフは脱毛に関してはプロですが医療資格を持っていない場合がほとんどです。 薬の名称だけでは判断できない場合もあるので、お薬手帳を持っていくといいかもしれませんね。 もしも施術当日に薬を飲んでしまったら? 施術当日に薬を飲んでしまった場合は、サロンに電話をして状況を説明し、施術を受けられるかどうかを確認しましょう。 薬の種類や量、サロンの方針によっては施術を受けられるかもしれませんが、施術NGとなった場合は予約を取り直す必要があります。 薬を飲んだことを隠して施術を受けると、かゆみや腫れ、水ぶくれなどの肌トラブルが起きたり、体調が悪くなったりするかもしれません。 せっかくツルスベ肌を目指して脱毛施術を受けているのに、肌荒れしてしまうと台無しです。 安全に施術を続けるためにも、薬の服用にはよく注意しましょう。 【まとめ】 服用している薬や常備薬がある方は、必ずカウンセリングの際に相談しましょう。 施術当日や前日に薬を服用しなければならない状態になったら、まずサロンに電話して予約を変更するのがベストです。 自己判断での服薬は危険ですよ! ピルなど服薬可能なものもありますが、脱毛に影響があることが多いので、体調を整え、服薬が終了してからにしましょう。

次の