東尾 理子 コロナ。 コロナ感染の石田純一 退院でも妻の東尾理子が沈黙で“失うモノ”

石田純一、“ヘベレケ泥酔&徘徊”写真に騒然…コロナ退院3週間後に酒盛り、仕事に影響も

東尾 理子 コロナ

5月12日、に感染していたが退院した。 1カ月近く入院し、一時は集中治療室に入るまで病状が悪化したようだが、無事に退院できたことは何よりだろう。 今後最低でも二週間は自宅で経過観察ということだ。 石田純一は14日の『とくダネ!』(フジテレビ系)に電話で生出演。 外出自粛、県をまたぐ移動を避けるよう広く呼びかけられていた時期に沖縄を訪れたことについては、経営する店舗のために「行く必要があった」と言い、「まさか自分が(コロナに)……と思った」と振り返った。 また、「今回は本当に沖縄の方に非常にご迷惑をおかけして、そこが本当に残念で」「ゴルフ関係者の方とかにも非常にいろんな被害、われわれゴルフが大好きなのにそこがものすごく自分の反省するところであります」とも謝罪。 石田は公式ブログでも<多くの方々にご迷惑をおかけし、不快な思いにさせてしまったことを深くお詫び致します>と詫びている。 だが、退院及び『とくダネ』出演から、またも石田へのネット上のバッシングは強まっている。 妻であるのInstagramアカウントは4月16日に今回の件を謝罪した投稿で止まっているが、退院が報じられてからこのポストにも中傷のコメントが続々と届いている。 <今後永久におたくの旦那さんをテレビやラジオ、YouTube含めて世の中に出さないで欲しいです> <今回のことが申し訳ないと思うなら夫婦共々引退してください> こうしたコメントが次々書き込まれているのだ。 石田純一は退院後の13日にもFNNの電話取材を受けているが、レギュラー番組やCMから石田を降ろせという要望が視聴者から届き、実際にオンエアーできなくなった番組もあったと明かしていた。 感染者・エッセンシャルワーカー、およびその家族への差別が横行 石田純一は東京都で緊急事態宣言が発令された後、仕事のため沖縄へ行き、仕事関係者とゴルフをしていたことなどが明らかになっている。 楽観的な判断に基づいた行動が批判されるのはやむをえないところもあろう。 しかしだからといって、石田や石田の家族を中傷して良い理由にはならない。 コロナ禍において、さまざまなバッシングや差別が横行している。 三重県では感染が確認された人の家に石が投げ込まれたり、壁に落書きされるといった事例もあった。 また、新型コロナのような自覚症状がありながら山梨県に帰省して友人と会い、その後、PCR検査陽性が判明してから高速バスで東京に帰った女性の行動履歴が大々的に報道され、非常に強いバッシングが巻き起こった。 ネット上では、女性の個人情報を特定しようという動きまであり、女性の勤め先であるとして誹謗中傷を受けた紅茶専門店が法的措置も視野に対応していくと表明する事態にまで発展した。 コロナへの恐怖が、他人への敵意に変わっていく。 厚生労働省は4月の段階で全国各地の保育主管部に向けて出した「医療従事者等の子どもに対する保健所等における新型コロナウイルスへの対応について」の文書で、医療従事者の子どもの預かりが拒否される事例があると指摘。 <偏見や差別は断じて許されるものではなく、市区町村及び関係者等においては、このような偏見や差別が生じないよう十分配慮すること>としている。 愛媛県の市立小学校では、東京や大阪を行き来する長距離トラック運転手の子どもに対して自宅待機を求めたことも分かっている。 結果的に新1年生を含む3人の生徒が入学式や始業式を欠席を余儀なくされた。 後に学校側が謝罪し、登校を認めている。 エスカレートする「自粛警察」 営業を続ける飲食店などに嫌がらせをする「自粛警察」も今や社会問題だ。 大阪府では、休業要請に応じないパチンコ店に対し、インターネット上で爆破予告が書き込まれた。 また、公園などで遊ぶ子どもたちを憎悪する人々もいる。 横浜市の公園では、砂場にカッターの替え刃が20本以上散乱していたこともあった。 コロナウイルスに関する通報は日を追うごとに増加しており、東京都では2月中は24件だったのが、4月には1000件を越えたという。 このような状況下では、感染の疑いがあっても病院に行きづらく、また感染経路を正直に申告することさえためらわれてしまうのではないか。 結果的に、より一層社会的な混乱を招いてしまうことになる。 コロナへの恐怖心は、人を差別したり、店の営業を妨害したり、挙げ句の果てに感染者をバッシングするといったことを許す免罪符にはならない。

次の

コロナ感染の石田純一 退院でも妻の東尾理子が沈黙で“失うモノ”

東尾 理子 コロナ

俳優・石田純一さん(本名=石田太郎 66歳)が新型コロナウイルスに感染したことが15日に発表されたほか、妻でプロゴルファー・タレントの東尾理子さん(ひがしお・りこ 44歳)がブログで、自身や子供たちが濃厚接触者になったことを明らかにしました。 東尾理子さんはブログで、石田純一さんが新型コロナウイルスに感染したことを報告した上で、 「ニュースなどでコロナウィルスの状況を日々確認し気をつけてきたつもりですが、家族の1人が感染し大変ショックを受けております。 」と心境を明かし、感染によって関係各所に大きな迷惑を掛けることになったことを謝罪しています。 続けて、 「自粛要請が出て以降、最小限の外出に止め自宅で過ごしてまいりましたが、私も子供たちも濃厚接触者となりましたので、これから2週間は外出せず、自宅待機致します。 現在、子供も私も症状は出ておりません。 また、医師、保健所の指示で検査も受けておりません。 」と現在の状況を明かしています。 また、東尾理子さんの所属事務所はスポーツ紙の取材に、 「本人はいたって元気です。 子供たちも元気です。 子育て中なので、ずっと家にいる状態でした」とコメントしています。 2番目の元妻・松原千明さんとの間にもうけた女優・モデルのすみれさんは、1月に行われた石田純一さんの誕生日会に出席したものの濃厚接触者には該当せず、最初の妻との子供である俳優・いしだ壱成さんは現在、うつ病の治療によって芸能活動を休止し石田さんともしばらく会っていないといい、体調不良なども訴えていないようです。 石田純一さん家族は4月7日に自宅で、次女・つむぎちゃんの誕生日会を行っており、東尾理子さんの父親で元プロ野球選手の東尾修さんと妻・タマエさんも参加していたのですが、2人も現在のところ体調の変化は無いそうです。 この間に発熱やせき、嗅覚・味覚異常などの症状は無く、病院にも行かずにホテルで寝ていたそうなのですが、13日に帰京し羽田空港に迎えに来たマネージャーに 「沖縄でだるかったから、ホテルで寝ていたんだよね。 せきも出ないし、熱もないんだけどね」と、倦怠感を訴えていたといいます。 そのまま 自宅へと戻って東尾理子さんや3人の子供たちと過ごし、微熱があったことで14日に東尾さんと共に東京都内の病院でCT検査を受けたところ、 肺炎の傾向がみられるとの診断を受けて入院、さらにPCR検査を受けた結果、 15日に新型コロナウイルスの陽性が判明したとのことです。 感染経路は本人も心あたりがないようです」「都内で感染していたのか、あるいは機内か沖縄で感染したのか、いずれにしても二次感染が心配です」と語っています。 石田純一さんがここ最近参加した仕事は、 7日に収録が行われたレギュラーラジオ番組『石田純一のNo Socks J Life』、9日に木曜レギュラーを務める生放送の『斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!』(文化放送)に出演しており、発症前に芸能活動をしたのはこの日が最後だったそうで、この時点で石田さんは元気な様子で体調不良は訴えていませんでした。 9日に『斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!』で共演した文化放送の斉藤一美アナウンサー 52 、サブキャスターの永野景子さん 50 は、15日から自宅待機となったそうですが、現時点では2人とも特に感染症状は出ていないといいます。 石田純一さんはこの他にも、『石田純一のサンデーゴルフ』(テレビ東京)、『石田純一のシネマに乾杯』(ABC朝日放送)、『石田純一・さとう珠緒のカタカナ英会話』(千葉テレビ)などの番組に出演しており、直近では3月に収録が行われた『石田純一のシネマに乾杯』以外は、今後の放送に特に影響はないそうです。 そして、石田純一さんの新型コロナウイルス感染に対してネット上では、• 今の大変な時に何も沖縄に仕事とは言え行かなくても良かったのでは?と思ってしまう。 自分が経営する店のコロナ対策のために、緊急事態宣言後に東京から移動するって…何か間抜けすぎませんか。 ある意味、最高に石田純一らしいとも言えるけど。 ただ自分が沖縄行きたかっただけじゃん…• やっぱ普通に飛行機にコロナの人いるんだな。 もう移動は本当にリスク。 まだ電車通勤余儀なくされてるけど、俺も時間の問題かも。 緊急事態宣言が出た日の子供の誕生会に祖父を呼んでいることにびっくりしました。 同居じゃないですよね…? 知らないうちに自分がかかっていて親に移すこともあるのに怖くないんでしょうか。 自分の保有してる店の感染対策を自慢しにいって、自ら媒体になってたら話にならんよね• 発症日が11日で9日まで芸能活動してたなら濃厚接触者はかなりいるんじゃないかな? 一般人にも濃厚接触者がいる可能性あるから、感染の公表だけでなく発症前の行動履歴も公表するべきなのでは? などのコメントが寄せられています。 石田純一さんは今年1月放送の『名医のTHE太鼓判!』で人間ドックを受け、脳や血管、肝臓に異常がみられることが判明し、余命8年と宣告されたことなどを受けて、 医師からアドバイスを受けて生活習慣の改善に努め、食事の塩分量や飲酒量を減らし、最近は夜遊びも控えて自宅で過ごしていたといいます。 また、 20年以上前に禁煙していたほか、国内で新型コロナウイルスが流行し始めた 2月ごろからは、感染予防に対して深い関心を示し、マスクの着用や手洗いの徹底はもちろんのこと、 移動車には除菌スプレーを常備し、仕事関係者等との会食なども控えていたそうです。 それでも新型コロナウイルスに感染し、感染経路も明らかになっていないのですが、発症までに参加した仕事、プライベートでの外出時などに感染者と濃厚接触するなどしたのかもしれません。 石田純一さんは10日に飛行機に乗って沖縄へ向かい、現地到着後には自身が経営する店のスタッフと打ち合わせを行い、それから東京へ戻るまではホテルで療養していたそうですが、新型コロナウイルスの感染が判明するまでに家族を含めて、相当な数の人と接触していたことになります。 8日には緊急事態宣言が発令されており、そうした中でなぜわざわざ沖縄へと向かう必要はあったのか、新型コロナウイルス対策などについては直接会うのではなく、電話などで伝えれば良かったのではないかと色々と思うところはあり、ネット上でも厳しい声が多く上がっているのですが、とにかく今は症状が悪化しないことや、石田純一さんの周囲で新たな感染者が出てこないことを願うばかりです。 これ以上の感染拡大を防ぐために石田純一さんと濃厚接触した人、その疑いがある人たちは、しばらくは自主的に隔離生活を送ってもらいたいですね。

次の

東尾理子や子供は大丈夫?石田純一コロナ感染で文化放送共演者が濃厚接触

東尾 理子 コロナ

俳優・石田純一さん(本名=石田太郎 66歳)が新型コロナウイルスに感染したことが15日に発表されたほか、妻でプロゴルファー・タレントの東尾理子さん(ひがしお・りこ 44歳)がブログで、自身や子供たちが濃厚接触者になったことを明らかにしました。 東尾理子さんはブログで、石田純一さんが新型コロナウイルスに感染したことを報告した上で、 「ニュースなどでコロナウィルスの状況を日々確認し気をつけてきたつもりですが、家族の1人が感染し大変ショックを受けております。 」と心境を明かし、感染によって関係各所に大きな迷惑を掛けることになったことを謝罪しています。 続けて、 「自粛要請が出て以降、最小限の外出に止め自宅で過ごしてまいりましたが、私も子供たちも濃厚接触者となりましたので、これから2週間は外出せず、自宅待機致します。 現在、子供も私も症状は出ておりません。 また、医師、保健所の指示で検査も受けておりません。 」と現在の状況を明かしています。 また、東尾理子さんの所属事務所はスポーツ紙の取材に、 「本人はいたって元気です。 子供たちも元気です。 子育て中なので、ずっと家にいる状態でした」とコメントしています。 2番目の元妻・松原千明さんとの間にもうけた女優・モデルのすみれさんは、1月に行われた石田純一さんの誕生日会に出席したものの濃厚接触者には該当せず、最初の妻との子供である俳優・いしだ壱成さんは現在、うつ病の治療によって芸能活動を休止し石田さんともしばらく会っていないといい、体調不良なども訴えていないようです。 石田純一さん家族は4月7日に自宅で、次女・つむぎちゃんの誕生日会を行っており、東尾理子さんの父親で元プロ野球選手の東尾修さんと妻・タマエさんも参加していたのですが、2人も現在のところ体調の変化は無いそうです。 この間に発熱やせき、嗅覚・味覚異常などの症状は無く、病院にも行かずにホテルで寝ていたそうなのですが、13日に帰京し羽田空港に迎えに来たマネージャーに 「沖縄でだるかったから、ホテルで寝ていたんだよね。 せきも出ないし、熱もないんだけどね」と、倦怠感を訴えていたといいます。 そのまま 自宅へと戻って東尾理子さんや3人の子供たちと過ごし、微熱があったことで14日に東尾さんと共に東京都内の病院でCT検査を受けたところ、 肺炎の傾向がみられるとの診断を受けて入院、さらにPCR検査を受けた結果、 15日に新型コロナウイルスの陽性が判明したとのことです。 感染経路は本人も心あたりがないようです」「都内で感染していたのか、あるいは機内か沖縄で感染したのか、いずれにしても二次感染が心配です」と語っています。 石田純一さんがここ最近参加した仕事は、 7日に収録が行われたレギュラーラジオ番組『石田純一のNo Socks J Life』、9日に木曜レギュラーを務める生放送の『斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!』(文化放送)に出演しており、発症前に芸能活動をしたのはこの日が最後だったそうで、この時点で石田さんは元気な様子で体調不良は訴えていませんでした。 9日に『斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!』で共演した文化放送の斉藤一美アナウンサー 52 、サブキャスターの永野景子さん 50 は、15日から自宅待機となったそうですが、現時点では2人とも特に感染症状は出ていないといいます。 石田純一さんはこの他にも、『石田純一のサンデーゴルフ』(テレビ東京)、『石田純一のシネマに乾杯』(ABC朝日放送)、『石田純一・さとう珠緒のカタカナ英会話』(千葉テレビ)などの番組に出演しており、直近では3月に収録が行われた『石田純一のシネマに乾杯』以外は、今後の放送に特に影響はないそうです。 そして、石田純一さんの新型コロナウイルス感染に対してネット上では、• 今の大変な時に何も沖縄に仕事とは言え行かなくても良かったのでは?と思ってしまう。 自分が経営する店のコロナ対策のために、緊急事態宣言後に東京から移動するって…何か間抜けすぎませんか。 ある意味、最高に石田純一らしいとも言えるけど。 ただ自分が沖縄行きたかっただけじゃん…• やっぱ普通に飛行機にコロナの人いるんだな。 もう移動は本当にリスク。 まだ電車通勤余儀なくされてるけど、俺も時間の問題かも。 緊急事態宣言が出た日の子供の誕生会に祖父を呼んでいることにびっくりしました。 同居じゃないですよね…? 知らないうちに自分がかかっていて親に移すこともあるのに怖くないんでしょうか。 自分の保有してる店の感染対策を自慢しにいって、自ら媒体になってたら話にならんよね• 発症日が11日で9日まで芸能活動してたなら濃厚接触者はかなりいるんじゃないかな? 一般人にも濃厚接触者がいる可能性あるから、感染の公表だけでなく発症前の行動履歴も公表するべきなのでは? などのコメントが寄せられています。 石田純一さんは今年1月放送の『名医のTHE太鼓判!』で人間ドックを受け、脳や血管、肝臓に異常がみられることが判明し、余命8年と宣告されたことなどを受けて、 医師からアドバイスを受けて生活習慣の改善に努め、食事の塩分量や飲酒量を減らし、最近は夜遊びも控えて自宅で過ごしていたといいます。 また、 20年以上前に禁煙していたほか、国内で新型コロナウイルスが流行し始めた 2月ごろからは、感染予防に対して深い関心を示し、マスクの着用や手洗いの徹底はもちろんのこと、 移動車には除菌スプレーを常備し、仕事関係者等との会食なども控えていたそうです。 それでも新型コロナウイルスに感染し、感染経路も明らかになっていないのですが、発症までに参加した仕事、プライベートでの外出時などに感染者と濃厚接触するなどしたのかもしれません。 石田純一さんは10日に飛行機に乗って沖縄へ向かい、現地到着後には自身が経営する店のスタッフと打ち合わせを行い、それから東京へ戻るまではホテルで療養していたそうですが、新型コロナウイルスの感染が判明するまでに家族を含めて、相当な数の人と接触していたことになります。 8日には緊急事態宣言が発令されており、そうした中でなぜわざわざ沖縄へと向かう必要はあったのか、新型コロナウイルス対策などについては直接会うのではなく、電話などで伝えれば良かったのではないかと色々と思うところはあり、ネット上でも厳しい声が多く上がっているのですが、とにかく今は症状が悪化しないことや、石田純一さんの周囲で新たな感染者が出てこないことを願うばかりです。 これ以上の感染拡大を防ぐために石田純一さんと濃厚接触した人、その疑いがある人たちは、しばらくは自主的に隔離生活を送ってもらいたいですね。

次の