有吉 の 壁。 有吉の壁【公式】壁チャンネル

有吉の壁【公式】壁チャンネル

有吉 の 壁

『有吉の壁』 日本テレビ系 が8日に放送。 SNSでは、番組内容の一部に注目する声が上がった。 若手芸人がを笑わせるべく、街やオフィスなどに侵入し様々な仕掛けを施していく同番組。 8日放送分は熱海ロケ。 若手芸人が一般人も巻き込んで、有吉を笑わせにかかった。 「ジャングルポケット・太田博久が一般人を罵倒するコントがありました。 有吉は大笑いしたのですが、その後、太田がコントに参加してくれた方々に深々とお礼をする場面が放送されたのです。 ネットでは『協力してくれた一般の方に申し訳なさそうにお礼言ってるのがなんかすごい好き』『一般の方にお礼言ってるの好感もてる』と触れる方々もおり、称賛の声が集まっていましたね。 同じ有吉の街ブラ番組『有吉くんの正直さんぽ』 フジテレビ系 でも、訪れた店で必ずお金を払うシーンがあり、クレームに備えています」 芸能ライター こうしたフォローが行き届かず、逆に炎上してしまったケースは多い。 藤崎マーケット 田崎佑一、トキ が出演していた『かんさい情報ネットten. 』 読売テレビ系 に、「男か女かわからない常連客の性別を調べて」という依頼が舞い込んだ。 一般人の方を巻き込み、性別確認をしたところ、ネットで「失礼」と炎上となってしまったのだ。 この騒動についてトキはTwitterで後悔を綴っている。 『水曜日のダウンタウン』 TBS系 は、フォローをすることが少なく、クレームを受けることが多い。 霜降り明星 粗品、せいや が、デパ地下内で恵方巻を黙々と食べている間に、スタッフが消え、2人が慌てて探すという放送では、彼らがこぼしたお米を、お店のスタッフが片付ける部分だけが映った。 これにネットが反応。 炎上となってしまった。 「粗品は自身のYouTubeチャンネルにて、実は片づけていたことを告白。 企画を知っていたお店の方が促してくれたため、探しに行ったのだと説明しました。 もちろん、彼らが掃除していた部分は不必要なのでカット。 粗品は『 ネットでは こういう勘違いしたしょうもないキモイ奴が クレームを 言うてくる』と語っていましたね」 同上 SNSには、テレビで映し出されたものだけが「事実だ」と認識してしまう視聴者がいる。 今後、バラエティーを作る上で、フォローカットを入れて対策する必要がありそうだ。 外部サイト.

次の

有吉の壁【公式】壁チャンネル

有吉 の 壁

お笑いタレントのが8日、自身のツイッターを更新。 若手・中堅芸人が一堂に会して、MCを中心に個人と集団で笑いを作り上げていく…。 『有吉の壁』と『内P』は番組のテイストの近さを指摘されることもあるが、『内P』のレギュラー放送がスタートしたのがちょうど20年前の2000年4月8日。 『内P』を思い出させる猫男爵の写真に、SNS上では「内Pを思い出します」「内Pのような番組をありがとう」といった声が相次いで寄せられた。 2月9日放送のJFN系ラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』では、『有吉の壁』ゴールデンレギュラー化について「スタッフとか、オレもね驚いたんですよ。 『えっ、7時?』って笑いながら。 今若い人が家にいないって言われていて、けっこう年齢高めの人を狙いに行く番組が多いから。 せめて、9時とか10時とかだったらなんとなくね。 でも、二つ返事でしたね。 今どきお笑いの番組を見ないだろうっていうネガティブな意見もあると思うけど、こういうのは気運ですからね」とコメント。 続けて「偉い人たちが何となく『有吉の壁、7時でやってみる?』って言ってくれて、このチャンスを逃したらもう来ないのよ」と真意を明かし、「これが成功するかしないかは、芸人のみんなにかかっている。 ここまで来たのも、若手・中堅のおかげですし、この後どうなるかも出てくれている芸人のおかげです」と笑い声で語った。 その上で「これがもし失敗しても、ゴールデンでお笑いやるのはありだなっていう。 『有吉の壁は失敗したけど、あそこを直せば良かったんじゃないか』っていうのも出てくるかもしれないし。 調子良かったら、ウチの局でもやってみようかっていうのが出てくるかもしれない。 こういうのは若手・中堅のために1回引き受けないといけない仕事だな」と言葉に力を込めていた。 自身が苦しい経験をしてきたからこそ、今回の『有吉の壁』レギュラー化には心の底では熱い思いがあるだろう。

次の

有吉弘行『内P』“猫男爵”ツイートに込められた思い 『有吉の壁』と20年を超えた奇縁

有吉 の 壁

お笑いタレント・有吉弘行がMCを務めるバラエティ番組『有吉の壁』(日本テレビ系)発のYouTube動画が4月22日に投稿され、急上昇ランキング1位を獲得するなど話題を呼んでいる。 そこでとりわけ強烈なインパクトを残したのが、シソンヌ(じろう、長谷川忍)とパンサー(尾形貴弘、菅良太郎、向井慧)だった。 シソンヌのネタは「こうへいくんとゴンちゃん」。 これは、じろうが小学生のこうへいくん、長谷川がゴリラのゴンちゃんに扮して繰り広げるキャラコント。 じろう演じるこうへいくんの驚くほど通るハイトーンボイスが有吉の笑いを誘った。 一方のパンサーは、菅のギャル男時代の特技・パラパラを活かしたネタ「パラパラおじさん」を披露。 菅が1000円を払ったら、パラパラを踊って、その後にパラパラな発言をするという路上パフォーマーを好演し、この日出演していた友近から「1万円払っちゃう」と絶賛されていた。 そんな2組のキャラ動画が、「有吉の壁【公式】壁チャンネル」に投稿されて、大きな反響を呼んでいる。 通常、インフルエンサーやYouTuberのモーニングルーティーン動画は、ヘルシーな朝食を作って、シャワーを浴びて、化粧水で肌の調子を整えて……といった具合にオシャレな朝の日課を紹介していくものだが、こちらは、2人の朝のワンシーンを描いた単なるコント動画。 モーニングルーティーンとは名ばかりの内容がウケたのか、再生回数は42万回(4月25日時点)と好調だ。

次の