健診 求人。 健診・ドックの医師求人一覧【Dr.転職なび】医師の転職/就職の募集など好条件や非公開求人多数!

東京都の健診・検診の看護師求人【コメディカルドットコム】

健診 求人

健診センターの求人ってどうやって探したらいいんだろう? 普通に病院勤務しかしたことないナースの方ですと健診センターの求人探しの仕方ってわかりませんよね? そんな方のために私の健診センターへの転職体験談がお役に立つと思います。 まずは自己紹介させて下さいネ。 わたしはこどもの頃に大好きだった「ナースのお仕事」に憧れて看護師を目指しました。 笑えるシーンも多かったのですが、しんみりしちゃうところもあって、わたしの人生を大きく変えたドラマだと思います。 相当落ち着いているときは、眠れます。 そりゃそうですよね、 人の命を預かるから相当神経使います・・・ 新卒はただでさえ未熟者。 看護師としての勉強はしてきていても、ここからです。 1年目は怒られる毎日。 2年目は1年目に追い越されないように必死。 3年目でリーダーもやり、仕事にも慣れてきたけど、疲れが・・・ 4年目に入り自分の人生を真剣に考えるようになりました。 お給料はもらえるけど、前残業、後残業、サービス残業の毎日で割に合わない気が・・・。 しかも、 お金はあっても休みがあんまりないからプライベートもない。 何度も泣いて、何度も辞めようと思ったけど、「ここで辞めたら何もならない!!」と自分に言い聞かせて頑張りました。 でも、丸3年働いて、「これ、定年までは絶対無理!」本気でそう考えるようになりました。 周りを見渡すと、一番のお姉さんでも30代後半。 師長さんは50代でしたけど、わたしたち以上に大変そう・・・ 「ここでずっと働くっていうことは、定年まで夜勤して、ピリピリしながらバタバタと働くのか・・・」 と思ったとき、 「3年は頑張ったし、辞めよう・・・」と決めました。 このときのわたしは、心は疲弊し、身体もボロボロ。 足のむくみは半端なく、お肌も吹き出物やらでひどい状態でした。 そして、病んでいたのでしょう。 夜勤明けは、ひたすら部屋にこもって電気もつけずに毛布にくるまりながら、DVDを見ては号泣するのが日課でした(笑) 多分、この病棟が特にひどかったんだとは思いますが、わたしにはもう無理でした。 転職サイトとの出会い 「でもなぁ、辞めたところであてもないしなぁ」なんて思いながら、現実逃避のDVDを検索していたとき、「看護師転職サイト」が目につきました。 「え、なになに?看護師の転職。 ララさんのお電話でお間違いないでしょうか?」 ララ「はい、そうです(割と早く電話かかってくるんだなぁ。 大丈夫かなぁ、緊張するなぁ)」 担当者さん「この度はご登録いただきありがとうございます。 早速ですが、ご登録内容を拝見させていただきました。 今、お時間よろしいでしょうか?差し支えなければ、現在の状況を教えていただけませんか?」 ララ「ええーっと、時間は大丈夫です。 んっと、今、呼吸器科の病棟で働いてるんですけど、身体的にもしんどくて、辞めようと思ってるんですよね。 いい病院あればなぁと思って・・・」 担当者さん「そうなんですね、具体的に何がおつらいですか?」 ララ「んー・・・やっぱり、夜勤ですかね。 本当に身体がつらくて・・・」 担当者さん「夜勤がおつらいんですね。 夜勤がないところだと、クリニックや日勤のみの病棟もありますが、興味がある分野ってありますか?」 ララ「そうですね、正直病棟は夜勤がなくてもちょっと離れたいんです。 かといって、外来も忙しいところを目にしていますから、そういう病院じゃない方がいいんですけど」 担当者さん「そうなんですね、少し余裕を持って働きたいということなのでしょうか。 病棟や外来の他には、訪問看護や施設、健診センターもありますが、そのようなところはどうですか?」 ララ「健診センター??(何それ?)」 担当者さん「健診センターは、健康な人を対象にしているので、何というんでしょう、『介護が苦手」『高齢者が苦手」という方にも良いですし、夜勤はありません。 ただ、お給料の面でいうと、今の夜勤の分は下がってしまうかもしれません』 ララ「そんな働き方があるんですね。 給料は下がってもいいです。 ちなみに、健診センターってどういうことをするんですか?」 担当者さん「仕事内容は、採血だったり、身体計測だったり検査が中心です。 ララさんは、採血など注射業務には抵抗ありませんか?」 ララ「注射今もやってるし、結構好きなので問題ないです!もし求人があったら教えてください!!」 ということで、健診センターに興味を持ったわたしは求人を探してもらうことになりました。 他にも条件として、 私がお世話になったのはこの3つ。 しかも、マイナビ看護師では実際に働いている看護師から現場の声を集め、包み隠さず教えてくれます。 良い面も悪い面も教えてくれるということは、それだけ自分に合った職場を探しやすい!自信をもっておすすめできる転職サイトです。 ナース人材バンク ナース人材バンクの良いところは、 とことん「どうしていきたいか」に沿った求人を探してくれるところだと感じました。 親身になって一緒に考えてくれるので、辞めてどうしようか考えていたわたしにとって、話すだけで方向性が見えてきたのが良かったです。 例えば、病院への細かい行き方をはじめ、詳しい仕事内容、今働いている人の声、今まで採用された方の特徴など! 最新の求人情報を提供してくれるだけではなく、気になる病院などには問い合わせてくれるので、是非 味方につけておきたい転職サイトです!! 実際の転職体験談• 何と言って辞めるのがベストか• 転職先の採用時サポート• 転職先との兼ね合い• 健診センターってどんなところ? 【悪いところ】 ・たくさんの人を相手にする ・最新の医療情報は入ってきにくい(病棟じゃないので) また、 良くも悪くも多職種と関わる機会が多いのも健診センターの特徴です。 読影の医師、胃カメラの医師、放射線技師、検査技師など、病棟よりも多職種と関わります。 病棟のように患者さんひとりひとりと深く付き合う時間はありませんが、 短い時間の中でご自分の健康に目を向けて、より健康に過ごしていただけるよう支援するということにやりがいを感じる仕事です。 わたしのように病棟でボロボロになっても、新しい職場(健診センター)で活き活きと看護師として働いている人もいます。 つらい思いをしている看護師へ、少しでもこの情報が役立ちますように。

次の

健診センターの求人特集【※人気の健診センターで働こう!】

健診 求人

勤務地 保有資格• 正看護師• 保健師• 助産師• 准看護師 勤務形態• 日勤(常勤)• 3交代(常勤)• 2交代(常勤)• 夜勤専従• 非常勤• 夜勤あり(常勤) 募集部署• 一般病棟• 緩和ケア病棟• 手術室• 回復期リハビリテーション病棟• 救急外来• 訪問看護• デイサービス• 訪問診療• 産業保健師• 内視鏡 施設形態• 1次救急指定病院• 2次救急指定病院• 3次救急指定病院• リハビリ病院• 健診センター• 保育園• コールセンター• 療養病院• 精神病院• 介護施設• 救急指定なし一般病院• 一般企業• 医院・クリニック•

次の

健診機関の医療事務求人・転職・募集

健診 求人

健診センターの求人特集!転職動向と求人の探し方は?• 医師や看護師から人気の職場として健診センターがあります。 健診センターは、健康診断や検査をするところであり、予防医学が重要視されてきている現代において、医療の中心にもなってきています。 そのため、多くのスタッフの求人を出していくことも考えられ、将来性は非常に明るいと言えるでしょう。 健診センターならではの専門的な知識や、経験も蓄積していくことができるので、医療人としてのスキルアップにもつながっていきます。 そんな 健診センターの求人を探していく時に利用できるのが、各職に対する求人サイトです。 医師の場合は「医師転職ドットコム」であり、看護師や保健師の場合には「ナースフル」となります。 また「リクルートエージェント」では、健診センターの事務や受付などの情報を保有しているので、医療系専門職以外の人でも可能性があります。 人気の健診センターの求人を探すなら、転職エージェントを活用しよう! 健診センターの求人情報というのは人気があり、時期や地域によっては、健診センターの情報がたくさんあったとしても、就職できるとは限らない状況となります。 応募する人は多くなればなるほど、自分が採用される可能性というのは低くなってしまう傾向があります。 そのため、他の人とは違う情報を集めておくことや、自分の武器を持っておくことが必要になるのです。 しかし、一般的な情報だけであると、情報で差をつけることは難しく、他の人よりも有利になることは難しいと言えるでしょう。 このような時に利用しておくと良いのが、求人サイト、転職エージェントというものになります。 このようなサイトを利用していくことで、就職や転職に関してのプロとしっかりと話をしていくことができ、通常では見られないような情報を見ていくこともできます。 健診センターについても数多くの情報を持っているので、一般的には公開されていない情報を見ることもできるでしょう。 他の人と情報の差をつけておきたい場合に非常に便利になります。 また求人サイトを利用する人が増えてしまっても、一箇所に全ての人が集まってしまうことはありません。 健診センターの情報が多くあるということは、それだけ、人が分散する可能性があり、一つ一つの求人先への応募が減っていくことも考えられるでしょう。 自然と自分の採用される可能性というがあがっていくことになります。 職業ごとに利用するサイト、エージェントというのは違ってきます。 特に専門性の高い職業は、その職業独自のサイト、エージェントが存在するものです。 医師は医師転職ドットコムであり、看護師は、ナースフルということになります。 残念ながら、事務や受付という場合、専門的なサイト、エージェントというのはありませんが、リクルートエージェントという場所を利用していくことで、健診センターに関する特別な情報や、有力な情報を入手できる可能性があります。 求人情報を探していく時に、こだわりの条件があったり、何か、しっかりと調べておきたいものがある場合も、求人サイト、エージェントというのは利用できるものです。 こだわり、調査して欲しい点を、専任のスタッフに伝えていくことで、最大限それを調査してくれることもあります。 有効活用していくことで、魅力的な転職活動につなげていくことができるでしょう。 人気の高い健診センターへ就職するためには、様々な努力が必要となります。 求人サイト、エージェントもそのうちの1つと言えます。

次の