僕 は 明日 昨日 の きみ と デート する 感想。 圧倒的青春感動作!!映画「僕は明日、昨日の君とデートする」の感想、評判まとめ

【ネタバレ】映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』感想と図解

僕 は 明日 昨日 の きみ と デート する 感想

どうもぺっぽです。 今回は、2016年12月17日に公開された映画「僕は明日、昨日の君とデートする」を見たのでその感想や評判についてまとめてみました!! 引用元: 原作は、発行部数が160万部を越える大ヒットとなっているさんの同名小説「」です。 引用元: また、この原作小説はWEBサイト「読者メーター」のお勧め恋愛小説部門で長期にわたって1位を取り続けたことが話題になっています。 この再タッグが、物語の舞台である京都の風光明媚な景色の中で、20歳のかけがえのない一瞬一瞬をみずみずしく映し出します。 予告映像 あかん、、、一回観ると予告でも泣きそう、、、笑 back number版 予告映像 主題歌back numberは反則やろ、、、 あらすじ 京都のに通う20歳の学生・南山高寿()は、いつものように大学まで向かう電車の中で出会った女性・福寿愛美()を一目見た瞬間、恋に落ちた。 彼女のこの時の涙の理由を知る由もない高寿だったが、不器用な自分を受け入れてくれる愛美にますます惹かれてゆく。 そして、親友・上山()からの後押しもあり、初めてのデートで告白をして、見事OKをもらい交際をスタートさせる。 初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う、そんな初めてのことがあるたびに泣く愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」 初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像もできなかった大きな秘密を明かされる…。 ーが夢。 福寿愛美: 美容の専門学校に通っている。 携帯電話をもっておらず門限は24時。 実は重大な秘密が、、、。 上山正一: 南山高寿と同じに通う親友。 高寿に恋のアドをしたり、臆病な彼の背中を押す。 評判 「僕は明日、昨日の君とデートする」 原作読んでたから、出だしで泣けた。 映像もきれいだったし、知ってる場所を見るのも楽しかった。 京都行きたくなったわ。 原作読み返そう。 — くり子 7katc6gD5Yt75vu 僕は明日昨日の君とデートする という映画をいまさらながらみてみたら、超名作でした。 男心をえぐってくる、とても緻密に作られた映画。 ただのラブストーリーじゃない。 素晴らしい作品です! — ZUMA@雑魚の頂点 zumarketing プライムにて、 僕は明日、昨日の君とデートする 鑑賞。 原作はかなり前に読んだ記憶があるが、映画では何度も泣いた。 二人の気持ちがどんどん突き刺さる。 これで涙が出ない人いるのかなと思う程の出来でした。 DVD買って何回も見返そうと思います。 、昨日の君とデートする — Yu Yu 読書垢 YuYu60412662 みなさん、映画の出だしから何度も感動して泣いていたことをコメントしていますね笑 実は私は、始めは恋愛映画か、、、と思ってスルーしようかと考えていたのですが、、、 (笑)、、、やはり見てしまいました。 結果、終始号泣でしたね笑笑 映画前半の2人の楽しい日々を見せられると、後半の展開は泣かずにはいられないと思います笑 私は、映画のラストで最初のシーンに戻るのですが、そこから主題歌が流れ始めたところではもう既に泣きすぎて涙腺が枯れてました笑 彼女の謎が明かされたとき、その謎を知ったことによって初めて気づいた彼女の「 想い」。 不審に思えた行動にもすべて意味がありました。 この供述トリックの種明かしを見たときは、もう1度見たくなりますね。

次の

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

僕 は 明日 昨日 の きみ と デート する 感想

ようこそ! 七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」 内容は京都を舞台にした恋人たちの恋愛モノ……と見せかけて 最後にはまさかの真実が明かされてビックリ! 原作小説もそうですが、映画版も「2回目」の観賞が必須の話題作になりそうな予感です。 また「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」というタイトルはそのまま最後に明かされるトリックのネタバレになっています。 しかし、よほどのSF通ではない限り、この作品のネタバレ部分を途中で見抜くことはできないでしょう。 というか、実際に原作を読んでみた後でもネタバレ部分のトリックを整理するのには一苦労するかも…。 というわけで今回はちょっと謎解きが難しい映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のネタバレ解説です! Contents• あらすじ 主人公・南山高寿は真面目な性格の美大生。 20歳。 ある日、高寿は電車で出会った女の子に一目惚れをする。 ただならない衝動に突き動かされ、高寿は予定外の駅で降り、彼女に声をかける。 いきなりのことにビックリしていたようだが、彼女は高寿を受け入れてしばらく一緒に過ごす。 別れ際に高寿が「また会える?」と聞くと、彼女はなぜか急に泣き出して「会えるよ」と答え去っていったのだった。 彼女の名前は福寿愛美。 20歳。 その後、高寿は愛美に告白し2人は恋人同士になった。 それから2人は仲良くデートを繰り返し、恋人としての幸せな日々を積み重ねる。 ただ、愛美には少し変わったところがあった。 愛美は感動屋というのか、ふとした瞬間によく涙ぐむ。 それに、愛美はときどき未来予知をしているかのように物事を言い当ていることがあった。 しかし、それは高寿にとってはささいな問題にすぎなかった。 ある日、高寿が愛美のメモ帳の中身を見てしまうまでは…。 運命的に出会って結ばれた恋人たちが迎える結末は、非日常の要素が加わることにより、このうえなく切ない「別れ」となりました。 では、映画2周目を観ざるを得ないトリック… 「愛美の秘密」の正体とは? 以下、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の核心に迫るネタバレ解説です! ネタバレ解説 まず、前提として「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」はファンタジー作品です。 そして、愛美の正体を一言でネタバレすれば 「パラレル世界の住人」という説明がわかりやすいでしょう。 愛美は高寿とは別の世界 (パラレル世界)の住人であり、いわば「世界間旅行」によって高寿の世界に訪れている存在です。 この「世界観旅行」に関するルールは以下の通り。 期間は40日まで• 1度旅行すると、次に旅行できるようになるのは5年後• この点が最も複雑なので、もう少し詳しく解説しますね。 時間軸の解説 2つの世界の住人は、どちらも赤ん坊として生まれ老人になっていきます。 しかし、 お互いがお互いの世界を観測する時には「どんどん若返っていく」ように見えるのです。 例えば、すれ違う電車はそれぞれ「前進」していますが、どちらか一方から観察すれば相手は「後ろに向かっている」ように見えますよね。 だいたいそんな感じです。 高寿と愛美に焦点を当てれば、2人の年齢が重なるのは作中の年次である2010年の時だけ (2人とも20歳) この時間を境に2人の年齢差は徐々に離れていくこととなり• 愛美が5歳の時、高寿は35歳• 高寿が5歳の時、愛美は35歳 という関係性になるのです。 そして、ここからがまた重要なポイントなのですが、高寿の世界に来た愛美の時間はちょっと特殊な進み方をします。 ちょっと図にしてみましょう。 まずは普通の (高寿の)時間の進み方。 しかし、かといって愛美は世界が逆再生に見えているというわけではありません。 愛美は高寿と同じ時間の流れを体験していますが、 午前0時になると昨日(正確には一昨日)に戻ってしまうのです。 つまり、高寿 (と読者)にとって「最後の日」は愛美にとっての「最初の日」 高寿 (と読者)にとって「愛美と出会った日」は、愛美にとって「高寿と最後に過ごせる日」 付け加えれば、高寿 (と読者)によって最初のキスは、愛美にとって「最後のキス」になるわけです。 高寿 (と読者)は「どんどん愛美と親密になっていく」と感じていますが、愛美は逆に 「ラブラブだった高寿がどんどん他人に戻っていく」と感じています。 この時間の流れによって• 愛美が涙もろい理由• 愛美が未来予知できる理由 が説明されますね。 しかし、ここまでの説明でわからないことが1つあります。 それは 「愛美はなぜ最初から高寿に惚れていたのか?」という点。 愛美にとっては「コチラの世界に来た日」こそ「ラブラブな高寿との別れの日」です。 つまり、愛美は最初から「高寿と恋人としての40日間」を過ごすことが目的だったわけですが…これはどうして? 時を超えた関係性 実は、愛美が「コチラの世界」に来たのはこれが初めてではありません。 愛美が5歳の頃、つまり2025年にも愛美は家族でコチラの世界に旅行に来ていました。 しかし、不幸にもその時、ある爆発事故が起こって愛美はピンチに! その危機から愛美を救ったのは、誰であろう高寿(35歳)だったのです。 これが、愛美が最初から高寿のことが好きだった理由。 そして今度は愛美が35歳の時、愛美は5歳だった高寿を救うことになります。 1995年の震災 (阪神・淡路大震災) 高寿は物語の中で「震災の時、知らないおばちゃんに助けられた」と回想していますが、これは愛美のことですね。 では次は「メモ帳」の正体について! メモ帳の正体は? 高寿が見てしまったメモ帳の中には 「一緒に過ごす40日間の出来事」がメモしてありました。 高寿にとっては未来日記みたいに見えたことでしょう。 一方、愛美にとってはこのメモ帳は「一緒の日々を過ごす」ための最重要アイテム。 考えてもみてください。 愛美が来た日 (高寿にとっては最後の日)、高寿は40日間の思い出を胸に話すでしょうが、本来来たばっかりの愛美にはちんぷんかんぷんなはずです。 愛美が高寿の時間に合わせて話すためには、未来 (高寿にとっての過去)を知っておく必要があります。 愛美にとってこのメモ帳は「脚本」であったわけです。 物語の終盤、真実を知った高寿は愛美と一緒に「脚本通りに」行動することに決めます。 ささいなことでタイムパラドックスを起こし、2人の出会いを変えてしまわないように…。 では、なぜ愛美が脚本を持っていたかというと、25歳の高寿から教えてもらっていたと考えてればつじつまが合いますね。 真の結末 高寿の時間での結末は、40日後の別れ。 一目ぼれして、デートして、真実を知って…そうして訪れた結末です。 一方、視点を愛美に移すと、もう1つの結末が見えてきます。 それは物語の始まりの日。 ラブラブだった恋人がだんだん他人になっていって、そして結末では恋人からこう聞かれるのです。 「また会える?」 しかし、愛美にとってはそれが最後の日なのです。 それでも愛美は涙を目に湛えてこう答えます。 「また明日!」 まとめ 今回は「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のネタバレ解説をお届けしました! 青春恋愛小説のようでいて、その実はSF要素が前提となっているファンタジー作品。 真実がわかってからの切なさは本当に胸を打ちます。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 U-NEXTなら初回登録から31日間無料! もらえるポイントを使えば、最新作でも 課金なしで見ることができます。

次の

【映画】「僕は明日、昨日のきみとデートする」感想と気になったこと│ぴよぴよメディア文学概論

僕 は 明日 昨日 の きみ と デート する 感想

概要 [ ] 本作は2014年8月20日に書き下ろし作品として出版された。 カバーイラストは、カバー・本文デザインは山田満明が担当している。 を舞台に20歳同士の男女の40日間(映画では30日間)の恋愛を描いた作品であり、物語の中にはやなどが登場する。 による漫画版が2015年12月9日より「このマンガがすごい!WEB」においてウェブコミックとして連載されている。 2016年7月11日に単行本第1巻が発売された。 2016年5月23日には、原作小説の発行部数が100万部を超えたことが発表された。 現在原作小説の発行部数は160万部を越える大ヒットとなっている。 あらすじ [ ] 京都の美大 に通う学生の南山高寿は、通学電車 の中で出会った福寿愛美に一目惚れする。 勇気を振り絞って声をかけ、別れ際に「また会える?」と聞くが、それを聞いた彼女は突然涙を流し、抱き付いて来たのだった。 驚く高寿には、この時の彼女の涙の訳を知る由もなかった。 翌日、美大の授業で に行くと、そこで昨日の彼女と再び出会う。 その後すぐに2人は意気投合し、交際がスタートするが、初めてのデート、初めて手をつなぐ、初めてお互いを名前で呼び合う…、そんな初めてのことがあるたびに、彼女はなぜか涙を流す。 高寿はそんな彼女を不思議に思いながらも愛情を深めていく。 違和感を覚えたのは、誰にも見せていない自作小説のの名前を、彼女が知っていると気付いたときだった。 「予知能力でもあるの?」と聞く高寿に、彼女はいった。 「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」 初めてキスをして愛し合った日、高寿は想像も出来なかった彼女の秘密を明かされる。 そして、2人の運命はすれ違いを始める。 映画 [ ] ぼくは明日、昨日のきみとデートする My tomorrow,Your yesterday 監督 脚本 原作 製作 川田尚広 西野智也 製作総指揮 出演者 音楽 主題歌 「」 撮影 編集 制作会社 製作会社 配給 公開 上映時間 111分 製作国 言語 興行収入 18. 5億円 公開の日本映画。 監督は、脚本は、主演は。 2016年1月13日に宝島社により小説の公式サイトが開設され、同年12月に系で実写映画化作品が公開される旨が発表された。 映画の撮影は2016年1月中旬からの約1か月間、や、といった京都内の観光名所を背景として行われた。 公開に先立つ2016年12月6日には、伏見稲荷大社の参道にレッドカーペットを敷いてのヒット祈願イベントが行われた。 キャスト [ ] 南山高寿 演 - 京都の美大に通う大学生。 将来の夢はイラストレーターか作家。 愛美に一目ぼれする。 福寿愛美 演 - 、 幼少期 、 中学生時代 美容の専門学校に通っている。 携帯電話をもっておらず門限は24時。 なぜか初めての事をすると涙を流す。 また、重大な秘密がある。 上山正一 演 - 高寿の親友。 林 演 - 南山 たかもり 演 - 高寿の父親。 南山 えいこ 演 - 高寿の母親。 スタッフ [ ]• 原作 - 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』()• 監督 -• 脚本 -• 音楽 -• 主題歌 - 「」()• 製作 -• 共同製作 - 村田嘉邦、弓矢政法、、大川ナオ、吉川英作、山本浩、• エグゼクティブプロデューサー -• 企画・プロデュース - 臼井央、春名慶• プロデューサー - 川田尚広、西野智也• 撮影 -• 美術 - 花谷秀文• 録音 - 豊田真一• 照明 - 川辺隆之• 編集 -• 助監督 - 清水勇気• 製作担当 - 鳥越道昭• 装飾 - 高木理己• 視覚効果 - 鎌田康介• スタイリスト - 望月恵• ヘアメーク - ワシダトモキ• スクリプター - 古保美友紀• 音楽プロデューサー - 北原京子• プロダクション統括 - 佐藤毅• 協力 - 、、、• 配給 -• 製作プロダクション -• 製作 - (、、、、、、、) パロディ [ ] 劇場公開に合わせ主要駅に『 ぼくは明日、昨日のきみとあいの風線でデートする』とうたったパロディーポスターを掲出し、あいの風線の利用促進キャンペーンを展開している。 朗読劇 [ ] 東宝によるシリーズ《恋を読む》の第一弾として、8月24日から29日にで上演。 脚本・演出は(ロロ)。 キャストは回替わりで異なるが、組み合わせは固定。 新キャスト6名を加えて、3月12日から17日に同じくオルタナティブシアターでアンコール上演が行われた。 キャスト(朗読劇) [ ]• 24日19:30• 25日12:00、29日13:00• 12日12:30• 17日19:30 脚注 [ ] 注釈 [ ]• がモデル。 がモデル。 がモデル。 出典 [ ]• 2019年4月26日閲覧。 2016年5月23日. 2016年6月12日閲覧。 2016年1月13日. 2016年6月12日閲覧。 ナターシャ. 2016年3月14日. 2016年6月12日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2016年12月6日. 2016年12月6日閲覧。 映画ナタリー. 2016年8月4日. 2016年8月4日閲覧。 映画ナタリー. 2016年10月13日. 2016年10月13日閲覧。 SPICE. 2018年12月18日. 2019年1月11日閲覧。 外部リンク [ ]• - このマンガがすごい!WEB• - (英語)• この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の