手湿疹 市販薬 最強。 手湿疹に効果的だった市販薬の紹介

手荒れや手湿疹にオススメの市販薬と処方薬

手湿疹 市販薬 最強

安くても効く水虫薬 外用薬に目を転じると、名医たちは切り傷や肩こり、眼精疲労に備えてこんな薬を常備していた。 「普通の絆創膏よりも少し値段は高いですが、バンドエイド キズパワーパッド(ジョンソン・エンド・ジョンソン)はおすすめです。 傷口を水で洗ってから、すぐに貼るときれいに治りますし、剥がすときに痛みもありません」(康心会汐見台病院院長・赤池信医師) 「仕事柄、肩が凝るので、貼り薬も常備しています。 筋肉が疲労すると、細胞膜内の酵素が連鎖反応して炎症を起こし、プロスタグランジンという刺激物質が発生して、これが痛みの元になります。 この物質の発生を抑えれば、痛みは治まるわけです。 仕事柄なのか、目の疲労をよく感じるので、すぐに目薬をさせるよう常備しています」(川崎医科大学泌尿器科教授・永井敦医師) この目薬には、目の疲れを緩和するとともに、角膜を保護し、炎症を抑える12成分が配合されており、眼病予防にも効果があるという。 梅雨時に急増する水虫には、こまめに薬を塗ることで対応したい。 「水虫になったときに、市販の水虫薬ラミシールATクリーム(グラクソ・スミスクライン)で治しました。 水虫薬には2000円を超える高価な市販薬もありますが、実は1000円程度の安いものと成分は変わらない。 これを半年ほど塗って治りましたが、その後の1年も症状がないのに継続して塗っていましたね。 治ったからといってすぐに塗るのをやめると、再発することもあるので気をつけてください」(前出・北條医師) これからは蚊の季節。 虫さされや火傷、湿疹など幅広い皮膚のトラブルに使えるのが、リンデロンVG軟膏だ。 これとほぼ同じものが、ベトネベートN軟膏AS(第一三共ヘルスケア)という商品名で市販されている。 「この薬にはステロイド剤のベタメゾンが配合されていて効き目が高い。 ステロイドは長期にわたって使用すると、副作用がありますが、早めに使うことで、逆に使用期間を少なくすることもできます。 ただし、1週間使用しても改善傾向がない場合は、皮膚科に相談してください。 虫さされを避けるには天使のスキンベープジェル プレミアム(フマキラー)がいい。 これは乳幼児から高齢者まで、一日に何度も使用することができ、虫よけ効果に定評もあるイカリジンが配合されていて、安心して使用することができます」(前出・常喜医師).

次の

【皮膚科医監修】ステロイド市販塗り薬の種類・特徴と症状別使い分け

手湿疹 市販薬 最強

市販薬でステロイド 強い strong を配合した塗り薬でおすすめなのが、 ロート製薬のメディクイック と 第一三共のベトネベートです。 メディクイックにはプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルを配合、ベトネベートにはベタメタゾン吉草酸エステルが配合されており、共にステロイドの強さは 強い(strong)に位置づけられています。 共に軟膏とクリームタイプがあり、クリーム自体は白色をしていて、塗ったあともサラッとして肌になじんで使いやすいのですが、効果の持続が軟膏に比べると劣ります。 軟膏タイプは透明な色で肌に馴染むというよりもテカテカしていて肌の上に留まり続ける感じです。 軟膏の方が水にも強く、一度塗ると長く患部に留まります。 これは好みで選んでください。 わたしも常に大量に携帯していたので同僚に「女子かっ!」といじられました。 手湿疹を患っていると絆創膏を沢山使うのでドラッグストアの100枚入りで100円程度の物を使用していましたが、これがまさに安物買いの銭失いでした。 貼っても粘着力が弱く、直ぐに剥がれてくるので役に立たず、ほとんど使わずゴミ箱行きとなりました。 逆にコスパがとても高く、一番重宝したのはニチバンさんが出している絆創膏のケアリーブです。 値段はそれなりですがコイツはとにかく剥がれない! 指の間や間接、手首など可動部に貼っても剥がれないし、風呂に入っても剥がれません。 私は最高4日間貼りっ放しにしていました。 流石に汚いので貼り替えましたがまだまだいける感じでした。 しかも色合いが肌の色と絶妙なので何と言っても貼ってても目立ちません! これがとても大事な事で、起きらかに絆創膏を貼ってる事が分かると、手が痛々しく見えますよね。 ケアリーブは貼っても目立たないのでとても重宝します。 サイズもMやLLや更に大きなものまで種類も豊富なので様々な患部に適用可能です。 使用方法は、患部に強めのステロイドを塗って、その上にケアリーブを貼って保護すると、ジュクジュクした手湿疹も1日でほぼ収まる程効果的です。 乳白色の3つの成分(シリコン・フッ素・PVP)が、超微粒子の形で角質に入って保護膜を作り、塗ることによって、水、お湯、洗剤、消毒液、油、インクなどの汚れや臭い、又は乾燥から指先・手を程してくれます。 しかも、少しくらい手を洗ったりしても取れることも無く、しっかり水をはじいてくれます。 尚且つ持続性も高いので、炊事用ゴム手袋はめて炊事をしたくない方や、ダンボールなどの手の油分を吸い取る物を触る仕事をしてる人にもお勧めです。 寝る前にハンドクリームを付けて、その上にこのハンドバリアプロを塗るとハンドクリーム自体も保護してくれます。 ハンドバリアプロ自体も乳白色で伸びも良く塗り込めば直ぐにサラッとしてますし、 塗った後も手がコーティングされた感じもします。 すこし高いですが普通のハンドクリームとしての代用もオススメ出来ます。 しかし精製純度が高いワセリンの場合は、不純物が入っていないのでべたつきが抑えられてるように感じます。 ワセリンの中でも一番精製純度が高いのがサンホワイトのワセリンです。 そもそもワセリンの原材料は石油です。 その石油を精製してできたのがワセリンになります。 体に無害なワセリンが石油から出来てるとは以外じゃないでしょうか? まず石油を精製するとガソリンや灯油が出来ます。 その時に排出された不純物の中に ペトロラタムゼリー という成分が含まれています。 このペトロラタムゼリーの中の不純物を更に取り除いたものがワセリンとなります。 この不純物の含有量でワセリンの種類が変わっているのです。 不純物が多い場合はワセリンの色にも影響し、少し黄色くなっていて、通称黄色ワセリンと呼ばれています。 価格も比較的安めです。 黄色ワセリンの不純物を更に取り除き、精製純度を高めたのがホワイトワセリンと言われます。 精製純度を高めているので黄色ワセリンより値段も高めになります。 黄色ワセリンでも問題は無いのですが、身体に使用するものはやはりより純度の高いものが良いでしょう。 夜寝る前にはハンドクリームを塗って、その上にハンドバリヤプロや、ホワイトワセリンを塗って保護し、更に綿の手袋をはめて寝ると効果的です。 私は最初タクシーの運転手さんが使ってるような白い綿の手袋をはめて寝ていました。 ここで問題なのが、私は寝る時のスマホで本を読んだり動画を見たりします。 しかしこの綿の手袋はスマホのタッチパネルに対応していないのでスマホの操作が出来ません これが寝ながらスマホの私にはとても不便でした。 そこで保湿手袋でスマホ対応の物を探した時に出てきたのが ヘンプ おやすみ手袋 スマートフォン スマホ 対応 です。 これはスマホに対応してるので手袋したままでもスマホの操作が可能な商品です。 この手袋のおかげで保湿しながら寝ながらスマホが出来るようになりました。 ものによっては併用する事で、より高い効果も生むことが可能になります。 ただしこれらの物はあくまでも対処療法にしかすぎませんし、手湿疹は再発させないことが重要です。 再発させない為には手湿疹の原因である元を断たないと本当の治療にはなりません。 私は15年の間、治っては再発を繰り返すしつこい手湿疹に悩まされ続けてきましたが治療の方法を切り替えたことで現在は手湿疹を発症していません。 手湿疹の発症から改善までの軌道を書きつづっているので同じ悩みを抱えてる方は参考にしてみてください。

次の

【リンデロンVGは市販で買える!?】かゆみ止めで最強の市販薬

手湿疹 市販薬 最強

身近な湿疹・かぶれなどの手当てには、抗炎症作用のある塗り薬がよく用いられます。 抗炎症薬には大きく分けて、 ステロイド系抗炎症薬と 非ステロイド系抗炎症薬があります。 一般的にステロイドの方が速やかに効果を発揮しやすく強い抗炎症効果を示しますが、感染が原因の場合には使えないことや、長期の連用、広範囲への使用には注意が必要などの制限があります。 非ステロイドは、ステロイドのように広範囲への使用や長期使用への制限がなく、感染部位にも使用できるなどのメリットがありますが、効果がマイルドなので一般的には軽症の場合に使用します。 ステロイドというと副作用が強いというイメージから使用を怖がる人もいますが、弱い薬を使用してなかなか治らず悪化したり跡が残ったりする場合もありますので、原因がはっきりしている場合には、ステロイドを使用した方が安全で確実に治療できることも多いのです。 ステロイドは作用の強さによって ウィーク(弱い)から ストロンゲスト(最も強い)の5段階に分類されます。 症状や使用部位に応じて適切な強さのステロイド薬を選ぶことが完治への近道です。 副作用を恐れ、重い症状なのに弱いステロイドを使用すると症状の悪化や慢性化を招いてしまうことがあります。 OTC医薬品には、ウィークからストロングまで3タイプの薬があり、ベリーストロングとストロンゲストの成分は市販されていません。 一般的には大人はストロング、子供にはウィークかマイルドを選択します。 また、顔や陰部などのデリケートな部位にはウィークを選んでください。 OTC医薬品は軽度の皮膚炎の治療に適しているため、症状が重い場合は医師の診察を受けましょう。 また、原因不明の湿疹等にステロイドを使用すると悪化させることがありますので、原因がハッキリしている場合に限って使用してください。 効果の強さ 成分名 ストロンゲスト(最も強い) 市販薬なし ベリーストロング(非常に強い) 市販薬なし ストロング(強い) ベタメタゾン吉草酸エステル、 フルオシノロンアセトニド マイルド(おだやか) プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル、 ヒドロコルチゾン酪酸エステル、デキサメタゾン ウィーク(弱い) プレドニゾロン ステロイドと言うと、「一度使うとやめられなくなる」、「体に蓄積する」、「皮膚が薄くなる」などのマイナスイメージを挙げる人がいますが、用法を守って正しく使用すれば決して怖い薬ではありません。 長期に渡って大量に使用すると副作用の心配も出てきますが、用量・用法を守っているのに副作用が現れることはめったにありません。 また、塗り薬の使用で体に蓄積したり全身的な副作用が出ることもありません。 ステロイド外用剤は患部だけに使用します。 患部以外には使用しないでください。 予防的に使用するのも良くありません。 使用回数は、1日2~3回、清潔な患部に薄く伸ばすようにして塗ります。 ゴシゴシと擦り込むのは皮膚への刺激になるため良くありません。 保湿剤と併用する場合には、保湿剤を塗った上から患部にだけ塗るようにします。 患部をかき壊している場合には、薬を薄くのばしたガーゼで覆う方法が適しています。 使用量は多すぎても少なすぎても効果が薄れるので、必ず適量を使いましょう。 一般的に使用量の目安とされているのが「フィンガーチップユニット」といわれているもので、これは、大人の手のひら2枚分の広さの患部に対して、大人の人差し指の第一関節の長さくらい(約0. 5グラム)の薬の使用が適しているという指針です。 湿疹や皮膚炎にかゆみはつきものです。 かき壊してしまうとジュクジュクしてきたり、水ぶくれができたり、白いウミが出てきたりすることがあります。 皮膚には本来バリア機能があって細菌が繁殖しにくくなっていますが、かき壊すことで欠損した表皮から細菌が入り込んで繁殖し化膿してしまうのです。 化膿した皮膚では更なる炎症が起こり、症状が悪化してしまう恐れがあります。 このような場合には炎症の根本に作用するステロイド薬できちんと炎症を抑えることが必要ですが、前述したようにステロイドには免疫抑制作用があるので、細菌と戦う生体の免疫を抑制してしまい逆に細菌の繁殖を助けてしまう心配もあります。 従って、化膿している場合には、細菌の増殖を防ぐ働きのある抗生物質が配合されたステロイド薬が有効です。 抗生物質配合のステロイド外用剤の使用方法も通常のステロイド外用剤と同じです。 免疫抑制作用がなく作用もマイルドなので顔、唇や陰部などのデリケートな部分にも安心して使え、赤ちゃんのおむつかぶれや、よだれかぶれなどに繁用されています。 デリケートな部分や小さなお子さんにステロイド外用剤を使用する場合には、できるだけ使用期間を短くすることが望ましいので、症状が改善してきたら非ステロイド剤に切り替える使い方もあります。 ただし、細菌を抑制する効果はないため、化膿性の皮膚炎に用いることはできません。 非ステロイドの外用剤には痒み止め効果のある抗ヒスタミン薬や局所麻酔薬などと配合されていることが多いので、痒みなどの症状もすばやく鎮めてくれます。 使用回数や期間もステロイドほど気を使う必要がありませんが、ごく稀に薬の使用で接触皮膚炎を起こすことがあります。 塗布直後の一過性の軽い刺激感や熱感は心配いりませんが、症状が続くようなら使用を中止してください。

次の