スマ電 引っ越し。 スーパーマーケットが提供する電気、スマ電がすごいらしいので、調べてみた

電気やガスの停止のお手続き|各種お手続き|関西電力 個人のお客さま

スマ電 引っ越し

新電力からの切り替えサービスに関する注意点• ・新電力からの切り替えサービスは、ENECHANGE株式会社(以下、「パートナー企業」といいます。 )が運営するサービスです。 ・価格. comに掲載しているキャンペーン内容と異なります。 ・ 新電力からの切り替えサービスをご希望のお客様には、パートナー企業が運営するウェブサイトに遷移後、会員登録その他パートナー企業が定める手続きを実施いただくこととなり、以降、パートナー企業が定める利用規約等が適用されますので、当該利用規約等の内容に同意の上ご利用ください。 以上のことから、株式会社カカクコムは、新電力からの切り替えシミュレーションサービスでお客様がご入力・ご回答いただいた情報を取得いたしません。 個人情報を含むお客様のデータは、すべてパートナー企業が取得し、パートナー企業からパートナー企業業務提携先である電力会社に提供されます。 また、新電力からの切り替えサービスのシミュレーション結果には、株式会社カカクコムは一切関与しておらず、新電力からの切り替えサービスの利用によってお客様に損害や不利益が発生した場合でも株式会社カカクコムは一切の責任を負いません。 ・新電力からの切り替えサービスについてご不明な点がございましたらパートナー企業までお問い合わせください。 株式会社カカクコムではお答えできかねますので、ご了承ください。 ・掲載している情報について、株式会社カカクコムはその内容の正確性、速報性、完全性、商品性、または合目的性等について、いかなる保証(明示的、黙示的を問いません)もいたしませんので、あらかじめご了承ください。 会社情報 所在地 東京都千代田区麹町3-7-4 秩父屋ビル 設立 2004年2月 事業開始 (開始予定含む) 2015年10月1日 提供地域 東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、北陸電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリア 資本金 2億4,500万円 運営会社 アイ・グリッド・ソリューションズ.

次の

スマ電の切り替えや解約について

スマ電 引っ越し

スマ電って、スーパーマーケットで買える電気なんだよね? 正しくは提携スーパーで申し込みができたり、スーパーとのコラボ特典があったりっていう感じだけど…まぁ、間違ってはないんじゃない? 提携スーパーとのコラボ特典って具体的になんなの? 例えば、新規契約の際や来店ごとにスーパーのポイントがもらえたり、毎月スーパーで卵なんかがもらえたりするの!卵ってあっても困らないから、実際、かなり嬉しいわよね。 しゅ、主婦の意見だなぁ…。 だって「スーパーで買える電気」なのよ!主婦目線じゃなきゃ! た、確かにね。 家計を管理しているのも女性が多いしね。 電気料金もね、ファミリー層の家計を応援するため、家族が多い家庭のことも考えられたプランなのよ。 へぇー、さすがスマ電! 自分が普段利用しているスーパーごとに、プランがあるのよ。 例えばアピタなら「スマ電アピタプラン(定率割)」みたいにね。 ちなみに、万が一近くに提携スーパーがないって人には別のプランがあるから安心よ! そうか!じゃあ、気になる人はスーパーで相談してもいいよね! そうそう。 今もスーパーごとにポイント付与やプレゼント特典があるから、もしかするとこれからもいろいろとキャンペーンがあるかもしれないわね。 確かに!スマ電はスーパーに良くっていう家計を守る主婦たちにもいいのかもしれないね。 スーパーで直接相談もできるから便利かも!でもさぁ…もし他の電力会社と比較したいときはどうする? 自分の住んでいるエリアの特に人気の電力会社と比較したらいんじゃない?人気ってことはそれなりの電力会社ってことなんだから!関東エリアなら と かしらね。 あと、 も人気だよね?基本料が0円なんだもん! そうね。 そういった人気の電力会社と比べてみたらいいのよ! 比較して自分にピッタリの電力会社が見つかるといいね!みんなも比べてみてね。

次の

お客様サポート|株式会社グランデータ

スマ電 引っ越し

電力自由化が開始されて様々な業態の企業が 新電力会社として電気小売に参入してきました。 特に話題となったのは「ソフトバンク」や「au」などといった大手通信事業者の参入と、「東京ガス」などのガス会社の参入です。 それらの企業は、元々持っている、携帯電話契約やインターネット契約、ガス契約などといった既存の事業と電気小売を掛け合わせ、 セットで申し込むとお得になるようにするなど、電気小売を既存の事業を拡大させる足がかりにしています。 これらの企業の他にも、ケーブルテレビのJCOMや、居酒屋チェーンを運営する「ワタミグループ」なども電力自由化を受けて電気小売に参入し、テレビやニュースサイトなどで大きな話題を呼んでいます。 しかしその中で、かなりの異彩を放っていると言えるのが、今回ご紹介する 「アイ・グリッド・ソリューションズ」の取り組みなのではないでしょうか。 アイ・グリッド・ソリューションズは、電力自由化を受けて、「スマ電」という新電力サービスを開始しました。 スマ電はなんと、普段私たちが利用するスーパーマーケットで電気が買えるのです! スーパーを日常的に利用する方におすすめの電気料金プランになっています。 電力自由化が始まってから半年が経ち、様々な新電力が現れましたが、スマ電ほど画期的なものはなかったかもしれません。 それでは、その スマ電とはどのような仕組みのものなのか。 どんな方へおすすめなのかについて詳しく見ていきたいと思います。 スマ電の仕組みとは 出典: 電力自由化が始まったあと、様々なサービスがリリースされましたが、スマ電はその中でも異彩を放っています。 ではまず、そもそもスマ電の仕組みとはどのようなものなのかを見ていきましょう。 「電気をスーパーで買える」と言ってもまさかスーパーの商品棚に電気が置かれているわけはありませんから、しっかりと仕組みを理解しておきましょう。 スーパーはあくまで窓口 スマ電に申し込みたい場合、まずはスーパーの店頭にある申し込み用紙や、各スーパーの用意しているホームページから契約の申し込みをします。 そして、申し込みを受けて実際に電気の供給を行うのはスマ電のアイ・グリッド・ソリューションズです。 アイ・グリッド・ソリューションズと各スーパーが代理店契約を結んでおり、スーパーは、客が申し込み契約をすると代理店手数料を受け取ることができるのです。 ちょうど、町の商店街などで携帯電話の契約を代行している携帯電話ショップみたいなものですね。 提携スーパーは? スマ電に申し込みたいと思った場合、どんなスーパーからでも申し込みを行えるかというと、そうではありません。 アイ・グリッド・ソリューションズと提携しているスーパーのみ利用が可能となっています。 具体的には「エーコープ京都中央」「アピタ・ピアゴ」「にしがき」「一号館」「ベルクス」「生鮮館なかむら」「ボトルワールドOK」「いちやまマート」です。 また、提携しているスーパーが近くにない場合でもスマ電に申し込むことができますが、その場合は後ほどご紹介するスーパーごとの特典が受けられませんので、他の 新電力会社を選択した方が懸命と言えるでしょう。 料金はお得なの? 電力自由化の肝は、私たち消費者にとっては電気料金が引き下げられるかどうかにあります。 では、肝心の電気料金がどれくらいお得なのかというと、実は電気料金自体はそこまで大きくお得になる、というわけではありません。 電気料金のみで考えると、他の新電力会社へ切り替える方がおすすめかもしれません。 しかしスマ電には、スーパーと提携しているという大きな強みがあり、その特性を活かしたユニークな特典があります。 では、電気料金の割引以外に、スマ電に申し込むことで得られる特典とはどのようなものはあるのでしょうか。 ポイントが貯まる 申し込みをしたスーパーがポイントカードの発行を行っている場合、月々の 電気料金支払いによってポイント加算の特典を受けることができます。 電気代は月々ある程度まとまった額を支払う場合が多いので、気づけばそれなりにポイントが貯まっていた! なんていうことになるかもしれません。 商品がもらえることも! スマ電に申し込むことで、実際にスーパーの商品をもらえる場合もあります。 これが一番特徴的な特典とも言えるでしょう。 例えば、卵1パックがもらえたり、パンがもらえたり、ティッシュがもらえたりと、家計にとって嬉しい商品がもらえる場合があります。 実際にどのようなものがもらえるのかはスーパーによって異なりますので自分の 申し込むスーパーの特典をチェックしてみるようにしましょう。 気をつけるべきポイント スーパーをよく利用される方には良いことばかりのように思えるスマ電ですが、一つ気をつけなければいけないポイントがあります。 それは、引っ越しをする時です。 引っ越しをした後、提携しているスーパーが近くにあればいいのですが、もしない場合はスマ電に申し込むメリットはほとんどないと言っても良い状況になります。 その場合、引っ越しをするまではスマ電を使い、引っ越し後は別の 新電力会社へ申し込むという対応が必要になってくるでしょう。 まとめ 電力自由化が始まり、かなりユニークな新電力会社やサービスが出てきました。 アイ・グリッド・ソリューションズの提供するスマ電はその中でもかなり変わったサービスと言っても良いでしょう。 提携しているスーパーで申し込むことで、月々の電気代支払いによるポイント還元を受けられたり、商品をもらえたりと特典は魅力的です。 近くに提携しているスーパーはあり、そのスーパーでよくお買い物をされるという方にはおすすめと言えるかもしれません。 しかし、提携しているスーパーがまだまだ少ないのも課題の一つです。 そもそも近くに提携しているスーパーがなかったり、引っ越した先に提携しているスーパーがなかったりする場合は加入を考え直した方が良いかもしれません。 電力自由化による電気小売の自由市場には、ついにスーパー業界も参入してきました。 この機会をうまく利用して上手に節約するようにしましょう!.

次の